n03t22さんの映画レビュー・感想・評価

n03t22

n03t22

映画(519)
ドラマ(0)

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

見終わった後も後を引く是枝日本映画作品一旦の集大成感。
感動させるのでも何か否定するでも定義を押し付けるようなものでもなくて、観る人にいろんなことを考えさせる、静かに丁寧に訴えてくる、観客が観て考えて
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.4

エリオ少年の色気がえぐい。イタリアであんな風に避暑生活したい。ロケーションが抜群。音楽も良かった。日本の軽井沢辺りがどう頑張っても撮れないから海外の映画はずるい。
人の感情の話で、最後お父さんがすごく
>>続きを読む

海月姫(2014年製作の映画)

2.8

菅田ちゃん頑張った。能年玲奈の喋り方と言うか口の動きが愛おしかった。

きみはいい子(2014年製作の映画)

3.8

子供ができたらひかるくんママみたいに育てたい。池脇千鶴好きだ〜。人との接し方って大切。子供を育てる責任があるのは教師だけでも親だけでもないということですな。

青い春(2001年製作の映画)

4.5

松田龍平がカッコいい。そして良い。音楽とスローモーションの冒頭のシーンに痺れた!高岡蒼佑の睨みもまた最高。何度でも観たくなる映画かもしれない!!

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.5

フィンランドで撮影ってどのくらいお金かかったんだろうという素朴な疑問が離れなかったけど、フィンランドまで行って、しっかりその空気感が伝わってくる映画。ロケーション、衣装、美術小物が贅沢レベル。エンドロ>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.0

怒涛の会話シーンと音楽だけのシーンとのバランスが良いのか、全体的に重いストーリーでも観終わってから疲れない。でも人間の内面性がまざまざと、描きすぎなんじゃないかってくらいに激しくぶつかり合ってました。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.2

アーウィンと、日本人にはないジョークの掛け合いが良かった。その時はなぜか気づかないけど学生時代って総じていつでも青春。

蛇イチゴ(2003年製作の映画)

4.2

明日もしっかり生きてこうって思えた。映画の一つ一つがすごく丁寧に作られてて、最後終わった時にしっかり胸打たれる。良いものを観たなあという感じが残る。宮迫が家族の中の"お兄ちゃん"になった時よかったなあ>>続きを読む

許されざる者(2013年製作の映画)

3.4

柄本明ってすげえって思った。役じゃなくて柄本明だった。

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

娘がいたのに女の子を誘拐して殺すまでに至った神経が理解できなすぎて。映像化するには難しすぎる結末。

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

3.3

想像してたより面白いと思ったけど専門用語がやはり難しい〜

羅生門(1950年製作の映画)

3.6

はじめての黒澤映画。なるほど、という感じ。難しい。

男子高校生の日常(2013年製作の映画)

2.5

主要メンバーたちの男子高校生らしいわちゃわちゃが可愛い。

悪人(2010年製作の映画)

3.8

とりあえずどうでもいいけど妻夫木聡が途中から成田凌に見えてきた。若い。根っから優しさのある人間だから出来たであろう役。悪人であるのに感情移入させる。

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

3.5

世界には知られてないけど大きな問題が山ほどあって、短い命の中であったり、いろんなものと闘いながらもそれを伝えていこうと頑張ってる人たちがいる。この映画から感じる力がなんかすごく尊いもののような気がした>>続きを読む

私たちのハァハァ(2015年製作の映画)

3.6

クリープ好きだから観た結果池松とれいかちゃんに悶えさせられた。セリフが青すぎて恥ずかしくなるところありの、全体通すとストーリーは松居作品で個人的には一番面白いと思ったかもな。まとまってるし、時系列も今>>続きを読む

ニワトリ★スター(2018年製作の映画)

3.8

成田凌の演技に驚いた。ただのモデル上がりのイメージが覆された感。漫画家だからを思わせるショットとかカットの割り方が新鮮だった。かなた監督の想像したものをそのまま描いたようなアニメーションとか描写は時々>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.0

オドレイ・トトゥさすが母親役やっても味がある。フランス版スタンドバイミー。夏休み、勢いで好きな子に会いに行っちゃうなんて青春しかない。最後ダニエルの成長を感じさせる演出が好き。

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

4.1

ストーリーに抑揚はないけど、観終わった後に気づいたらある生に対する充足感。大したことない日常を見返させて、小さいけど人間が本来持ってるものを教えてくれて、ものすごくソフトに痛いところを指摘してくれる。>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

2.7

吉田羊がエロい。リリーフランキーの狂演がすごい。途中まではテンポが良いんだけど勿体なかった。メッセージを伝達しきれず終わってしまった感。

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

3.3

金曜ロードショーで改めてちゃんと鑑賞。やっぱり上の句の感動には勝てないし、かるた弾く時、「そんなに全部飛ばしたらどれだかわからなくなるやん…!」っていう疑問は全然拭えないけど、とりあえず結びも観に行く>>続きを読む

>|