森崎さんの映画レビュー・感想・評価

森崎

森崎

映画に演劇、ミュージカルが好き。最近だらだらと感想書きがち。
だいたい上手側でぼんやりしている元ポップコーン売り。

映画(475)
ドラマ(0)

人間椅子(1997年製作の映画)

3.0

潔癖症の女。異物の侵入や接触を嫌うゆえに胎内に命を宿すことを拒む、整然と並んだ白い手袋、布越しの触覚
椅子の中に潜んだ男。いつの間にかそこにいる、革を介して女性を包む、暗闇の中で触覚だけが冴え渡る
>>続きを読む

ミックマック(2009年製作の映画)

4.0

30年前に父親を地雷で亡くしたバジルは深夜の銃撃戦の流れ弾を頭に受けてしまう。なんとか一命はとりとめたものの、銃弾は頭の中に残ったまま。さらに入院期間中に家も職も失ってしまっていた。そんな彼が出会った>>続きを読む

コップ・ベイビー(2017年製作の映画)

2.5

ベテラン刑事のおっさんと間抜けな警官の赤ちゃんの心と身体が入れ替わった!?
中身は立派に刑事でも、所詮見た目もそのまま赤ちゃん。食べれば眠いしベビーベッドからの脱走も無理、となると間抜けな警官を相棒に
>>続きを読む

仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z(2013年製作の映画)

2.0

わーい池田純矢と戸塚純貴が同じシーンに収まってる~!

……。一体何だったんだろうかこの映画。
ライダー達の揃い方が中途半端だったり知らないうちに増えているように感じたりとなんか惜しい、というかテーマ
>>続きを読む

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦(2012年製作の映画)

1.5

終始どういうことなの?と困惑。暗い、暗すぎだよ!
鬱々とした展開が続いて話に乗れないところにつまらんメタを持ってきたらもう白けて心離れてしまう。

こんなキャラだっけ?ってのもあってなんか微妙だった…

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

2.5

ちょーっとピンとこなかった。
長回し風、映画と演劇、というものは好きなものではあるはずだけれど、そここそが乗れない要因となっていたような気が。
扉を開いたり場所移動によって所々暗転を挟み込むのであれば
>>続きを読む

シングルマン(2009年製作の映画)

4.0

洗練されていてとても良い時間だった。
恋人を亡くし失意に生きる男の物語。

共に暮らしていたガラスの家には恋人とのかけがえのない日々の残り香、ふとしたときに煙のように現れるそれを追いかける彼の喪失感の
>>続きを読む

ようこそ、アムステルダム国立美術館へ(2008年製作の映画)

3.0

アムステルダム国立美術館の改修から再オープンまでを記録したドキュメンタリー。
美術館なんだから美術品の搬入や展示についての内容になるのかなと思いきや、本編のほとんどを占めるのはエントランスの自転車道を
>>続きを読む

パンチドランク・ラブ(2002年製作の映画)

3.0

「なんとなく」に理由が出来る瞬間は素敵なことだ。
いつから火がつき夢中になり燃え上がって二人だけの世界になったかわからないような風変わりな恋、青みの強い硬い画に映る青いスーツと赤いドレスが綺麗だった。
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

これは疑いようの無い愛の物語で、何より映画として美しい。始めから終わりまですべてに意味があり、台詞に命があり、音楽に呼吸が、物に気配が、手には温度があった。
これはあらすじや宣伝文句や感想とかじゃ伝え
>>続きを読む

小さいおうち(2013年製作の映画)

4.0

言葉にならない感覚がどっと胸を渦巻く。

ノートに綴られた自叙伝の形をとって語られるタキの半生、そして奉公先の平井家の暮らしとできごと。
あたりまえと世間体と男女の役割の違いと世の中の流れ。現代から当
>>続きを読む

ファンタスティポ(2004年製作の映画)

1.0

いったいなんなんだこの映画…。一ミリも面白くない…
トラジ・ハイジの歌は良かったんだ、歌は。当時Mステに出ていたのを聞いて友達にCDを貸してもらったことも覚えてる。

冒頭で見かけてもしかしてと思った
>>続きを読む

ジ、エクストリーム、スキヤキ(2013年製作の映画)

3.0

親しいのかただの友達か、そんな関係の人たちの会話を車の後部座席で窓の外の景色を眺めながらぼんやりと聞いている。そんな感じの映画だった。

家のテレビでこの作品を観たのだけれど、会話劇だろうなと思ってい
>>続きを読む

気狂いピエロ(1965年製作の映画)

2.5

相変わらずわっかんねえなフランス映画というものは。
特典に入っていた各国のポスターの中でも日本版の「これはアートですよ、アート!」と主張しているようなデザインが好き。スペイン版も良いな。

ドラマチッ
>>続きを読む

ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦(2011年製作の映画)

4.0

東映『先入観とか捨てて興味持ったキャストがいたらテレビシリーズはすっ飛ばしてまず観ていこう』特撮劇場版まつり、今回は前回観て好感触だったゴセイジャーとゴーカイジャーを主軸に全ヒーロー。

これは泣く。
>>続きを読む

獣拳戦隊ゲキレンジャーVSボウケンジャー(2008年製作の映画)

2.5

初見×初見のゲキレンジャーとボウケンジャー。
最近の特撮だとジュノンボーイが多いけどまだD-BOYSがよく出ていた頃かしらん。

女性陣を筆頭に妙に華が無いのが昔懐かし戦隊っぽい。高橋光臣は出世したね
>>続きを読む

少林サッカー(2001年製作の映画)

3.0

あー、そうそうこんな話だった!懐かしい。

衛生面のヤバさにドン引きしながら、俺らをボコボコにしたやつは絶対殺すマンな展開にスカッとしながら、PUMAの全面協力を微笑ましく思いながら、容姿を変えて自信
>>続きを読む

ミスターGO!(2013年製作の映画)

2.0

ふざけるな。
野球をナメるな選手を馬鹿にするなゴリラを化け物のように扱うな。

ペナントも終わり秋季キャンプも一息ついて契約更改くらいしか追える情報が無いから日常に野球みが欲しい、東山動植物園のイケメ
>>続きを読む

髪結いの亭主(1990年製作の映画)

3.5

かつて理容師の女性に恋心を抱いた少年は後に美しい理容師を妻に迎えた。

官能的で、少し孤独で、たまにシュール。ちょっとだけ理解できない、追い付けないくらいがアントワーヌの揺らぐことのない世界を嫌でも見
>>続きを読む

小林賢太郎プロデュース公演 「LENS」(2005年製作の映画)

4.0

小林賢太郎プロデュース「KKP」の四作目となる演劇公演。
幽霊が出ると噂の図書館で起きた大量の書籍盗難事件に書生の天城と警部の駒形が挑む。

難しいことは言わない。あー面白かった。
書生と警部と巡査と
>>続きを読む

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

3.5

チャップリンの身体の使い方はかなり凄いんじゃなかろうか。アクションでも見られるような相手の動きを利用した身体づかい。
サーカスのような非日常に存在する道化の動きや存在をチャップリンは日常に存在させる。
>>続きを読む

キツネとウサギ(1973年製作の映画)

3.0

春、樹の皮で作った家を氷の家に住んでいたキツネに盗られてしまったウサギ。

紙芝居のようなパッチワークのような雰囲気がかわいい。動かない背景と動く背景。上下左右そして奥まで縦横無尽に移動する構図。

アオサギとツル(1974年製作の映画)

3.5

相手の前では素直になれないアオサギとツルのいじらしさ。名前がつかないような曖昧な関係というものは綺麗で儚くどこか哀しい。
ぼんやりとした関係を表しているかのような淡い色彩の中の花火や雨が綺麗だった。

海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE(2011年製作の映画)

4.0

個人的に不定期開催の「東映『先入観とか捨てて興味持ったキャストがいたらテレビシリーズはすっ飛ばしてまず観ていこう』特撮劇場版まつり」、今回はゴーカイジャーその②。


これ好き…熱い、めちゃくちゃ格好
>>続きを読む

天装戦隊ゴセイジャー エピックON THE ムービー(2010年製作の映画)

2.5

久しぶりに「東映『先入観とか捨てて興味持ったキャストがいたらテレビシリーズはすっ飛ばしてまず観ていこう』特撮劇場版まつり」をば。
今回はゴセイジャー。上映時間がかなり短いのでとっかかりには良いですね。
>>続きを読む

ホーンテッドマンション(2003年製作の映画)

2.5

テレビ放送だったので吹替で観たんだけどつまらなさ楽しさ面白さが良い塩梅 笑
エンドクレジットで歌う石膏像はグッチ裕三、水晶玉のおばさんは木の実ナナと書いてあって「なるほどねー!」と。どこか美女と野獣ら
>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.0

セッションの力ってとても不思議なもので、トランペット、ウッドベース、ドラム、ピアノと音が増えて重なるごとにより一層空間の厚みが増していく。皆が皆の音に耳を傾けながら己の出せる音を笑顔でぶつける様は最高>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

4.0

素敵ですね。男と女の役割、じゃないけど一人の女性としてジーナのように良い女になりたいなと思うしフィオのように良い人間でありたいなと思う。
風にはためくスカートの裾、黄みの強い鮮やかな青い空を飛ぶ飛行艇
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.0

食わず嫌いしてましたすみません。面白かった!
旬のキャストを集めてちゃんと映画サイズでテンポよく進めた話も面白いならこりゃヒットする訳だ。

ちなみに役職や大まかな話の流れを知っているくらいで原作は未
>>続きを読む

ロング,ロングバケーション(2017年製作の映画)

3.0

人生をいつまでも太く生きるために。
末期がんの妻とアルツハイマーの夫のロードムービーは思っていた以上に老いと病に重きを置いてぼかすことなく描いていた。

キャンプ場で家族の思い出を集めた8ミリを眺める
>>続きを読む

ロスト・イン・パリ(2016年製作の映画)

2.5

クラウン(道化師)が本業である夫婦、アベル&ゴードンが監督・脚本・主演で贈るおとぼけロマンス。
カナダから叔母を訪ねてパリへ来たフィオナ、ホームレスのドム、老人ホームを嫌がりフィオナに助けを求めたマー
>>続きを読む

森山中教習所(2015年製作の映画)

3.5

これ良いな、観た後ですぐ「お腹すいた」とか「さ、寝よ」って言えるくらい日常に溶け込んでくれる絶妙な雰囲気がある。
普段映画や舞台を観たときはどちらかというと胸がいっぱいでご飯なんていらない寝る間も惜し
>>続きを読む

パリ猫ディノの夜(2010年製作の映画)

2.5

闇夜を駆けるは一人の泥棒と一匹の黒猫。
ギャングに追われて家に逃げ込んできた失語症の少女を救うため夜の逃走劇が始まる。

泥棒とギャングとその親玉コスタ、そして少女。その少女の母親は警視でありコスタと
>>続きを読む

>|