唯さんの映画レビュー・感想・評価

唯

☆〜(ゝ。∂)

映画(105)
ドラマ(0)

その夜の侍(2012年製作の映画)

2.7

映像自体の暗さとシュールさが不気味に感じた。堺雅人の狂った感じ、あんなボソボソ喋る役あまり見ないから余計に出ていた。気持ち悪かった(褒めています)。
でもどこかストーリー自体に薄っぺらさを感じてしまい
>>続きを読む

うさぎドロップ(2011年製作の映画)

2.8

血が繋がってなくても家族は家族なんだなって。でも最後、お母さんがりんの写真見て涙しているの、ジーンときました。
でも演技がわざとらしかったし、香里奈と松山ケンイチの関係もなんか微妙でそこら辺はうーんて
>>続きを読む

あぜ道のダンディ(2010年製作の映画)

1.3

綾野剛目当てで観ました。

不器用な父親と、お年頃な長男長女。
みんな不器用でうまくコミュニケーションもとれず、でも心の中ではみんなちゃんと想い合っていたんだね

親友同士のやり取りがちょっとおもしろ
>>続きを読む

渋谷(2009年製作の映画)

1.4

内容が薄く感じた。
綾野剛目当てで観たけれど、それ以外に特に魅力はなかったかなあという印象

ヤッターマン(2008年製作の映画)

2.4

ヤッターマンて明るいイメージだったけど実写版はなんか大人って感じ(笑)
観た時小学生だったからかな!(笑)

TAJOMARU(2009年製作の映画)

1.3

綾野剛目的で観ました。

時代劇ファンタジーって感じ
小栗旬がいい人すぎた。
なんか展開がお決まりのパターンすぎてちょっと物足りない感じ、、、

でも人情がたくさん見られたのがなんか、いい気持ちになれ
>>続きを読む

名もなき塀の中の王(2013年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

特にこれといった大きな出来事が起こるわけではないけれど、最初の方の暴れまくりな主人公がカウンセラーに出逢い、一緒に治療する仲間に出逢い、徐々に人間らしさを得ていく、怒りの支配者になっていく。暴力でしか>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.8

観る前はあまり乗り気じゃなかったけど、そんな自分を張り倒したいくらいに素敵な映画でした。

メリル・ストリープの品といいアン・ハサウェイのかわいさといいサイモン・ベイカーのセクシーさといい、映画はもち
>>続きを読む

蛇にピアス(2008年製作の映画)

2.5

こんなすごい濡れ場は初めて観ました。(笑)

アマに出逢って恋して色んな変化があってでも失って、最後は多分シバも失う。ルイ、これからどうなっちゃうんだろうなあ

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.0

戦争映画だけど、殺すんじゃなくて救うお話。
とにかく臨場感がすごい。
3つの視点にわけて話が進んでいくので飽きないし、それが後からちゃんと繋がるのですっきりもする。
最後には色んな感動がつまっていまし
>>続きを読む

最愛の子(2014年製作の映画)

3.6

中国の児童誘拐事件という実話を元にした映画。
観る前に中国の出産の制度とかを知っておくとより理解しやすいと思います。

子供が誘拐されて3年、やっと見つけた時には、産みの親を忘れてしまっていた。こんな
>>続きを読む

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

2.8

隣の家の子やばいなあ、、ってめっちゃ思った記憶ある

奈緒子(2008年製作の映画)

2.9

三浦春馬と綾野剛の役の関係性が原作を読んでいない身なのでよくわからなかったし、上野樹里と三浦春馬の関係の気持ち的な変化とか微妙なかんじで多分原作では大事にされているであろう部分の良さが伝わらなかった。>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

5.0

戦争映画、その中でも太平洋戦争の時代を舞台とした映画は数多くあるが衛生兵を主人公とした映画はこれが初めてだったので気になって鑑賞した。

銃に決して触れないことで周りから臆病者だと罵られてきた主人公だ
>>続きを読む

ストーンウォール(2015年製作の映画)

4.3

この映画の元となった事件に関してはお恥ずかしい事に全く知識がないけれど、1つの映画としてとても感動した。

現在でもなくしきれていないLGBTの人々への偏見や差別が1960年代に存在しない訳がなくて。
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.5

ずっと気になってはいたけど、正直そんなに期待はしていませんでした。でもこれはほんとに面白い!役者が"演じている"という事を忘れてしまうくらい役とマッチしているし、テンポ良くトントン進んでいくから全く飽>>続きを読む

マン・ダウン 戦士の約束(2015年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

冒頭のシーンの雰囲気とあらかじめ読んでおいたあらすじに差がありすぎて最初から混乱した。時系列もバラバラで、わからなすぎてネタバレを読んでもまだ「あのシーンはどの時系列なんだ?」となるところが少々ある、>>続きを読む

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.7

中学時代の丑嶋たちを演じた役者さんの演技力に衝撃を受けた。回想シーンてはっきり言えば別人が演じてるからいつも違和感を感じててそれが普通になっているけれど、この映画では逆にフィットしすぎてて逆に意識して>>続きを読む

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

3.0

ウシジマくんシリーズでわたし的には一番つまらなかった。闇金の話というよりマネーゲームの方メインに感じたし、色々あっさりしていた。

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

side-Aでまゆの小悪魔感が怪しすぎて、最初から別に男がいるんじゃないかとは疑っていました。でもその男がまさか松田翔太のたっくんだったとは、、

松田翔太が主演として大々的に出されてるのも、狙ってる
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

5.0

1番最初のシーンから今まで観てきた映画とスケールが違いすぎて圧倒されたのと同時に一気に物語の世界に引き込まれました。
観る前は、気になっている映画の1つではあるけどその中でもそこまで興味はないポジショ
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

内容が薄いという印象。

白石は話し方的におどおどした、どちらかと言うとあんまり自分に自信がない感じの人なのかと思ってたのに石坂とホテル入ったりしてるし、なんで?と思う事が多かった。尾行対象Bをなぜ教
>>続きを読む

火垂るの墓(1988年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

小さい頃に金曜ロードショーで観たのが初めてでした。
当時のわたしは幼かったので戦争がこの世界に存在することもましてや太平洋戦争がかつてあったことも知らなかったので、焼夷弾の降ってるくる神戸の街やあんな
>>続きを読む

パンダ・コパンダ(1972年製作の映画)

2.3

想像の世界で起こるようなことが次々起きて、子供はこういうの大好きですよね。わたしも大好きでした!

新宿スワン(2015年製作の映画)

2.5

原作大好きでそれから映画に来たので、仕方ないとは思うけどストーリーとか設定みたいなのが少し違うのが物足りない感じがした。伊勢谷友介の真虎さんもビジュアルはすごく納得しているけど口調とか言葉遣いとかが真>>続きを読む

闇金ウシジマくん Part2(2014年製作の映画)

3.5

ウシジマくんは毎回キャストミスがないから、役としてじゃなくてちゃんとウシジマくんの世界の一人の人間として観ることができるからほんとに好き。
柳楽優弥の素で狂ってる感じも門脇麦の細かい表情の変化も中尾明
>>続きを読む

映画 闇金ウシジマくん(2012年製作の映画)

2.8

安定に闇の社会ぶっ飛びすぎてた。
お金は怖いってことだけじゃなくて人間としての心や考え方とかにおいて大切なことは何なのかも同時に教えてくれる。
この世界は100%自業自得で因果応報だと思った。

エロ
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.0

コリン・ファレルがかっこいい。
女の人達が何を考えて行動したのかは理解できるけど、伍長が何を考えてたのか最後までわからなかったからそこがもやもや。
女の人達も衣装も景色もきれい

あと、伍長に投げられ
>>続きを読む

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

3.0

ちっちゃい時から大好きな映画
ソフィの見た目が若い時も声が倍賞さんていうのがなんかずっとなれない感じだけど、

劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アニメ映画は土方ルートのお話なんだけど、唯一、ちー様と千鶴のキュンときたシーン(浜辺のとこだったかな?)があって、土方推しだけどやばかった、、
エンディングがアニメとは違くてこれもこれでありとわたしは
>>続きを読む

劇場版 薄桜鬼 第1章 京都乱舞(2013年製作の映画)

3.5

まずびっくりしたのが絵の綺麗さ。アニメゲームよりも遥かに綺麗でもうそこから感動(笑)
基本的にアニメの総集編みたいな感じだけど、改めて薄桜鬼っていいなあって思った

>|