kyaoさんの映画レビュー・感想・評価

kyao

kyao

観たものを現在過去問わず。 備忘録。 雑食で気になった映画は何でも見ます。

映画(879)
ドラマ(0)

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.7

東野さんが面白かったと言っていたので観ました。
ドカーンときます!

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

子ども達も大好きなジュマンジの続編(続編と言っていいのかな?)!
ロビンウィリアムスの上を行くのは無理だろうと思いながら観賞スタート。
続編は面白さを全面に出したスタイル。
とにかく劇場内、あり得ない
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

読めそうで読めないギリギリのラインを飛行しつつ、面白い!が続いたまま着地成功。
シャマラン監督作品っぽくもあり。
満足しました

ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡(2017年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

まさにDO OR DIE!!!!

何者(2016年製作の映画)

2.0

あらすじを観て、想像していた映像が本編でも流れてきたから少しだけ残念。
SNSを使う人間の悪いとこ炙り出しムービー。

四月は君の嘘(2016年製作の映画)

2.0

中高生向けに分かりやすく
人を大切に、自分の可能性を信じて!
を伝えたような映画。

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

-

動く雑誌
沢尻さんに比べて窪塚さんと綾野さんナチュラルないやらしさが良かった

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.6

リメンバーミーの前に上映する短編。
日本語吹き替えが瀧さんだから余計に大好きなオラフがメインです。
オラフの優しさに癒された、、涙

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.2

ピクサーは外さないよね本当。
家族の繋がりや先祖を大切にする心を今回も分かりやすくストーリーに落とし込んでくれています。
幸せな涙が流れる一本。(泣かせようという雰囲気はないから余計◯)

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

めっちゃ家庭環境悪いトラウマ少年少女達が仲間と力を合わせ、得体の知れないピエロと戦う、ホラー版スタンドバイミー。

クリエイター(1985年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

昏睡状態から目覚るシーン、 良かったねって思うのと同時に、摘出が難しいレベルの腫瘍だったんじゃないの?、と、要らん心配をもさせてくれた映画でした

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.8

インパクトが強ければ強いほど、その人に付いているレッテルを人も自分も取り去るのは難しい。色眼鏡で見てしまう自分を戒めるためにも見て良かったです。

ニンゲン合格(1999年製作の映画)

3.0

生き方がわからない
どんな生き方なら良い人生だったと思えるのか
日常に隠れている幸せは気を付けていないと見つけられない

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

2.6

とにかくケヴィン・クラインがかっこよすぎた。眼鏡姿最高。結婚したい。

サイドウェイ(2004年製作の映画)

3.5

ワインも人間も熟成するには時間が必要みたいな感じかな。
最初から最後までイラつかせてくれた相棒も最終的には必要だった。
正直こんなに賞を取る理由は分からなかったけど素敵なロードムービーでした。

帝一の國(2017年製作の映画)

3.8

こんな映画時間の無駄
と思ってた気持ちが裏切られて嬉しい

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

trailerが出回り出しても極力見ず、レビューも読まず我慢、ずっと楽しみにしていて、ようやく観てきました。

①よりは少し激しさ控えめかな。
でもよし!!!

エンドロールの最後に『dope tha
>>続きを読む

ファイナル・デッドサーキット 3D(2009年製作の映画)

2.5

ストーリー云々より、死に方のバリエーションや流れを楽しんだ方がアリなのかもしれない←

ファイナル・デッドコースター(2006年製作の映画)

3.0

死に方のバリエーションが豊か

終盤に行くにつれ、死なないと逆に落ち着かなくなりますね笑

ネバーランド(2004年製作の映画)

3.0

想像力は誰かの心を救える事もあったりなかったり←

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

2.6

どなたかもレビューで書いておられたんですが、先生ご飯どうしてるんだろう

>|