mynuclearbabyさんの映画レビュー・感想・評価

mynuclearbaby

mynuclearbaby

映画(623)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス(2016年製作の映画)

3.8

昨日テレビで、中学生の歌姫がなんたらかんたらってのをやってて、デカイ声で音を外さずに歌うガキが上手い上手いと持ち上げられてた。隣の部屋できこえていたので、余計な画面がなく声だけが聞こえたので、どこが上>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.9

車、バイク、ヘリ、お腹いっぱいです。もうちょっと短い方がいいかも。
あと、ジュリアってこんなだったっけ?良さがわからん。それにひきかえレベッカファーガソンの美しさよ。
最後はなんとかなるし、おばちゃん
>>続きを読む

カプリコン・1(1977年製作の映画)

3.8

カプリコンって、ロケットの名前か。もっと嘘の火星のシーンがあるのかと思った。FBIのシーンが国家権力の怖さを1番表してたけど、最後は気持ちいい終わり方だね。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

5.0

「スタンドバイミー」の長〜いプロモーションビデオ。この曲はいろんな人が歌っていても、これ以上のものはない。
列車のシーン、パイ食い競争のシーン、ジャックバウアーのチンピラ、犬から逃げるシーン、いろいろ
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.2

あー、期待しすぎた。題材が日本。アニメ。豪華声優陣。いろいろ期待が大きくなり過ぎて、ウェスにしてはもひとつ、となってしまった。疲れ切った日にレイトショーで観たのもよくなかったので、もう一度体調を整えて>>続きを読む

ピーナッツ(2005年製作の映画)

3.6

終盤、予定通りのとこで泣けた。試合には負けたけど、一体どーなるんだろ、で終わってればもっとよかったかな。金かかるのかもしれないけど、後3人なんとかならんかったんか。

アンダルシア 女神の報復(2011年製作の映画)

3.3

仕方なく巻き込まれる、という大前提をもっと大事にしていれば、3作目もあったかも。金がかかってる割にはストーリーはもひとつ。

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.4

うーん、期待したほどではなかったし、漫画読んでみようと思わせるまではいかなかったかな。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.3

音楽がずーっと流れてて、話の途中でふとそっちに気がいくことが何度かあった。出てる人の役割がそれぞれハッキリしてて、なんにも新しいことは起きない。最初と最後のモノローグもいらないと思った。作品賞には当た>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

なんで105分?もう少し掘り下げて15分長くてもいいと思う。はみ出し者たちがひとまとめ過ぎじゃない?それから、ジェニーリンドの歌うネバーイナフ。鳥肌が立った。なのに、サビの歌詞がネバーはなんとなく違う>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.4

しんどい。犯人が二度と陽の光を見れないことをただただ願う。

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

3.9

ダサい。これはダサい。なるほど、ダサいって、カッコいーんだ!サントラ発注!

君の名は。(2016年製作の映画)

3.9

あー、こういう映画だったのか。思ってたのといい意味で違った。誰かを探し続けたい。
曲は全部同じに聴こえて、そこはもったいない。

理由(2004年製作の映画)

2.0

なんとかエンディングにたどり着いた。むかーし読んだ原作は、前半引き込まれたのに、後半覚えてない。この映画も、構造はおもしろいけど、中身が残念。

おいしい生活(2000年製作の映画)

3.5

銀行まで穴掘るのにクッキー屋を始めて、というのが大枠かと思ったら、そこは入り口でしかなかった。またクッキー屋をやれば大丈夫。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.0

原作、前作、ドラマ、日本版ドラマを経てのリメイク劇場版。オリジナルかリメイクかでいうと、オリジナルに軍配。どう作ってもこうなるのは分かるし、ポアロのビジュアルは今後もデビッドスーシェを超えられないので>>続きを読む

湘南爆走族(1987年製作の映画)

4.3

湘爆感はけっこう出てたと思う。時代が巡って、いつか高校生が紫のリーゼントなんてことになる、わけはない。津山さんが可憐。江口洋介は本名。

イップ・マン 最終章(2013年製作の映画)

3.7

いいじゃないですか。田舎娘のもの哀しい感じもいい。ほんとはもっと人間臭かったんだろーな。ドニーの方ももっと続けてほしい。

ペット(2016年製作の映画)

3.5

ワンワンとかニャーニャーとか、人間以外の動物の言葉が互いに通じるのはおかしい。なんてね。十分楽しめます。

SING/シング(2016年製作の映画)

3.9

子どもが何度も何度も観るので、断片を繋いでストーリーが分かりました。最終的にサントラを買いました。

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.5

コンパクトにまとまってよい。全体に上手くできてるけど、通り魔に刺される父とか、引きこもりの母とか、冤罪で自殺とか、ハッピーエンドでは全くない。一回観れば十分かな。

カンフー・ジャングル(2014年製作の映画)

3.5

今回もドニーの動きが綺麗。現代の香港で、コンテナターミナルであんなことしてたら面白すぎ。カンフーは殺人技、イップマンとは正反対の主張。陸奥圓明流みたいなもんか。奥さんのエピソードは不要。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.3

あー、やっぱりこんなもんか、という感想。あんなに止まってたらもっといろいろ対策できるだろう。無人在来線爆弾はよかった。そんなテロ起きそう。でも、いくらなんでもそんなにずっと口になんか入れられて、じっと>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

3.3

パルプフィクションが痺れたから期待しすぎた。ホワイトがオレンジを庇う理由がよくわからん。

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

3.0

全体的に舞台演劇の演出みたい。最初の精錬とか、朝日が昇るとことか。あの原作を2時間にしようとしたらそりゃこうなるので、そこは大目にみるとしても、ラストの完成度が高く、松雪泰子のんなにきれいだったっけと>>続きを読む

駅馬車(1939年製作の映画)

3.1

アパッチの襲撃は確かにすごいけど、正直古臭くていつまでも色褪せない、とはいかない。タイトルの駅馬車、どういう意味よ。

普通の人々(1980年製作の映画)

3.9

終わり方が、あっさり。そのあっさり度がいい。よかった。

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

3.7

ちょっとずつでも貯金してたら、普通の人にもこれぐらいのことはできそう。後は最後にコーヒー豆で笑える相方がいたら、いいな。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.7

あー、どんなリメイクも、結局オリジナルにはかなわんのか。子供のころ観たオリジナルは複雑過ぎて一回で飲み込めなかったけど、大人になって観てもおもしろかった。これは、先がわかってるとちょっと長いなーと感じ>>続きを読む

バッファロー’66(1998年製作の映画)

3.0

全員イカレテル。ハッピーエンドだと思ってる人、この後ほんとに幸せになれると思う?

>|