toshikinagaiさんの映画レビュー・感想・評価

toshikinagai

toshikinagai

近所のTSUTAYAが潰れるらしい

映画(466)
ドラマ(0)

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます


いやー3で終わらせて良かったんじゃないのかー それかスピンオフ的な

恐らく好き嫌い別れる作品で
完全に嫌い派です。

もちろんウッディがアンディの呪縛って言い方はひどいかもだけど 解放され
使命な
>>続きを読む

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.1


前に3観た時は 2を観てから遥か時が経っていて

今回は 2観て すぐに3観たので
もう涙が止まりませんよ。

はじまり と 最後 これは3で終わって良かったんじゃないのか?

大丈夫ですか4 また
>>続きを読む

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)

4.0


ピースフルですわー

いやー観るまで 全く覚えてなかったんだけども 所々やっぱ覚えていて ディズニーの凄さを実感

今見ると色んな映画のオマージュも入ってたんだなーと

本当に子供も大人も楽しめるな

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.1


めちゃくちゃ面白い!

スターウォーズ e.t ジョーズ ハリーポッター パイレーツオブカリビアン ロードオブザリング などなど 曲が思い浮かぶ映画

映画音楽って凄いんですよっていう内容
音楽の大
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.1


観ようとしてたら いつの間にやら終わってしまっていた キャプテンマーベルをついに観ることができました。

とりあえずキャプテン マーベル綺麗
あの90sの服装堪らないっすわ
モデルみたいにスタイル良
>>続きを読む

暁に祈れ(2017年製作の映画)

3.6


まるで自分が刑務所にぶち込まれたかの様な臨場感

それもそのはずキャストには本物の受刑者や タイ語に字幕がかからず ビリーと同じなんて言ってるのか、わからない環境下に

あの刑務所に3年入るなら死を
>>続きを読む

禁じられた遊び(1952年製作の映画)

3.5


誰しも聞いたとがある映画のタイトルであろう作品。

感動も別にしないしなー

たくさんの十字架が飾られたシーンは印象深い程度。

まぁだだ 戦争の最中 生き物を殺しまくるチビ2人がなぜか素敵に見える
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます


んー本当にマーベルシリーズはスコアがつけづらい…

3.7〜3.8くらいかな 内容とかに関しては
けど追加点が多々ありまして4で。w
トムホランドが出てる時点で高いわな


エンドゲーム後という事も
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.7


実話ベースの事件作品で そもそも事件えげつないのだけれども

やーやーやー

他のところに癖がたんまりあるので
そこが面白いというか 事件よりも注目してました。

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.9


んー… 監督違うとここまで雰囲気変わるかーw

どちらかというと ソルジャーズデイのが
一般受けは良さそうだな というか男ウケ
特に難しい事なく 進んでいくし

ドゥニ監督のボーダーラインの方が個人
>>続きを読む

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

3.9


A24有能ですわ。自分の好みな作品が多い理由として映画のオチがあやふやな作品が多い点なのだけども、評価見る限り 人気ないなーって思って気持ちはわかるけど なんかなー、なんにしろ金儲けっていうのは大切
>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.7


80.90年代の雰囲気がプンプンと
たまりませんわ。

今観ても面白いんだけど できることなら
小学生の時に観ておきたかった

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.0


良作ホラーと大絶賛といきたいところですがー 細かく言うと、
監督が影響を受けた作品を ほぼ観ていたので んー…て感じw

現代版ローズマリーの赤ちゃん ってなっちゃうかなー

まぁもちろん ヘレ
>>続きを読む

ハイネケン誘拐の代償(2014年製作の映画)

3.7


事件としてのスリル感 緊迫するシーンは
少ないにしろ

タイトルにもある誘惑の代償がポイントになってると感じて

お金と幸せは=ではないし
ハイネケン氏の裕福とは2通りあって
莫大な富を手に入れるか
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.1


久しぶりにこんな泣きました

んーここまで美しい出会い方といい
終わり方

すごいよかった

走馬灯で回想するという斬新さw
まぁだんだんと心開いて 自らが語りだすというところまで良き。

んーTH
>>続きを読む

FRANK ーフランクー(2014年製作の映画)

3.8


フランクのカリスマ性が凄く面白い
バンド系の映画は何本が見てるけど
特に異彩を放っていました。

劇中の音楽もいかしているし
アルバム作りの様子も面白い

最初はダメだけど 売れてハッピーエンド
>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.9


フィリップ k ディック のSFは本当にハズレなしだなーと

どうせこうなるなー… やっぱりなー
からの違うんかいっていうw
読めそうで読めない展開が多い気がします

この時のコリンファレルかっこよ
>>続きを読む

ミシシッピー・バーニング(1988年製作の映画)

3.9



観た後に色々調べる事が多い映画って本当に勉強になるというか

教科書にすら載ってない様な
載っていたとしても数ページで終わってしまう事がある歴史というか 知っておくべき事が映画ではよくモチーフとし
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.7


キャストがレアル・マドリード
演技合戦に注目!な意見が多かったけど
そういう演技合戦ね。

内容がとにかく難しい…
解説を見ても いまいちしっくりこない
詳しい解説してくれる人は3回くらい観てるとの
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.1


ガイリッチー のディズニー愛?アラジン愛を感じた

多分真面目な人なんだろうな
オリジナルで変えるところは原作のイメージを壊さずに良く変えているし、アニメを再現してるところも多く きっと誰もが納得い
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.3


観よう観ようで観てなかったのを観て
ここまで良かったのは初

完成形なんじゃないかと とにかくめちゃくちゃ良かった

内容を覆すわけじゃない伏線があるから
観てて あーあのシーンはみたいなと多いから
>>続きを読む

ラースと、その彼女(2007年製作の映画)

3.8


ビアンカの現れたきっかけとなったであろう あの6週間

出産に対して物凄い恐怖感を抱いていたし
だんだん大きくなるカリンのお腹に対してのビアンカなのか

マーゴも6週間で何かあった感あるしな
急に
>>続きを読む

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)

3.7

実話映画の見せ方の成功例だと思う


完全なオチとは言えないもの
多少なり結末が見えてる中スタートしたのですが

まさかの展開に、予想通りとはいかないからこその 予め結末スタートだったのかと

生き残
>>続きを読む

サブマリン(2010年製作の映画)

3.6


ベンスティラーが制作指揮を取ったとのことで鑑賞

別にこれといって

この暗ーくて 音楽が心地良いのは好き

あのはちゃめちゃなデートシーンは素敵でした

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

3.6


途中から勝手に期待していたストーリーと違う方向になって驚いた

ピュアな行動を反するってわけじゃ無いけど 成功には コネであったり 誰かを踏み台が必要なのかもしれない

それに対して主人公ジョシュは
>>続きを読む

ギミー・デンジャー(2016年製作の映画)

3.9


ジム・ジャームッシュは好きであるが
the stoogesはおろか イギーポップには何の関心もない状態で観たのですが

元々ロックバンドが好き というのがあったからなのか あっさりハマってしまった
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.0


善悪と妥協がよく描かれている映画

復讐には復讐


どっちが悪いことしてるのか分からなくなるわな それに翻弄されるケイトを演じる
エミリーブラント えぐいて。
演技素晴らしすぎた 演じる役的に化粧
>>続きを読む

Mr.タスク(2014年製作の映画)

3.4


つまらない映画は観終われないと思うので
面白い映画なのだとは思う。

出オチやね セイウチと化したウォルスが出た時は正直衝撃は凄かったし

セイウチ対決は見所満載

ジョニデの娘かわいい

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

4.1



この内容はモノクロは正解

最後の方でカラーなるのかな?ってくらい一気に変わった。ドランのマミーの画面広がる的なね 表情が変わったので
あーここかーってなった。
観たらわかるんけど説明難しい

>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.4


キャプテンマーベルを鑑賞していないこともあり 100パーセントの楽しみ方ができなかったのが残念。

しかしまぁ最後のサノス戦の圧倒的なかっこよさにはくらっちゃうよ3000回愛してる

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.8


ヒッチコック & デヴィッドリンチ
的なキャッチフレーズがあったらしく
まぁモノは言いようだなーとw

女子は壊滅的に嫌いな映画だなと勝手に
個人的に好きな作品でした。
暗号解読していく感じはロマ
>>続きを読む

デッドマン(1995年製作の映画)

3.6


ん?どういうこと となる事間違いなしの映画なのだけれども ジョニデ好きにはもってこいNo.1映画でした。

ビッグ・リボウスキ(1998年製作の映画)

3.8


古き良きコメディって言葉を
この年代の映画に使うのはよろしくない気はするけれども そんな感じの映画でした

ポパイかなんかでお気に入りの1本で
選ばれてた作品っていうので観たんだけど

コーエン兄弟
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

4.0


すげー不思議な感覚におちいる
当たり前じゃない事が当たり前で話が進んでいく感じ

45日以内にパートナー探さないと
動物に変身させられる

こんなテーマですが 面白いのは面白い

ラストは描かれ
>>続きを読む

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分(2013年製作の映画)

3.6


一貫として車内で通話する男の話

最後のは 引き返そうとしてたけど
やはり戻らない選択? なのか
よくわからない

まぁそこはどうでも良いんだろうな

死んだ?いなくなった? 親父を出現させることで
>>続きを読む

>|