うしさんの映画レビュー・感想・評価

うし

うし

映画に救われてギリギリ生きてる大学生。
良い映画は人の心を救う。
どなたでもフォローお待ちしてます。
新しい映画が好き。

映画(335)
ドラマ(0)

3D彼女 リアルガール(2018年製作の映画)

4.2

どんなCGの技術より
どんなに綺麗な景色よりも
美しいのは中条あやみ。
後半の強引な展開さえも
中条あやみの様々な衣装が見れて
至極の時間へと変わります。

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.6

重い。。。
今までの自分を顧みて
変わろうとしても
小さな世界からは抜け出せず
家族だったり愛人だったり
たくさんのしがらみに
囚われて前に進めない。
最後のシーンで
少し希望を感じられたかなぁ。

覚悟はいいかそこの女子。(2018年製作の映画)

3.8

めっちゃ好き!
寝ても覚めても観てから
そんな時間経ってないから
唐田えりかの制服姿に
違和感を感じまくりでした。笑
ただめちゃくちゃ可愛い。
中川大志もなんか犬みたいな
男の子の役似合うから
配役は
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.8

最初から最後までかっこよすぎかよ。。。
綺麗すぎるアクションシーン。
心優しき殺し屋って感じ〜
2の上映始まったから観てみたけど
すごく良い映画だー!
ヘイリーベネット美しすぎ。。。

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

4.8

この手の映画は深く考えないのが
私の中の暗黙の決まりでして。
シリアスとコメディの
バランスが程よく
全体的にテンポもよく
飽きずに120分が過ぎ去る印象!
個人的には
レイチェルママの表情(特に終盤
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.2

嫌いではない。
むしろ好きです。
だけど高評価をつけるほど
心に響いてはこなかったかなぁ…
前半の感じのままだったら
1.0〜2.0くらいのスコアだけど
後半部分に関しては
家族愛という私史上最大に
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.4

劇場版SASUKEは
海外に委託したのかって感じ笑
不調の9割は再起動で直って
残りの1割は粘着テープ。笑笑

私たちのハァハァ(2015年製作の映画)

3.1

ホームビデオ感。
池松の破壊力の高さよ。。。
なにより井上苑子を眺められる
幸せな時間をありがとう。

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.7

これは怖い。
劇中ずっと不穏な雰囲気が
漂い続けてる。
でも霊体の攻撃方法が
人間的過ぎて愛せる。笑
ガチガチのホラーを映画館で観るのは
初めてなので、
とても楽しかったです。

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.2

そこまでツボではなかったー
テンポも良くて
頭使わなくていい
楽しい映画であることには
間違いない笑
下品さ加減がアメリカっぽい(?)かな笑笑

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.5

亮平との幸せな日々は夢のようだけれど
全ては麦との出会いがなければ
生まれない幸せで。
出会ってしまったことで
生まれる葛藤。
形あるものは壊れるけど
形のないものは心に残り続ける。
窓からの景色を眺
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.0

家族の絆は美しいね〜
やっぱり派手なアクションに
陽気な音楽の組み合わせは無敵。
ドラッグスとマンティスの絡みが
大好きすぎる笑
グルートかわいいなぁ

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

4.8

自分のことよりも
大切なものの幸せを願って
行き場のない気持ちを
お酒飲んで誤魔化して
それでも行き場が見つからなくて。
ちょっとしたことで気が立って。
そんな経験したことある人は
多いと思うし、そん
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.3

ファミリー映画や。。。
1作目で十分かっこよかった
アクションシーンに
カーアクション追加は最高。
自白剤のくだりはめちゃ笑えた笑
家族を大切にするヒーローは
やっぱりとてもかっこいい。
エンドロール
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

4.5

Li Bingbing美しすぎるし
マシオカもいいキャラ出してて
とっても良き!
そしてやっぱり巨大生物と戦うのは
ハゲがいい。最高にイケてるハゲ。
中国色強くてなにかと派手だけど
サメ映画に欠かせな
>>続きを読む

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

3.6

めちゃかっこいい〜
どのキャラも濃いし
ストーリーの流れも
テンポもとても良い!
見てて飽きない良い映画だ〜
ステイサム若いなぁ笑

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.2

間違いなく
宝石店の店員が好き。笑
サムのお父さんの
優しさは将来の参考に
すべきだなぁと。
これだけたくさんの
登場人物のストーリーを
違和感なく繋ぎ合わせていることにも
感動しました。
これは名作
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.5

人との繋がりの
希薄さと深さを同時に感じた。
ずっと絵的にも綺麗で
3時間の映画とは思えない
時間の経ち方でした。

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(2010年製作の映画)

4.0

エドガーライトの
楽曲センスと
テンポの良さは
クセになる。。。
ストーリーどうこうじゃなくて
ゲームみたいな世界観が楽しい作品!
何も考えずに見るのにちょうどいい。

シャークネード エクストリーム・ミッション(2015年製作の映画)

3.4

レンタル置いてある店
少なすぎ😂
今回はバリエーション豊富な
チェーンソーが良かったです。
テキトーさが増してる気がしたけど
結局は最高。笑

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

めっちゃ面白かった!
終盤にかけて一気に畳み掛けてくる笑
完成度めっちゃ高いし
これで低予算とは恐ろしい。。。
けどなぜここまで話題になったかは
いまいちわからない笑
と思っていましたが2回目観て
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.9

EDの宇多田ヒカルだけでも
観る価値ありだと思ってて。
内容もけっこー好きな感じ。
終盤にかけてどんどん盛り上がる。
蒼井優の声を聞いてるだけでも
至福の時間でした。

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.6

浜辺美波の変顔の連続。笑
挟んでくる小ネタが
毎回クスッとなる感じで良かった。
川栄李奈が可愛い

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.7

官能的で
スリリング。
被害者という立場から
少しずつ暴かれていく狂気。
イザベル・ユペールの
薄っすらと浮かべる笑みが
最高に素敵。笑

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

3.8

子どもの成長だったり
絆だったりを描く映画は
やっぱり父親だったり
周りの仲間だったり
の言葉や支えが感動を呼ぶなぁ。
この作品のお父さんめっちゃ好きや〜

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.2

難解。
正直理解しきれない部分が多い。
景色の綺麗さと
家庭内の汚さの
対比は好きかもしれない。
I☆JAPANのTシャツどこで買えますか。

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.6

映画館で観るべきサスペンス。
ジェレミーの語りかけるセリフが
最高にシビれる。
子を失った親の悲しみの
全てを理解することは
無論できないが、伝わってきた。
苦しむことから逃げてはいけないと
感じる映
>>続きを読む

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

4.6

めちゃくちゃ泣いた。
一見いらなかったり
あるのが当たり前だったり
時になくなってしまえとさえ
思ったりするものの1つ1つが
人との関係や
思い出を支える大切で
かけがえのないものだってことを
教えて
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.4

泣いた。
理想的すぎる。
なんだろう。
ただ泣いた。

ある会社員(2012年製作の映画)

3.1

社畜が会社辞める話。
なんというか恋愛パートと
アクションパートが
いまいちバランス良くない。。。
デート行こうとして
服変えるシーンはめっちゃ好き

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

4.0

すれ違いまくりやな。。。
これであと1センチだったら
普通の恋愛は5メートルくらいありそう笑
父親にポップコーンかける子ども
映画館にいたら全力で注意しましょう。

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.0

クラシックの多用とか
インテリアとか
衣装とか
全般おしゃれ。
深く理解するには1度じゃ無理。笑
解釈難しすぎる。。。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.8

進み続けるだけだけじゃ
見えないものがたくさんあって
立ち止まって
分解して
思い出して
また新しく作り上げながら
人はゆっくり前に向かって
進んでいくんだなぁと感じた。
立ち止まることの
大切さを教
>>続きを読む

>|