幸村さんの映画レビュー・感想・評価

幸村

幸村

映画(98)
ドラマ(0)

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

1.5

登場人物全員バカオブザイヤー

とりあえず今年見た映画の中では今のところ一番面白くない…ということをつらつらと書いているので、この映画が好きな人はくにへかえるんだな。おまえにもかぞくがいるだろう…
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.4

画面が暗すぎるよー

あまりスターウォーズシリーズに思い入れがないことがむしろプラスに働いたのか、「ハリソン・フォードと似てないから駄目だ!」みたいになることもなく普通に楽しめた。
スピンオフの前作に
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

4.0

町田康ファン的には満足です

物凄く雑かつ一言で言ってしまうと『メタフィクション物』ということになるんだろうけど、終盤の展開はそれを分かっていてもなお「なんやこれ…」って言いたくなるくらいカオス。意味
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

男はみんなおっぱいが好き!
いきなり何書いてるんだ感が半端ないが台詞としてはこれが一番印象に残ったからしょうがないね。

是枝監督らしい(と言えるほど色々見ているわけではないが)、答えを提示するという
>>続きを読む

あさがおと加瀬さん。(2017年製作の映画)

3.9

青春の輝き(物理)

某ラジオ風に言うと『ナーメテーター』というか、可愛い女の子が可愛いことをするだけのやつかと思っていたんだけど(スゴイ・シツレイ)、二人の女の子が、ちょっとした行き違いがあったりな
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.6

思春期!

思い返してみると自分は高校のころから陰キャ一直線で、都会とかパリピに対するあこがれとかもなかったので「クリスティンは俺なんだっ!」と叫んで突如海に飛び込んだりするほどの感情移入はなかったも
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.9

1プレー目で相手の若頭を潰せ(言いたかっただけ)

公式で『警察小説×仁義なき戦い』と謳っているように、両者のハイブリッド的な作品。
個人的な好みの問題なのかもしれないけど、ハイブリッドは悪く言うと両
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

ダブステップなんてダセェよ!

2作目となると、いろんな映画に対するメタ発言ネタとか第4の壁を超える演出なんかも「もう見たー」状態になってしまって、序盤はややマンネリ感があったんだけど、中盤以降はとて
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.6

前文
以前インターナショナル版の感想を書いた際、「ストーリーは割と適当」と書きましたが、その後、前編を見たり、後編を複数回見た結果、ストーリーもかなり良く練られていると認識するに至りました。お詫びして
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.0

恐ろしい程のこだわりと時間と手間をかけていることは頭では理解できるんですけど、ごめんなさい、とにかくピンと来なかったです…。
映画の出来の良し悪しと、それが自分に合うかどうかは別だよなあと改めて思った
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

4.0

ゴリラ映画(※ここでいうゴリラとは力が強いとかゴリ押しの比喩としてのゴリラではなく動物のゴリラのこと)

定期的にこういう「真面目につっこむだけ野暮」とか「祭りだからみんなとにかく楽しもうぜ!」みたい
>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.5

メカゴジラ君迫真の起動BGM

※点数の割にはボロクソに書いてしまったのでこの映画が好きな人はスルーしてください。


さて、昨年の映画秘宝のワースト10では割とボロクソに言われていたアニゴジの2作目
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.4

教育は大事

この映画の題材となったトーニャ・ハーディングと愉快な仲間たちが話題になったのはリレハンメルオリンピック(1994)の時とのことで、その頃はもう物心ついていたはずだが全く記憶になかった。ま
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.9

シャイニング4DX3D

全編に渡ってかなり突っ込み所が多くて、特に第一の鍵の取り方に5年間も誰も気付かないなんてあり得ないだろと思うし(2018年の現在でさえ某ゲームセンターではデイトナUSA逆走車
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.2

ヘッドスマッシュって何だよ

あまり期待せずに見に行くと予想外に面白いから評価が高いだけ的な評判をきいていて、自分の中のハードルはそこそこ高めになっていた気がするんだけど、それでも予想以上に面白かった
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.8

20年越しに明らかになったサノス君の実力

…何を書いてもネタバレになってしまう気がするのであまり書くことがない。
ただ、10年間MCUに付き合い続けてきたファンは、画面狭しと飛び回るヒーロー達の活躍
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.5

安室さんハンパねぇ…

漫画も最初の数巻しか読んだことがなくて、劇場版も1作目しか見たことがない完全なコナンエアプなんだけど、今年は某お空のゲームとコラボがあったのと、周りの見た人の評判が良かったので
>>続きを読む

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

5.0

部活動青春映画の極点

中学以来の親友で、吹奏楽部に所属する高校3年生の二人の女の子の話なのだが、いわゆる部活モノの王道パターンともいえる、仲間と力を合わせ、時に対立を乗り越えつつ大会やコンクールで一
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.9

論理的には可能+今日=可能!

予告でのイェーガーの動きが妙に軽い、というかペラッペラに見えて、「これは期待できないぜ」と思いながら見に行ったが、普通に面白かった。

とにかく懸念していたロボの動きの
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.3

部活動青春映画のトップメタ

完結済みの作品の続編と聞くと何となくいいイメージは湧かないが、この映画は上の句、下の句を見た人にはもちろん、シリーズ未見の人にもおすすめできるくらい面白いと思った。

>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

4.3

奇跡の原作再現度

原作が結構好きで、最初に実写映画化の話を見たときは「まーた始まった」くらいにしか思っていなかったが、いざ見てみると…これはもしやとんでもなく出来が良いのでは?

何というか、原作と
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.1

信頼と実績のディズニー×ピクサー

世間ではとにかく「家族に会いたくなる!」「家族の絆!」「家族愛!」と執拗に家族愛を押し付けてくる宣伝が多くて、正直そこまでごり押しされると逆にうへぇとなってしまうの
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.4

エンシェントジャパニーズデスクイーン・ヒミコ←つよそう

なぜ今更リブートするのかという気もちょっとだけするトゥームレイダー新シリーズの1作目である今作は、開始10秒くらいから日本人も知らないニンジャ
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

2.9

ピンとこなかった…

最近はそこまででもないけど、映画を見始めたころはラストにどんでん返しがある系のやつが好きでよく見ていたので、それなりに期待して見に行ったが正直イマイチ。

以下若干ネタバレ

>>続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

4.3

好き。

岡田磨里と聞いてアニメファンの心に浮かぶ感情は様々で、まあ最近はマイナスのイメージが浮かぶ人の方が多いような気もする。そんな世間の評判につられて色眼鏡で見てしまった…わけでもないとは思うのだ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.6

美しい。

デル・トロ監督作品は『パンズラビリンス』がどうにも苦手で、今作も『パンズラビリンスのデル・トロが贈る』という売り文句だったのである程度覚悟して見たが、やはりラストの展開なんかは言っちゃ悪い
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.7

ヴィランが素敵。

MCU作品を見るたびに似たようなことを書いている気がするが、個人的にはMCUにはもうかなり飽きていて、でも今まで見た分がもったいないからという、中途半端に課金してしまったソシャゲの
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

導入部全一。

批評家受けがメチャクチャ悪いが一般客からの支持は凄いという雑な知識を基に鑑賞。
確かに類を見ないほどにストーリーがペラッペラだし、展開もジェットコースターすぎるしで怒る人は怒るだろうな
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.5

しんどい。

最近は『若いうちは何気ない日常もすごく楽しいよね、青春最高!』みたいな作品を、映画に限らず見ることが多かったので、こういう『特に不自由なく生活してるはずなのにどこか満たされないし普通に生
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

地味だけどいい映画。

レビューやら感想やらを見ると、こういう映画を楽しめないやつは何をやっても駄目(意訳)みたいな意見をちらほら見かけて、地味という感想を書くかちょっと悩んだけど、普段分かりやすい盛
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.6

…じゃあわざわざ娘をあんな学校に入れるなよ!

この映画は初め海外の映画祭で上映されていたときは、グロすぎて観客が失神したとか、入場時にエチケット袋が配られたとか、グロさを売りにするような紹介のされ方
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.0

ボーイ・ミーツ・ガール映画と見せかけたカルト映画、と思わせたやっぱり王道のボーイ・ミーツ・ガール映画!

パンクを愛する内気な少年が少女と恋におちるものの、少女はとある事情により48時間しか一緒に過ご
>>続きを読む

ガーディアンズ(2017年製作の映画)

3.3

ヒーロー映画RTA

ロシアのXメンという売り文句や、キャッチコピーからして、昨今のアメコミ映画ブームに追い付け追い越せで作られたであろう今作は、ストーリーも『冷戦時代に薬品を浴びてマッチョになった悪
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

2.5

超個人的な嗜好による愚痴が書かれているので読まなくていいです。

見に行くのが結構遅かったので、ネット上での酷評も目にしていてそれなりに覚悟していたけど、思ったより良かった。

確かに、妙に雑に使われ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

予告を見すぎた!

基本的には前作と同じ痛快スパイアクションとして楽しく見ることができるんだけれども、これも前作から引き続き、恐らくは監督特有の良く言えばタブーに囚われない、悪く言えば悪趣味なセンスが
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.6

とにかくパワーでごり押してくる娯楽映画の極み。

細かく見ていくと(というか細かく見なくても)突っ込みどころだらけなんだけど、そんなことは気にしないで、単純明快な勧善懲悪ものの王道ストーリー、やたら服
>>続きを読む

>|