もつさんの映画レビュー・感想・評価

もつ

もつ

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ファミリーアクションエイリアンSF

全部詰まってた。

そしてクリスピットの弱さの見える強さ、優しさ、家族愛!

未来から帰って来て娘を抱いた時は泣いた。
泣ける映画じゃないはずなのに。

ラスト、
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

4.4

大画面大音量で観るべき。
怪獣だけで男のロマンなのに、あいつまで。
大興奮不可避。
興奮しすぎてグッズまで買っちゃった。

アオラレ(2020年製作の映画)

3.2

ラッセル・クロウの映画。
あとはまあ、運転マナー守ろうね。みたいな。
息子が逞しすぎて、母親がアホすぎて、アオラレ途中から苦笑いしてしまう。
けどラッセル・クロウ演じる The Men が映るとどうし
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

4.9

ディズニー実写史上最高な映画。
終始興奮出来た。
リピート、ディスク確定。

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.7

2時間戦いっぱなし、殺しまくり。
色んなヤリかたで次は何してくれるんだろうと期待がどんどん上がっていく😂
本、剣、馬、犬、バイク、何でもあり。
まじ無双。
次回作に期待せざるを得ない。

ウィズアウト・リモース(2021年製作の映画)

4.2

火の中、水の中、暗闇での暗視スコープ。
アクションカッコよすぎ。
オチはだいぶ序盤から予想出来たけど
色々なアクションとキルモンガーがカッコよかったので高評価。

フッド:ザ・ビギニング(2018年製作の映画)

3.8

CGをふんだんに使って義賊をとんでもカッコよく魅せてる。
これぞMovieって感じ!
宗教的な話がメインで、市民を導くロビン・フッド。面白かった。

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.4

だいぶ前に観たし感想も凄かったんだけど、凄すぎて投稿伸びてた。
こればっかりは、自分の目で観て頭で考えて欲しい。
監督の頭の中どうなってんだろうか。

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.6

優しすぎるが故に社会に適応出来ない男の話。

タイトル "素晴らしき世界" の意味が分かるまでの後半から、心打たれっぱなし。

最後にはコスモスにまで優しさが溢れていて、涙が溢れた。

インセプション(2010年製作の映画)

4.6

見たくてでもちゃんと集中しないとついていけないのは分かってたから遠ざかってたもの。やっと見れた。

階層が変わるたびの緊張感にどんどん引き込まれる。時間と虚無の設定は少し難しかったけど、そのまま最後ま
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.8

演技派俳優陣で堅められた完璧な映画。
思う事が沢山ありすぎてまとまらないし書ききれないので、とりあえず見るべきとだけ。

邦画は全然見ないけれど、間違いなく邦画ナンバーワン。

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

3.2

アメイジング・スパイダーマン1が素晴らしすぎたため、とても見劣りした。
ただのラブコメでした。
みんな何かを背負って闘ってる、頑張ろうと思えた。

アメイジング・スパイダーマン(2012年製作の映画)

4.2

観たと思ってたけど観てなかった。
めちゃめちゃ良かった。
スパイダーマンだけじゃなくてみんなヒーローだったし、ヒーローの彼女は一番しっかりしてなきゃいけないんだなと思った。

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

3.5

さすがの福田監督作て感じでした。
山田孝之のちょい役に笑った。

オール・マイ・ライフ(2020年製作の映画)

4.4

実話から着想を得た映画。


あまりにもポジティブな愛の深さに悲しさとか寂しさではない涙が出た。

アイ・アム・レジェンド(2007年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ウィルスミスと犬のサムがひたすら愛おしくなる映画。
ゾンビものかと思いきやそうじゃない。彼らは病気なだけ。
声は聞こえたけど、聞こえてなくてもウィル一人で勝てたよね。忠告を守らないアナのせい。
もっと
>>続きを読む

異端の鳥(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

本編モノクロ、章分けは少年が関わる人々の名前。
時代はユダヤ人が迫害されている第二次世界大戦時。

でもどの国としてはっきり描かれることはなく、少年が異端の生き物として表現するための世界観が徹底されて
>>続きを読む

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ(2019年製作の映画)

3.8

自分が育った街を愛すブラックマンの話。

黒人差別がテーマかと思いきや、色々とメッセージが詰まっているようにも感じた。

世界観すごく好き。

アウェイデイズ(2009年製作の映画)

3.4

安定した日に慣れて飽きてしまって、刺激を求めてしまった79年イギリスのユースカルチャー。

エルヴィスのスタイルがカッコ良すぎて、彼の見てる世界、葛藤をもっと知りたいと思った。

映画のテーマは んー
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

4.2

邦画もたまには良い。
涙があふれました。

マシュー・ボーン IN CINEMA/ロミオとジュリエット(2019年製作の映画)

4.7

初マシューボーンの作品鑑賞

ラストは涙が溢れた。
ロミオの純粋さ、ジュリエットの絶望感が痛いほど伝わった。

すごく斬新な設定で
近い未来、矯正施設でロミオとジュリエットが出会う設定。
血縁関係とか
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.5

ミュージカル要素もあり
天才の苦悩も分かりやすくて
観てて飽きなかった。

Your Song が
エルトン・ジョンの曲とは知らなかった。

バーニーありがとう。

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.7

ジブリ映画で一番好き。

映画館で観れて本当に良かった。

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.2

映画館で鑑賞。初めてちゃんと見た。

映画館で観れてよかった。

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.3

実に重い。でもこれは世界中どこでも誰にでも現実になる可能性がある話。

今の時代、行政に頼らないと生きていけない人は沢山いて、自分もまさにその中の一人。全く他人事には感じないし、みんな考えるべきこと。
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.3

今の世の中、LGBTという言葉が浸透して、どんな人間関係にも世の中は平等でありましょうってなってはいるけど
今まさに人種差別等で騒がれている時期。

これが昔でこそ実話で、こうした間違いは世界のどこに
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

号泣。
人生を暖かく豊かに。

トリーチャーコリンズ症候群で見た目が他と違う子の苦しみや葛藤、周りの人間の態度の変化を描く映画。


モノの見え方は考え方や見る角度で、醜く見えるものも美しいものに変わ
>>続きを読む

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

4.2

自粛明け映画館一本目

子供が作るチームの映画はほっこり涙あり、間違いなく好き。

大人に憧れる子供たちのワイワイガヤガヤ、テンポ良く笑いながら最後まで駆け抜けた。

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.4

金曜ロードショーにて。

見たことあったはずだけどだいぶ忘れてた。

最高だった。いつ見てもワクワクドキドキ出来そう。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

終始気味が悪く、終わった後は後味も悪く、何一つ納得出来ないまま気持ち悪さだけが残る映画。

本当に難しかった。
神話がモチーフになってるそうで。

この時期に見るものではないけど、
考えたい人はぜひ。
>>続きを読む

ペット2(2019年製作の映画)

3.0

マックスの成長物語。
場面が転々として、その繋がりも最初は見えず、相変わらずクレイジーだった。
子供だったら大喜びだろうなと思う。

>|