marin24さんの映画レビュー・感想・評価

marin24

marin24

気づいたら画面に釘付け

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.6

スクープを追う記者、ってことしか知識を入れないで観たから凄く面白かった。

リリーフランキーの怪演が凄かったし怖かった。アカデミーの候補に入るのわかるわぁ。

モテキ(2011年製作の映画)

2.8

こういうタイプの女性を敵にまわしたくない、、

長澤まさみの魅力を存分に堪能できる。
やっぱり彼女は明るい役の方が良い。

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.5

観に行くの出遅れたせいで吹き替えしかやってなく、、
ヒューグラント目当てで鑑賞したけど前作同様内容も楽しかったしなによりみんな声出して笑ってた。

ヒューグラント様のあんなにお茶目な姿が見れるなんて。
>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

5.0

もう卒業していていい年齢なんだけど私の学歴にホグワーツがないの何故
ジニーになってロンの家に住んでお兄ちゃん達にちやほやされて育ちたかった
ハーマイオニーになって成績優秀ハリーロンハグリッドその他もろ
>>続きを読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

5.0

ハリーポッターの衝撃は忘れられない
これを超える作品は出てくるのか

音楽もセットも衣装もキャストも最高でしかない

SING/シング(2016年製作の映画)

3.8

吹き替え版鑑賞
長澤まさみの歌聴きたさで
まさみ以外でも楽しい映画でした。

このキスでグッバイもうあんたに用はない
って歌詞があったんだけど振られたばかりだった私にはイエーーーイって感じだった

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.2

オープニングが好きな人沢山いるはず
私もいっときでいいからバリバリ働きたい
ずっとは無理メリルストリープにはなれない

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.6

広島原爆のちょっと前とその後
戦時中の質素な生活が可愛らしいアニメによってより悲しくなってる。
辛い状況下で明るく生きる主人公に勇気を貰う反面申し訳なさが募る。

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

4.2

当時映画館で観たけどほぼ満席だったなぁ
改めて観てもやはり楽しめる
母世代も喜んで観てます

パディントン(2014年製作の映画)

4.0

かわいい、、笑

2を観たくて鑑賞したけど普通に良きでしたね

永遠に美しく…(1992年製作の映画)

3.8

親子共に大好物
この作品をきっかけにメリルストリープが大好きになった
初めて観た小学生の私にはショッキングな
体の部位があーなったりこーなったりなんですが。(伝われ)
洋画を初めて好きになった作品かも
>>続きを読む

重力ピエロ(2009年製作の映画)

3.9

凄いお話思いついたな、って。
伊坂幸太郎凄いな、って。

岡田くんのツナギ姿もクセになります。

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.0

公開中に映画館で観たんだけど、衝撃強すぎてもう見たくない。
ゾキュンっていうゾンビ(?)に人が感染してく、っていう私が苦手分野なんだけど
長澤まさみ出てたから頑張って観た。

映画としては評価高いし大
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

3.8

久しぶりに観たけど泣いた
あんな状況怖すぎる他ないのに。
自分だったら卑怯になってしまいそうで怖い。

ローズが強くて美しいいいい

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

3.2

最後わかっていながら
もう!なんで!ねぇ!ってなるから
むず痒い

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

5.0

生半可な気持ちで 愛してる なんて言えないと思った
本気でみんなにオススメしたい。
ミステリーが好きじゃなくても邦画が好きじゃなくても阿部寛がテルマエロマエに見えても、この映画は観てほしい。

東野圭
>>続きを読む

パコと魔法の絵本(2008年製作の映画)

3.8

私は大好きな映画
でも好き嫌いがわかれるらしく、まだ好きだと言う人に会ったことがない
あれ、好きにわかれた人どこ行った

映画館で3回観てdvdで繰り返し観てる作品

アバター(2009年製作の映画)

2.2

日劇ラストショウで観劇
母が好きなのでアバターに
ちょっと私にはわからない

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

1.8

残念すぎる。好きという色眼鏡で観ようと思った作品だけど、好きという感情が負けるくらい演技が気になった。終始置いてきぼり。

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.8

待つ方も待たれる方も耐えて耐えて、本当に奇跡だと思う。お互いに出会えた運命は幸せだ。

愚行録(2017年製作の映画)

3.5

どうしてあの家族が殺されたのか、から始まるんだけど
それ以前に家柄、学歴がどこまで大切なのか
そりゃ良い家柄高い学歴に越したことはないけど、それで人間の全てが決まるのか

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月(2004年製作の映画)

3.5

恋愛してる時ってなんでもその人が良く見えるし悪く見えるけど、実際どうなのよ、って。客観的に見るのも大切だなって。マークが良い男すぎて。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

5.0

文句なし。これは本当にオススメ。努力しても駄目な時もある。でも努力するしかない。是非観て。

サヨナライツカ(2009年製作の映画)

2.8

R指定あったからビビってたけど、そんな過激な性描写ではなかったと思う。かな?

小説読んだら尚良し。

>|