ミドル

ミドル

(23)
映画館、WOWOW、Netflix

サウルの息子(2015年製作の映画)

3.2

『縞模様のパジャマの少年』で、「??ガス室へ連れていく人たちも収容服を着ている????」と疑問が残ってたのがたまたま出会ったこの映画で理解できた。
そりゃ家族を見つけたら周りも何も見えなくなるわな…

ボヴァリー夫人(2014年製作の映画)

3.5

ミア悪いコやで…ほんっとに…

セリフ1つ1つに
「お前がそれ言うか…?」
ってなる。(笑)
我儘、自業自得。旦那さんかわいそう…。

エズラ・ミラーは最高百点満点アイラブユー

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

3.9

あらすじも何も知らずにビジュアルの美しさだけで見始めたけど、開始早々にシリアスで重い展開に衝撃を受けた…

苦しいけど美しい親子愛
スティーブ目線、ダイアン目線、カイラ目線、誰に感情移入しても苦しい!
>>続きを読む

31年目の夫婦げんか(2012年製作の映画)

3.6

可愛い夫婦だ〜〜〜〜
ストーリーは静かに進んでいくけど、あんまり長い映画ではないので退屈はしないです。

結婚してもいつまでも恋愛関係でいるのって難しい気がするけど、やっぱりステキだな〜〜。(未婚)
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.8

最高言うことなし百点満点ー!

アニメ映画で、劇団四季で、何度も見た物語だけど色褪せないな〜
それよりまた違う一面を見せていただきました!!という感じ。

オープニングとビー・アワ・ゲスト、大好きな2
>>続きを読む

悪の教典(2012年製作の映画)

3.0

ムッッッッナクソ悪い100点(褒めてる)

俳優さん個々に見ると最高。それがまたツライ。
サラッとドラム披露するヤマーダ(教師としてはサイテー)と、新境地の林遣都、おふみと染谷くんの組み合わせは最強だ
>>続きを読む

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

3.6

「ナチス(ドイツ)は悪!!」
みたいなストーリー展開はよくあると思うけど、そういうのとはちょっと視点が違う映画。
だからこそ余計につらい。
ブルーノの瞳がほんとに澄んでいて、真実がどこにあるのかを常に
>>続きを読む

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

3.4

騙されたひとりです。

ハラハラするし痛いしゴキブリは大量に出てくるし…
ゴキが1番しんどかったのでゴキ恐怖症の人は注意

モテキ(2011年製作の映画)

3.7

エンタメとして楽しめる映画。
劇中歌が豪華で、エンドロールまでみてて楽しい…!!

ベリーショートの長澤まさみはもちろん最高だけど、未來くんもキレイな顔してるな、、って思って見てた。

ドラマ版見てな
>>続きを読む

トースト 〜幸せになるためのレシピ〜(2010年製作の映画)

3.8

父親と義母、ほんっとサイテーだな!って思ったけど、よくよく考えると愛情表現がうまくない人たちばかりなのかな…
あの逆境だらけの17年間、折れずに対抗し続けたナイジェル、強い。やっぱり秀才は器が違う…。
>>続きを読む

風俗行ったら人生変わったwww(2013年製作の映画)

3.2

佐々木希と満島真之介とにかくかんわいい。佐々木希の可愛さで成り立ってる映画って言っても過言ではないんじゃないか…(笑)
松坂桃李はブサイクにもなれるんですね…強い。

ジャンプのところ無駄に壮大ですご
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.3

愛のかたちなんて何でもいい…訳ではないことがよくわかる。

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

3.5

堕ちていくのがあっという間で、栄光の影の絶望がなんとも…
LiLicoは沢尻エリカにしか無理だっただろうな〜って感じるハマりっぷりで、
窪塚洋介と水原希子ちゃんの役どころもぴったり。

アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち(2011年製作の映画)

3.2

エズラくんを拝みに。

エリオット(エズラくん)本人も酒に溺れドラックに溺れ、、欠陥だらけの家族と憂鬱な親戚の集まり。
核心をつくことを言うんだよなあぁこの欠陥だらけの家族が。特にエリオットが。

>>続きを読む

脳内ポイズンベリー(2015年製作の映画)

2.7

う〜〜〜〜ん…
開始10分ぐらいでめんどくさいな…って思い始めて割とずっとめんどくささ続いた

ポジティブ石橋(神木くん)だけは好きやけど、脳内の感情たちも登場人物たちもイマイチ好きになれず…映画館で
>>続きを読む

深夜食堂(2015年製作の映画)

3.4

ただの飯島奈美さんファン。

オダギリは…なんでまた警官に…?
多部ちゃんほそっこくて、でも凛としてて可愛かった。

新宿スワンII(2016年製作の映画)

3.6

関さん(前作参照)と滝さん、偶然か必然か登場の仕方が同じ(笑)

今回は関さんにスポットを当てたストーリーという感じで、前作とはまた違った展開で楽しかった。
秀吉の死についてはもう少し掘り下げて欲しか
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.0

なんで戦争はなくならないんだ…

地雷を埋めたドイツ、埋められたデンマーク。地雷除去を命ずるのはデンマークの軍人、地雷を除去するのはドイツの少年兵。永遠に続く負の連鎖…

精神が持たない。苦しい。少年
>>続きを読む

蜜のあわれ(2016年製作の映画)

3.3

多分これはストーリー云々の映画ではない…?

芥川役の高良くん、忠実に芥川に寄せてるのがなかなかイイ。
金魚屋さんのメガネ欲しい。

スピード(1994年製作の映画)

3.6

めちゃくちゃにハラハラ〜〜!!

若いキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックがイケメン&カワイイ映画だよキアヌに惚れるよ

Re:LIFE リライフ(2014年製作の映画)

3.4

落ちこぼれからの再起の物語はヒュー・グラントが1番お似合いじゃなかろうか…
軽口を叩くヒュー・グラント大好き!

キサラギ(2007年製作の映画)

3.6

何年ぶりかしら。
テンポ良くストーリーが展開するし、時間も短いので見やすい。
小栗旬が若い…

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.2

エズラくん目当てで鑑賞したけどとても面白かったし、ハリポタファンもそうでない人も、苦手でなければ楽しいと思います。(私は後者)
次回作への布石をしつつ収まりのよさとあの魔法世界の感じにローリングは天才
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

ここにも椿が。

戦争は人も景色も感情も、すべて失くしてしまうよ。
日本も戦争をしてたんだよな、そして世界ではまだどこかで戦争をしてるんだよな。

能年玲奈と、こうの史代さんの世界がばっちり合っていて
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.3

めっっまぐるしい。

もうコウちゃんは菅田くんのものだな。
要所要所の描写が綺麗だった。特に椿のところ。コウちゃんの姿が見えた瞬間に崩れてしまうところもまた。

菅田くんも小松菜奈もかなりイイです。原
>>続きを読む

at Home アットホーム(2015年製作の映画)

3.3

最近、俳優:坂口健太郎が気になるので!
瞳孔開いた感じの坂口くんもっと見たいと思った。
長女役の黒島結菜ちゃんもかなり好き

家族愛って言っても犯罪は犯罪やけどな……

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

3.5

手に汗……。
ツインタワー間を綱渡りするというだけの映画だけど迫力がすんごい
ただ綱の上でごねすぎ。(笑)

3Dや4Dで観たらおそろしかったろうな〜〜

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.7

自分には欠けているところに人間惹かれるんでしょうか

わからないけど、わからないままで良いような気もするし、これからわかるのかもしれないし…。
あと個人的に森くんに自分の幸せをみつけて欲しい。

ただ
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.8

ベンの服、小物、部屋、全部がお洒落〜〜で格好良い。
ロバートデニーロいつのまにあんな格好良いおじいちゃんになったんや……

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

4.0

トンデモじじいとちょっと変わった少年っていうのは不朽の組み立わせだな……
ほんとは良い人なんだぞ、ハッピーエンドだぞってわかってても泣いちゃう。

怒り(2016年製作の映画)

4.2

苦しくて、何に泣いてるかはわかんないけど全部愛おしく感じる

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.9

この映画がいいか悪いかなんてわからない、けど、すごい映画を観た!!という興奮がすごい。

映画の中の緊迫感、葛藤、個々の熱量を眼の前で実際に感じてるみたいで圧倒されまくった130分間でした〜…

豪華
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.2

すごい。
詐欺自体は大胆不敵で自分勝手で完璧なのに、フランクには同情してしまう。
「嘘」の反対は「信頼」?

事実に基づいてるっていうんだからそれもすごい。


※嘘の反対は信頼って他にも書いてる人が
>>続きを読む

>|