ミルコさんの映画レビュー・感想・評価

ミルコ

ミルコ

映画(788)
ドラマ(0)

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.5

緩い進行ながら、ゾンビは元街の知人、生きていた時好きだったものに執着するところが哀しい。

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

3.7

ITのデルトロ版?友情物語。時代設定が昔なのでレトロな雰囲気。

スキャンダル(2019年製作の映画)

4.1

カズヒロさんの技術が素晴らしい。
ドキュメンタリータッチで、真実を暴いていく作品、今後の社会が変わっていくことを願って。

ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像(2018年製作の映画)

4.0

フィンランドの街中の寂れた画廊の様子や、郊外の暮らしの雰囲気が良く出ていた。年老いて引退間近の美術商とその孫の心の交流が微笑ましい。そしてその生涯をかけた仕事は決してまやかしでは無かった。ラストは監督>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー ダイナミック完全版(2018年製作の映画)

4.5

戦車の戦闘シーンの迫力に、戦車愛が止まらない。戦争の悲惨さなどと言うより、ただ生きるために、相手に勝つために戦略を立てて戦うのみというところがスッキリしてる。湖で泳いだりドイツの街でリッタージョッキで>>続きを読む

修道士は沈黙する(2016年製作の映画)

4.0

トニ・セルヴィッロの素晴らしい演技。
犬と同じようにPadreについて行きたくなった。

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.6

「彼らは生きていた」で戦争の背景を知っていただけに、余計にこの映画の撮影の素晴らしさや映像の美しさに目を奪われる。
見ていくと自分が戦争に行ったり、その家族になったりの気持ちになるのが凄い。今すぐにで
>>続きを読む

ハスラーズ(2019年製作の映画)

3.8

コンスタンス・ウーが芯の強い女性を演じて好感度高い。ラストは哀しさが溢れる。あの建築家の男性はまっとうに稼いでいそうだし正直で好き。楽しかったんだろうな。男性が女性を見る目と、女性が男性を値踏みする観>>続きを読む

バグジー(1991年製作の映画)

3.2

昔のステレオタイプのギャング、男性像。至近距離から撃ちすぎるのはやはり昔の映画だからか。

アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場(2017年製作の映画)

4.2

戦車が動き火薬をたくさん使いながらも絵は残酷でなく、人の気持ちに寄り添う秀逸な戦争映画。Kareliaについての知識も深まる。人口の少ないフィンランドがどのように戦ったのかがよく見て取れた。

ミス・アメリカーナ(2020年製作の映画)

5.0

ただ人から称賛されたいと願って歌ったティーンエイジャーから、政治的発言をする自立した大人へ。等身大のテイラー・スウィフト。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.9

アリ・アスター監督云く、カップルにオススメの作品とな。

レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い(1994年製作の映画)

4.1

第一次世界大戦関連の映画を最近良く観るけれど、ここでも兄弟がアメリカから戦争に参加する場面があり、知識がつながった。

>|