むぎこさんの映画レビュー・感想・評価

むぎこ

むぎこ

極力、劇場で映画を堪能したい。

映画(140)
ドラマ(0)

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.6

アクションなアクションはないが華やかさだけで十分な見応え。

もっと、サンドラ・ブロックとケイト・ブランシェットやりとりを観ていたかった。

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.5

ジャック・ジャックとアライグマの戦いをあと10分位観ていたかった。

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.2

10分程度のショートアニメとして毎週見る分にはいいが、長編では苦痛。
くんちゃんの声が幼児にしては無理がある。

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.2

過去作を全て劇場で観てたので見納め。
1、2はスパン短く公開されたが今回は約3年ぶりの続編。
ほぼ2の内容を覚えていないのに対して、過去を振り返らない冒頭の進めっぷり。
私の中では推しキャラユンホは死
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.6

正直、最後の最後で家族が抱えていた秘密を知るまで、いつもの四季を通じて家族の繋がりを描く是枝作品という感じでした。

深い。確かに褒められる様な事してないし、美談でもない。
自分達が何かのきっかけでな
>>続きを読む

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

3.0

ポスターの豚の革マスクにチェンソーの男の子だけは100点!
これだけ想像が膨らんで楽しかったのに、実際観たらなんかコレジャナイ感が半端ない。

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.2

バーフバリ!バーフバリ!!

逃してたバーフバリブームに遅ればせながら参戦。「伝説誕生」から「王の凱旋」を続け様に爆音上映にて鑑賞。
頭が全然整理できないけどとにかく凄い熱量の大作!

とにかくV8!
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

全然羽ばたけない、周囲や友達、両親と溶け込めない素直に自分の気持ちが言えなかったあの時の自分に観せてやりたい。

母と娘の距離感が絶妙!
喧嘩するけど、なんだかんだ一緒にショッピングしてるシーンだけで
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.6

前作がイマイチのれなかったのに対し、今作は十分に楽しめた。

ラストの町山さんが言っていたド○フネタに「これかー!」と震えた。
とてもご機嫌な映画だったので前作を改めて見直します。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.7

小松菜奈のビジュアル映画としても、夢を追う応援映画としても秀作!

4〜50代のハンサムおじさん俳優ではなく、大泉洋だからこそ納得できた作品。

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.5

納得の変態映画。
いびつな愛と支配の逆転。

キノコ恐ろしい。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.6

吹替にて。
原作読んだことないけど、イメージ的にゆるふわカントリーを想像してたが予告での過激なバトルとその後の評判で鑑賞。

良い意味で、ぶっ飛んでてイイ!
吹替の千葉雄大が器用にこなしてて好感度がさ
>>続きを読む

Oh Lucy!(2016年製作の映画)

3.4

寺島しのぶは、全てをさらけ出し女の業を無様に演じてくれる。
素晴らしい。

予告を観た当初はロードムービー色が強いのかと思ったが、思いのほか中途半端、セックスマシーンも中途半端で物足りなさもあり。

娼年(2018年製作の映画)

3.2

松坂桃李が頑張って色々だしてたけど、最後の最後にアレな演出がギャグすぎて引く。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.4

3D吹替にて鑑賞。
オタク歓喜!
スピルバーグ監督やっぱりなんか凄い!
って印象はあるが、オリジナルストーリーのキャラクター達が一切魅力がない。

娯楽として楽しめた。

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.5

吹替版鑑賞。
声優さん達と前作同様のテーマ曲を聴けて震える。良し。
ロボットモノというよりエヴァに近い感じになってしまったが、旧キャスト・新キャスト共に上手く世代交代出来ていたし満足。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.7

壮大スペースオペラでノリや世界観は嫌いじゃないのに、何故か陳腐になってしまう。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.8

音楽・色彩・テンポのいい演出、最高に楽しめるエンターテイメントショー!

バーナムとフィリップのバーでのシーンはとにかく凄い。
観終えたあと即サントラ購入。

羊の木(2018年製作の映画)

3.4

原作未読。
前作の『美しい星』のようなクセのある作品でした。

錦戸くんがちゃんと平凡な市民として立ち回る演技がしっかりしていたから、元殺人犯の役者さん達が異質な者になっていた。
優香の危なげな色気も
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.5

原作は若草や山田と同じ高校生の時にコミックスで読んだ。
ほぼ記憶はないが吉沢亮の山田は山田だった。

現在のようにSNSも無い、すぐに繋がれず共感も共有も出来ない自分達の若さゆえの無知で無力な確かにあ
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.6

殺してやりたい程、憎い存在。近すぎるから似ているから苛立ち愛おしい。
兄弟がいる人には物凄い共感できる秀作。

吉田監督は日常の些細空気感を作るの上手ですね。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.3

カルト過ぎる…。

イギリスパンク文化をよく理解していないのでノリについていけない事多々あり。
とにかくエル・ファニングの愛くるしい。

異星交流でもあり異性交流で考えれば深い。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

新年一発目はIMAXにて鑑賞。

前作より悪ふざけが過ぎるが、突き抜けてたものが無い。
それでもアクションは痛快・爽快!結局はエグジーのシンデレラストーリーにお腹いっぱいで満足させて貰いました。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.8

こんなにも「ファッッック!」というセリフが似合う女優がいただろうか。

原作未読。
松岡茉優の魅力が満載。主演が彼女でなければここまで最高に面白く、痛々しい作品にはならなかっただろう。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.5

コアなファンじゃなくても楽しめた。

所々ツッコミ要素はあるが、宇宙戦争シーンなどのアクションは興奮させられる。

推しキャラのBB-8が大活躍してくれたのは嬉しいが、前作で輝いていたレイが印象が薄い
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.4

安定の娯楽作品。
大泉洋と北海道の魅力が伝わり、ごちゃごちゃ考えず楽しめました。



同じ作品に共演はしてないものの、ジョビジョバのレギュラーでマギーとゲストで坂田さんが出演にはニヤニヤさせられた。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

人種差別を題材にした話かと思いきや、それはただの切り口にしかすぎず「なにかがおかしい」という違和感が徐々に確信に変わる感じ…良い。
若干主人公の友人が説明台詞なのが気になるが、終盤の予想を超えたストー
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.2

「全員死刑」というタイトルのインパクトと間宮祥太郎の頑張りの作品。

エログロは(特に殺害シーン)邦画でここまで癖のある魅せ方をするのは久しぶりに感じたが、カメラワークやアングルが話に集中できないくら
>>続きを読む

>|