マッサンさんの映画レビュー・感想・評価

マッサン

マッサン

氷の上のふたり(2014年製作の映画)

2.5

多分 この子供ホッキョクグマが好き放題に動いている様子をうまく編集し.作品にした様に見受けられました。撮影は大変だったろうなと思いました。
最後の10分だけで完結した内容でした。

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

3.9

ディカプリオさんの何者も熟す演技が素晴らしかったです。あと、パジェロの走破力も。

フローズン(2010年製作の映画)

2.6

雪山シチュエーションで起こる、間も運も悪い3人のお話。

白い沈黙(2014年製作の映画)

2.7

何かずっと静かにモヤモヤの続く作品でした。

百円の恋(2014年製作の映画)

3.2

何かのきっかけで人は変われる。作品後半の主人公の熱量が凄かったです(リングコスチュームの胸にさいとう亭のロゴも熱い)。

デンデラ(2011年製作の映画)

3.5

姥捨て山の悲しい物語と思いきや、山に捨てられた婆ちゃん達の復讐劇の話。
捨てた者達への復讐話から、冬眠せず食料を狙う熊との戦いを描くバトルアクション(婆ちゃんなので動きは遅い)作品に途中から代わり面白
>>続きを読む

炎の少女チャーリー(2022年製作の映画)

3.0

リブート作品で映像技術の進化は感じましたが、前作超えの内容ではなかったかなとの印象でした。

哭悲/The Sadness(2021年製作の映画)

3.0

台湾ホラー(かなりスブラッタ)作品。「バタリアン」と「28日後」を合わせた様な印象でした。後、かなり体調の良い時の視聴をおすすめします。

キングダム2 遥かなる大地へ(2022年製作の映画)

3.8

今回は豊川悦司さんと清野菜名さんの起用が作品をより面白い展開へと仕上がっていました。

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

3.2

個人的には限られた場所で物語が進む作品だったので映画館で観ていたら臨場感もあり楽しめたかもと思いました。

東京2020オリンピック SIDE:A(2022年製作の映画)

3.1

内容は興味のある方なら納得な内容と思われます。藤井風さんの挿入歌は印象的でした。

ブラック・フォン(2022年製作の映画)

3.4

サイコホラー&超常現象作品。ブラムハウス作品にしては大人しい感じでした。

カリートの道(1993年製作の映画)

3.6

主人公が倒れるシーン(結果)から始まり、何故そうなったのかを物語として進んで行く「倒置法」的作品。アル・パチーノさんの個性ある演技が見応えありました。

睡蓮の人(2003年製作の映画)

3.0

亡くなられた奥様との不思議な再会をする、短くも深いお話でした。

大怪獣のあとしまつ(2022年製作の映画)

2.0

設定は良いけど、怪獣映画なのに俳優ありきで制作された様に感じました。間の悪いコントの様な演技。シリアス路線なら良かったのかも。勿体ないです。

柳生一族の陰謀(1978年製作の映画)

3.8

史実とは違う様ですが、見応えのある内容と豪華なキャスト。芦屋錦之助さんと三船敏郎さんの圧のある演技が凄い。

パッション(2012年製作の映画)

3.6

愛憎のすれ違いが起こすデ・バルマサスペンス。最後に納得出来るかは個人差があります。

サムライ(1967年製作の映画)

3.9

洗練された映像とアラン ドロンさんの端正な顔立ち、物静かな雰囲気がより物語をスタイリッシュにした作品でした。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.8

"大きな目的に向かって人生に導かれている"
前中盤の伏線が最後に見事に繋がった流石のクリント・イーストウッド作品でした。
本当にこの3方の活躍がなければ大惨事になったと思います。

星の子アルフェ(2012年製作の映画)

4.0

難病を患い生まれた子はその世界が「普通」なので、家族がどれだけ寄り添えるが大事に思えました。お父様(監督)とご家族の方、携わる方々の溢れる優しさが映像を通して凄く伝わりました。

ニシノユキヒコの恋と冒険(2014年製作の映画)

3.4

竹野内さんのゆる〜っとした話し方と演技が、作品全体を和ませている作品でした。

ハウ(2022年製作の映画)

2.8

人目線で語られて人目線で終盤を迎えたラストでしたが、犬目線での気持ちは?なので個人的によくわからない終わり方でした。

>|