Mskさんの映画レビュー・感想・評価

Msk

Msk

映画(369)
ドラマ(0)

アンチクライスト(2009年製作の映画)

3.7

いやー。これは酷い。
鬱になる前に感情的に置いてかれた。完全に。
これを撮影する技術がすごい。
どうしてるの?ほんとに?

もう少し評価高くしたいのに。
どうしたらこんなこと思いつくの?笑

観れてし
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

5.0

もう観たくほどに残酷なストーリーなのに、多分これ何回も観るだろうな。

泣いた。泣いた。

目こそ見えなかったけど
彼女に見えていたものはものすごくたくさんあった。
ジーンの未来を見ることが彼女にとっ
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.0

ペーパームーン以来のモノクロ映画かな。

鮮明なモノクロで鮮やかに感じるからすごい不思議。

ほんとはこれを観る気分ではなかったんだよ。もっとライトなのを観ようかと思ってたのに。
始まってすぐのクレジ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.7

ハリーポッター好きからしたら
伏線回収というか何らかの関係性を見つけていく感じでモリモリだった。

これから続く感しかない。

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.8

現実ではどんどんと蝕まれていく2人の愛。その合間での回想では幸せな頃の2人。
重なる質問に逆さな立場。
どん底での幸せな頃の記憶ほど落差があって観ていて苦しくなる。
何が彼女をあそこまで追い詰めたのか
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

*素因数分解*

客観的過ぎて現実を生きていない感覚も
全てを壊してみてやっと知る事柄も
愛していなかったのかもしれないという疑いそのものが主観的であるという結論に行き着くまでの過程。
彼は生きていて
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.5

軽めなロードムービー。
14歳の自立ってまだまだかわいいもん笑
ふわっとした感じがミシェルゴンドリーらしくて、ありがとうございますって感じ。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.0

私が死んだら、、
そんなセリフで何でもかんでも許されるところに若干の疎ましさを感じつつ笑

彼女の生きるってことが素敵だった。

けど二人の関係のオチがオチ。
そこだったのか、、

星の王子様ね。
>>続きを読む

ニンフォマニアック Vol.2(2013年製作の映画)

3.5

vol.1の終わりの予告で見なければと思わされた。
前作ほどのスピード感はなかったけど、心理描写が複雑で色々と置いてかれた感。

女が高尚になるにつれ下劣になる男。
落とし所はそこですか。。

人間、
>>続きを読む

ニンフォマニアック Vol.1(2013年製作の映画)

3.8

人間は狂えば狂うほど孤独だと気づかない。けど、狂ってしまうほどの孤独感がそこにはあって、誰もそれは埋められない。

重いテーマをさらに回りくどく表現してくるあたり、嫌いになれない。

完全に問題作。
>>続きを読む

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

4.2

音楽も景色も何もかもいちいち洒落てる。
T.S.のことも好きだけど、あの夫婦の距離感もなかなか好きだったな。。笑

笑えるし泣けるしまた観よう!

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

やっぱりかっこいいー!!
ワカンダフォーエバー!!

とてもいじわるなキツネと仲間たち(2017年製作の映画)

4.2

笑った笑った。
同時通訳は気になる人もいるだろうけど、自分はお陰でアニメーションを楽しめたから良かったと思う。

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(2016年製作の映画)

4.0

やっぱりなんでか温かいんだよね。
詰め込み過ぎもせずにさらっと本質を突いてくるあたり。
BFGが見てきて聞いてきたことはきっとダールが見てきて聞いてきたことだったりするのかなとか思うとね、、人間味があ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

リリーさんに細野さんだからか雰囲気勝ちですね。家族でいれる時間が多め。事情聴取で想像よりドロドロしなくて良かった。
あの時はたしかに家族以上の絆があったとは当事者同士しか分からない。
最後のそれぞれの
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.8

前回よりは内容が濃かった気がする。
あんな破茶滅茶なくせして真っ直ぐだからイケメンするぎる。
DVD出たらもう一度観る!
むだにXフォースが一番楽しい、、笑

ターミナル(2004年製作の映画)

4.2

"圧倒的に解りやすい表現力の塊"
いや〜さすがスピルバーグ!!
この人に外れはないと思うよ。
何にも考えなくてもすんなり引き込まれてしまう映画をほんとよくつくるよ。観る方の老若男女問わず王道を行く感じ
>>続きを読む

ディーバ(1981年製作の映画)

3.7

ジャケットの雰囲気からは想像できないストーリーだった。
平々凡々な男の子が命狙われ、追ってる方も追われる方も勘違い。そんなんで死ぬなんてやってらんねーよ⁉︎ だけどなんかすっきり。
リシャール・ボーラ
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.8

外国から見た日本がよく反映されてて面白かった。
今回のテーマはアニメーションならではなんだと思う。
くすっとできるところがあって満足◎

さよなら、人類(2014年製作の映画)

3.6

ロイアンダーソン慣れかもしれないけど、今までの中で一番間が良かった。
テーマ重そうなのに悲観的にならずになぜかライトな印象。
多分3部作みるならここから入った方がいいのかもしれない。

愛おしき隣人(2007年製作の映画)

3.0

みな夢を見ながら現実を生きている。
しかもその現実は地味に不幸。
所々に流れる賛美歌的な音楽に救われる。

けどほんと嫌になるわ。
前作の方がぶっ飛んでて観やすかったなぁ。
せめて2倍速で観たい笑
>>続きを読む

イリュージョニスト(2010年製作の映画)

4.2

タッチが◎
こんな雰囲気好きだわ。

なのにストーリーは切ない。
下るだけのイリュージョニストと
上るだけの少女。

おじさんに感情移入しすぎて、彼女の幸せを喜べない自分はつまらない人間だな。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.5

端々に本質を突いたセリフを言わせててメッセージがクリアだった。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

仮想空間と現実の格差。
オアシスを通して創始者ハリデーの人生を紐解く感覚。
現実を生きれないのは虚しく思うが、人間は無意識にも脳内で作り上げた仮想に生きてるから、それを具現化しわかりやすく表現した感じ
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

5.0

笑って、泣いて、笑った。

とってもよかった。


本来なら相容れない動物の世界より人間社会の方がまだユートピアを築けそうなものなのに、なんたる皮肉。。

むちゃくちゃ面白いやんか!!

って思うけど
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.8

この世に神などいないとつくづく思う。

そして企業の影響力はやはり大きい。
-grateful
-differ from justice and power

なんでも戦争のせいにすれば許されると思
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.6

日常であるスクエアが未来の希望により広がり、また戻る。
社会的弱者の母子の酷な現実。
愛だけでは生きていけない。

誰一人として泣かないから不覚にも号泣。
ここまでくるともはや美学。

それぞれの選択
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.2

セットの色遣いがかわいい。
この雰囲気◎

おませなガキの話。
一生懸命背伸びしてる所がほっこり。笑

カット一つ一つに監督の意図を感じる。
無駄のないとても合理的な印象なのに総じてファンタジックで嫌
>>続きを読む

マルクス・エンゲルス(2017年製作の映画)

3.0

内助の功。
もっと破茶滅茶な人の印象があったけど、意外と普通な人として描かれてたな。

>|