nanahoさんの映画レビュー・感想・評価

nanaho

nanaho

映画(419)
ドラマ(20)

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

-

障害があるから夢をあきらめるのではなく、周りの人に助けてもらいながらでも一生懸命もがいてでも夢をあきらめないところに胸打たれる。

自分も頑張ろうって向上心あげて頑張ろう

42〜世界を変えた男〜(2013年製作の映画)

-

ありきたりの話だけど、どんなことを言われてもやり返さない勇気、それを自分のパワーに変えて奮い立たせる
それがどんなに大切なのか

ヴィレッジ(2004年製作の映画)

-

ホラーよりもミステリー感のある映画。
最後はなるほどってなるけどあまり意味がわからない部分もある。

クリスマス・クロニクル PART2(2020年製作の映画)

-

サンタの奥様登場
時は行ったり来たりとファンタジーはいつまで経ってもみたくなるもの

信じていれば叶うこともある
守るものがある人はたくましい
 

キャスパー(1995年製作の映画)

-

幽霊屋敷が楽しさで溢れてて
キャスパーが可愛い。

気軽に見れホッコリする

華麗なるギャツビー(1974年製作の映画)

-

愛情かお金かの選択

愛情の重さとすれ違いからの生まれる悲しさと虚しさがあり、
全部君のために。のし上がってきたギャツビーだけど、それは人によっては重たすぎると感じる。

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

-

自分の大切な人が病気になったら自分に何ができるのかを思って見てると苦しくなった

ラストスタンド(2013年製作の映画)

-

コメディもあって面白い

カーチェイスにおおおっ!ってなった

プリズナーズ(2013年製作の映画)

-

終わり方良くない映画の一つ。

子供が誘拐されたら自分にできることは少ないかも知らないけど、狂気に変わっていく様がなんとも言えない

フライト(2012年製作の映画)

-

嘘をついても結局自分は何が正しいのかを判断する時が来る

魔女がいっぱい(2020年製作の映画)

-

終わり方がしっくりこない部分はあったけど面白い映画だった

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ(2014年製作の映画)

-

ありきたりだけど、こういう話が一番好き
自己肯定感高めてくれる人って素敵

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

-

夢を見させてくれるそれがパリ。
タイムスリップしてみたいと思うけどなぁ
うーん。

ウォルト・ディズニーの約束(2013年製作の映画)

-

頑なに自分の意見を曲げなかったものを、ウォルトたちによって心開かれていくところよかった。
これ観たら、ディズニー行きたい欲が増す。
メリー・ポピンズを旧作観なおしたい気分になった。

ドッグマン(2018年製作の映画)

-

最後もやっとする

犬や娘には優しいんけど、狂気に変わっていく姿がなんとも

>|