msさんの映画レビュー・感想・評価

ms

ms

  • List view
  • Grid view

100日間のシンプルライフ(2018年製作の映画)

3.7

前半どうなるかと心配したが、尻上がりに良くなった。ルーシーが良いスパイスになってる。ドキュメンタリーで見てみたい。ドイツ人って案外ピュアなんだな。いや今の日本人が歪なのかも。…ドキュメンタリー版が元々>>続きを読む

とんかつDJアゲ太郎(2020年製作の映画)

3.8

予告編を見ての期待通り。キャストが程良い。細かいところだけど、エンドクレジットの見せ方なんかもセンスい~わ~

マネーボール(2011年製作の映画)

4.0

原作良かったけれど…映画もいい!ブラッド・ピットいいなあ。原作はビリーの現役時の挫折感がもっと描かれていたが、映画の尺にしたらバランス上こんなものか。実話だという裏付けがあるから感動が深い。

日の名残り(1993年製作の映画)

3.6

アメリカ人役の設定が原作と変わったのはjfkへの当て擦りだったから?これ変えたら、結構意味が変わるのにな。クリストファー・リーブは落馬事故のちょっと前か…切ないな。ヒュー・グラントまだ味がない。アンソ>>続きを読む

まあだだよ(1993年製作の映画)

3.7

これは自分へのオマージュ?しかし不遇の時代は百閒の比ではなかったろう。井川と所はさしずめルーカスとスピルバーグ…本当は皆に愛されたかったという吐露?

(1985年製作の映画)

3.9

もはやどんなにお金と時間をかけても、日本ではソロバンに合う収益がでないし、あまりにも日本的なものだと海外に馴染まないし、というジレンマの中でできたものなんだろう。ところどころ、流石!という描写があるが>>続きを読む

遥かなる山の呼び声(1980年製作の映画)

3.9

べたな話。他の俳優ならなんてこと無い話。黄色いハンカチ組で固めてあるから、望んだ通りの展開に。分かっていてもぐっとくる。最後の列車内でのハンカチは狙い通りなんだろな。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

一番あかんやつ!長すぎ、纏まり悪い、敵キャラ立ってない、しかもボンド死ぬやないか!反省しろブロッコリ!!!bond will return やないわ!プレタイトルから締まり悪いし、タイトルロゴ格好悪い>>続きを読む

ソウル・キッチン(2009年製作の映画)

3.5

オープンニング好き。この映画当たりの予感…。さすらいの料理人との出会い!ドイツ版タンポポのはじまりはじまり~!やった~!っと思ったら、後半からグダグダ…。

ハロウィン(2018年製作の映画)

3.4

ジェイミー・リー・カーティス年とったな~。好きだけど。このラストは絶対生きてるパターン!!!

ラスト・オブ・モヒカン(1992年製作の映画)

4.2

髪をなびかせ森を風のように駆けるダニエルの美しさ。谷に身を投げる娘。息子の敵を討つ父。

ナイチンゲール(2019年製作の映画)

4.3

あのナイチンゲールの伝記だと思ってみたらえらいことになるぞ。容赦ない暴力に慄く。それぞれがそれぞれの役割を余すこと無く果たしていて、納まりがいい出来。後味が良い復讐劇なんて嘘っぱちだな。これは後味は良>>続きを読む

健さん(2016年製作の映画)

3.5

悪くないが、テレビドキュメンタリーでもっと良質なものが沢山あった。スコセッシやマイケル・ダグラスのインタビューは良かったが。

ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒(2019年製作の映画)

3.6

ストーリーはあまり惹かれなかったが、映像、動きが素晴らしかった。ピクサーとはまたひと味違うセンス。ピクサーほどテンポが速くなく疲れない。

オーケストラ!(2009年製作の映画)

3.5

楽器を演奏したり、コンサートを演奏側からの経験があるといかに現実離れしているかが分かり、感情移入できない。最後のバイオリン協奏曲も普段から良質の音源で聴いていたので、?!だった。メラニー・ロランがただ>>続きを読む

ジャングルランド(2019年製作の映画)

3.5

あまり抑揚のないロードムービーだが、帰ってリアリティーがあった。あらすじみて、スナッチやファイトクラブ的な期待をしたら駄目。WOWOWの概説で思いっきりB級映画と書かれており、笑ってしまった。ストレン>>続きを読む

ワンダーウーマン 1984(2020年製作の映画)

3.4

えー!楽しみにしてたのにー。プレタイトルの幼少期エピソードだけ…よかったの。長すぎる!全部中途半端。1984である必然性もない。空飛びすぎ。ピーターパンか。

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

3.7

草彅剛の圧倒的な演技。古くはモーリスから、ブロークバック・マウンテンまで全て観ることすら拒絶してきた口だが、食い入るように観て、感情移入すらしそうになった。

エンド・オブ・キングダム(2016年製作の映画)

3.8

この手のヒーロー物は、ご都合主義が鼻につくものだが、007やmiシリーズほど超人的でなもなく、ただ大統領だけを守るためだけに自己犠牲を厭わぬ姿勢が心地良い。ジェラルド・バトラーの嫌味の無い武骨さが全て>>続きを読む

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

3.8

案外よかった。インディペンデンス・デイのノリで、本気のCG。軍艦、零戦プラモつくってた世代なので映像に興奮。繰り返し戦闘シーンだけ観られそう。日本の俳優陣良かった。アメリカ映画なのに割と日本を悪者扱い>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.9

あまり期待せず、B級の心霊ホラーだと思っていたので面白かった。最初から囮の音響使ってショットガン使えばよかったやん、と言えば身も蓋もないけれど、終わり方がなかなか渋い!父親役が死んだのは暗喩的だったの>>続きを読む

スナッチ(2000年製作の映画)

3.7

筋が分かり難いがスタイリッシュで観ていて飽きない。後半たたみかけるように俄然面白くなった。見終わって、さて誰が主人公だったのか…

影武者(1980年製作の映画)

3.8

七人の侍、隠し砦の三悪人、用心棒、椿三十郎。これらと比べて黒澤明の自己採点は何点だったのだろう。後年の『夢』に見られるような、画家の独りよがり的な前兆が見られる。役者?制作予算?カラー?時代?現代のド>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.3

この手のパラドックス映画って、パラドックス自体が醍醐味で、分からない、判りづらいことを楽しめるかどうかになるんじゃないかな。分からなかった。これ凄く分かりやすくて、面白かった!って言う人はかなり見栄っ>>続きを読む

未来世紀ブラジル(1985年製作の映画)

3.6

食わず嫌いだったが気になっていた一作。情報管理社会へのアンチテーゼ。全編ブラックユーモア。凝った作りだが散文的。これをスタイリッシュにしたのが後のマトリックスかなあ。現代社会は既にその先に行っているの>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.8

二人で操縦するとか、怪獣とか意外と抵抗無くなった。ギレルモの愛が詰まっているからか。イーストウッドの息子、目と鼻が凄く似てる。もう少し身長があればよかったのに。

マーウェン(2018年製作の映画)

3.8

わりと好きだわー。確かにフィギュアオタク、ハイヒールフェチ、心に傷を負った者、恋…のバランスは悪かったかもしれない。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地争覇(1992年製作の映画)

3.5

リアルタイムに観たらどうだったのだろう。ジェット・リーの動きは美しく、ロザマンド・クワンの瞳も綺麗。ただそれだけ。ワイヤー思いっきりみえとるし。

プロジェクトA2 史上最大の標的(1987年製作の映画)

3.9

前作より話もアクションも凝っていて手に汗にぎったな~。当時同時上映だった漂流教室はつまんなくて途中で出たな~。途中で出た映画初。本作が面白すぎたからかな。しかし早回しがあるにしても、スタント無し、CG>>続きを読む

プロジェクトA(1983年製作の映画)

3.8

リアルタイムで町で1番大きい映画館で観た。少年にとって1番大切なこと、勇気と正義をみせてもらった。今観ても同じシーンで胸が熱くなる。

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

3.8

殺人鬼の物語。1作目と人格変わってるやん。これ観てスッキリした~って人、どうかしてる。殺人を楽しむ映画やん。前半わりと丁寧に作ってたのに…。最後、全員1カ所に集めて自分と一緒に自爆!とかできないのか…

タイタンの逆襲(2012年製作の映画)

3.5

悪くないんだけど、どうしても1作目の焼き回しに。冒頭のシーンはよかったのだけど後は間延びしてた。どうせなら怪物退治物として、もっと色んな怪物を出せば良かったのに…

タイタンの戦い(2010年製作の映画)

3.5

CG綺麗だが内容も進み方もありきたり、ギリシャ神話好きか否かでも大分違う印象だろう。サム・ワーシントンは悪くない。リーアム・ニーソン好きだけど神じゃない。

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.8

芦田愛菜天才だな。菊地凛子の存在感も誇らしい。久しぶりに作り手の作りたかった熱意を感じられる作品を観た。特撮も素晴らしい。ハリウッド版のゴジラや、トランスフォーマーより断然格好いい!しかし、異形の物へ>>続きを読む

>|