machikiさんの映画レビュー・感想・評価

machiki

machiki

映画(1664)
ドラマ(0)

長州ファイブ(2006年製作の映画)

3.9

彼らの意思と努力と活躍で今の日本の工業化が進んだかと思うと、皆さんに感謝。当時のイギリス、スコットランドの様子も描かれていて、勉強になります!

オールド・ガード(2020年製作の映画)

3.7

楽しめましたー原作コミックも確認したらスタイリッシュですね。シャーリーズセロン、44歳か…さすがです!

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

3.9

ヒンディー語のラップカッコイイーボリウッド的PV風のシーンもイイ!スラムの若者達の心の葛藤が丁寧に描かれてます。観終わった後、NASのIllmaticとA$AP Rockyのeveryday を聴きた>>続きを読む

i-新聞記者ドキュメント-(2019年製作の映画)

4.0

国民の自由と権利を守るために全身全霊で戦うジャーナリストの望月さんに感動。コロナ時代の今、国民と憲法そして国家権力のバランスを一人一人が考える時なのかもしれない。オススメです!

新聞記者(2019年製作の映画)

4.0

国家権力の濫用を主題に、マスメディアのスタンスやジャーナリズムのあるべき姿、国民の意識にも深く切り込んできます。主人公吉川の孤独の中で正義を追求する姿が目に焼き付く。合わせてi新聞記者ドキュメントを鑑>>続きを読む

マウトハウゼンの写真家(2018年製作の映画)

3.8

第二次世界大戦に不参加のスペインの国籍の方が収容所にいた事実に驚き。組織的な蛮行は個々人の責任が希薄になり極悪非道になっていく。鑑賞には心身整えておいたほうが良いです。

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

4.1

今時の音楽に合わせた普通の青春映画と思ったら、違った…登場人物の心の機微を光と色と歌詞と画面のアスペクト比さえも動かして表現するのが新しくて、凄い。オススメです!

チャンスザラッパーとフランクオーシ
>>続きを読む

最初に父が殺された(2017年製作の映画)

3.7

少女の目線でひたすらクメールルージュの時代を知る体感ムービー。人物描写はやや平坦ですが、そもそもこの事実を広く知らしめるということが偉大です。

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.8

台詞回しが楽しく練られた脚本、主演二人のキャラが生きた演出ですねー。いやあホント女性は怖いです。

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

4.2

南部の黒人差別の精神が現代まで宿っていることも念頭に置いて、この題材をメジャー映画として成立させている事に感動。ブラピ凄い!

第三夫人と髪飾り(2018年製作の映画)

4.0

自然の美しい描写と人間の差別による絶望感の対比表現が素晴らしい。静かで、刺さります。凄い映画です!

ディリリとパリの時間旅行(2018年製作の映画)

4.0

パリ愛に溢れた独特な世界観に吸い込まれる。監督自ら撮り溜めた写真を用いた背景が美しい。藝術が差別を乗り越えられる!オススメです。

サーミの血(2016年製作の映画)

4.1

映画を通じて初めて知る事があるのが鑑賞の大きな醍醐味の一つ。主人公の女性が素晴らしい。非常にオススメです!

アス(2019年製作の映画)

3.8

解説読んで納得、社会問題がテーマのホラーサスペンス。ゲットアウトの方が好きかな…

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.0

見てられない…少年兵一人ひとりに罪はない、戦争について改めて考えさせられる佳作です!

サーホー(2019年製作の映画)

3.9

極上爆音上映で鑑賞。お腹一杯。いろんな味が混ざりすぎ。ボリウッド、トリウッド好きなら非常にオススメです!

ブレッドウィナー/生きのびるために(2017年製作の映画)

4.1

内紛と宗教による人権蹂躙、それでも諦めずにひたむきに生きていく家族に感動する。最後のセリフが響きます。

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.7

カルト映画だなー。公式サイトの解説で理解深まりました。残念ながら、お好みの映画だ…オススメはしません。

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

4.2

観終わったときの感情が整わない。圧倒的な変態的想像力と映像美でした。日本もこんな風習ありそうな…観る人選ぶなあ。残念ながら私は好きです。もう一度観るとさらに楽しめる気がするが、時間空けよう…

ちなみ
>>続きを読む

とうもろこしの島(2014年製作の映画)

3.8

肥沃なエングリ川の中洲と大自然のチカラ。そこに人々の日々の生活が紛争、エロス込みで渾然一体となって描かれてます。あの雄大な景色はこの映画観なかったら二度と見ることがなかったかも知れんなあ。

みかんの丘(2013年製作の映画)

4.1

ジョージア、1993年のアブハジア紛争でのエストニア人のお話、となると小難しいと思いきや感動の物語。最後泣ける…大変オススメです!

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.9

ジャンピエールジュネさんのテイストを感じる。好みの映画。ジェイクギレンホール楽しそう!韓国の山々が美しいー。

ビースト・オブ・ノー・ネーション(2015年製作の映画)

3.8

日本人からは想像できない世界、それを真っ直ぐに映画にした印象です。

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.9

しまったエンドゲームの前に観れば良かった。というかこれ必見のアベンジャーズ映画だった。戦ってる時の格好がなあ…

アガサ・クリスティー ねじれた家(2017年製作の映画)

3.6

探偵が主人公ではない、どこか懐かしいサスペンス映画。そうきたか、ではなく、あちゃーって感じ…でも犯人探しは楽しいですね!

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.2

丹念に丁寧に組み上げられたような映画。前知識なくても楽しめるが、1970年頃のメキシコシティの状況、監督自身の想い、撮影手法に関わる解説を事前に頭に入れるとさらに味わえると思います。

COLD WAR あの歌、2つの心(2018年製作の映画)

4.1

この短い時間になんと濃密な物語を詰め込んだんだろう、という印象。映像や画が素晴らしい。

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.7

観てみたら、良かった!ポケモン映画だった…ポケモン愛に満ち満ちてますねー

紅海リゾート -奇跡の救出計画-(2019年製作の映画)

3.8

アクション映画と思ったら、社会派スリラーだった。内容もさることながら、エチオピアのユダヤ人という題材が自分の興味のど真ん中!

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

3.6

感動しました。しかし、感動を強要されてるような気がするのよね…完全に想定内の筋書き、全員ほぼイイ奴…
ただ、イェスンのかわいさは最高です!

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.7

ホント胸糞悪いです。でも、これも人間の一部分なのよね、と教えてもらえます。ジェイクギレンホールの演技が凄い!

⼗年 Ten Years Japan(2018年製作の映画)

3.6

未来への警告を映像で見せてくれる。香港版もいつか観よう。杉咲花さんが魅力的です!

別離(2011年製作の映画)

4.0

初イラン映画。宗教観が絡んだ人間模様+サスペンス。なんという濃密な二時間。やるせない気持ちが残るが、とても良い映画です!

>|