むぎこ

むぎこ

極力、劇場で映画を堪能したい。

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます。

吹替にて鑑賞。
人生の分岐点を決断し次世代へ繋ぐ意義を見つける為の大人の映画。
予告で観ていたマックィーンのクラッシュシーンがかなり簡素なもので物語も中盤までダレる。

かつての栄光を引きずり固執した
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.0

みんなで腹から声だして大騒ぎの学芸会。序盤のノリが楽しかった。あのテンションでずーっと続いてくれれば…。


小栗と新井君のアクションが長すぎる。とにかく長い。殺陣をみるために福田雄一作品を求めていな
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.6

アオハルかよっ!


字幕版にて鑑賞。
学生の恐怖であるスクールカーストからあぶれた彼らが選ばれたからといって直ぐに全ての力を得られる訳ではない。
訓練や挫折、協力し仲間との友情この過程を経て変身する
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.5

思ったより、地球外生命体にボッキボキに砕かれなくて残念。

閉鎖的空間での未知の生物との対峙、絶望と恐怖。ありふれたパターンですが宇宙空間が新鮮でした。
やはり宇宙飛行士だけあって、ホラー映画あるある
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.6

死体解剖に興味のある方にオススメです。

死体安置所と火葬場を生業としている親子。流石、ちょっとやそっとではギャーギャー騒ぎません。
閉鎖的空間、ましてや死体安置所が舞台となれば恐怖値も上がりますがあ
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.4

藤原竜也が顔を真っ赤にして叫ぶのは見飽きてしまったんだよ。

韓国の『殺人の告白』のリメイク版としてはほぼ別物であり成功したのでは?
時代が移り変わる度に映像演出(フィルム?)が変わっててザワザワとし
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.3

メル・ギブソンという映画監督の才能が爆発した、人間の尊厳と信念の話。

過去監督作同様にメルギブの作家性が詰まった見事な虐殺グロ描写っぷりに、戦争の悲惨さ二度と犯してはいけない事だと強く考えさせられる
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.2

哀愁のヒーローにブッ飛んだヒロイン、魅力的な悪役、ストーリーも好きだ…がなんだろうテンポなのか焼きまし感もあり突き抜けた何かが足りなくて乗れない。

ダークナイト(2008年製作の映画)

5.0

IMAX版にて鑑賞。
初めから終わりまで、決して色褪せず狂気が満ち溢れていて9年前の作品とは思えない。最高だ。

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

3.5

シリーズ3作目だと知らず、虐殺の匂いがし鑑賞。

なんとも言えないカタルシス。
ヒャッハー!パージ最高!!
チョコバーガールの登場から幕引きまで、久しぶりに魅力的なキャラに出会えましたありがとうござい
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.1

ウルヴァリン、X-MENシリーズも観ていなく予備知識なしでも十分楽しめた。

作品全体に漂う哀愁と満身創痍で冒頭から胸が詰まる気持ちになるロードムービー。
涙腺は崩壊した。

バイオハザード ヴェンデッタ(2017年製作の映画)

3.0

相変わらずストーリーはアレですが、ゲームファンには満足できるキャラアクションの見せ場もあり良かったです。

特にレベッカが素敵な女性になっていて嬉しい限りです。

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

原作未読。情報は予告のみ。
私の先入観を見事に砕いてくれたストーリーと演出。

言語の通じない相手へのコンタクトの難しさ。言葉は通じても、お互い真意に向き合わなければすれ違ってしまうもどかしさ。
「あ
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

4.2

ルーがとても愛らしくポニョのような狂気や不安を感じさせず、ルーの「大好き!」という気持ちを応援したくなる傑作。

湯浅監督の独特のヌルヌルとした表現が海の生物達やダンスなどにとても合っていた。

美しい星(2017年製作の映画)

3.3

原作未読。なので脚色がどれほど加えられたのか気になりますが、とにかくシュールにて難解。
家族の溝や地球環境、信仰や政治、本当に彼らが火星人・水星人・金星人だったのか?という疑問を除いてもこれはみじかに
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.7

観終わってみれば、イメージしてたより暴力描写少なめ。

多重人格役のマカヴォイの素晴らしさは十分すぎる程ですが、ケイシー役の女優さんが負けていない存在感で最後までヒリヒリさせてくれた。

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.1

前編で余計なものを削ぎ落としまとめたのに後編にきて色々詰め込み過ぎという印象。

安定して将棋シーンは緊迫感が伝わり、文句無しに素晴らしかった。
原作にない幸田家の救済をいれたのなら、無理に妻子捨男を
>>続きを読む

追憶(2017年製作の映画)

3.2

鋭すぎる岡田准一の眼光。
酔っ払ってもたれかかってきた柄本佑を、泣き狂う長澤まさみを抱きしめた時、いつ絞め落とされるのか?!と気が気じゃない。
小栗旬との対話にしろいつ格闘がはじまってもおかしくない緊
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.5

字幕版で鑑賞。
余計な欲をださず、アニメ版の良さを再現し物足りなかったベルと野獣の恋を育むシーンを加えてくれたとこがとても良かった。安定のガストンが足臭そうなのもバッチリイメージ通り!

美術・衣装も
>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

3.7

正直、コレ系(裏社会とか兄貴・弟分みたいな)の話好きじゃないからパスだな〜と思っていたが、今期の韓国映画(お嬢さんやコクソン)が素晴らしかったので観ました。
とことん希望も救済もない韓国ノワール万歳!
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.8

國村隼もですが娘役の子供に何か賞をあげて下さい。

國村隼がフンドシ一丁で村を壊滅させる話だと思って鑑賞したらとんでもなかった!

閉塞的な村文化、祈祷師やキリスト教の宗教(?)の価値観など何を信じ疑
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.4

官能的でありミステリーであり純愛なサイコーに変態映画!!(最上級の褒め言葉)
約2時間30分程ある長い作品でしたが、飽きることはなく引き込まれます。

パク・チャヌク監督は女性を美しく魅力を最大限にひ
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.4

簡単な言葉では語れない派手な作品ではないが、美しく深く色々な事を考えなければならない映画。

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.1

各キャラ達のモノローグが多いのが魅力でもある羽海野チカ作品はやはり実写化は難しいのでわ。色々カットして無難に話を繋げたイメージが強くても楽しめたのは、男性陣のキャスティングのうまさ。棋士たちの戦い・苦>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.4

テンポが良く楽しめたが、星野源目当てで観に行ったのに彼の声が違和感なのかノイズになってしまって残念。

SING/シング(2016年製作の映画)

3.9

吹替にて鑑賞。
今話題の有名人に声をあててもらったよ★みたいなシラケる吹替ではなく大満足の内容でした。
ゴリラのジョニーにスキマの大橋さんは役柄や曲もとてもマッチしててパワフルに。象のミーナは圧巻のM
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.3

予備知識なし、冷やかし半分で観に行った結果最高でした。
てっきり現代の話かと思ったらベトナム戦争時代の設定が良かった。
人間の無駄な話(ラブとか色々)は排除されシンプルに、まるでコングがそんなの無駄無
>>続きを読む

グリーンルーム(2015年製作の映画)

3.0

うーんネオナチ集団という設定がイマイチで、盛り上がりがかける。

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

3.5

神山監督作品はまともに観るの初めてで、予備知識なく鑑賞。
CMのイメージ(微妙だな面白いのか?)とは全然違う!夢の世界での意味を知った時、アニメーションだから出来るアプローチだと感激した。そしてEDの
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.5

海の水、砂、黒髮、刺青越しの肌、またグラフィックが進化してた。

うわさのマッドマックス感、良かったですよ!



アナ雪の歌だけしか印象に残らない話より、十分楽しめた。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

夢を追う男女の恋愛モノ。話しはそれだけなのに音楽や小ネタが上手いこと絡んでここまで気持ちが揺さぶられるのか。
パーティーが終わって2人でプリウス探すまでがピークだったかな。そこまでを繰り返し観たい。
>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

3.8

日々の自分の行為・行動が側から見たらいかに愚かで滑稽なのか。聞き手としていた妻夫木君ですら。
満島ひかりは当然素晴らしい、が今回は臼田あさ美がとても良かった。女の醜い業の深さを体現してくれた。

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

2.6

とにかく中盤まで観てるとイライラするんですよ。それが劇中で電気がなく何もできない家族の不安やもどかしさが伝わってきているのか、ここまで腹をくくれない愚かな家族になのかがハッキリわからない。
矢口監督作
>>続きを読む

>|