mpcさんの映画レビュー・感想・評価

mpc

mpc

90年代~00代アメリカNYの大学在学中に映画にハマる
内容そのものよりも役者の演技やインテリア小物色使いの方に興味があるライト層、つまりただのミーハーです(笑)
劇場で観る映画が好き、アメリカの劇場での観客のおおげさなリアクションが懐かしい!
レビューはめちゃくちゃ誉めるか
突き放すかどちらか アメリカ映画贔屓かな

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.4

CG仮装戦闘シリーズ、世の男子供達に反して全く興味無いけれど、ベンアフ目当てで観賞
キャラ設定が何がなんだかわからなくなってきたけどそれなりに楽しんで見れた

妖艶な少年だったイギリス俳優エズラミラー
>>続きを読む

キルトに綴る愛(1995年製作の映画)

3.9

公開時に劇場で観賞

世代がぴったりで当時かなり影響受けました

主演のウィノナより、プールに飛び込むサマンサマシスが眩しすぎて息苦しかった!

キルトを綴るように世代にまたがる女の人生のお話。

>>続きを読む

女は冷たい嘘をつく(2016年製作の映画)

3.8

おー、なかなか面白かった!

中国人ベビーシッターに子供を連れ去られた韓国人シングルマザーのお話。

場内ほぼ満席だけど静かでゆったり観賞
二人とも同じ顔に見えて序盤混乱したのは私くらいだろねえ😸💦
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.9

カントリー版「オーシャンズ5」?

名曲「カントリーロード」の歌詞が良く似合う山脈ウェストバージニア州が舞台

典型的白人田舎街で繰り広げられる負傷肉体労働者チャニングと片腕バーテンダーアダムドライバ
>>続きを読む

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

3.9

やっと観れた!

ジョセフ演じるフランス人大道芸人が完成したてのワールドトレードセンターの綱渡りに挑戦するお話。

実際に登ったことがあるので上からの尋常じゃない高さの眺めの記憶が一気に蘇った(涙)
>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

3.5

第一次世界大戦後が舞台

ドイツ人女性の婚約者が戦死
彼の墓に訪ねに来た宿敵フランス人イケメン友人にだんだん惹かれていくも、彼には秘密があり、、

シネスイッチ=意識高い系おフランス映画=眠気
>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

3.4

数日前に観賞

映画ヲタなら韓国映画も網羅しなきゃならないんだろけど、歴史物は美化しすぎて流石に引くっ😸ごめんなさい

韓国人みんな180cm越え長身イケメンと美女だらけで日本人役は鶴見慎吾以外片言の
>>続きを読む

まともな男(2015年製作の映画)

3.7

仕事で行ったことがあったのだけど観客としてはお初のKs シネマ
三越のカードで割引があること今更ながら知った!

スイスにスキー旅行に来たドイツ家族のお話。
主人公の冴えない風貌の夫が上司の娘を預り旅
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.8

第二次世界大戦下のイギリスが舞台
当事製作中のダンケルク救出劇の映画脚本家女子のお話。

キャストもエピソードも美化しすぎて事実からほど遠くなるシナリオ、わがままなスター俳優、動物で客寄せ、アメリカに
>>続きを読む

ロダン カミーユと永遠のアトリエ(2017年製作の映画)

3.8

名匠ロダンの没後100周年作品

名作の制作工程や名言をもっと見たいのにさすがおフランス映画、女性遍歴だらけやっ!😹✨

ロダンがあまりにも時代の先を行きすぎてるからか、発注者との衝突や確執が面白い
>>続きを読む

ザ・ボディガード(2017年製作の映画)

3.4

B級版レオン?
アバターが懐かしいサムワーシントン演じる殺し屋 とターゲットの女子高生の逃亡劇

大都会NYCを舞台とした本家と違いスイス、フランス、イギリスといったユーロが舞台なのでどこか牧歌的風景
>>続きを読む

デンジャラス・ドライブ(2017年製作の映画)

3.4

オーストラリアが舞台のシチュエーション映画
車のトランクに閉じ込められた男が殺し屋と心理作戦の末脱出しようとするお話。

緊迫シーンのはずなのにOZ英語と牧歌的な郊外光景がのどかすぎて(笑)

断片的
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.4

カルト系テクノロジー企業、というかまんまgoogleそのもの(笑)に入社したエマワトソンのお話。

サンドラ・ブロックの「インターネット」
トムクルの「ザファーム」、マコノヒーの「エドTV」、ジムキャ
>>続きを読む

ケープ・フィアー(1991年製作の映画)

3.9

公開時にアメリカで観賞

デニーロが怖かった思い出

売れる前のブラピの彼女だったジュリエットルイスが売れはじめるきっかけとなった映画でもあります

思い出すのシーンはやはりデニーロに誘惑されるJKジ
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

3.8

祖父のお葬式に集まる親戚家族の会話劇。

まわりにいそうでいないユニークでチャーミングな顔立ちの岸井ゆきのの豊かな表情が印象的
岡山天音のほげーっとしたニート役はもはや彼のお家芸、天才的!
ポエティッ
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.5

シリーズ未観賞、クリヘム観賞目的で地元の映画館へ

短髪の筋肉クリヘムを観れて満足😸✨

大根役者の役(笑)でマット・デイモンが出てた気がするんだけど、気のせいかな😹✨

こんな仮装戦闘映画に大御所美
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.5

序盤からハイアートすぎて(笑)
トムフォード頑張ってます感に感銘を受けました😹

主人公はジェシカチャスティンのが締まるかも?

結末は観客に委ねる

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

スティーブン・キングらしい悪趣味な映画ですねえ(笑)

脳みそが溶けそう😹

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.5

なぜか乙女趣味のCIAロックとヘタレ黒人会計士ケビンハートのアクションコメディ

やたら女子映画に詳しすぎるロック(笑)と早口でギャグを飛ばしまくるのクリスの対比が可笑しい
海ドラや映画ネタもちょいち
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

4.0

オサレなBGM付きで「COPS警察24時 」を観ているような新感覚作品

ロバートパティンソン演じるNY底辺を強盗とヒモで生き抜く青年と 障害を持つ弟の逃亡劇

ロバートの綱渡りの人生を一緒に駆け抜け
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.5

大阪が舞台

蒼井優と阿部サダオの年の差カップルと、元カレ竹野内豊と浮気相手松坂桃季のお話

青(性)年コミック的な少しクサい展開と松坂桃李の棒読みで少し前に観たユリゴコロを思い出したら同じ作者だった
>>続きを読む

キラー・セッション(2017年製作の映画)

3.5

マークし忘れてた渋谷のレイトショー祭り作品

暗殺者vs暗殺者のお話
フランス語スペイン語が行き交う中、英語を話すアジア系暗殺者、イケメンですねえ

フランスが舞台のバイオレンス作品

暴力や乳首のグ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.6

昔VHSで観た記憶のみで観賞

ゴズリング観賞目的としては満足です

継承してるネタもあるけどこの監督の鼻につくアート臭盛りだくさん画像が個人的に苦手でごめんなさい
シリーズとは別物な感じかね?

>>続きを読む

ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件(2016年製作の映画)

4.0

スペインが舞台
連続老女レイプ殺人犯を追うデコボコ刑事コンビのお話

対照的な 脳筋刑事と どもり刑事、それぞれの人生とリンクしながらサイコ野郎を追いつめていく展開

ド変態の残忍な犯罪ながらもラテン
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.3

ライアンゴズリング観賞するためだけの作品より優先に観た作品、スレスレの人種ブラックジョーク会話劇で魅せるホラー、面白怖かった!

コテコテの黒人英語と富裕白人英語の比較もわざとなのか笑えます


白人
>>続きを読む

ロキシー(2016年製作の映画)

3.6

アメリカの郊外か舞台の牧歌的なラブバイオレンス作品。

郊外の美しい景色の中ゆっくり進むラブストーリーからのフリーフォール
いきなり893映画に早変わりの変わり種

夕日に映えるレニー・クラヴィッツの
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.9

掘り出し物快作!

一人っ子政策がとられる未来に7つ子として生まれてしまったそれぞれが1人の女性として曜日割り分担で演じるお話
とある日1人が行方不明になり、、

1人劇場のスウェーデン女優ノオミがギ
>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

3.4

公開時にアメリカで観賞

医者のトムクルが秘密クラブに通うお話、、だった気がする

イミフな内容だったけどラストのニコマンの決めセリフで観客の1人の男性が爆笑したのが可笑しくてストーリーよりも印象に残
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.9

違法運び屋版「フォレストガンプ」?

1人の天才的運び屋パイロットの華麗な、というよりは国に利用されまくった(笑)経歴のお話。

70年代後半から80年代の歴代大統領をちょいちょい挟んできて面白い
>>続きを読む

ベン・スティラー 人生は最悪だ!(2010年製作の映画)

3.3

世の中にクレームをつけまくる40代のベンスティラーのお話。だった気がする

こんなベンスティラー嫌だ🙀
「アナバナナ」「メリーに首ったけ」「ズーランダー」など
生き生きしていた20~30代の頃の彼の作
>>続きを読む

殺意の誓約(2016年製作の映画)

3.7

渋谷のレイトショー祭り

最終日に見れて良かった!

チンピラ男から娘を救う天才外科医のお話。
知識人の犯罪を堪能できるかなと期待したけど、天才外科医なのに作戦穴だらけや!😹✨
それでもみつかりそうで
>>続きを読む

暗黒街(2015年製作の映画)

3.5

渋谷のレイトショー祭りより。

イタリア版「トラフィック」?!
群像劇で魅せる議員と娼婦とマフィアが絡む利権争い
ベルルスコーニ前大統領退任前の数日間のお話


エロもバイオレンスもグロいシーンもてん
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

正義感溢れる(少し退屈な)女役ばかりだったジェシカチャスティンが、今作品では議員を根回し金回し印象操作するハイエナのクソビッチロビイスト役を熱演😹✨

部下の繊細なトラウマをゲリラ的に世間に晒してまで
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.3

ポイントで観賞。

キャストの高齢化で滑舌の良し悪しが顕著に


花菱会の花菱がずっと花火師だとおもたよ😹✨🙇💦💦🎆

バイオレンスはシリーズと比べると少なめ

ガラガラだったけど、同じ列では田舎のヤ
>>続きを読む

ロック・オブ・エイジズ(2012年製作の映画)

4.0

公開時に劇場で観賞

80年代ロック名曲オンパレード

トムもキャサゼダもアレックボールドウィンも80年代当時のド派手ヅラメイクが可笑しい

キャサゼダの 肩パットで踊るドスコイ群舞は爆笑必見!

A
>>続きを読む

ジュリーと恋と靴工場(2016年製作の映画)

3.0

レビューがめちゃくちゃ低評価で逆に興味が湧いて鑑賞😸

序盤は良かった
けど、
おフランスミュージカル映画にしてはあまりにも画面に華が無さすぎた💦

登場する靴のデザインが最先端ブランドという設定にし
>>続きを読む

>|