ユウさんとうんどうさんの映画レビュー・感想・評価

ユウさんとうんどう

ユウさんとうんどう

映画(71)
ドラマ(1)

博士の愛した数式(2005年製作の映画)

3.5

テレビで、再鑑賞
小説も実家にあったなぁ。
懐かしい。

穏やかで、愛情のあるストーリー

博士は、事故の後遺症を抱え、
必ずしも、明るいテーマではないけれど
それはあまり感じられない

ルートとのや
>>続きを読む

パパが遺した物語(2015年製作の映画)

3.5

ラッセルクロウの演技とケイティ役の子が
いい。愛らしい

ストーリーは、思いどおりには
いかない歯痒さを感じます

なんだろうなぁ

父親と娘の愛情は
お互いに伝わってたよね

そんなケイティが、
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.8

やっぱり面白いですよね
池井戸さんの作品は!

ただ、半沢直樹を見た直後で
同じ役者さんばかりで少し違和感でした笑

ペントハウス(2011年製作の映画)

3.3

エディ・マーフィ
久々に見たなぁ

どうしても金の重さが気になってしまう、
落ちるよ、ぜったい

ハラハラするけど
そういうところもコメディ

ストーリーは、割と淡白な気がした
帳簿、そこに隠す?
>>続きを読む

リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ(2019年製作の映画)

3.9

As You Were のアルバムを聴きながら

夜の東京駅まで歩く

見える世界は、俺主観のMVだ…

リアムとノエル
それぞれの信じる音楽の道へ

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.0

何回目かのマイ•インターン

ベンも、ジュールズも
人間的に素敵だなぁって
そんな2人の友情も。

仕事に向き合う姿勢
周りの人への影響力
自分も頑張ろうって思った

ベンみたいな現役バリバリな
紳士
>>続きを読む

奇蹟がくれた数式(2015年製作の映画)

3.6

異色の天才数学者ラマヌジャンの短い生涯を追ったストーリー

ラマヌジャンについては、知っていたので
歯痒い気持ちをずっと持ちながら観賞

天才たちが天才と称える数学者
女神が舌に数式を書いてくれるんで
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.8

ずっと観ようと思っていたが、
なかなか観れていなかった映画だったので
夜中に観賞。

観た後の色んな人の考察をみるのが楽しかった。
「なるほど。。色んなところに伏線が」

もっとドロドロしている内容か
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.4

あの始まり方にして、
ニックは、何でこんなに素直に育ったのでしょうか

レイチェルも芯があって素敵な女性

きっと、そう育てた母親も
苦労を乗り越えた立派な女性なのでしょう

ただし、理解はできない生
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.5

難しいなぁ
子どもと怪物

不安定な心理描写

最後の終わりは、ファンタジー
本当にいたんだ、みえてるの?

挿絵がかわいい

ただ、大事なこと、言っている
本当のこともわかっている

アス(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

王さまのブランチを観ての鑑賞。

観終わってから、色んな伏線が
感じられた内容でした。

母親がハサミを持っているシーンとか
ジェイソンは、気がついてるよね

レッドがみんなをコントロールしてたのかな
>>続きを読む

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

アスペルガー症候群の弟の大好きな理解者である兄さん。そんな大好きなお兄さんのために、奔走するシモンのお話し。

シモンとの同棲生活の結果、サムは恋人に振られてしまう。その結果、自分のペースを乱さ、計画
>>続きを読む

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.4

リーマンショックを予期した
登場人物たちのお話。

学生の頃に観ていたら「?」だったろうな。

この賭けは、なかなか出来るものではないけど、ちゃんと現実をみて、分析すれば
それを実行するだけの根拠にな
>>続きを読む

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.4

ストーリーはおいといて、、、
面白かった

ハーレークイーンは、圧倒的にかわいい!

キングスマン(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かったです。
ずっと観よう観ようとしていた映画

ただ感情移入しちゃうと
死んでしまうし、
結果発動してるし、
結構被害が、、

「映画ではない」ので、そこはある意味現実的
さくっと死んじゃう
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

3.0

言葉って本当に大切なんだよね

何気なく言ったその一言で
人の人生を狂わせる
変えてしまう

そして、救う力もある

それは、本当に、そう思う

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.7

セミドキュメンタリー形式の撮影で
リアルな人々の反応がみえる

最初はちょっと違和感を感じたけれど
だんだんと引き込まれる

こんな先導者がいて
皆を引きつけ、歴史が繰り返されると
思うと少し怖いね
>>続きを読む

エンド・オブ・ホワイトハウス(2013年製作の映画)

3.2

ホワイトハウスが落ちるまであっという間
ドキドキハラハラ

ただ、あんなに最初手際が良かったのに
所々穴がない?犯人グループ

最後の終わり方は、ちょっと失速

主人公は圧倒的に強くて運もある。
面白
>>続きを読む

我が家のおバカで愛しいアニキ(2011年製作の映画)

3.7

結構面よかった

バカだけど、振り回されるけど
相手を信用して、素直に行動する
上手くいかないこともいくこともあるよね

終わり方もいい
ズーイーデシャネルも可愛い

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.3

録画を観賞。
展開は面白かった。

プリンを見つけ出すまでが
なんとも言えない

キャビン(2011年製作の映画)

3.1

なんだか壮大なホラー映画、B級映画

初めから、表サイドと裏サイドの視点から
物語を観ることができて面白い

色んなモンスターが観れる意味では
ワクワク感があるけど、グロい

日本人だぞ、休暇をとるか
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.7

ボブは、ジェームズを導き、
そして試し、支えている
そして、ジェームズは、それに応える

誰しも再起のためのチャンスはある。
それを掴みとれるか

薬の恐ろしさを感じ

猫が飼いたくなりました

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.7

ロックな人生
青春だ

純粋でストレート

あとは、未来を掴めるか

兄貴の切り開いた道
2人とも幸せに

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.4

この映画を観て、みんなは何を思っただろう。

ナチのキャンプを楽しむ子どもたち。
ナチスの教育。
ユダヤ人に対するイメージ。
戦争は悲惨なもの。

そんな世の中にいる
強い意志を持つ母親
偏見のない親
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.5

1に引き続き観賞。
またまたアクション楽しめました。

続編もあるんですよね?

ジョンは、頭にバリアでも
張っているのだろうか

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.5

愛と友情と、アクションと

ハラハラドキドキしながら
何も考えずアクションを楽しめました。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.9

思い出しながら記録。

面白かった。
日本のキャラクターがたくさん出ていて
テンションが上がった!!

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

4.0

戦争の恐ろしさ
人が人として、扱われない
悲しい現実

ただ、ピアノの音色は、
心にスーッと入ってくる。

戦時中でも今でも。

戦争もので何度も観てしまう映画。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.0

サンタモニカ
ルート66の終着地

旅行で行った事をきっかけに観賞

>|