MUROMIさんの映画レビュー・感想・評価

MUROMI

MUROMI

パーマー(2021年製作の映画)

3.5

pretty good.
色んな立場から色んな感情が湧き出ていて、見応えがあった。

オン・ザ・ロック(2020年製作の映画)

3.3

pretty good.
上流家庭夫婦のすれ違い、共感はできなかったが、展開も尺もサクッと観れて丁度よかった。

地獄の花園(2021年製作の映画)

4.0

Excellent!
やっぱりバカリズムが手がける作品は好きだなぁ~。

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

4.8

Excellent!
最高すぎ。周りに人がいなかったら、立ち上がって踊ってた。全身の細胞が入れ替わった気がしたよ。

チェリー(2021年製作の映画)

3.8

pretty good.
壮大な時間軸の中で流れていく過酷な日々。トムホが14㌔近く減量して臨んだ迫真の演技、凄かった。

happy しあわせを探すあなたへ(2012年製作の映画)

3.1

pretty good.
日本のシーンは、耳と目が痛かった。あと歌が怖い。

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

4.2

Excellent!
純粋な気持ちで"楽しかった!"と思える映画、久々に出会えた。

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.0

pretty good.
意味とか求めること自体、野暮なのかもしれないなぁ。

異端の鳥(2019年製作の映画)

4.3

Excellent!
主人公のセリフがないまま全編モノクロで進んだ169分間、画面に釘付けになった。
"目は口ほどに物を言う"とはよく言ったもので、無言だからこそ伝わってくる表現に胸うたれた。

Endress Waltz エンドレス・ワルツ(1995年製作の映画)

4.2

Excellent!
阿部薫と鈴木いづみの太くて短い鮮烈的なロマンス。
セックス、ドラッグ、ロックンロールを地で行くような破滅的な暮らしに、憧れはしないけど、ちょっぴり羨ましくはある。
あと、灰野敬二
>>続きを読む

どうにかなる日々(2020年製作の映画)

3.5

pretty good.
たしかにこの作品には、クリープハイプがフィットする。

戦場のメリークリスマス 4K 修復版(1983年製作の映画)

3.8

pretty good.
もう暫く映画はいいかな…と思ってしまうほど、ずっしりときた。どこまでも、果てしなく"映画"だった。

街の上で(2019年製作の映画)

4.3

Excellent!
会話と会話の間に流れる愛おしい"間"。
今泉監督が作り上げる空気に吸い込まれて、気がついたら終わってた。素敵な時間だった。

ゾッキ(2021年製作の映画)

4.3

Excellent!
個人的にすごく好きなテイストの映画だった。地方の哀愁とどうしようもないアングラ臭漂う中に平然と溶け込むビッグ・キャストたち。俳優陣も音楽陣もメンツがいちいち絶妙でたまらなかった。
>>続きを読む

楽しいムーミン一家 ムーミン谷の彗星(1992年製作の映画)

3.4

pretty good.
世界の終わりが近づいても、デコレーションケーキを作ってクッキーを焼いてお風呂に入る。いついかなる時も"あそび"を持っていないとそのときに備えられないよね。

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

3.8

pretty good.
YouTube上での期間限定無料公開に踏み切ったNetflixに感謝。
僕たちは様々な格闘の歴史の延長線上に、生きていることを痛感させられた。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

4.6

Excellent!
大人になってから観ると解像度がグッと上がる。とくにノスタルジーを感じやすくするために、一日中夕暮れ時という設定にはやられた。何かにつけて二言目には「懐かしい」と感傷に浸る大人たち
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

4.2

Excellent!
見どころ、こだわり満載の良い映画だった。
ただ、CD店に当時ないはずのヘキサゴンのDVDが見切れていて残念だった。

ダニエル(2019年製作の映画)

2.9

Not bad.
ホラー、オカルト、ファンタジー、アクション、B級感。色んな要素が詰め込まれていた。

>|