MisatoIshizukaさんの映画レビュー・感想・評価

MisatoIshizuka

MisatoIshizuka

億男(2018年製作の映画)

2.9

ドラマの影響で佐藤健と高橋一生が見たくなって2人の共演作品を発見。
見終えて思ったことは佐藤健は天堂先生、高橋一生は慎二がはまり役!なんだということ。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.3

2021年1本目!
めちゃくちゃ面白い!そして韓国映画見たの初めてだったかも。
欲を言えば地上波じゃなくて映画館で見てたら迫力とか違って5.0だったかもなーと思った映画。

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

3.8

クリスマスのコテコテラブストーリーだと思って見たけど、
あらすじに「ふたりの距離は一向に縮まない。」っていう一文がある通りな感じで...割と後半までゴールどこ?状態。
急に真実突きつけられた時の衝撃た
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

4.0

謎に「季節感がいい!」みたいなレビューが多くてどういうことか分からなかったけど、見終わったあとにめちゃくちゃ共感できる!
1番最後のシーンは2人のこれからを語り合ってるのかなーとかミラクルについて話し
>>続きを読む

わがチーム、墜落事故からの復活(2018年製作の映画)

3.8

ガッツリドキュメンタリー。
当時応援してたJリーグの選手がシャペコエンセに移籍したときの
チームの空気こんなんだったんだと思ったら
選手たちの苦労並大抵じゃなかっただろうなって。
墜落事故前と後のチー
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.0

あえて吹き替えで観たけど違和感違和感違和感...
ポケモン喋らせちゃだめな気がした...
そんでもってめちゃくちゃ個人的には最後の親子のやりとり声逆の方が良かったと思った...
テッドの声始めて聞いた
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

3.8

お世話されたい×お世話したい
超不器用×超ど直球
愛情=愛情
やっぱり実話って面白味あるなーと思ったほっこり系映画。

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

3.5

吉田鋼太郎はなんも悪くないけど、吉田鋼太郎演じるパワハラ上司ざまぁみろって思っちゃった映画。

君は月夜に光り輝く(2019年製作の映画)

3.7

泣けた泣いた。
とりあえず見終わったあとに発光病について調べるのこの映画見た人あるあるだとおもった映画。

アス(2019年製作の映画)

4.6

評価スコアは映画の面白さよりも怖さの値。めちゃくちゃ怖い。本当に怖い。終始怖い映画。

[リミット](2010年製作の映画)

3.0

1時間半の映画のほとんどが棺の中主人公だけが映ってる。これで1時間半よくもつなぁって思った映画。

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.2

ずっとずっと見たかった映画がプライムに登場してて即見!!
キャストもザ青春なストーリーもめちゃくちゃハマってて最高すぎた映画。

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

4.2

めちゃくちゃよかった。
なにがよかったって全部よかった。
ダコタファニング出てる映画片っ端から見てみたいと思えた成長していく系映画。

旅猫リポート(2018年製作の映画)

3.7

泣けるってレビューが多くて、いや絶対泣けないでしょって期待値低めで見たら割と前半から泣けて感動っていうより切なくなる映画。

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.9

前作よりも格段に面白い。気になる登場人物たちのその後もエンドロールでちゃんと描かれてて文句なしに楽しめた映画。

九月の恋と出会うまで(2019年製作の映画)

2.8

とりあえず見終わったあとに
男の人に奇跡起こしたいと思ってる?って聞きたくなる映画。

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.3

ネタバレ2回くらい念入りに見てから鑑賞したから時系列整理しながら楽しめた映画。

ステータス・アップデート(2018年製作の映画)

3.9

レビューに多かった
アメリカのティーンムービーって感じ。
って言葉まさにその通り。
SNSにした投稿が現実になるって繰り返しで
得た物事の分だけ失うこともあって...
ってありがちすぎるんだけど楽しめ
>>続きを読む

ハナレイ・ベイ(2018年製作の映画)

3.3

物語が動くまでが長くて
動いたと思ったらまたそこからが長いように感じたけど
映画っぽいオチっていうよりは見終わってから全体振り返るとそういう事だったのかなと推測できるようになる。
本筋とは別で吉田羊が
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

5.0

融通の効かないお役所相手に見ている方が本気でイライラしてくる冒頭。
そこから一気に引き込まれていって、
だけど結末がどうなるかとかそういう事が気になる引き込まれ方じゃなくて、
映画そのものに引き込まれ
>>続きを読む

カンパニー・メン(2010年製作の映画)

3.2

思ったのは、たぶん多くの男性陣(若手じゃない人たち)は仕事にかけるウエイトが自分の中のほとんどを占めてるんだな。って。
歳をとってもそうはなりたくないから観ていて共感出来ない部分があったのは男女の違い
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.0

声での会話ほぼなしで1時間半の映画斬新だなー。とおもったけど
内容的にはツッコミどころ多め。
それより子役の子どっかで見たことあるなと思ったらやっぱり!ワンダーのイケメンくんで後味スッキリだった映画。

カイジ2 人生奪回ゲーム(2011年製作の映画)

3.0

前作より笑えるところ多め、見ていてまだやる?ってなる感じが個人的にはマイナス評価になっちゃった。
がっつり頭脳戦な前作が好きだったって再確認した映画。

カイジ 人生逆転ゲーム(2009年製作の映画)

4.0

公開当時地元の映画館で観たのを今日まですっかり忘れてた。金曜ロードショーで2回目の鑑賞だったけどしっかり内容覚えてたし大好きな大どんで返し系映画。

ピラニア 3D(2010年製作の映画)

3.5

超完結に言えばクレイジーなパリピたちを襲うピラニアパニックな映画。
もっと踏み込むと血の海すぎて半分以上目瞑ってた映画。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.5

気になっていた映画だったけどラストの終わり方にはモヤっと。途中までは面白く見れたんだけどなぁだった映画。

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.7

アニメーションなのに舞台を見ている感じ。歌も映像もすごくて映画館で見てよかった映画。

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

3.9

エイリアン系ってホラーに近いと思ってたけど、全然そんな感じじゃなくて設定からストーリーから全体的にあっぱれ👏な映画。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.6

レビューにも多いITからの流れで鑑賞。青春映画って感じだったけど所々表現過激だなーって思ったのがITとの共通点だった映画。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.2

ホラー映画って終始暗闇からワー!みたいなイメージだったけど、意外と明るいシーンもあるんだなって思った映画。そして家で見るからか、地上波で多少内容いじってあるからか、吹き替えだからか、わからないけど恐怖>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

3.2

大人向けアニメ。だけど日本のアニメーション映画とは違った感じ。

きっと、いい日が待っている(2016年製作の映画)

4.2

邦題も好きだし、話もすごい好き。
やっぱり実話が基にされてる映画って見終わったあとのいい映画みたなーっていう感情裏切らない。
ツライけど前向きなそんな映画。

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.3

ホラーかと思ったらミステリー要素強め。
ホラーとは違った恐怖感じた映画。

>|