むらむらさんの映画レビュー・感想・評価

むらむら

むらむら

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

5.0

「音を立てたら、即死」

のコピーで大ヒットした作品の続編。

初デートでオナラをしてしまった女の子の話かな?

と、ウキウキで鑑賞した俺なのだが、メッチャ怖くてマジ泣き。「オナラする女子高生はどこじ
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

5.0

アカデミー主演男優賞を受賞したのも納得の出来。主人公を演じた、アンソニー・ホプキンスの認知症の演技がとにかく神がかってる。

誰もがいつかは迎える老いを真正面から捉えたスリラー。

そんな「ファーザー
>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

5.0

プーチンが観たら、プチギレしそうなロシア人虐殺ムービー。

ロシア人相手やったら、何やってもいい、ってワケないやろ。まぁ面白いから許すが。

「ジョン・ウィック」の脚本家が送るアクション作品。それにし
>>続きを読む

トゥルーノース(2020年製作の映画)

5.0

PS2レベルのポリゴンアニメで送る、北朝鮮強制収容所の実態。

最初、CGクオリティの低さに面食らったが、あまりに悲惨な話なので、これくらいの解像度じゃないと最後までスクリーンを正視できなかったかもし
>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

5.0

ノーマークだったけどfilmarksでフォローしている方々の評判が良いので観てみた作品。結果、めっちゃ面白かった。やっぱfilmarks、映画○comに比べて1万倍は信頼できるわ。

架空の映画の都・
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

5.0

(今回の感想長いですが、渋谷HUMAXシネマへのイチャモンが後半の半分を占めるので、そこは読まなくて良いです)

「見ろ!人がゴミのようだ!」

をリアルで実感できる1973年公開、チェコ発のカルトア
>>続きを読む

ヒート(1995年製作の映画)

5.0

「ゴッドファーザーPART2」以来となるアル・パチーノとロバート・デ・ニーロの共演作。

3時間と長丁場だったので、3パートに分けて感想を書きます。

・前半

大胆な犯行を繰り返す犯罪チームのボスを
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

5.0

デヴィッド・バーン主演のブロードウェイでのコンサートをスパイク・リーが映像化した作品。

東京オリンピックはデヴィッド・バーンに任せてたら良かったんじゃないか、という気になるくらい、ミニマルでストイッ
>>続きを読む

サマー・インフェルノ(2015年製作の映画)

5.0

「怖いーっ!」じゃなく「うるせーっ!」と言いたくなる、いくらなんでも叫びすぎなホラー。

子供キャンプに参加するため、わざわざアメリカから指導員としてスペインの森の中へやってきた、飛んで火にいる夏の虫
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

5.0

ぜんぜんジェントルじゃない人たちの織りなすクライム群像劇。

どこからどう観ても、ガイ・リッチー映画なので、ガイ・リッチー好きの俺歓喜。世界三大リッチーの名に恥じない出来(※二人目はライオネル・リッチ
>>続きを読む

ノンストップ・バディ 俺たちには今日もない(2014年製作の映画)

5.0

「悪いことするなら、断然ヨーロッパ!」

と断言したくなった、ドイツ発のクライムコメディ。

ドイツの街オストホーフェンの真面目な銀行員・ティルが、刑務所から出所したばかりの銀行強盗・ナッポの人質にな
>>続きを読む

心霊×カルト×アウトロー(2018年製作の映画)

5.0

「北九州で変なこと調べようっちゃろ? あそこらへんは危なかけん、注意せないかん」

と登場人物に身も蓋もないことを言われ、北九州出身の俺が涙目になった作品。

ぶっちゃけ、「100万人都市」と持て囃さ
>>続きを読む

CURED キュアード(2017年製作の映画)

5.0

オッパイもグロも出てこない変化球ゾンビ映画。

「アーミー・オブ・ザ・デッド」が気になってるのだが、現在アマプラの沼を探索中なので、こちらを鑑賞。

メイズというウイルスに感染した感染者が、ゾンビ化し
>>続きを読む

パッション 禁断の交わり(2007年製作の映画)

5.0

途中で観るパッションを失って、一ヶ月くらい放置してた作品。

刑務所勤務の心理カウンセラーであるジャネットは、16年間刑務所にいて仮釈放された犯罪者のロバートの話を聞いているうちに、知的なロバートの姿
>>続きを読む

エスケープ・ルーム(2019年製作の映画)

5.0

「リアル脱出ゲーム」設定のデスゲームに6人の男女が巻き込まれる話。

この作品でデスゲームに招待されるのは、冴えないスーパーの店員(「ゾンビワールドへようこそ」にも出てたローガン・ミラー)、トラック運
>>続きを読む

名前のない女たち ~うそつき女~(2018年製作の映画)

5.0

企画AV女優と、その女優を取材するライターさんの話。

「V/H/S ネクストレベル」の感想でカンパニー松尾のことを書いたので、「そういえばこれ観てなかったな」と思って鑑賞。

「AVを純粋な気持ちで
>>続きを読む

V/H/S ネクストレベル(2013年製作の映画)

5.0

開始キッカリ1分でオッパイが出てくる、俺のために作られたらしいオムニバスホラー。

それぞれエピソードとしては無関係だが、全部、VHSテープに封印された映像という設定。それを、とある家に潜入したカップ
>>続きを読む

エクストーション 家族の値段(2016年製作の映画)

5.0

【助けて】家族三人、カリブ海で遭難しました【死にそう】

主人公がYouTuberだったら絶対こんな動画を上げてるだろう極限サスペンス。

タイトルその他で激しくネタバレしてるのだが、無人島漂流ものだ
>>続きを読む

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

5.0

小堺一機似のオッサンに監禁されて日常生活を送る子供たちを巡る、変態ヨルゴス・ランティモスの長編デビュー作。

「籠の中の乙女」ってタイトルだけど、息子も監禁されてるので「籠の中の乙女と息子」が正解タイ
>>続きを読む

ウイルス(2015年製作の映画)

5.0

いまんところ今年のワースト作品。

ゾンビ映画は全部観ないと死ぬ病気にかかっている人にとっては★5。それ以外の人には全く勧めない。

実際、IMDBのレビューでも「ゴミ」「糞」「寝てた方がマシ」と酷評
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

5.0

「デブとハゲは悪! イケメンは正義!」

という主張に満ち満ちたチェコのドキュメンタリー。

3人の童顔に見える成人女性に12才と年齢を偽らせ、SNSのアカウントを開設。部屋のセットまで作り込んで、1
>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

5.0

たった一人で7年の歳月を掛けて完成させた、気合入りまくりのストップモーションアニメ。

1600年以上未来の世界。地上世界に住む人間が、地下世界に棲まう人工生命・マリガンの調査のため、今作の主人公であ
>>続きを読む

ナタ転生(2021年製作の映画)

5.0

中国、コロナは防げても、中二病は防げなかったというのが良く分かるCGアニメ大作。

「AKIRA」と「レディ・プレイヤー1」と「マッドマックス」がゴッチャになったみたいな世界で、ウーバーイーツみたいな
>>続きを読む

ウルフウォーカー(2020年製作の映画)

5.0

「わおおーーん!(良かった!)」

狼に変異できるウルフウォーカーであるメーヴと、街に住むわんぱくな少女・ロビン。少女二人の交流を描いたファンタジーアニメ。

舞台は1650年、アイルランドのキルケニ
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

5.0

「ハッピー・デス・デイ」の監督によるホラー版「君の名は。」。殺人鬼ブッチャーと女子高生ミリーが入れ替わる話。

先日観た「明日への地図を探して」に続きキャサリン・ニュートン主演。

原タイトルの「Fr
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

5.0

主人公が既に何度もループを経験してる「明日への地図を探して」と似た設定のループ映画。

ジョセフ・ゴードン=レヴィット似のピュアな十代の若者がタイムループにハマる「明日への~」と、アダム・サンドラー似
>>続きを読む

明日への地図を探して(2020年製作の映画)

5.0

なんとなくSMAP感のあるタイトルの恋愛タイムループもの。「ハッピーデスデイ 2 U」に続き鑑賞。

既に何度もグルグル同じ時間をループしてる状態から話が始まるのが新鮮だった。

オープニングのシーン
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

5.0

「映画での死に方選手権」があったら、「ファイナルディスティネーション」シリーズと激しいデッドヒートを繰り広げそうなタイムループもの第二作。

前作の直後から始まる今作では、時計台とかビフの名前とか、同
>>続きを読む

道化死てるぜ!(2012年製作の映画)

5.0

子供たちにバカにされて死んだピエロが、大人になった子供たちに復讐する話。

「ゾンビーバー」「オゾンビ(オサマ・ビン=ラディンゾンビ)」に続いて鑑賞。原題自体がダジャレな二作と違い、こちら原題は、この
>>続きを読む

オゾンビ(2012年製作の映画)

5.0

ビーバーがゾンビ化する「ゾンビーバー」を観たときに

「ダジャレで映画作ってんじゃねーよ!  こんなんだったら、ゾンビン=ラディンでも何でも出来るやん」

みたいなことを書いたら、フォローしている「う
>>続きを読む

ゾンビーバー(2014年製作の映画)

5.0

「三人で力を合わせないと、ビーバーには勝てない……」

こんな冗談みたいなパワーワードの出てくるゾンビ映画。

監督はジョーダン・ルービン。冗談みたいな内容だけにジョーダンかよ……って、普段はダジャレ
>>続きを読む

シティーコップ 余命30日?!のヒーロー(2020年製作の映画)

5.0

本来、仏版「シティハンター」のチームなので、
当然フィリップ・ラショーのギャグに期待して
はいたのだが、実はあるキャラがオッパイをさ
らけ出すとこしか記憶にない。Dカップの美味
しそうなオッパイを、モ
>>続きを読む

ビバリウム(2019年製作の映画)

5.0

「くっ、新手のスタンド使いか……」

住宅街から出られなくなるカップルを観て、思わずそんな台詞が口を付いて出てくる不条理ホラー。

新居を探そうと不動産屋に来たトム(ジェシー・アイゼンバーグ)とジェマ
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

5.0

「あれ、この作品、観たことある……」

映画を観てる途中で、観たことがある作品だって気付くエピソードを、何度かfilmarksで読んで笑っていたのだが、まさか自分がそうなってしまうなんて。

しかもよ
>>続きを読む

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

5.0

煽られ耐性なさすぎのオッサンに拳銃を縛り付けられたオタクが、ターミネーター化したアヴリル・ラヴィーンと戦う話。

普段から何も考えていない俺が、さらに何も考えない95分を過ごすことの幸せ!

スマホゲ
>>続きを読む

マーメイド・イン・パリ(2020年製作の映画)

5.0

デンマーク発の「アンコントロール」を観たときに、あまりのデンマーク・ゲットーの無法っぷりに

「人魚も走って逃げ出すレベル」

と書いたが、デンマークを出て、フランスのセーヌ川に避難していた人魚が、愛
>>続きを読む

>|