nさんの映画レビュー・感想・評価

n

n

映画(867)
ドラマ(0)
アニメ(0)

LAMB/ラム(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

静かに生活を送る羊飼い夫婦。
セリフも少なく、アダちゃんが生まれるまでは日常のASMR映像を見ているようでした。

このオチは反則だろうと思うのですが、言いたいことは分かります。人間ってエゴの塊なんだ
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.7

これはもしや、プラダを着た悪魔的な、お仕事頑張ろうムービーだったんじゃなかろうか…と思ってしまう予想外のエンディング笑。

とにかくギョロギョロ目が怖い!
事件&事故現場の映像をテレビ局に売るお仕事は
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.0

俳優陣が豪華過ぎて震える笑
満点の演技にストーリーそっちのけでニヤニヤする場面も多々あり。
登場0.1秒でゲイやんと思わせる妻夫木聡よ…。

もちろん話もよく出来ていて、ギリギリまで分からない犯人探し
>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.0

性にオープンな両親の手話がおもろい…笑

家族の通訳として自分を犠牲にしてきたルビー。
あなたがいないと困ると言って、頼りにしまくる親は少し毒親だなと思ったりもしたけれど、家族愛はしっかりとあって。
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

4.0

頑張って観て良かった〜!

おばけ的ホラー耐性ゼロなもんで、観ようかどうかかなり迷ったけど、「幻影」という言葉を使っていることや、パブのオーナーさんが語る霊についての話のおかげで怖さがだいぶ緩和されま
>>続きを読む

フェアウェル(2019年製作の映画)

3.5

ガン告知&余命宣告するかしないか問題。

ヘビーな内容かと思いきや、ただただ中国文化に圧倒される作品でした笑。
謎の声出し健康法。泣き屋なる職業。チープな結婚式などなど。

私は絶対した方がいいと思う
>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

3.0

朝斗君がうちの子より遥かに賢くて、リアリティーが無いなと感じたのは100%こちらの問題なわけですが。

ベビーバトンの地はそんな所で医療体制は大丈夫なのか、とか警察呼ばなくていいのか、とか思うところも
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

親の心子知らずムービー。

退屈な地元と口うるさい親からとにかく離れたい。
自由な所へ飛び立ちたい。

その気持ち、もちろん分かりますとも。私もかつては17歳でした。

しかし子持ちアラフォーとなった
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.7

死なない!歳も取らない!将来の不安も無い!天気も良い!

とにかく気軽に観れるタイムループラブコメディー。

永遠に繰り返される今日を受け入れ、楽しく過ごす様子は羨ましいな〜、と思ったりもするけど、や
>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.5

お金持ち主婦、憧れるー!

家族から蔑ろにされても、私は私で好きなことやればいーじゃん、と思ってしまうのですが、そうはいかなかったようで。

彼女の生い立ちと妊娠というイベントが繋がり、自分の人生この
>>続きを読む

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.5

映像が綺麗なのは言わずもがなだけど、役柄にどハマりしているキャスト陣&彼らの演技力でお話もとても楽しめました。

二階堂ふみの最初から醸し出す危ない人感とか何とも言えない。

太宰治が3人の女性を好き
>>続きを読む

先生、私の隣に座っていただけませんか?(2021年製作の映画)

3.5

ネタか現実かどっちか考えながら見るのが楽しい。
こんな、漫画みたいな話あるかいっ!ないんかいっ!あるんかいっ!以下エンドレス。

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.5

いつも思うけど原作読了の作品はレビューが難しい…!

「出会い」がテーマ。
え?何こ?
6こくらいの出会いが上手く繋がっている様はなんとも伊坂さんらしいし、ちゃんと分かりやすく映像化されてて良かった!
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

4.0

30分で1年分歳をとる設定なもんで、勝手にアセアセした気持ちで観てしまい、結果あっという間にエンディングを迎えました。
テンポ良くスピーディーにイベントが起こるのも、ご都合主義だけれど楽しい!

骨折
>>続きを読む

インターンシップ(2013年製作の映画)

3.5

レディーガガ様の名言に、「みんなはGoogleで働きたいって言ってたけど、私はそこで検索される人になりたかった」というものがありますが、確かに福利厚生が充実した魅力的な会社でした。
できる人は遊ぶ時も
>>続きを読む

0.5ミリ(2014年製作の映画)

3.0

静かなコメディー。

厚かましく各お家に泊めてもらうサワだけど、あれだけ丁寧な家事と丁寧な介護、そして丁寧に心に寄り添ってくれたら老人達も嬉しいでしょう。
最後はなんかちゃうけど。

各お家の寂れ具合
>>続きを読む

犬部!(2021年製作の映画)

3.0

救っても救ってもキリがない虚しさ。
自分も微力ながらやれることをやっていきたい。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.5

介護する側の「可哀想だからやってあげる」という意識と、される側の「申し訳ない」という意識が介護を益々辛いものにしているのだな、と気付かされた。

実際は大変なんだろうけど、鹿野さんの介護なら辛くなさそ
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

3.5

今更初鑑賞。
覚悟してましたがやっぱり辛いし怖い。
命があまりにも軽く奪われる数々のシーンからの、終盤のシンドラーさんの言葉がとても響きました。
見るべき一本(今更w)

アルゴ(2012年製作の映画)

3.7

生死をかけた搭乗手続き!

何回もパスポートを見せ、出入国シートなるものを書かされ、国際線の搭乗手続きは本来面倒なものですが、この緊迫感たるや…!一番の見所となっています。

映画のロケハンのフリをし
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

具体的に何をしているのかがぼやかされているからモヤモヤしちゃう。

今は発信する内容を選べる時代だけれど、そのうち全部晒されちゃう世界になってしまうかも?!というSNS社会に警鐘を鳴らした作品でした。
>>続きを読む

ロマンスドール(2019年製作の映画)

4.0

ご飯を作ってもらう立場の人に言いたい。
ご飯がいらなくなった時点でできるだけすぐに連絡してほしい!ASAP!切実に!

↑のような報連相問題や、少しずつ慣れや甘えが出てきてパートナーへの扱いが雑になる
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.0

McDonald'sという日本人にはなんとも発音しにくいネーミングと黄色いアーチは確かに魅力的かもしれない。

本人も言っておりましたが、レイさんはビジネスの才能があると言うよりも、野心と執念で成功を
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

3.5

前作、前々作と隙の無いカッコよさを見せつけられ、今回もそんな雰囲気かな?と予想して行きましたが、意外とラフな格好も多く、なぜかとても安心して見れました。
歯ブラシスタンドには驚きましたが。

ずっとレ
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.0

何を見させられたのだろう…笑

個への尊重が一切無い世界。
ここで生まれ育ったとしたら、何の疑いも持たずに受け入れることができるのだろうか?
外の世界を知った後も洗脳は解けないのだろうか?
そもそも生
>>続きを読む

めぐり逢わせのお弁当(2013年製作の映画)

4.0

舞台はインドだし、出演者もインド人だし、ストーリーもお弁当宅配サービスの誤配送という日本人には馴染みの無いサービスがから始まるのだけど…

めちゃめちゃ邦画っぽい!!!

上の階に住む声だけのおばさん
>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.5

好きなことに縛られて生きていくことは、喜びであり苦しみである。

音楽ど素人なので、正直ピアノの良し悪しについてはなんかすげぇ、ぐらいの感想しか持てないのですが、松坂桃李君演じる明石のピアノは「生活者
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.5

5次元ともなれば愛の力を科学的に証明することもできるのだ!

太陽系を超え、時空を超え、壮大な舞台と設定に圧倒され、このスケールのデカさがたまらなく気持ちいいのだけれど、重力が〜時空が〜と細かい所はよ
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

未知の言語を解読していく様がとても面白く、一ヶ月程度で操れるようになる頭の良さがカッコいい。
派手さはないけど言葉の重要性、コミュニケーションの大切さをしっかり教えてくれます。
最後はブルーバレンタイ
>>続きを読む

ワン チャンス(2013年製作の映画)

3.5

才能だけでは夢は掴めないのが現実。
チャンスを逃がさなかったのは奥さんのおかげだな〜

どん底人生から一発逆転!的なお話なのかと思ってたけど、ちゃんと仕事があって、素敵な奥さんと仲間もいて、オーディシ
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

気品あふれる天才ピアニストドンと、豪快なナイトクラブの用心棒トニーの、人種を超えた友情物語。

南部での、ごく自然で当たり前だと言わんばかりの黒人差別がやるせないのですが、差別はもちろん、孤独にも耐え
>>続きを読む

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.5

自分と家族の命を危険に晒しても「正しいこと」ができるだろうか、と考えさせられます。

収容所へ向かう列車のシーンが辛い。

タイトルはヤンとアントニーナが愛した命にしてあげて。

ノウイング(2009年製作の映画)

3.5

音楽のせいで「愛のむきだし」を思い出し複雑な気分です。

低評価多いけど、よくまとまった無駄の無いお話だと感じました。

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.5

オチが読めても、観終わった後も、あれはどうだったのだろうとモヤモヤ考えてしまって、、、伏線多すぎない?笑

ちょっと考察サイト巡ってくるわ!
んでもう一回見よう!

>|