ヒューマンエラーちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

ヒューマンエラーちゃん

ヒューマンエラーちゃん

映画(655)
ドラマ(4)

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

4.1

作中のジャックと同じ歳になったジェイク・ギレンホールと永遠の28歳のヒース・レジャーを思うと切ない


「永遠に一緒だ」

サイコ(1960年製作の映画)

4.0

アメリカンサイコ観たのにこの名作観てないのもな…と思って鑑賞
なんとなくオチが想像つくけど最後まで楽しく観られるサスペンス


不自然なシーンやアングルがちょくちょくあるのに妙な説得感があって違和感な
>>続きを読む

秋刀魚の味(1962年製作の映画)

-

家事は女の仕事だとか結婚して当たり前という時代ってやっぱり現代を生きる自分には生きづらい時代だなと感じる


それでも幸一が秋子の帰りを待っている間にご飯炊いてハム卵作ったり、和夫がご飯炊いてやるよっ
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.9

主要キャストの3人が最高なんだけど
佐知子になって柄本佑と寝たすぎるな

気持ちが盛り上がれば盛り上がる程
冷めた時にぞっとしてしまう
三角関係ってパワーがないとできないし若くないとできないなと思う

イージー★ライダー(1969年製作の映画)

4.0

ジャック・ニコルソンが話す金星人の話が星新一のショートショートみたいだった


誰にでも自由を求める権利はあるけど、自分のことばっかり考えて好き勝手することと自由は違うよね
規律の中にこそ自由は生まれ
>>続きを読む

ロボット(2010年製作の映画)

3.6

インド映画ならではの歌とダンスパートに癒される


君はハチミツの中の刺激的なワサビ〜♩みたいな歌詞で笑った


雑なCGや初期ロボットの原案ターミネーターだな?とかターミネーター2みたいな不気味なヒ
>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

-

市川崑監督の船越英二主演の野火(1959)を先に観て映画のイメージがバチッと出来上がってしまってるので細かい所が気になって仕方なかった


市川版では分隊長の俳優が主演の船越英二より20歳近く歳上で髭
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.0

全ジブリのキャラクターでサンとナウシカは私史上1、2を争うくらいかわいい
優しくて強い女の子は最高…


もののけ姫は荘厳な音楽で胸がいっぱいになって泣けてきたけど、ナウシカはオウムが登場するシーンと
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

-

怖かった…解剖する時にマスクを着けない、不潔な手袋で顕微鏡やらあちこち触りまくるのが怖かった…絶対に暴露してる…


流水でささっと手洗ってデートに行こうとしてたけどシャワーくらい浴びてほしいし解剖中
>>続きを読む

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年製作の映画)

3.6

昨日は心身共に疲れすぎて久しぶりに晩ご飯ゆっくり食べられるし大好きなホット・ファズでも観ようと思ったけど(Netflixで観られるようになって嬉しい)先にこれが出てきてそういえば観てないなと思って鑑賞>>続きを読む

仁義なき戦い 完結篇(1974年製作の映画)

3.9

続編は観ないでおこうと思いながら結局完結編まで観てしまった…


最初のうちは武田嫌いだったけど完結編では一番好きだった…


一作目が完璧だったので続編はなくて良いなと思ってたけど、俳優さん達の演技
>>続きを読む

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

4.0

主演男優賞を受賞したアル・パチーノの演技はもちろん、クリス・オドネルの青年役が本当に素晴らしい


盲目の中佐とは基本的に視線が合わない(カメラと)んだけど、視線がバッチリのシーンに胸が熱くなった
>>続きを読む

火口のふたり(2019年製作の映画)

3.6

柄本佑のラブシーンが見たいという下心で観ました


濃厚な絡みがある割にぼかしがゴリゴリに入ってて笑っちゃった(監督が可哀想)
二人のポートレートのほうがグッときた


直子からそういう雰囲気を察して
>>続きを読む

ギャング・オブ・ニューヨーク(2001年製作の映画)

-

最初の街中で並んで向かい合う所や音楽に黒澤明っぽさを感じてテンションが上がった
それ以降は意外と盛り上がらず淡々とファイブ・ポインツでのネイティブや移民、金持ち上層部の軋轢と腐った統治のお話


そし
>>続きを読む

50年後のボクたちは(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

グッバイ・サマー×スタンド・バイ・ミー×ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドア


グッバイ・サマーはラストでしょんぼりしちゃったけどこれは爽やかな気持ちで終わるからいい
内気な男と破天荒な男の2人組ロードム
>>続きを読む

ダーク・シャドウ(2012年製作の映画)

-

なんとなくマイリストにいれてずっと放置してたけどティム・バードンとジョニー・デップだから観た


全く心に響かないけど
セックスシーンとヘドが出るシーンで笑った
ジョニー・デップを使ったコメディ

ビッグ・リボウスキ(1998年製作の映画)

3.7

体調良くないから家でブシェミでも愛でようと思って映画探してたらNetflixにあったからやっと観た


かわいいおべべ着てボウリングしてるブシェミ🎳
ぞんざいな扱いを受けるブシェミ
びっくりして心臓発
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.7

配信が始まったからかNetflixの日本総合TOP6に入ってた


前作に引き続きマッコールさんが全力で正義を押売りする


小麦粉を爆弾として使うの大好き☺️


イコライザーはマッコールさんが強過
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.8

人生初の映画館でみた映画を23年ぶりに劇場でみたけど改めて良すぎて心が震えた…

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

3.1

最近Netflix開いて放置してたらおすすめにアナベルが流れてきて画面にビクッてなるのでいい加減に観ました


ホラーのお手本みたいな起承転結
ヘレディタリーみたいなグロテスク&カルト感は控えめのあっ
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

4.2

ブシェミがかわいいおべべ着てゾンビと戦ったり酷い目に合うのを楽しむ映画(違う)


色んなボケを散りばめているのでジム・ジャームッシュが好きなら楽しめる映画
キャストの力と癖がかなり強いのでストーリー
>>続きを読む

茄子 アンダルシアの夏(2003年製作の映画)

3.9

ジブリ風ルパンにみせかけてマッドハウス製作の短編アニメーション


ゴール直前の作画で笑う


ラストからのエンディングの忌野清志郎が最高

ホドロフスキーのサイコマジック(2019年製作の映画)

4.2

ドキュメンタリーだけど充分に映画
感想書くのやめようと思ったけど無理だよね…


冒頭のマッサージのシーン
愛撫とコンテンポラリーダンスを見せつけられている感覚
ホドロフスキー映画特有の身体の生々しさ
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.5

こういった社会問題って決して他人事じゃないからこそ観ていて嫌になってしまう。
リアリティがありながらもすぐに絆が芽生えたり、典型的にフラグを折りにいくラストの結末が映画らしくてちょっと盛り下がってしま
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.8

主人公がひたすら強い痛快アクション好き…ランボーよりはジョン・ウィックとかキングスマンとかに近いね


休日に職場の皆と野球してて微妙な位置の打球をきちっとライトフライで処理するデンゼル・ワシントンち
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.9

程よいリアリティの近未来SF
2001年宇宙の旅のHALを彷彿とさせるAIステムと主人公のやり取りが良かった

この監督の作品調べて

SAWシリーズの人なんだふーん(SAWのグロさは苦手なので未鑑賞
>>続きを読む

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

3.5

笑えないタイプのウディ・アレン作品だった。ケイト・ブランシェットの演技が素晴らしかった。

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

3.1

すぐに終わるベイビードライバー
急に展開されるパルクールがシュール


トランスフォーマーシリーズには疎いんだけど、同監督なだけあってたぶん同じ系統オラオラ系ミュージックと派手なアクションが爽快な映画
>>続きを読む

飢えた侵略者(2017年製作の映画)

3.0

ゾンビによるバベルの塔計画(違う)


予告で興味が沸いたので観たけど、私の好きなふざけたゾンビ映画というよりシリアスなゾンビ映画で意図が分からないまま終わってしまった。


上空から木々をぬめーっと
>>続きを読む

>|