agasaさんの映画レビュー・感想・評価

agasa

agasa

映画(1166)
ドラマ(8)

天才マックスの世界(1998年製作の映画)

5.0

ウェス・アンダーソンの初期作。勉強は出来ないけど課外活動には全力を注ぎまくるマックスの青春物語。これから死ぬまでに何度も観るだろうと思う。

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

5.0

妊婦のローズマリーが見る夢なんだか幻覚なんだか分からないシーンが怖すぎた。
先日観たダーレン・アロノフスキーの「マザー!」と話の構造がそっくりでした。
映画公開後に本作の監督・ロマン・ポランスキーの妻
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

5.0

中島哲也の映画って苦手だったけど今作は好き。
色んな映画(セブン、コクソン、ヘレディタリー/継承など)を想起させるシーンが頻発して面白かった。
あと、柴田理恵の怪演を観るだけでも一見の価値あり。

アドレナリン(2006年製作の映画)

3.0

ジェイソン・ステイサム主演の殺し屋バカ映画。
最高だけど朝っぱらから観るもんではなかった。

龍の忍者(1982年製作の映画)

5.0

真田広之の海外映画初出演の作品。
こんなバカな映画で海外デビューした真田広之はアクションの演技は勿論の事、シリアスな役や三枚目の役も出来る稀有な日本人俳優だと思う。というかもっと評価されるべきだと思う
>>続きを読む

修道女 濡れ縄ざんげ(1979年製作の映画)

5.0

最近ハマって観ている日活ロマンポルノの中の修道女モノ作品。
今なら完全にアウトな事も撮影当時はおおらかな時代だった事もあってかやりたい放題やっていて面白かった。
特に教会への献金を目当てに行われる聖☆
>>続きを読む

デスペラード(1995年製作の映画)

3.0

ガンアクション映画としては最高なんだけど、前作のエル・マリアッチ(未見)で描かれてるのか登場人物たちの背景が今作ではほとんど描かれておらず感情移入しづらかった。若かりし頃のブシェミにタランティーノ、ダ>>続きを読む

ブルーレイン大阪(1983年製作の映画)

3.0

小沼勝の日活ロマンポルノ作品。
あとで調べたらこの映画での共演がきっかけで主演女優の志水季里子(チーママ役)と主演男優の廣瀬昌助(写真家役)が結婚していてなんか笑ってしまった。

友は風の彼方に(1986年製作の映画)

5.0

タランティーノのレザボアドッグスの引用元。こっちの映画の方が断然面白い。仲間同士の裏切りからメキシカン・スタンドオフになるシーンは最高です。チョウ・ユンファが出ている映画を観るたびに劇団ひとりがチラつ>>続きを読む

ザザンボ(1992年製作の映画)

5.0

監督、製作、撮影、宣伝(電柱などに宣伝用ポスターを貼る)、全国の公民館などで上映し、監督自ら映写、本作に本名のまま出演していたりと、一人で何役もこなす渡辺文樹監督。
最初に知ったのはツイッターで、誰か
>>続きを読む

昼下りの決斗(1962年製作の映画)

5.0

サム・ペキンパーの劇場映画の初期作。主人公とヒロイン以外にまともなヤツが殆ど出てこないんだけど、ラストに主人公と昔の相棒との友情が再び芽生えるシーンにはグッときた。ただ、可哀想だなと思ったのはヒロイン>>続きを読む

クライングフリーセックス(2018年製作の映画)

3.0

Z級の短編映画。ハードボイルド駅弁アクション。ロケ地はグーグルアース。

サムライ(1967年製作の映画)

5.0

アラン・ドロンの色気を思う存分に味わった。

刑事ジョン・ブック/目撃者(1985年製作の映画)

5.0

劇中に登場するアーミッシュについてはドキュメンタリーを観た事があったので違和感なく観れた。
この映画の方が先なんだけど、主人公がハリソン・フォードでヒロインの役の名前がレイチェルなのは笑った。
あと、
>>続きを読む

ゴルゴ13 九竜の首(1977年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

千葉ちゃん版のゴルゴ13の実写版。千葉ちゃん主宰のジャパンアクションクラブから志穂美悦子が出演していたのでヒロイン役かと思いきや女刑事役で麻薬シンジケートの奴らに拳銃で撃たれたり、天井から張り付けにさ>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

5.0

キューブリックの遺作。胡蝶の夢。トム・クルーズのどすけべ奇譚。

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

5.0

この作品の監督の長編デビュー作を過去に観ていて、深夜のスーパーのアルバイト店員の男の子がひょんな事から時間を止められる能力が身に付いて好き放題やっちゃうんだけど、好きな女の子には何も出来ないみたいな童>>続きを読む

片腕ドラゴン(1972年製作の映画)

5.0

黄金期の少年ジャンプを読んでるかのような気分になれた。

華麗なる賭け(1968年製作の映画)

5.0

冒頭で流れる主題歌の「風のささやき」(あいみょんの曲じゃないやつ)を聴いて、最近もこの曲聴いたことあったなぁと思ったら、つい先日観たトム・アット・ザ・ファームの冒頭でも使われてて、たしかにどちらも悲し>>続きを読む

>|