ミスターさんの映画レビュー・感想・評価

ミスター

ミスター

更新は気分!!!!レビュー作品は気まぐれ。好きなジャンルはアクション、SFです。コメントいただけるとありがたいです。

映画(259)
ドラマ(3)

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.0

実在のスケート界に起きた暴行事件の映画化。マスコミでは、悪魔のような書かれ方をしたトーニャ・ハーディング。その過去・そして事件の全容紐解けば、彼女もまた被害者だったのかもしれない。悪は、自ら生まれるの>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.1

派手な見せ場があるわけじゃないのに、出来栄えがよくて記憶にこびりつくタイプの映画も珍しい。

ケヴィン・スペイシーとその周囲の人間の関係性が音を立てるように崩れていって、見てる間退屈をおぼえることはな
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島(2005年製作の映画)

4.0

細田守No.1の傑作!!

独特な世界観やいつも以上のいさかいを起こす麦わら海賊団は、他に例がなく大変興味深い内容だった。

「ハウルの動く城」制作中止時の体験から得た細田監督の「仲間」のアンサーもな
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦(1993年製作の映画)

3.8

日本アニメ版「コマンドー」と言って
差し支えのない内容だ。

ブロリーがその強大な力で、惑星シャモ
を破壊し、粋なセリフとともに悟空たちを蹂躙する姿は、まさにジョン・メイトリクスに他ならない。そして、
>>続きを読む

ザ・ディザスター・アーティスト(原題)(2017年製作の映画)

3.7

伝説の駄作「The room」の完成までを描くノンフィクション・ドラマ。技量も知識も経験も0の男たちがハリウッドの片隅で輝く姿がやけにリアルで良かった(笑)。完成品はアレなものの、映画に一心を賭ける主>>続きを読む

魔界転生(1981年製作の映画)

2.9

期待した割に残念な仕上がりな感じが……。派手な、剣豪たちのアクションを期待していたが、この映画前半1時間くらいは「スーサイドスクワッド」を思わせるように、1人1人登場人物の紹介に費やしており、正直退屈>>続きを読む

鉄男 TETSUO(1989年製作の映画)

4.3

とにかく前衛的で、スタイリッシュ
突如体が金属へと変容した男の
不安感をここまで、巧みに映像化するとは。とにかくセリフらしいセリフはなく、悪夢のような画面から情報を拾うしかない。

「やつ」が主人公を
>>続きを読む

ダイアリー・オブ・ザ・デッド(2007年製作の映画)

1.5

起承転結がなく、散漫な感じが否めない。演出も安っぽく、ヒロイン?の時折発する説明セリフに、失望。これホントにロメロの映画なの?

母なる証明(2009年製作の映画)

4.2

伏線の使い方うめぇ映画だ!前半ゲームしながらみてたのに、後半見入っちゃった!

タイトルの母が、見終わったあとだと重くのしかかってくるものがある。余計な説明を排し、映像で示唆的に見せることに徹している
>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

4.2

シンプルイズベストな作品だった!人物が少なく、ストーリーのテンポが良かったので、作品に早い段階でのめり込みました。やんちゃ坊主が、やばい事件に巻き込まれる展開が、後の「スパイダーマンホームカミング」を>>続きを読む

RWBY Volume3(2015年製作の映画)

4.3

中心人物のモンティ・オウル氏の急逝により、作品のテイストがかわってるのでは?と不安だったが、抜群のできだ!

コミカルだった前作と比べ、今回からかなりシリアスな展開。しかし、前半後半ともに、息を呑むよ
>>続きを読む

レッド・ファミリー(2013年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

レッド・ファミリー
北朝鮮の工作員の疑似家族という恵まれた設定から生まれたのは、ぬるま湯ホームドラマだった。前半は、家族を装いながらも工作員としての任務を全うする家族に期待大でした。ただ、隣の家族の様
>>続きを読む

スパイキッズ(2001年製作の映画)

4.5

ファミリー映画では、かなり好き。

カラッと何も考えずに見られるかつ、
世界観が独特で見ていて楽しい。

リブートしてくれねぇかな?

CUBE(1997年製作の映画)

4.8

大満足だった!部屋と人間だけなのに、内容の密度の濃い1時間半だった。異なる職業のものたちが脱出のために互いに特技を活かすも疑心暗鬼に駆られるところが本作の最大の魅力かもしれない。また、CUBEの法則を>>続きを読む

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話(2017年製作の映画)

4.0

いやぁ〜爽快だ
流石ガルパンだ!!
戦車道以外の場面も、躍動感ある一人称視点でのアクションなど見せ場があって一寸たりとも見逃せない!

肝心の戦車道は、西住殿をはじめ、大洗女子学園の面々が敵を侮りすぎ
>>続きを読む

リプレイスメント・キラー(1998年製作の映画)

3.8

評価低すぎやろ(笑)!!
個人的には、かなりに楽しめたよ!
ターゲットを殺しそこねたチョウ・ユンファが依頼主に追われるという情けないストーリーだが、とにかくガンアクションがグンバツにかっこいい!チョウ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

自分の想像とは違う展開にびっくり。個人的にクライマックスの盛り上がり方は抜群のできと言わざるを得ない。作品自体はよかったものの、アメリカの人種事情に疎い日本人の自分には、理解できなかった部分もかなりあ>>続きを読む

π(1997年製作の映画)

2.7

「ブラックスワン」のダーレンアロノフスキーの処女作。アメリカ版鉄男じゃんこれ。アロノフスキーは、何か没入して身を滅ぼすってストーリーホント好きやな。ただでさえ見る人を選ぶアロノフスキーの映画では、上級>>続きを読む

キル・ビル Vol.2(2004年製作の映画)

3.6

評価あんまり芳しくなかったが、自分的にはアリ。特に回想での修行シーンはとてもよかった。ただ、エル・ドライバーとの戦いの後から一気に勢いが落ちた感じが……。特にビルの死に方のあっけなさ。ラスボスなんだか>>続きを読む

スターシップ・トゥルーパーズ(1997年製作の映画)

4.6

傑作だ!!巷では、反戦映画という見方もあるが、主人公が歩兵部隊に入って訓練や戦闘を通して成長する血みどろ青春映画だと思った。所々バーホーベン独特のテイストが入っている。

クライマックスの主人公と部隊
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.9

最高じゃん!エディとヴェノムの掛け合いは80~90年代あたりのバディ刑事アクションを彷彿とさせ、個人的に◎!中盤のバイクアクションが個人的なハイライトである。

ただ、前半の展開がやや鈍重に感じたのが
>>続きを読む

寄生獣(2014年製作の映画)

2.9

一つ一つの場面は、いいのに描写不足で感情移入ができないのが残念。場面と場面がとびすぎて、正直ダイジェストを見てるのかとおもった。アクションに関してももっと派手なモーションが欲しかった。そして、最後のあ>>続きを読む

バトルシップ(2012年製作の映画)

3.5

覚書き
世界一のチキンブリード映画。
意外と勝つまでのロジックがあり、何より展開が熱い!!ミズーリのシーン、みんな興奮したんじゃない?

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

5.0

MCU指折りの傑作!!
ファンタジー色が強かった前作とは打って変わって、8bit調の音楽を伴いガーディアンズとは一味違ったSF作品に!かなり、コメディ色が強くなり「キャプテン・スーパーマーケット」を思
>>続きを読む

地獄のバスターズ(1976年製作の映画)

3.9

こりゃあとんでもない掘り出し物だ!WW2での、ドイツからの脱走兵たちを描く痛快アクション。もう、やることが派手ですわ!全編が銃撃と爆撃の連続!これぞ、本物のアクション映画だ!終盤の列車での攻防が、これ>>続きを読む

サイレント・ランニング(1972年製作の映画)

4.2

スターウォーズ前夜の傑作!

ダグラス・トランブルによる特撮は流石としか言えず終始心を奪われる。低予算ながら、精巧な模型は要チェック!主人公の植物への憧れはかなり歪んでいるものの、純粋で美しい。中盤若
>>続きを読む

クローバーフィールド/HAKAISHA(2008年製作の映画)

3.6

本作のシンボルにもなっている自由の女神倒壊シーン他建物の破壊は圧巻の一言。この手の映画では、逃げ惑う人々にフォーカスしていて今見ても斬新ですな。日本の特撮映画へのオマージュも多く散見され、日本人として>>続きを読む

パニック・イン・スタジアム(1976年製作の映画)

2.3

「ポセイドン・アドベンチャー」に感動し、70年代パニック映画を漁ろうと今作を鑑賞。試合前から描いており、騒動が起こるまでが長く、すこぶる退屈!!

これ、警察と犯人の裏での攻防の話だったのね。にしても
>>続きを読む

デーモン・ナイト(1995年製作の映画)

3.9

かなり奇抜な映画だった!かなりいい拾い物でした。

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

半世紀前の作品だが、そのテーマは今にも通じる。偏見や先入観で凝り固まりそうになるときもあるが、ヘンリー・フォンダのように柔和に対応したい。

映画次第も十二人の陪審員たちの討論だけの内容だが、ここまで
>>続きを読む

ポセイドン・アドベンチャー(1972年製作の映画)

4.2

役者の演技とストーリーが完璧だ!!

アメリカンニュー・シネマ全盛の時代にこれほどの骨太エンタメ作品を仕上げただけでも価値があるが、極限状態の人間の描き方は圧巻の一言。

ドラゴン危機一発'97(1997年製作の映画)

4.8

ブルース・リー初主演作のリブート版。そして、ドニー・イェン初期の傑作!!
70年代カンフー映画の殺伐とした雰囲気に、超高速の攻防の応酬。宙を舞う斧。疾走そしてまた疾走。筆舌しがたいエネルギッシュな場面
>>続きを読む

ザ・ロック(1996年製作の映画)

4.5

マイケル・ベイ最高傑作
序盤から派手なアクションを仕掛け
中盤からアルカトラズへの侵入。こりゃワクワクするぜ!!悪役のエド・ハリスが、自分なりの正義をもったテロリストなので、人間ドラマに深みがあった!
>>続きを読む

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

2.6

序盤はわくわくしながら、見てたのに
中盤からいきなりの中だるみ。ゲイリー・オールドマンは一体何だったの!?

アルマゲドン(1998年製作の映画)

3.4

ドワナ〜クロ〜ズマイア〜イ♪

至極単純で下ネタがきつい映画だが、きらいになれないそんな作品。ただ、内容の割に尺長え!せめて2時間には、収めてくれ

マッドボンバー(1972年製作の映画)

3.7

題名通りのインパクトの強い映画だった、毎回同じ衣装で歩くチャック・コナーズ、完全一致モンタージュ、頻繁するおっぱい。割と真面目な映画かと思ったら、バカ映画でした。もしかして、ボンバーって爆弾とおっぱい>>続きを読む

>|