りょうすけさんの映画レビュー・感想・評価

りょうすけ

りょうすけ

洋画より邦画派です。いや、ほんまに。人生半分損してるとか言わんとって。

映画(156)
ドラマ(5)

ニワトリ★スター(2018年製作の映画)

2.5

ヤクザとドラッグ、sexを一まとめにした感、満載。最後に逆転劇と感動を持ってきたら良しとでも思ってるんやろか。

成田凌のキャラが、別作品の蛇とピアスに出てた高良健吾と被ってる。それに出演してたのがア
>>続きを読む

エヴェレスト 神々の山嶺(2016年製作の映画)

2.9

内容は二の次として、撮影に携わったスタッフ、キャストの方々、標高5200mでの撮影お疲れさまでした。岡田准一阿部寛やからこそ撮影することができた作品でもあると思てます。

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.7

姉におもしろいから見てやと言われて2年が経ち、ようやく見てんけど。

いや、ほんまにおもろいやん。
こんな場所で過ごす青春、全然ありやおもいます。

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.0

ある意味問題作やけど、でも、何故か引き付けられて見てしまう。
殴ってる音がすっごいリアルで、ほんまに当たってるんちゃうかな。

菅田将暉のイメージが、某闇金金融系の映画に出演したときと同様、強い人に媚
>>続きを読む

脳男(2013年製作の映画)

3.5

いきなりグロい。でも好き。

生田斗真を初め、二階堂ふみ、太田莉菜を一括りにサイコパスて言うていいんか分からへんけど、あんなちょっとぶっ飛んだ配役て、見ててすっごい引き付けられます。

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

3.5

岡田将生ハンパないって。佐々木希とか夏帆、エライザ、木村文乃とか散々振り回して傷つけて泣かすもん。

クローズEXPLODE(エクスプロ―ド)(2013年製作の映画)

1.8

東出は顔可愛すぎて、ヤンキー役には向いてへんっていうんがよく分かった。

バイバイマン(2016年製作の映画)

2.9

タイトルだけやと某国民的アニメの宿敵みたいに見えてしまうけど、内容は全くの別物。ちょっとした都市伝説的な話。
思てたよりスリリング。

ただちょっと思ったんが、恋人同士 + 男友達との同棲はないでしょ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.5

数あるゾンビ映画の中でもアクションも然る事ながら、人間ドラマを重視した作品ではなかろうか。

自分だけ助かろとした太っちょのおっちゃんの行動には終始イラ②で、まだ生きてたんかて思う場面も。妊婦の旦那さ
>>続きを読む

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.8

4月1日に嘘をつくならトコトンつかへんとあかんな。
松坂桃李のイメージを覆すほどのゲスっぷりと、高齢の夫婦がついた嘘が見所かと思います。

バクマン。(2015年製作の映画)

3.6

大根仁監督の作る映画て、何でこんなにも入り込めるんやろ。
あー…おもしろい。
佐藤健と神木隆之介の役もピッタリやったし、エンドロールが1番バクマンっぽさが出てたんちゃうかな。

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.6

VFXで見るべきだったと後悔。
佐藤健の亜人のときとはまた違ったアクションで、CGを駆使した空中戦の迫力がすごい。
木梨さんのダメ②な父親っぷりお見事です。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.4

原作は読んでへんし全く知らんのやけど。え、そうなんや?!とか、まじか?!みたいな展開で何度か驚かされた。あ、いい意味で。
松坂桃李は好きなんやけど、怒るシーンだけは力任せな感じがして何かちょっと…。
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.7

亜人は深夜アニメでちょろっと見た程度やったけど、実写のやつは思ってた以上におもしろい。
亜人ていろんなルールがあるんやなぁ。
男前な玉山鉄二がちょっとゲスい役で残念。佐藤健と綾野剛の肉体美が1番の見所
>>続きを読む

その夜の侍(2012年製作の映画)

3.3

山田孝之にここまで嫌悪感を抱いたのは初めて、ってくらい嫌な役。アウトロー的な役はほんまにハマる。田口トモロヲさん地味に好きになりました。轢き逃げって良くないよね。素直に自首しましょう。

子宮に沈める(2013年製作の映画)

3.9

これは家庭を持つ多くの人に見てほしい。
待機児童が増える中で、シングルマザーまたはシングルファザーに重くのし掛かる負担っていうんはほんまに計り知れへん。育児、家事、仕事、そして自分の存在意義を理解し、
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.4

自分は【ルーム】ていう洋画を見たっていうより子役の【ジャック】を見ていたていう方が正しいかも。
7年間の監禁から脱出、救助されその後の生活と苦悩を描いた作品で、途中で胸がグッと締め付けられたり、とても
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.8

はぁ?何この終わりかた。
むーっちゃおもろいんやけどラストが全然スッキリしやへん。
ハラ②して、次どーなんの?次どーなんの?ていう連続と香川照之の演技に圧倒。西島さん男前。
ちなみに今住んでる家の両隣
>>続きを読む

さよなら歌舞伎町(2015年製作の映画)

3.3

最初はAVやんて思ったけど、ラブホを中心にいろんな人が複雑に絡み合う歌舞伎町のリアルを、赤裸々に描いた真面目な作品でした。
染谷の役の、あのモヤ②ってした感情にすっごい共感。たぶん自分もこーなるやろな
>>続きを読む

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2007年製作の映画)

3.7

母親て何て偉大な存在なんやろ…。思春期のときはぞんざいに扱って本当に申し訳ない。当時の自分に見せてやりたい。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.5

マンガを実写にしたやつの中では
おもしろいし、これは好き。
ただ、承太郎のキャストが伊勢谷さんはちょっと無理があるかと…。
あと、承太郎の立ち位置で帽子のバッジ(Jo)の位置も変わるんもどうかと思う。

森山中教習所(2015年製作の映画)

3.6

能天気な大学生×ヤクザの息子×バツイチ子持ちが描く、とある夏の教習所での思い出。こんなゆるくてアットホームな教習所あったら是非とも通いたい。

新宿スワンII(2016年製作の映画)

3.1

綾野剛の、こんなにもイキイキとした表情を見ることができたっていうんが見終わったあとの感想。
あと劇中で津軽海峡冬景色をアカペラで歌った子がほんま誰か気になる。

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.6

妻夫木が出てるんは聞いてたけど、どこに⁉ 見終わってからもう1回見直してようやく気づくという自分。

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

3.5

福士蒼汰の正体て絶対アレやん!て、開始数分で予測はできたけど、裏切られた。
何の目標もなくただ働いてるだけっていう人には、是非とも1度は見てもらいたい。仕事を辞めるにはそれ相応の勇気はいるかもしれませ
>>続きを読む

劇場版 お前はまだグンマを知らない(2017年製作の映画)

3.6

群馬県を言い意味でイジッてくれてるお陰で、群馬の良さがダイレクトに伝わって来ました。そして、間宮祥太郎の顔芸が目に焼き付いて離れません。

バイオハザードV リトリビューション(2012年製作の映画)

2.5

何作目からバイオハザードの世界観が崩壊したんやろ…。ツッコミどころ満載になってた。

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.9

これがノンフィクションなのは衝撃的。しかも警察がよく撮影に協力してくれたなと呆気にとられた。綾野剛が柔道っていうキャラではないのは明らかで、キャストミスやんと最初は思ったけど、段々と裏の警察として染ま>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.0

菅田演じる帝一と、野村周平演じる菊間のキャラの濃さといったらもう…。笑
こんな学校は絶対入学したくないけど
オープンキャンパスには行ってみたい。
拍手の短さがほんまネタ。

海底47m(2017年製作の映画)

3.5

シャークゲージダイビングなんて誰が考えたんやろ。おかげで海嫌いがます②加速。スキューバダイビングやってみたいっていう気持ちもキレイにぶっ飛び。

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.9

見てて、案外記者の仕事もおもしろそうやんて思いました。でも二階堂ふみのように簡単に勤まるワケないですよね。福山雅治のブラックな役はほんまにカッコよくて、一眼レフ買おうか検まじで討中。

ピクセル(2015年製作の映画)

2.5

とろサーモンの久保田か思ったらジュシュ・ギャットっていう俳優さんやった。

何者(2016年製作の映画)

3.4

自分は就活自体をしたことがなく、エントリーシートも書いたことない。コロッと就職できたから就活の大変さがよく理解できてへんのやけど。でも"何者"を通して見る就活は、自分には無理。何十万人いる中で勝ち抜く>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

3.5

いろんな車が破壊されてもったいない…。
トランスポーターのおっちゃん(ジェイソン・ステイサム)が出ててちょっと嬉しかった。