むぎこさんの映画レビュー・感想・評価

むぎこ

むぎこ

極力、劇場で映画を堪能したい。

犬猿(2017年製作の映画)

3.6

殺してやりたい程、憎い存在。近すぎるから似ているから苛立ち愛おしい。
兄弟がいる人には物凄い共感できる秀作。

吉田監督は日常の些細空気感を作るの上手ですね。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.3

カルト過ぎる…。

イギリスパンク文化をよく理解していないのでノリについていけない事多々あり。
とにかくエル・ファニングの愛くるしい。

異星交流でもあり異性交流で考えれば深い。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

新年一発目はIMAXにて鑑賞。

前作より悪ふざけが過ぎるが、突き抜けてたものが無い。
それでもアクションは痛快・爽快!結局はエグジーのシンデレラストーリーにお腹いっぱいで満足させて貰いました。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.8

こんなにも「ファッッック!」というセリフが似合う女優がいただろうか。

原作未読。
松岡茉優の魅力が満載。主演が彼女でなければここまで最高に面白く、痛々しい作品にはならなかっただろう。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.5

コアなファンじゃなくても楽しめた。

所々ツッコミ要素はあるが、宇宙戦争シーンなどのアクションは興奮させられる。

推しキャラのBB-8が大活躍してくれたのは嬉しいが、前作で輝いていたレイが印象が薄い
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.4

安定の娯楽作品。
大泉洋と北海道の魅力が伝わり、ごちゃごちゃ考えず楽しめました。



同じ作品に共演はしてないものの、ジョビジョバのレギュラーでマギーとゲストで坂田さんが出演にはニヤニヤさせられた。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

人種差別を題材にした話かと思いきや、それはただの切り口にしかすぎず「なにかがおかしい」という違和感が徐々に確信に変わる感じ…良い。
若干主人公の友人が説明台詞なのが気になるが、終盤の予想を超えたストー
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.2

「全員死刑」というタイトルのインパクトと間宮祥太郎の頑張りの作品。

エログロは(特に殺害シーン)邦画でここまで癖のある魅せ方をするのは久しぶりに感じたが、カメラワークやアングルが話に集中できないくら
>>続きを読む

予兆 散歩する侵略者 劇場版(2017年製作の映画)

3.8

スピンオフ作品ながら、派手さはないがこちらの方が圧倒的に気持ち悪い!(最大級の褒め言葉)
ざわざわする空気感やカメラワークは安定の黒沢清作品。


とにかく東出くん異物感が凄い。彼はあと数年はサイコパ
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.8

素晴らしいに尽きる。
ストップモーションアニメとは思えない!なのか、ストップモーションアニメならではの質感と生々しさ。

物語もキャラクターも魅力があり、色々な人に観てもらいたい。

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.4

とんでも設定でも納得させられる1人七役の演技。
こんなに序盤から展開早くても大丈夫?と不安になったが最後まで楽しめた。

個人的にはおじいちゃんと少女期をもう少し観ていたかった。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.3

やっと観れた今作も私の予習不足で、話についていけない箇所が多々あり。
前作を改めて鑑賞後じっくり観たい作品。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.4

SNSは現代病、現代ホラーなのか?
世界中の誰とでも繋がっている共感しあえてるという恐怖がじわじわとくる。
それは孤独を感じさせないがプライベート、プライバシー誰にも触れられたくない秘密をも知られても
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.4

原点回帰!物語の終盤にハッとさせられた1作目を思い出す。良いです。

ただ残虐シーンが痛くないんだよ。過去シリーズは映像で観てるだけでも痛いし、怖かったのに物足りなさが残り残念。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.5

ピエロのホラー映画として観るより、田舎町の少年達の一夏の出来事…そして…
という感じで見れば良作。

何故に15禁?と思うほどに恐怖・ゴア描写は抑え目であり逆にピエロがアグレッシブに活躍していた。
>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.3

これだけアナベル人形で引っ張られると少々飽き気味。ラストで時系列が繋がって瞬間、過去作を鮮明に思い出し興奮しました。
もっと物での恐怖演出かと思いきや、ダイレクトに悪魔出てきちゃってそれはそれでビック
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.5

変態映画かと思いきや、したたかな女性の生き方だった。

「嘘はつきたくない」
犯罪者の娘、レイプ被害者、女性として母として、社長としての成功者…この立場なんだからこうするべきという周囲からの固定観念を
>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.7

あの時代の信仰は、生活の一部であり全てだったのかな?
少しづつ家族に蔓延っていく狂気が下手なホラー映画より恐ろしい。


スプリット同様にアーニャちゃんの目ヂカラが半端ないので、惹きつけられますね。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.9

私の好きだった吉高由里子が帰ってきた!まさにハマリ役。


原作未読の為、中盤まで物語がどこで交差するのかもわからずのめり込みました。
吉高由里子の冷淡な眼差しからの、つきものが落ちてからの温かい微笑
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.3

『プロメテウス』を観た記憶がほぼ薄れた状態で鑑賞。コヴェナント号の搭乗員達のドジっ子ぷりに辟易しっつも、エイリアンに襲われ慌てふためくシーンにはテンションが上がる。


物語の核となる題材は好きなのに
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.6

近年の是枝作品はドキュメンタリー的で、日常生活を覗き込んでいる印象強かったので、こんなにもドラマチックな作品を作る人だったんだと改めて思った。


方向性が変われば違う一面が見えてしまう「誰も本当の事
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.6

予告の様な痛快な無人島サバイバルかと思いきや、中盤から畳み掛けてくるサイコ感。
ラドクリフ君は「あの子役の…」から立派な「死体役者」に成長し、この作品のおかしな所を中和してくれていた。感謝。


予想
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

3.7

薄暗い海底、時折アップになる時のダイビングマスクの隙間から見える混乱と恐怖の表情最高でした。
予告の際このストーリーで尺もつのか?と思いましたが色々とポイントを押さえていてくれて楽しめた。




>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.5

黒沢清監督作品の独特の不穏感はどこからくるのだろうか?
なにげない日常なのにどこかしらベッタリと気持ち悪い(最大級褒め言葉)




概念を奪う侵略者よりも、サイコパス感漂う東出くんがなんか一番怖かっ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.3

IMAX版にて鑑賞。
迫力ある絵作り、演出は流石!
ただ物語やキャラクターになにも感情移入できない物足りなさ。

ゲームの中に入って数あるミッションこなしてる感じがして残念。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.4

外の世界に触れ、男女・国・貧困などの様々な不平等さを感じ戦い続ける度に美しく見えてしまうダイアナのキャラが魅力的。
女性解放運動の象徴として生まれたワンダーウーマンの映像化に、女性監督が起用された事は
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.5

久しぶりに邦題が秀逸!

グロゴア描写が物足りない気がしたが、列車の中という新たな密室空間演出が良い。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.1

とにかくキャラクターに魅力がない。

所々、あれ?これジブリ(宮崎駿)の過去作品で観たな〜という演出やデフォルメの様なものが脳内でチラチラした。
日本人はパヤオの狂気的カルト映画を刷り込まれてしまった
>>続きを読む

きみの声をとどけたい(2017年製作の映画)

3.3

可もなく不可もなく。
言霊を信じる少女とコミュニティFMを通し成長していく物語。
主要となる少女達が多すぎて、4人位で役割をまとめてもよかったんじゃないのかな〜。鎌倉・湘南の雰囲気は○。





>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.6

疾走感、高揚感、グルーブ感ごちゃごちゃ御託を並べる必要はない。最高だ!!

とにかく冒頭の赤いスバル車でのカーチェイスで心を鷲掴み。
ベイビーとデボラのやりとりにときめく。あのイヤホンをわけて聴ける距
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.5

ストーリーが進むにつれ『世界の中心で愛を叫ぶ』がよぎってしまう。
それでもタイトルの巧さ、アプローチの仕方は良い。

死は誰にでも平等で、生きるって何かひとつでも好きなモノがあれば輝ける。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.1

もし、オリジナルを知らずにアニメ版を観ていたら新鮮に素晴らしいと感じられただろうか?

ただただ憤慨。
設定年齢をあげてしまった事によって全てが崩れた。親の再婚で転校、学校の先生、祐介の行動、かけおち
>>続きを読む

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

3.4

中盤まではよかった。廃墟やゲーム「ラスアス」が好きな人は楽しめるかも。

あれだけ賢いアピールをした少女メラニーも最後の行動はまさにパンドラの箱なぞり。ラストは希望だったのかな…シュールなギャグかと思
>>続きを読む

スターシップ9(2016年製作の映画)

3.4

劇場で予告を観て気になったので鑑賞。

低予算で宇宙船での閉塞感あるいつもにパターンかと思いきや…。
設定的には面白いが、ちょっと物足りない。
ただ、「このどうしようもない日常から連れだしてくれる」系
>>続きを読む

>|