mutuzoさんの映画レビュー・感想・評価

mutuzo

mutuzo

古今東西、洋画、邦画を問わず幅広いジャンルのものを観ます。近くにはシネコンしかないので ミニ シアター系の作品がもっと身近で鑑賞できればいいなと思っています。また、鉄道ファンでもあるので列車がらみのものには目がないです。写真は 富山地方鉄道を訪れた時のものです。

  • 47Marks
  • 72Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

プライム・ターゲット(2016年製作の映画)

3.8

これは参ったな。

セットレンタルの1本で借りた作品ですが、なかなかの掘り出し物でした。一気に見終わりました。

ベルギー映画 恐るべし。

ストーリーは、ジョニー・デップの「ニック・オブ・タイム」を
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.9

なかなか面白いクライム・コメディーかな?

前半は少しゆったりとしていたが、計画が進み実行へと向かいだすと、テンポが上がってきた。

こういう作品は、細部がジグソーパズルのように(またはピタゴラ・スィ
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.9

最寄りに上映館がなくDVDで鑑賞。

森の中 自給自足で暮らす家族が 亡き母の願いを叶えるために町へ出て行くロード・ムービー。

なかなかの作品だった。かなり違うが、平成版「アドベンチャー・ファミリ
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.3

皆さんの絶賛されるレビューが多い中、残念ながら 私にはプロットが高等すぎて理解できませんでした。

言語学者がエイリアンの言語を解読して行くのは良いのですが、どうして時系列が進んだり戻ったりするのかを
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.5

ジェイク・ギレンホール 良い役者だなぁ。

どことなくイカれた様子は、「ナイト・クローラー」に通じるものがあった。

誰か大切な人を失った時に、心に刻まれているものに真っ向から向き合っていける人と、刻
>>続きを読む

泥棒役者(2017年製作の映画)

3.2

公開初日に鑑賞。

イメージしていたものとは少し違った。

足を洗った錠前破りの青年が、元相棒に脅迫されて、しぶしぶ一緒に空き巣に入る。

そこで、壁にぶち当たっている絵本作家の家主や、油絵セットの訪
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.0

近所に上映館がなく、DVDでの鑑賞を待ち望んでいた一品。

つまらない口論の後に(30分ほど経過後に)銃撃戦が始まり撃ちまくるが、中途半端(仏映画の「スズメバチ」ぐらいあればなぁ)。

さらに悲しいか
>>続きを読む

リヴォルト(2017年製作の映画)

2.7

定番のエイリアン侵略もの。以前 観たロシアのB級SF「ダーケスト アワー 消滅」のように人間が一瞬にして粉塵と化す冒頭部分から始まり、テンポ良く進行するのかと思いきや、そこはやはりB級。

荒涼とした
>>続きを読む

ラプチャー 破裂(2016年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

最初、タイトルのラプチャーを、rapture(有頂天)と思っていて、変な実験をされて、頭がぶっ飛んでしまうのかと思っていたが、よく見たらruptureでサブタイトルの通り破裂だった。(あ〜、勘違い!)>>続きを読む

ボンジュール、アン(2016年製作の映画)

3.7

大分のミニシアター巡りで、シネマ5で観ました。
原題は”Heaven Can Wait”で、「目的地のパリは待ってくれるから、のんびりと行こう」の意でしょうか。
率直に言って、ダイアン・レインさん
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.9

いや〜 痛い映画でした。これまでの前作(7作品?)を全て観ているわけではないのですが、それでも楽しめました。
冒頭の掴みもバッチリで、そのままスクリーンに釘づけでした。
尺も90分と短かったのも良
>>続きを読む

武曲 MUKOKU(2017年製作の映画)

3.9

綾野剛と村上虹郎の魂のぶつかり合いに、見るだけでも体力を奪われた。本当に気合の入った殺陣に圧倒されます。虹郎くんの喉の突きのアザは本当についたものではないかと思いました。綾野剛の荒れっぷりも良かった。>>続きを読む

スマーフ スマーフェットと秘密の大冒険(2017年製作の映画)

3.0

ユナイテッドシネマの限定上映で、家族と鑑賞。大人でも普通に観れるレベルで良かった。DVDでもレンタルして、家族は見ている。スマーフェットが優香さんに似ているなと思った。

心が叫びたがってるんだ。(2017年製作の映画)

3.6

予備知識なしで観ました。鑑賞後にアニメ版のDVDがあることを知り、気に入ったので、そちらの方も視聴しました。トラウマのため言葉を発せなくなった主人公を中心に青春ドラマが進行します。地域交流会のミュージ>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ(2017年製作の映画)

3.5

年中行事の一つで家族と鑑賞。前回は大人ネタが目立ちましたが、今回はしんちゃんとシリリのピュアな交流がメインで安心して観れました。宮迫さんの出演も良かったですよ。野原ひろし役の藤原さんの復帰を切に望んで>>続きを読む

オペレーション・メコン(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

なかなかのアクション映画だった。劇場公開も限定的で残念だ。田舎は文化の恩恵を受けるチャンスが少ないな〜と恨めしく思ってしまった。ゴールデン・トライアングルでの救出作戦の展開に端を発し、拷問、銃撃戦、カ>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.7

全編を通して ガル・ガドットの魅力が炸裂です(リンダカーター版も良かったが)。32歳で 2人の子持ちには見えない。さすが、ミス イスラエル! 前回登場のバットマンvsスーパーマン の時のアクションを十>>続きを読む

キセキの葉書(2017年製作の映画)

3.9

海外で賞を頂いた作品だそうで、鈴木さんの演技を観させていただき納得しました。本当に良い女優さんになられましたね。素敵でした。扱っているテーマは凄く重いのですが、おそらく関西弁のイントネーションがそうと>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

いや〜 ホンマ久々にドロドロというよりコテコテの愛憎劇を見せつけられました。みなさん本当に凄いキャラでした。阿部サダヲさん上手いなあ。蒼井さんも体当たりの演技で圧巻。竹野内豊さんと松坂桃李くんも いい>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーが進むにつれて、「トゥルーマン・ショウ」(ジム・キャリー主演)のSNS版かなと思いました。しかし、監視カメラのおかげで水難を免れた主人公が、次第にNo Privacyの管理下へと向かう展開は>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.4

原作未読です。時系列が入り乱れ、それぞれの登場人物の関係が少しずつ絡んでいたので、ボーっとして観たら、ストーリーについていけないと思います。頭がスッキリとしている時にご鑑賞ください。シンガーソングライ>>続きを読む

パーフェクト・レボリューション(2017年製作の映画)

3.7

四肢障害を抱えた主人公(リリー・フランキー)と人格障害の女性(清野菜名)の物語です。リリーさんの作品は、ほとんど観るようにしていますが、毎回さまざまな演技をされて素晴らしい役者さんです。日本を代表する>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

3.5

原題は、”Overdrive”で、「暴走すること」を意味するのだろうけど、邦題は「緊急発進」を意味する「スクランブル」で少し違和感を感じました。これは、原題通りに「オーバードライブ」でも良かったのでは>>続きを読む

チェイサー(2017年製作の映画)

3.4

ハル・ベリーが息子を誘拐されて、誘拐犯をとことん追い詰める。女版リーアム・ニーソンの誘拐の掟か72時間。ストーリーに目新しいところは、特にないのですが、ハルベリーが周りにお構いなく、気迫のこもった形相>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.5

「バードマン」、「スポットライト」で最近大活躍のマイケル・キートンがマクドナルドの屋号をじわじわと乗っ取っていくセールスマンを演じる。今や世界中にフランチャイズしているマクドナルドの創世の裏にはこんな>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

3.5

ある筋によると、劇場公開を見送りDVDのみの配給になりそうな作品だったそうで、ギリギリに公開してくれたコロナシネマワールドに感謝しています。ありがとう。物語は、メキシコを訪れた姉妹が、現地のモグリの潜>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

最近流行りの実話に基づく作品とのこと。民間の天才パイロットがCIAにスカウトされたところから、転落の人生が始まります。もともと イタズラ操縦をするようなチャラけた感じのパイロットだったようなので、その>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.7

まさしく全員暴走でした。皆がそれぞれの悪党ぶりを出し切っていて、ある意味で清々しいくらいでした。韓国の国際組織を巻き込んで、花菱会の跡目争いが激化していく様相はリアルでした。思わず「アッ!」と目をそら>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.0

原作未読。予備知識はほとんど無し。バンパイヤものかな?くらいの気持ちで観る。序盤の蒼井優さん演じるグールに鷲掴みにされました。背中から何やら蛇のようなものがにゅるにゅるというのが強烈でした(もう少しC>>続きを読む

ザ・グレイ 凍える太陽(2012年製作の映画)

3.2

以前、同じテーマで航空機が雪山に墜落する「生きてこそ」(原題 Alive)というのがありましたが、本作品は それにリーアム・ニーソンという不死身の男(?)がプラスされた感じです。石油採掘馬で働く屈強な>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

2.9

アカデミー賞を総なめにした作品ですが、人によって評価が大きく分かれる作品だと思います。残念ながら、私には合いませんでした。冒頭のハイウェイのシーンが全てでした。もちろん主役の二人の演技や美術は素晴らし>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.8

原作未読です。吉高由里子さんの作品を初めて劇場で観ました。死に取り憑かれた女性を不気味なほど冷酷に演じていて、背筋が寒くなりそうでした。自分の過失で人を殺したトラウマを背負って生きる青年(松山ケンイチ>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.0

前作までの全てを見ていないので(正直どれを観たのかを思い出せない)、展開についていけなかった。この手のメカものは、基本的に私の中では、往年のアニメ「ゲッター・ロボ」や「コンバトラーV」(若い人たち 分>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.9

ポール・バーホーベン恐るべし!いかにもフランスらしく、性に対しておおらかな国民性がハッキリと分かる作品でした。いきなりレイプシーンで始まり、犯人を割り出して行く過程で、次第にあぶり出されて行く周囲の人>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.5

原作未読です。佐藤健さんというより綾野剛さんの映画ですね。「新宿スワン」や「武曲」の気迫そのままで役作りされていました。やはりプロフェッショナルですね。両者のアクションもなかなかのものだったと思います>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

タイトルを見て 最初「スイスの軍人」と思ったのですが(笑)、スイス アーミー ナイフ(万能ナイフ)のもじりで、「万能な男(ここでは死体だが)」の意味だったんですね。まさしく タイトルの通りに、ラドクリ>>続きを読む

>|