MitsunobuMaeyaさんの映画レビュー・感想・評価

MitsunobuMaeya

MitsunobuMaeya

おすすめは3.5以上

  • List view
  • Grid view

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

4.5

当然賛否両論があるだろうと思う。けどここまで強烈な余韻を残す映画を作れるイーストウッドがホントにすごいと思う。

そしてフランキーとマギーの間に最後あれ以外の選択肢がありえたのか?
もう個人的には苦し
>>続きを読む

めぐり逢えたら(1993年製作の映画)

3.5

安心品質保証のトム・ハンクスとメグ・ライアン。
クリスマスのシアトルが良い。

いや、でもウォルターもいい奴だろ絶対。

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.0

終始セクシーなジョージ・クルーニー。
どうも最初からナタリーの言ってることがしっくり来ないし周りが甘やかしすぎだろとずっと思ってた。

海を感じる時(2014年製作の映画)

3.5

なかなか良かった。池松壮亮と市川由衣の雰囲気が絶妙に暗くて映画全体とマッチしている。なんもないけど観てられる雰囲気。
最後「泣くかもしれない」をバックにフラフラと歩く市川由衣が素敵。

ビジランテ(2017年製作の映画)

4.0

良かった。東京テアトルの映画は個人的当たりが多い。
埼玉なんて東京から近いのにこんなに閉塞的で鬱屈な田舎なんだな。怖いわー。

大森南朋はもちろん最高だが、般若さん、演技いいじゃないすか!!YOUNG
>>続きを読む

二十六夜待ち(2017年製作の映画)

2.0

小料理屋がめっっちゃ旨そう。以上。
色々中途半端。

四月は君の嘘(2016年製作の映画)

2.5

原作は面白いらしいんだけど、、
とにかく広瀬すずの髪型が変過ぎてずっと気になる

ストロボ・エッジ(2015年製作の映画)

2.0

この監督面白いやつは面白いのに、こういう系のやつ結構安易にやったりするのね。
ちょっと前に観たのにまったく思い出せるシーンすらない。

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.5

最高かよ。いくつになってもこういう遊びが出来たら最高。
めちゃくちゃ下らないけど。

最後ダグが屋上から真っ赤なまま式に向かうとこは笑った。
あと、ブラッドリー・クーパーが超イケメン。

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

3.0

宮崎駿作品とは違いファンタジー性もメッセージ性も薄いけどこの時代の日常の風景をほっこり楽しめて悪くない。
カルチェラタンや坂道を二人乗りで下るシーンは好きだった。

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

2.5

あー。ラストっぽく生い立ちの話とか入れちゃうパターンね。
この人たちの生い立ちとか全然いらん。
エンタメ色が薄まりドラマ性強めようとした結果ウシジマらしさを失いシリーズ終了、という。

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

3.5

まあ4作の中では一番面白かったかな。
ウシジマくんは映画よりドラマの方が面白いです。(特に第1シリーズ)

めちゃくちゃ綺麗だが大根な白石麻衣の下着姿と、金を稼ぐことでこういう良い女を抱くっていうロマ
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(1984年製作の映画)

4.0

2度目の鑑賞。超長い。だがこれは長いから良いんだとも思う。
基本的に古いギャング映画は大体好き。

個人的にはゴッド・ファーザーよりこっちが好きなんだよなあ。
幼少時代のシーンのノスタルジーがたまんな
>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.5

洋画版「八日目の蝉」。
アリシア・ヴィキャンデルが大好きなので序盤のオーストラリアの孤島の絶景と2人の生活だけでも十分に楽しめていたんだけど。
後半はそのアリシアが嫌いになるほど絶望的な展開へ。この女
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

4.0

好きなタイプの映画だった。
夜の渋谷の風景。これ系の映画でエロ無しで見せるのは結構すごい。

石橋静河。誰だこれ。でも良かった。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

2.5

うーん。そんなにいいかな?
エミリア・クラークにハマれるかどうかでだいぶ評価変わる映画だと思う。
そうでない私にはイマイチでした。
お互いにそんなに愛情を感じない。

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

4.0

勧善懲悪の最高峰。
ディカプリオはこういう悪役やらせたらマジで天才だわ。

火花(2017年製作の映画)

3.5

やっぱこの話と雰囲気すきだなあ。
でもドラマ版が好きすぎてこちらは今一つだと思ってしまった。
特に最後の全ての感情をぶちまける漫才のシーンはドラマ版の圧勝かな。
それぞれの相方がドラマ版の方が良かった
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.0

サイコパスの生い立ちと恋愛の話。
グロシーンもちゃんと描いているし話も面白いと思うんだけどなんだかイマイチな感じが。
色々と綺麗にまとめ過ぎているのかも。

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.5

圧巻のラスト。菅田将暉の最後のカメラ目線は刺さる。そしてエンディングのBRAHMAN。

5時間近くある長い映画だが観て良かったと思う。邦画好きのための映画かと。

ただ前編観ていて「どう絡んでくるん
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.5

公開前からめちゃくちゃ楽しみにしていた映画。
新宿、ボクシングでの成り上がり、男の友情、菅田将暉、ヤン・イクチュン。好きな要素満載。

ヤン・イクチュンほんとに凄い。「息もできない」と同じ役者とは思え
>>続きを読む

トゥルー・ロマンス(1993年製作の映画)

4.0

さいこー!!
とにかくパトリシア・アークエットがスーパー可愛い!!
そしてデニス・ホッパーとクリストファー・ウォーケンのシーンめちゃくちゃ痺れる。

サミュエル・L・ジャクソンが瞬殺。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.0

つまんなくはないけど今ひとつパンチに欠けるかんじ。
この監督は家族の物語の方が良さそうだな。

役所広司の顔芸は見応えあり。

闇金ウシジマくん Part2(2014年製作の映画)

3.0

1よりは良い。
高橋メアリージュンが良いと思った最初で最後の映画。

中尾明慶の一味意味わからん。

映画 闇金ウシジマくん(2012年製作の映画)

2.5

ドラマシリーズ1の流れを汲むならちゃんと片瀬那奈出してくれないと。
片瀬那奈が良い味出してたから最初のドラマシリーズ面白かったのに、、

とにかく林遣都界隈がダサすぎてリアリティなさすぎる。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

慎まし過ぎ。のんが素晴らしかった。

これは強烈な反戦メッセージだと思う。

この映画が君の名は、に勝ったというのは価値がある。

ジムノペディに乱れる(2016年製作の映画)

2.5

牝猫たちよりはマシ、ってくらい。
もうこのリブートシリーズいいや。

牝猫たち(2016年製作の映画)

1.5

何もなかった。
白石和彌らしさはまるで無いしこれ系で出てくる女がブスでは観てられない。

過激派オペラ(2016年製作の映画)

2.5

過激な演出で伝説的な「毛布教」の演出家の初監督作品。
この人達を題材にするならもうちょっと面白く作れたんじゃなかろうか。
濡れ場推しなの?
にしては、、という感じだったけど。

旅行先の民宿で一生懸命
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.0

なんかなー。何かどっかで観たことある映画なかんじ。
というか中村トオルが最初からずっと胡散臭いよ。

息もできない(2008年製作の映画)

4.0

素晴らしい。ヤン・イクチュンもキム・コッピも。
漢江の川辺のシーンは「二人でいる時だけ泣けた」のまさに。名シーン。

>|