marinさんの映画レビュー・感想・評価

marin

marin

気づいたら画面に釘付け
好きな人に関しては色眼鏡で見すぎ

映画(165)
ドラマ(8)

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

5.0

こんなにも自分の気持ちを言葉にするのが難しい映画を初めてレベルで観た
内容だけだと暗く重い話なんだけど、そこにムーニーの少々やりすぎなイタズラやヘイリーの娘への愛が加わって、ただ辛いだけじゃない

>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.2

試写会にて

魔法系の映画は某魔法学校の影響もあり期待しちゃうところがある

吹き替えが豪華メンツでどうしてもご本人の顔が浮かんできてしまう
吹き替えには吹き替えの良さがあるし佐藤二郎も面白いのだが、
>>続きを読む

男が女を愛する時(1994年製作の映画)

4.2

アルコール依存性
難しい題材なのにとても温かかった
親は子供を安心させ、かつ守るという役目があると勝手に思ってるのですが
この映画の子供たちは、小さな身体で精一杯親を守っていたと思う。

共に歩む親子
>>続きを読む

しあわせのパン(2011年製作の映画)

3.8

真剣にしあわせになれるパンがあると信じているのですが、この映画は大好きが詰まってる
特に驚きも悲しみもないんだけど静かでのんびりしていて美味しそうで
ほんのりしあわせになれる映画です。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.1

大人になるとみんな子供の頃の純粋な気持ちを忘れてしまうのかな
大切な気持ちを忙しいを言い訳にして生きてないかな

いつだってディズニーが大切なことに気づかせてくれる
これはまた観たい、そしてディズニー
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.9

この恋、絶滅すべきでしょうか?

原作未読で、いきなりの歌にビックリしたけど違和感もなく(現実の日常を考えたら違和感だらけだけど)観てて楽しかった。

松岡茉優ちゃん当たり役だと思う。凄く良かった。こ
>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

3.6

一度食べた味は全て記憶できる、神の舌を持つ男

何かを得るには、何かを失わなければいけない
何かを犠牲にしても掴みたいものがある
人間欲が出て全部掴みたがるけど、本当に欲しいものはたった一つなのかもし
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.4

イイねが欲しくて写真を撮る、イイねが欲しくて食べれもしない食事の量を頼む等
時代がこんなにもsns化するなんてガラケーですら最先端だと思っていたのに。

映画の台詞でもあったけど、病気やなんらかの理由
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.8

鎌倉では古くから妖怪や幽霊と仲良く暮らす風習があった

堺雅人さん高畑充希ちゃん演じる夫婦がまさに理想の夫婦でして。
リメンバーミー同様、死後がこんな世界なら今頑張って生きてもいいんじゃないかな、って
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.6

完成披露試写会に行って一足早く観ましたがレンタルで2回目観たので。

原作は未読ですが、佐藤健の実写化に外れがないと噂で聞いたので漫画を読んでいても楽しめるんじゃないかなぁ

佐藤健綾野剛のアクション
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.6

映画館で観れずだったレディプレ、レンタルされてすぐ観ました

底辺の映画知識しかない私でも、あの映画だこの映画かなぁと凄く楽しめました。
他の映画ネタを出すとその映画が薄っぺらくなったり無理矢理感出な
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.1

もう本当に福田組ワールド炸裂
くだらないなぁ、って思って観るには最高
何も考えず何も感じない

恋と嘘(2017年製作の映画)

2.6

相手の殻を破るには自分からぶつからないと。
そんな衝動で動けるほど若くもなく、、
高校生おそるべし過ぎてキラキラしていました。

友達とツッコミながら観るには良かったです。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

4.3

記憶を失くしてしまう彼女に伝えたいこと。

自分だったら何回も会いに行けるかなぁ
心折れるなぁと思いながら観てたから、最後がもの凄く良かった。

オススメされた映画はなる早で観るべきです。

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.1

う〜ん、、、
今までのが良すぎたのか、今回のが、、なのか
子供を黙らせる為の映画のように見えてしまいました。

思いやりのススメ(2016年製作の映画)

4.0

傷を負った介護士が体が不自由な青年と初めての旅に出る
重い話なのにポップに描いていて話し方も無理に良い言葉遣いしてなくて親しみやすい

人生みんな何かしら抱えてるけどそれをも跳ね返す力は一歩外に出る勇
>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

3.8

試写会にて

原作未読で詳しいストーリーもわからず観たのですが、ポップに説明してくれたりシットリ説明してくれたり説明が随所に散りばめられていました。

佐藤監督、アイアムアヒーローでトラウマになってま
>>続きを読む

orange(2015年製作の映画)

4.2

頭痛くなる程泣いた
最初は、もうなんで今言わない?!なんでそこ行く?!とかもやもやヤキモキあぁ高校生好きそうな映画だな、と思っていました。
終盤、というかほぼ最初らへんから重い重い。山崎賢人くんが華奢
>>続きを読む

X'smap 虎とライオンと五人の男(2004年製作の映画)

5.0

もう、ホンッッットウニ大好き
小学生の頃クリスマスといえば、この映画とナイトメアービフォアクリスマスとシザーハンズが私的三大クリスマス映画だったんです。凄く観てほしい。

現実のサンタってこんな感じな
>>続きを読む

君と100回目の恋(2017年製作の映画)

2.9

タイムリープ系は何回も映像が巻き戻るから観ていて疲れるなぁ、、と思っていたけれど、やっぱりちょっと疲れた。
149cmと183cm、身長差にキュンとなるのかも知れないけど身長込みでお似合いってあるなと
>>続きを読む

一週間フレンズ。(2017年製作の映画)

3.8

漫画原作らしいので内容は普通に面白かったです。そしてスキマスイッチの奏でがまた良い味出してる。
主題歌を聞くだけで映画のワンシーンが蘇ってきて自分もその世界に浸れるのでやっぱり曲が良い映画は全体的に良
>>続きを読む

僕の彼女を紹介します(2004年製作の映画)

3.8

号泣
猟奇的な彼女と同じ監督さん主演さんで繋がりがあって。両方観ると面白いかも。私はこちらが好みだった。チョンジヒョンさんの涙のシーンは圧巻でこちらまで嗚咽。

だがしかしだな、、何故あの場面で邦楽が
>>続きを読む

天国への郵便配達人(2009年製作の映画)

2.2

日本の脚本家さんが韓国のお話を書くってどうなるんだろう、と期待していたけど正直違和感しかなかった。
バカって言ったらカバに謝れ、とか韓国でも言うのか?

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

4.2

映画館に観にいけず悔しんでいた映画
レンタル開始とほぼ同時にNetflixに出てて早速

語彙力ない言葉あまり使いたくないけど、、伊藤がきもい痛いうざいの三拍子
岡田将生大好きだけど、これは本当に気持
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.3

目覚める度に容姿が変わってしまう主人公
毎日姿形が変わっても彼女にアプローチを続け一体幸せになれるのか、彼女は幸せになれるのか

こんな状況、主人公の立場にもなれないし彼女の立場も考えられないけれど
>>続きを読む

猟奇的な彼女(2001年製作の映画)

2.9

これは顔が可愛いから許されるのではないだろうか、、と、思ったけど愛嬌がある笑顔は最強だと思う

偶然とは努力した人に運命が与えてくれる橋です。

海街diary(2015年製作の映画)

4.1

是枝監督作品大好きな私としても上位に入る映画
四姉妹の美しさは勿論なので置いておくとしても、映像の色味、鎌倉の自然、台詞の言い回し、、とどこを取っても綺麗だし素敵だなぁと思う

この映画でも使われてい
>>続きを読む

キスから始まるものがたり(2018年製作の映画)

3.9

友情を取るか恋を取るか
好きになったのは親友のお兄ちゃん
終盤、エルがリーに話す所は涙でした
兄貴はなんでも手にしてきたから自分の親友まで取られたくなかった気持ちが苦しかった

この映画でガチカップル
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~(2018年製作の映画)

3.2

過去作品たちがメッセージ強いものが多くて一応子どもを卒業した私でも楽しめてたから
ちょっと残念、、?と思ってたけど
やっぱりクレしんはアットホーム感があって好きだし
今回も"地道にコツコツ"を教えて頂
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

4.2

終始ハラハラドキドキ
健様の肉体美は勿論のこと木梨さんがお笑い芸人じゃなかった役者さんだった

佐藤健二階堂ふみ本郷奏多三吉彩花のクラス半日だけでいいから行かせて

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.5

水原希子が終始綺麗だった
キスシーン盛りだくさんで流石役者さんだなっと思った

ピーチガール(2017年製作の映画)

2.5

山本美月様が超絶可愛い映画となっております。

ナラタージュ(2017年製作の映画)

4.2

"壊れるくらいあなたが好きでした"

決して許されぬ恋、
辛いはずなのに凄く綺麗に見えた映画でした。静かに展開していくお話、映画館で観た時はその静けさが逆に気になったけど、改めて観るとそこが物語の良い
>>続きを読む

ハルフウェイ(2008年製作の映画)

4.2

本編の大体がアドリブという驚きの映画
シーンの中で北乃きいちゃんがhalfwayをハルフウェイと読んだことでこのタイトルが付けられたとか

この映画が好きすぎて高校生になったらブレザーの下にトレーナー
>>続きを読む