カニさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

カニ

カニ

映画(206)
ドラマ(23)

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

-

「血まみれスーツで馬乗って街中走るキアヌ、みんな観たいよね?」的な「俺たちの観たいかっこいいキアヌ」をバンバンやるという意志を感じる。そのへんが毎度ハイローっぽい(HiGH&LOW脳)。あと相変わらず>>続きを読む

ラスト・ムービースター(2017年製作の映画)

-

『ワンス・アポン・ア・タイム〜』と合わせて観るべきだと思い、そのようにした。ストーリーは予想を裏切らないものだけど、役者の生きているその時間を閉じ込めるメディアとしての映画のすごさを感じられる。青春映>>続きを読む

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

-

大人になってから見るとグッゲンハイム美術館とかエッグチェアとかボールチェアとか、べったべたにモダニズムの意匠が配置されてるのだなぁ。かっこいいからテンションあがる。

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

2.7

すごいあっさりしてた……もっとカッコいい銃とか宇宙船とかバトルとかを期待していたら、そうでもなかった。物語もあっさり。もっと宇宙人の描写もいろいろ見たかった。

町田くんの世界(2019年製作の映画)

3.2

新人2人、特にヒロインが生々しく高校生っぽくてよかった。そしてあっちゃんカッコいい。岩田の高畑充希への土下座、見たかった。

しかし、クライマックスの風船シーンは原作通りなのかしら。てっきり何か夢オチ
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.2

事前に感想ネタツイを見すぎて、「これが噂のごますりクソバード!」「右の首の床ぺろ!」という確認作業になったところはあったが、それはそれとしてデカいものの戦いはかっこいい。もっと引きで見たかった。

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

-

モフい、モフすぎる……目の動きが犬みたいなのも良い……。ライアン・レイノルズピカチュウ最高だったので、デップー3でどうネタにされるのか今から楽しみすぎる

ワイルドツアー(2018年製作の映画)

4.0

ワークショップから生まれた作品ゆえに、出演者の顔がどれも芸能界の人のそれではなくて、中学生も大学生もこういう感じで恋愛する/人を好きになるよな……という気持ち悪いくらいの生々しさがあって、しかしそれが>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.2

とにかくひたすらあざといくらいにバンブルビーがかわいい。そしてやっぱりTFシリーズはティーンの成長譚がいいなぁ。本編は4作目からくたびれたおっさんのプライド取り戻しになってしまって一気に興味が失せたの>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.6

スゴのスゴ。なに……どういうアニメ……? 動画クリエイターでもないのに打ちのめされた。IMAXでもう一度観る。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

流れ弾(というか、自分の流した弾)がチャールズに当たった瞬間エリックが駆け寄るシーン、めちゃくちゃキュンとする……

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

なるほど、『ローガン』のローガンがアダマンチウムに苦しめられて、助けてくれた善良な一家は追っ手に殺され、森の中を駆けずり回るのは、この作品をなぞってるのか。ウェイドも出てくるし、ほんとにもっと早く観て>>続きを読む

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

-

プロフェッサーとマグニートーの捻れこじれた友情、めっちゃ好き……。