Macさんの映画レビュー・感想・評価 - 15ページ目

Mac

Mac

映画(539)
ドラマ(25)

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最後までトリックに気づきませんでした。やられた。

ただ、宣伝文句の「あなたは絶対2回見る」は違うんじゃないかな?最後に丁寧に解説してくれてるからねぇ

アクト・オブ・キリング(2012年製作の映画)

3.5

一見、虐殺の実行犯達を責め立てる映画のように見えて、実は彼らの許しの映画?

虐殺実行犯の彼らも確かに悪いが、彼らも当時の冷戦構造に巻き込まれた被害者でもある。(直接手を汚すことのできない軍部から虐殺
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

3.8

ラストが衝撃的過ぎて、ラストの印象が強く残ってしまいがちだけど、それまでのマクマーフィ達の日常の一コマ一コマ(病院を脱走して釣りに行くシーン、クリスマスの夜のシーン等)が微笑ましくて、何度も笑いを誘わ>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.5

階段降りるだけのシーンであんなにハラハラしたの初めて。

ラストのどんでん返し(?)にはビックリ。

トランスフォーマー/ロストエイジ(2014年製作の映画)

3.0

2回目。
相変わらず、ストーリー、設定等がむちゃくちゃ(笑)突っ込みどころ満載。

ただ、そんなことがどーでも良くなる迫力!映像表現!それらがあれば、このシリーズは満足。

でも、個人的には前3作品の
>>続きを読む

家族(1970年製作の映画)

3.0

高度経済成長の日本の姿を映した映画。現在の梅田の地下街に70年当時の名残があることに驚き。

ウォルト・ディズニーの約束(2013年製作の映画)

3.0

エンドロールにおいて"Saving Mr.Banks"という原題を知って、ストンと腑に落ちた。うん。この映画"ウォルト・ディズニーの約束"じゃないよな。

あと、「メリーポピンズ」と言えば、「お砂糖ひ
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.2

主な登場人物3人が、初めから不気味な雰囲気を醸し出している。どっからどう見ても家庭的ではない父親と、幸が薄そうで、すぐにヒステリックになりそうな母親、二重人格で超能力を持った息子。序盤、ホテルに向かう>>続きを読む

テルマエ・ロマエ(2012年製作の映画)

3.0

阿部寛がウォシュレットで「はぁ!」ってなるシーンがツボ

デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!(2000年製作の映画)

4.0

「サマーウォーズ」見たので見直した。

やっぱりキングカズマよりオメガモンの方が断然カッコいい!

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

3.0

ベースとなるストーリーが、同じ細田守監督の「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム」とほとんど一緒?OZ の世界観も、「ぼくらのウォーゲーム」のインターネットの世界と似ていたし。

でも、面白か
>>続きを読む

アンヴィル!夢を諦めきれない男たち(2009年製作の映画)

3.5

各方面で評価の高いドキュメンタリー映画。日本のスーパーロックフェスティバル(1984)で始まり、ラウドパーク(2006)で終わる。やっぱり、日本はヘヴィメタルに優しい国やね。

ロックバンドの裏事情み
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

最後のちょっとしたどんでん返しには驚かされた。「私をナメるな!」と言ってアンドリューをハメたフレッチャーの姿は、厳しい指導者と言うより、ただのサディストでしかなかった。しかし、そんなフレッチャーの非道>>続きを読む

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年製作の映画)

2.0

コメディと期待して見たけど、あんまり笑えるシーンが無かったし、精神年齢が高校生のままの主人公の成長物語かと思いきや、サブタイトル通り世界を救うストーリーにシフトしていくし…イマイチ

コメディなのか、
>>続きを読む

スティング(1973年製作の映画)

4.0

騙されてしまった…
70年代のだけれど、今見ても十分楽しめるストーリー。ただ、賭博に関する知識が皆無だから、若干理解に苦しむ場面もあったけれど。

ポール・ニューマン&ロバート・レッドフォードの「明日
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

4.0

絶望的な境遇にもかかわらず、全くそれを感じさせない主人公のポジティブさが、美しかった。

ゾーイ・サルダナが、トレッキーの空港職員を演じていたのは笑った

ヤギと男と男と壁と(2009年製作の映画)

3.5

終始バカなことをやってる映画。でも、個人的にこの手の笑いは結構好きなので、高評価。

映画の内容の割に、キャストが豪華すぎる

あと、スターウォーズフリークとしては、ユアン・マクレガーが"ジェダイ"と
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.0

他のマーベル・シネマティック・ユニバースの作品とは雰囲気が違って、コメディ色が強いように感じたけれど、これはこれで面白かった。(不謹慎ではあるけど、義足のくだりはかなり笑った)

あと、サントラ欲しい

127時間(2010年製作の映画)

3.0

そこいらのホラー映画なんかより、断然コワイ…何回停止ボタンを押したことか

冒頭の主人公のように、マウンテンバイクでアメリカの荒野を疾走してみたい

ノーカントリー(2007年製作の映画)

2.8

僕には要解説な内容の映画

No Country for Old Men の意味が掴めなかった

もう一回見よう

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

3.5

常に緊張させられっぱなし

若かりし頃のアル・パチーノがジェイク・ギレンホールに見えて仕方なかった

デトロイト・メタル・シティ(2008年製作の映画)

2.5

初っ端で自分が見慣れたキャンパスが登場きたことに驚き(笑)

何か、全体的にちゃっちく見えた。
原作もこのバカバカしさも好きだけれど、LIVEシーンが全て弾きマネだったり、最後のバトルが何の戦いなのか
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.0

「ハートロッカー」然り、アフガン紛争、イラク戦争を扱った映画は、本国アメリカではウケるのだなと。それらの戦争、兵士を取り巻く環境などに縁遠い日本に住む私には、「全米で大ヒット」と言われる程の感動は得ら>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

4.0

トム・クルーズ、エミリー・ブラントのアクションはカッコいいし、ストーリーもテンポ良く進み、時折コミカルなシーン(銃殺→「蛆虫!」が繰り返されるシーン)も挟まれていて、観ていて飽きることのない非常に面白>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

4.8

大好きな映画。

【2019.2.15 n+1回目(多分4回目?)】

やっぱり傑作…
今までは、"運命の人"を信じるロマンチストとしてのトムに共感?して楽しんでたけど、今回は後半のトムに共感。

>>続きを読む

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)

3.8

ラスト、デレクがいつ、どのタイミングで襲撃されるのだろうかとハラハラさせられた。

エドワード・ノートンはあんな優しそうな顔して怒らせると取り返しのつかなくなるタイプ。「ファイトクラブ」「インクレディ
>>続きを読む

|<