ILCさんの映画レビュー・感想・評価

ILC

ILC

映画(3620)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ビューティフル・ダイ(2010年製作の映画)

4.3

ほぼ全編揺れてるしピンボケもあるけど明らかに精神状態を表してるからそんな気になんなかったし酔わなかった。寧ろ世界観に没頭できた。

2つの頭脳を持つ男(1983年製作の映画)

-

「愛しのローズマリー」に近いものを感じた。あんまぶっ飛んでなかったから残念。

刑事マルティン・ベック(1976年製作の映画)

1.5

想像してたのと全然違った。出だしは良かったのにその後ありえないくらい停滞する。最終的にガキのウンコしか印象に残らない。

緋ぢりめん博徒(1972年製作の映画)

-

ちゃんと石井輝男感が出てる。監督、石井輝男だから当たり前だけど。ただ主演の人は全く印象に残らなかった。

亡霊怪猫屋敷(1958年製作の映画)

3.8

スタイリッシュでどこかグラインドハウス的なものを感じさせる現代パートは超クールだった。

東海道四谷怪談(1959年製作の映画)

3.0

出方が良い。天井に張り付いてんのとか。普通にビビった。

地獄(1960年製作の映画)

4.5

後半の地獄の部分は勿論観ていて上がるんだけど、それよりも途中の線路の場面がたまらなく好き。

ウォッチメン(2009年製作の映画)

-

コスプレ感が他のアメコミより強く感じた。話のデカさと見た目が不釣り合いに感じて全く世界観に入り込めず。
原作が凄いみたいだけど、原作読んでみようとはならなかった。

スケルトン・キー(2005年製作の映画)

4.0

ホラー要素はあったがエンタメの方が強い。これが自分の事だったらと考えたら…いや考えたくない。

デモンズ4(1991年製作の映画)

4.5

ウサギが良い味出してる。雰囲気もたまらん。これも幻想色が強いから好きだ。

デモンズ3(1989年製作の映画)

4.8

デモンズ関係ない。
幻覚シーン多々あり。オカルト要素満載。
あのラストの回転する物体の造形は惚れ惚れする。

センチュリアン(1972年製作の映画)

4.5

素晴らしいよ。やるせない日々を淡々と描いてる。

リベンジャーズ・トラジディ(2002年製作の映画)

3.8

おもろい。戯曲の事は知らないけど楽しめた。全体的に風変わりしてるから第四の壁も特に気にならなかった。

ポランスキーの パイレーツ(1986年製作の映画)

3.6

ネズミ(死んでる)を真っ二つにして食うシーンがグロすぎて無理。あの刻み込みは「ヘルレイザー」を思い出した。
それ以外はまあまあなんだけど結構物語の世界が狭く感じる。

続シンジケート(1973年製作の映画)

-

話よりも殺し方の方が印象に残る。特にピザ窯に突っ込むのは斬新だった。

クリープショー(1982年製作の映画)

-

OPと2つ目の話は面白かった。ゴキブリに関しては視覚的に興味深かった。

ブラウンズ・レクイエム(1998年製作の映画)

2.0

ザ・90年代のルックスは最高なんだけどあまりにもグダグダしすぎて苦行だった。
酔いどれ探偵なら「誘拐の掟」の方が良い。あれくらいのハラハラした緊張感が欲しいよ。

セブン・ビューティーズ(1976年製作の映画)

4.0

糞尿ダイブ。生きるために何でもするってタイプの映画他にも観てるはずなんだが今のところ「ブラックブック」しか思い出せない。しかも両者はナチスとサバイバルと糞尿が共通項。というか冷静に考えてみたらかなり似>>続きを読む

>|