むぎたろうさんの映画レビュー・感想・評価

むぎたろう

むぎたろう

極力、劇場で映画を堪能したい。記録用。

映画(156)
ドラマ(0)

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

3.4

相変わらずの破茶滅茶ぶりだけど、やっぱり彼女たちの歌声・フォーメーションは最高だった!

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.3

イーライ・ロス強化週間!

普通に王道の作品が撮れるんだな。
やはり拷問で痛めつけるシーンは断トツで観ているこちら側まで身悶えさせてくれる。

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.4

イーライ・ロスの悪趣味(褒め言葉)万歳!

テンポは早足でもう少し余韻が欲しい感じもあったが、家族向け映画として小学生低学年が好む糞やゲロ(っぽいもの)もありある種のトラウマを植え付けさせるには成功し
>>続きを読む

バーバラと心の巨人(2017年製作の映画)

3.5

怪物はささやくを先に観てしまったので、そこらへんが残念だが好き。

多感な時期の少女は戦う。自分が選ばれた人間だと信じて。それは逃避ではなく、真実と向き合う準備なんだと思う。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

社畜の私、号泣。
「何もしない」の大切さ忙しさ、忘れていたよプー。

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.3

原作未読。
響の未成熟と言えば聞こえのいい、道徳心や自制心の欠落した性格破綻者に心揺さぶる小説が書けるのか?と疑問が残りながらもアヤカ・ウィルソンや小栗・高嶋など脇を固める役者さん達が良かった。

>>続きを読む

食べる女(2018年製作の映画)

2.8

キョンキョンと猫、壇蜜のために観た。




飯モノなのに食べてる表情が多くムニエル以外の料理がさほど美味しそうにみえない。
あんな微妙なSEXシーンだすならそのシーン自体カットした方がいいです。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.6

色々やり尽くしてきた感じがある終末モノ。主演のエミリー・ブラントの表情や押し殺す声に緊迫感が走る。丁寧に作られてて良作。

クリーチャーに新鮮味がなく、お前どこかで見たよ!?な造形が残念。

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.4

「志村〜後ろ〜!」と言わずにはいられない。パワー系ホラー。

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

3.6

私の見たい安ケンがいた。

狂気…みじかにありうる気が狂う程のきっかけを描くのがやっぱり上手い監督です。

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.6

過去作よりキャッチーになってて娯楽作品として楽しめた。

マガディーラ 勇者転生(2009年製作の映画)

3.3

ツッコミどころが多々あったが、楽しめた。
主人公のカリスマ性が薄いのが残念。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.7

演出の上手さと構成力の勝利!
前半の違和感を、ちゃんと回収してくれてスッキリ。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.6

派手なアクションはないが華やかさだけで十分な見応え。

もっと、サンドラ・ブロックとケイト・ブランシェットやりとりを観ていたかった。

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.5

ジャック・ジャックとアライグマの戦いをあと10分位観ていたかった。

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.2

10分程度のショートアニメとして毎週見る分にはいいが、長編では苦痛。
くんちゃんの声が幼児にしては無理がある。

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.2

過去作を全て劇場で観てたので見納め。
1、2はスパン短く公開されたが今回は約3年ぶりの続編。
ほぼ2の内容を覚えていないのに対して、過去を振り返らない冒頭の進めっぷり。
私の中では推しキャラユンホは死
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.6

正直、最後の最後で家族が抱えていた秘密を知るまで、いつもの四季を通じて家族の繋がりを描く是枝作品という感じでした。

深い。確かに褒められる様な事してないし、美談でもない。
自分達が何かのきっかけでな
>>続きを読む

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

3.0

ポスターの豚の革マスクにチェンソーの男の子だけは100点!
これだけ想像が膨らんで楽しかったのに、実際観たらなんかコレジャナイ感が半端ない。

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.2

バーフバリ!バーフバリ!!

逃してたバーフバリブームに遅ればせながら参戦。「伝説誕生」から「王の凱旋」を続け様に爆音上映にて鑑賞。
頭が全然整理できないけどとにかく凄い熱量の大作!

とにかくV8!
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

全然羽ばたけない、周囲や友達、両親と溶け込めない素直に自分の気持ちが言えなかったあの時の自分に観せてやりたい。

母と娘の距離感が絶妙!
喧嘩するけど、なんだかんだ一緒にショッピングしてるシーンだけで
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.6

前作がイマイチのれなかったのに対し、今作は十分に楽しめた。

ラストの町山さんが言っていたド○フネタに「これかー!」と震えた。
とてもご機嫌な映画だったので前作を改めて見直します。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.7

小松菜奈のビジュアル映画としても、夢を追う応援映画としても秀作!

4〜50代のハンサムおじさん俳優ではなく、大泉洋だからこそ納得できた作品。

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.5

納得の変態映画。
いびつな愛と支配の逆転。

キノコ恐ろしい。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.6

吹替にて。
原作読んだことないけど、イメージ的にゆるふわカントリーを想像してたが予告での過激なバトルとその後の評判で鑑賞。

良い意味で、ぶっ飛んでてイイ!
吹替の千葉雄大が器用にこなしてて好感度がさ
>>続きを読む

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

3.4

寺島しのぶは、全てをさらけ出し女の業を無様に演じてくれる。
素晴らしい。

予告を観た当初はロードムービー色が強いのかと思ったが、思いのほか中途半端、セックスマシーンも中途半端で物足りなさもあり。

娼年(2018年製作の映画)

3.2

松坂桃李が頑張って色々だしてたけど、最後の最後にアレな演出がギャグすぎて引く。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.6

映像・音楽・ストーリー・キャラクター全てが儚く美しい。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.4

3D吹替にて鑑賞。
オタク歓喜!
スピルバーグ監督やっぱりなんか凄い!
って印象はあるが、オリジナルストーリーのキャラクター達が一切魅力がない。

娯楽として楽しめた。

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.5

吹替版鑑賞。
声優さん達と前作同様のテーマ曲を聴けて震える。良し。
ロボットモノというよりエヴァに近い感じになってしまったが、旧キャスト・新キャスト共に上手く世代交代出来ていたし満足。