ちくわさんの映画レビュー・感想・評価

ちくわ

ちくわ

  • List view
  • Grid view

マップ・トゥ・ザ・スターズ(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

面白い作品ではないけど、退屈せずに見れた。
いやいや、兄弟夫婦ってのが気持ち悪いねぇー。
アガサはその禁忌に囚われてしまった。
かわいそう。
その気持ち悪さが作品全体に漂っていて、それが私的には良かっ
>>続きを読む

ハイテンション(2003年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

変なお色気があったり、水道のように血がでてあー遊園地みたいなホラーかー、と思ったらコンビニあたりから、黄色!(目立つ!w)の車で友達助けに行っちゃう、まさにセシルカットのヒロインが美しくかっこいい!>>続きを読む

ある戦争(2015年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

戦渦、、仲間の負傷、軍法、隊の長、正義、家族、、、いろんなモノにがんじがらめに隊長にしたら悲劇としかいいようがない。

奥さんの言い分も痛いほど理解できるし、あの状況の隊長を思えば致し方なくも思ってし
>>続きを読む

監視者たち(2013年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

テレビドラマに毛が生えたような映画。
わちゃわちゃ、忙しく映像が切り替わるけどあまり中身はない。
お色気なしだし。
大衆向けの作品なのかな。

ただ、ヒロインの女優さん、めっちゃ可愛い❤️
ツルッとし
>>続きを読む

君と歩く世界(2012年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

主人公はあくまでも男なんだな。
君と歩く世界の君は、アリのことなんじゃないかな。
よくあるベタベタ、ナミダナミダの闘病ものではなく、妙になんだかリアリティのある、愛と再生の話。
フランス映画って感じだ
>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

あらあら、みんな可哀想!w
あの、おばさんが一番可哀想よね。
話の展開もスピード感があって普通に楽しめた。

大人はもちろん、子供も悪いことはやっぱり絶対してはいけません!w

ケビンベーコンは鼻の穴
>>続きを読む

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

クスッと笑える、退屈でも楽しいわけでもない映画。
キャリーマリガン、可愛すぎる。
また、あの口の悪さね。

なんかさ、丁寧に生きるって大事だなと改めて思わせてはくれましたw

そして、アイラブ❤️ネコ
>>続きを読む

ザ・ライト -エクソシストの真実-(2011年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

私はなかなか好きな世界だった。

悪魔であれ病気であれ、その相手の状況をどれだけ案じ、信用するか、
ということなのかな。
妊婦の子が死んじゃったのはルーカス神父、まだまだ信心深さが足りない、ということ
>>続きを読む

かごの中の瞳(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

んまあ、モヤモヤとした終わり方だな。
変化というのは時に喜びで、時に驚異だったりするよね。
お互い、こんなはずじゃなかった、という感じなんだろう。
目が見える見えないに関わらず、肝心なことを話さないか
>>続きを読む

ブッチャー・ボーイ(1998年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

エキセントリックなサイコパス少年の映画。
誰も悪く無いんだけどね。
親に愛に恵まれなかったね。
まあ、私のタイプではないやーw

けどこうゆう映画を子供で撮れる自由さが素晴らしい。

このビジュアルが
>>続きを読む

RUN/ラン(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

代理ミュンヒハウゼンの話かと思って見たら、それを題材にしたホラーだったのねw
でも話の核心に入るまでがスムーズでハラハラドキドキ、スピード感があり、ママと娘の頭脳戦のあたり、面白かった。

終盤になる
>>続きを読む

社会から虐げられた女たち(2021年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

この手の話は題材として多いし、こちらは内容も目新しいとこもなく、退屈だったなあ。
映像に時間をかけすぎて肝心な話がなかなか進まない上にラストの雑さ。

この時代の女性蔑視の酷さは精神病院に限った事じゃ
>>続きを読む

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

父親は自分に自信がなく臆病な人間で、だから常にがなってる。

父親を演じる事で、何がわだかまりみたいなものを多少なりとも消化できたんじゃないかとは思う。

けど、映画としてはちと退屈した。
父親との関
>>続きを読む

ある女優の不在(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

イランの田舎村に住む、女性。
この村では
女優になりたい=芸人になりたいバカ。
難関大学に受かる=運悪く合格。
なんだって。
これ、2018年の映画。

んで、これを声高らかに叫ぶ男どもは、包皮を憧れ
>>続きを読む

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(2012年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ジャケのライゴスの金髪が似合わなすぎてw全く期待してなかったんだけど、面白かった。
地味だし、暗いし、そこそこ長いけど、あまり気にならず。
暗い映画好き。

ジェイソンはちゃんと愛されて育ったのにね、
>>続きを読む

ブロークン 過去に囚われた男(2014年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

頑固偏屈ジジイの、ながーいながーい時間をかけての過去との決別の話。
ずっと頑固偏屈で生き続けたってもう誰も文句言わないだろうけど、それを変えたのは紛れもなくドーンの存在。
あれだけのガチガチを溶かしち
>>続きを読む

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

うーん、最初こそ素っ裸で、まさに変人ミニマリスト現るって感じて興味をそそられたけど、結局荷物元通りになってきてるし、フラれた勢いで結果少し断捨離しただけでは?
そして毎回駆り出される友達に同情。

>>続きを読む

カット/オフ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ジャケ写からは全く面白そうに感じないけどまあまあ楽しかった。
解剖させたボーイと解剖させられガールw
ちゃんとスリラーだしサスペンス。
ただ、なんかごっちゃごっちゃ詰め込んだな感はある。
最後はしつこ
>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

圧倒的に強いんじゃなく、そこそこやられちゃうのが味があるよね。
大人しいじじいなのに実は精力盛的な色気を見せてるのも、面白おかしいw
まあ、終盤はB級チックな漫画みたいな雰囲気にもなってきたけどw単な
>>続きを読む

ナインイレヴン 運命を分けた日(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

低予算な感じは否めないけど、9.11関連の話はやはり人の心を打つ。

チャーリーシーンの若づくりがちょっとキモい。
ウォール街ってセリフのためだけに選ばれた?w

サード・パーソン(2013年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

結末が気になるから、最後までは見られるんだけど、エピソード全てに共感が全くできないんで、最後まで見ても、
ふーん。
という感想のみという。
つまらない訳ではないんだけど、マイケルの創作という意味が分か
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

オシャレ系?w
まあ、それはいいとして。

ラブラブな時とそうじゃなくなった時の落差が激しくて、あまり恋愛経験のないトムには酷だよねー。
あんなに男性に想われたら女冥利につきるなw

まあ、ご縁がなか
>>続きを読む

フィルス(2013年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

これ、監督違ったらもう少し面白かったんじゃないかな。
スタイリッシュコメディにしたいのかシリアスにしたいのか。
まだ前半はトレスポみたいな雰囲気なんだけど、後半はただヤクやって飲んだくれて罪悪感から妄
>>続きを読む

FAKE(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

エンドロール流れだして消さないでよかった←すぐ消す癖ありw

最後の間、何よ!www
爆笑したんだがw
そこは、即答で、いや被せ気味に、
ありません!
じゃないのかよw

要は悪い人間ではなし、奥さん
>>続きを読む

ALONE アローン(2016年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

そもそもさー、いきなり仏心だして勝手に命令に無視するからじゃん。
そのせいで銃撃戦になって、迷って結局仲間は死ぬし、自業自得。
だから、ぜんぜん頑張れ!って思えないまま見たw


えーーーーー!
もし
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

つい最近の出来事なんねー。
絵に描いたような、権力者のセクハラ。
テレビ局にはエロ親父しかいないんだとしっかり印象付いたw
氷山の一角だろうね。

最後の最後に録音テープの決定的証拠出す、ってグレッチ
>>続きを読む

聖なる犯罪者(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

強い信仰心がある無しではなく、結局は人の心、なんだなと思わせる。
だって酒タバコドラッグ女、聖教者の全タブーやってても、新学校を出てる神父と前科者の神父、どちらが正しい考えを持っていたか、どちらが神に
>>続きを読む

28日後...(2002年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ダニーボイルは短髪、ガリガリ、半裸の男が好きだねw
終盤の車で門を突き破るストップモーションなんて、トレスポじゃんw

緩急があまりなくって、緩緩急って感じ。
最後の戦いまで話があまり動かずダレる。
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

高齢の両親を持つ者なら涙なしでは見られない。
感動の涙ではなく、ただただ、切なく苦しい涙だ。
見ていると場面がどう繋がっているのか混乱する、この混乱がそのままアンソニーの頭の中なんだ。
ちょっとミステ
>>続きを読む

サンダーロード(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ジムがミョーにリアリティがある人で、憎めないw
すくキレるし、すぐ泣くし、弱いし、自分の決めセリフに酔ってるし、、w
正義感がなきゃ完全なダメ人間wうまく回らないのはあんたのせいなんじゃ?と思う事しば
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

たぶん、小学生くらいの時に学校で見た記憶が。
けど、その時は外見の印象しか記憶に残っていなかったので。

これで、全部終わった、だって。
なんて悲しいセリフなんだろう。
ジョンにとって、先生との生活は
>>続きを読む

ジュリー&ジュリア(2009年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

それぞれのいいとこだけをさらりと映画にしたって感じー。
映画的に、ジュリーが料理ブログを書き上げるまでに多少の挫折エピソードが必要で、それが夫婦げんかって。
いらないだろ、あのシーン。
あの程度の八つ
>>続きを読む

ビル・カニンガム&ニューヨーク(2010年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

洋服大好きなのに、この人知らなかったー。
自分のアンテナに引っかかったファッションは逃さない。
ブランドや人を通してファッションを見ているんじゃなくて、常にフラットな視線。
自分の好きなものを好きなよ
>>続きを読む

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

見ていると自分も義実家へ行ったようになって、落ち着かない感じになる。
旦那の子供の頃の話とか写真とか、マジ地獄でしかないあの時間💀💀💀💀ww

樹木希林演じる母の、優しそうな口調だったり、時に冷たいよ
>>続きを読む

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

開始から1時間後くらいで始まる銃撃戦は、見応えがある。
4人しかいないから臨場感もあり、まさにゲームのよう。ゲームだったらどんなによかったか。
ただ4人しかいなくても顔似てるからわけわかんなくなる時も
>>続きを読む

プルートで朝食を(2005年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

シリアスに作ればかなり暗くできる内容をあえて喜劇調に、キドゥンの半生を洒落た音楽にあわせてさらーりと。
なんかオサレ雑貨屋の女店主とか好きそうw

短い章煮分けたり、鳥にセリフがついたり、全体の演出が
>>続きを読む

>|