つーけいさんの映画レビュー・感想・評価

つーけい

つーけい

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

-

新3作品を鑑賞して私なりに新しい題をつけるとするなら、
「スカイウォーカー一家宇宙で大騒ぎ」
だと思う
印象としては宇宙戦争ではなかったよね。。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

あああ
レイア宇宙空間から戻っちゃうんだ...笑
ルークちょっと強すぎない?

カイロレンの構えは痺れた

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

-

オタクが嬉しい展開盛りだくさんだった。 みんな登場の仕方かっこよすぎ

ハートビート(2016年製作の映画)

-

何かに真剣に取り組む人ってカッコいいなと改めて思いました。

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

家族にバレないように、タバコの匂いを消すときの激しい音楽や、それとは対照的に新しいスケートをもらう、メモリアルな出来事での静かで、丁寧なシーンでは、主人公の心の中を見ているようで引き込まれました。
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.8

ドラッグに溺れるアイルランドの青年たちの話
家族目線でも当事者目線でも観れて、本当にこわくなった

ディセンダント3(2019年製作の映画)

-

1、2でしっかり儲かっていったのか、だんだんセットがしっかりしてきますね。
みんな相変わらず歌と踊りが上手いし、かわいい

ジェシーの時から観ていたので本当にびっくりしました。
R.I.P. Came
>>続きを読む

ディセンダント2(2017年製作の映画)

-

ウーマ役がが良い!ウーマのラップシーンが1番かっこよかった!
あと、ピーターパンのヴィランの子どもがセクシーだった
dlifeの録画の中から鑑賞
あぁなんで終わったの。dlife

ディセンダント(2015年製作の映画)

-

曲がキャッチャーで良い!
ディズニーであり、キッズ向け映画であるとの認識があれば楽しめると思います

ユ・ヨルの音楽アルバム(2019年製作の映画)

3.9

ミスがヒョヌを撮った映像で、一瞬映ったヒョヌの表情がとても好きで何度も見返しました。完璧なチョン・ヘインの人間らしいというか、ただ私が観たことなかった顔だったので心奪われました。まぁそもそもそんなに多>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビ映画界の新境地だった、と誰かが言っていたのを思い出しました。マンネリ化していたゾンビ界にコメディという一石を投じた(?)そうで、、
結構細かい笑いが散りばめられていて、笑えます
特にビル・マーレ
>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

前半の優しくて、貧しくて、かわいい少女が、後半バッキバキになって闘う姿が衝撃的でした。
あと、個人的にはお父さんがいきなりキツいこと言うのがびっくりしました。もう少し家族の様子が見たかったかもしれませ
>>続きを読む

プライドと偏見(2005年製作の映画)

3.7

原作が好きで、結末はわかってはいたのですがラストは心動かされました。ダーシー役とビングリー役がイメージと違いすぎたのですが、コリンズは見た目も演技もぴったりで笑いました

ビングリーはもう少しお人好し
>>続きを読む

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.8

第1作が1番面白いし、
エンドロールが1番面白い!

お下劣極まりないけど、私はくりぃむしちゅーのオールナイトニッポンが好きなくらいなので、笑
日本とアメリカで微妙に種類は違いますけどね

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

3.9

パッと口を鳴らして中指を立てるシーンは痛快ですね!コンビの掛け合いも軽快で楽しいです!
ですが、、、展開に無理がある気がするし、女性がさらわれたあともふざけたりしていたことに少しヤキモキしました。

TENET テネット(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

今までの監督の作品のなかで1番理解できませんでした。でも、オペラハウスのシーンは音楽もアクションもかっこよくて痺れました。
この監督なので理解できないのは、私のせいかなって思うんですけど、他の人だった
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビ映画には馴染みがなかったのですが、こんなのがあるのか〜とおどろきました。結局原因はわからないし、ラストも何も解決していない。
ただただハラハラして、面白かったです!
でも、私は多くの人を道連れに
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.3

サイコスリラーの名作
ストーリーが本当に良くできてて、何回観てもハラハラ、ドキドキが止まりません

アダムス・ファミリー2(1993年製作の映画)

3.9

夫は死にかけ、赤ちゃんは呪われて普通になってしまったとき、モーティシアが悲しみに暮れていたことが印象的でした。
普段のアダムスファミリーだったら、そういう不幸が好きなのかと思っていましたけど、やっぱり
>>続きを読む

アダムス・ファミリー(1991年製作の映画)

3.9

次々と降りかかってくる不運に、被害者意識が高まっていた今日この頃、人生のダークな部分が大好きなこの家族を観て心が救われた気がしました。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

小説を読んでいるみたいな、上手な伏線を良くこの時間に収めたな〜と感嘆します。
雨の描写では声が漏れてしまうほどでした。
富裕層の子どもが好きな雨は、下に、下に流れて半地下の家々を浸水させる。 便器の上
>>続きを読む

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

4.3

どんな内容か全く知らずに鑑賞したら、凄すぎる映画でした。。最後トミー、笑うんですよ。凄い。
恐ろしいとか悲しいとか、ラブストーリー(TSUTAYAではそこにあった)では言い表せない、わたしの中でまった
>>続きを読む

ソイレント・グリーン(1973年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

恐ろしい。
1973年に文明が崩壊した2022年を描いた作品
人口過剰、環境汚染により人びとの生活は退廃していた。食糧はソイレント社が供給する人工高栄養食品。そのなかでもソイレント・グリーンが1番の栄
>>続きを読む

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.6

このご時世に観てなかったらディストピア具合に辟易としたかもしれないけど、今だからより現実味が増しています。余裕がなくなって、理性や道徳を失い、私欲にまみれて退廃していく様子がもの恐ろしい。

コロナが
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.1

豊かな生活、平凡で美しい。
虚栄や厭悪とは程遠いところ。
きっと昨日何したかは覚えていないような、変化の少ない単調な日々。その中で紡がれるのは、自らのための詩。
ソファに座って、ボーっと眺める良い映画
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

あの第1作があってこその今作ですが、これは名作です!
1で感じたマフィアとして生きるもの哀しさがより表に出ていて、なんともやるせないのです。

鬼の形相で命をかけて幼いビトーを守った母や、愛するものと
>>続きを読む

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

Take a bloody shot!!
Agent down...
--skyfall by Adele

この流れが最高!初めてアデルを聴いた作品でもあるのですが彼女の深い歌声と映画のストーリ
>>続きを読む

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

全体的に暗すぎて、前回は華麗なるスパイだったのに対し、少しサスペンス感が出ていまいちハマりませんでした。愛するヴェスパーが亡くなって傷心なのはわかりますけど、セリフやマティスとの会話がとにかくストーリ>>続きを読む

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

最初のオープニングが白黒から始まって、伝説の振り返って発砲からの初めての色 赤が良かった!血の感じはやけにテカってましたけど。。OPクレジットも音楽と合ってて楽しめました
初めての金髪ボンドということ
>>続きを読む