サラリーマン岡崎さんの映画レビュー・感想・評価

サラリーマン岡崎

サラリーマン岡崎

プロフィール画像は2016のベスト9。

基本的に駄作は世の中にはない。誰かが考えて作っているのだから。
4.5〜人生のお気に入り
4.0〜傑作(満足した作品)

なんでも見ます!興味が出れば!

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.8

一週間のゴタゴタを3時間見せられた。
だから、あまり話は進まない。
そして、3部作の2作目だからしょうがないけど、
登場人物たちのウジウジした悩みシーンが多くて、
スターウォーズ感は薄い。

それ故に
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.7

クリス・プラットのイケメンだけどコメディ的なキャラクター。
ジェニファー・ローレンスのエロさ。
そして、宇宙船内のワクワクする美術力。

この3つでこの映画はもっています。
ストーリーは意外と普通。
>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

4.3

リアル。それがこの映画の良さ。実話だし。

病だと感づいたときの土屋太鳳の暴れ様、
眠ってからの呻き、目覚めてからのキョトンとした顔、
美談にせず、全て見せる。
土屋太鳳とそれを引き出した瀬々監督がす
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.8

予告編がピークかな…。

バズ・ラーマンのギャッツビー並みに
文字をネオン調にしつつ、イマジンドラゴンズの「Believer」をBGMにし、
最新CGを駆使!!!
これぞ、現代でオリエント急行殺人事件
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.8

映画の中で主人公が室内の天井を見上げるシーンが何度かある。
吹き抜けの階段だったり、シャンデリアだったり、開放的な空間。
これはアウシュビッツのこもった逃げ場のないガス室との対比なのか?

しかし、主
>>続きを読む

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

優しく無垢な男の子のどうしようもない愛と母の悲しくもどうしようもない運命の話。

この真のテーマは大好きなタイプ。
特に前者は好物。
この真相がわかった時に、いい話!と不覚にも思ってしまった。

けど
>>続きを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

4.7

丁度映画が好きになった頃に公開してて、
その奇抜なビジュアルにちょっとした気持ち悪さとでもなんか惹かれるものが小学生ながらあった。

そして、大学生で初めて見て、
この間、JCMの来日ライブに行く前に
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

暗い…。
話散漫(盛りだくさんすぎ)…。
大友さん節強すぎて、
原作のコメディで暖かい感じが全くありません!!!
せっかくの神木くん神キャスティングが…。
あとは、桐山零が解いたラストよくわかんなかっ
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

4.7

粋だねぇ。

1を昔劇場で見て、全然乗れなかったので、2は見ず、
しかも、かぶるまほろ駅前多田便利店も好きじゃないので、
auマンデイだし、本当に暇を潰しに観に行ったら、
意外や意外、面白かった。
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.4

伝えたいことはシンプル。
小学生が教わること。

「困ってる人がいたら、助けてあげよう」

難民がたどり着く国、フィンランド。
そこを舞台に描かれる「みんなで、救う」
(この日本版キャッチコピーもシン
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.0

言ってることはヘドウィッグのときと変わらない。

恋をすると相手のウイルスが自分に蔓延し、
新しい自分になるということ。
ヘドウィッグでも、もともと1つだった物体が2つになり、その片割れが運命の相手だ
>>続きを読む

すれ違いのダイアリーズ(2014年製作の映画)

3.4

Closed Note×イルマーレ的な話。
Closed Noteとは
教師という立場とその日記が主人公の支えになるという点も同じ。
でも実話らしい!

タイの奥地ののどかな風景の中、
能天気でバカ真
>>続きを読む

WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ(2015年製作の映画)

3.7

タイトル負けしてるけど、
見た後このタイトルだったなと思う。

タイトル見て完全に✋️🤚✋️🤚✋️🤚な感じの映画だと思う。
まぁ、4割くらいはそうかな。
踊って、ヤクやって、ヤって、暴れまくる。

>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

4.2

自分は好きですが、好き嫌い分かれそうな映画。
だって、特に盛り上がりが無いからね。
ブレードランナーみたいなつくり。

でも、根底にあるのは「ヒーロー」の話っていうのがかっこいい。
しがない警備員がヒ
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

3.9

支配の話。小悪魔には気をつけようの話。

長谷川京子扮する女王様に仕える奴隷の井浦新、
井浦新の奴隷となる瑛太。
瑛太に利用される橋本マナミ。
橋本マナミは娘を支配しようとするが、
それは難しい…。
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.7

ずっとこの2人を見ていたい、
そんな風に思ってしまった。

この映画には隣人の黒人おばさんがでてくる。
なぜこのおばさんが出てくるのか?
それは、彼女の存在が僕たち観客だから!
天才だけど、可愛らしい
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.2

老いはなんら屈辱ではない。
すべてを手放せる。
セックス、財産、名声、自身をも手放せる。

この言葉に出会えただけで幸せ。
ありがとうございます、アレハンドロ・ホドロフスキー。
20代中盤に差し掛かり
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.8

怖い顔した可愛い可愛い殺人者の話。
大牟田4人殺人事件がベース。

ヤクザ一家で殺人家族の首塚家。
とても卑劣で信じがたい家族だけど、
この映画では繊細で弱くどこか可愛く描かれる。

特に、やはり主演
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.8

意味がわからなかった。

俺が馬鹿なのかな?
主人公が入社してから初めての仕事の内容がよくわかんなかったし、
トムハンクスのスピーチ、意外と分かりにくくない?

そして、主人公やこのサークルという会社
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.9

ビル・ナイが出演するコメディイギリス映画。
かと思えば、その裏には残酷な戦争が隣り合わせになっている。

主人公たちは日々なんてことない日常生活を送っているように思う。
しかし、ふと空襲が起こったりし
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.7

見終わった後、吐きそうだった。
観客になんともこんなに辛く、切なく、どうしようもない感情を与えるのか。
緊張感が身体中にみなぎる。
白石監督の「凶悪」でも、見終わった後、吐きそうになったが、
そのとき
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.7

自分が書いた小説で別れた妻に復讐心を伝えるなんてネチネチした男にはなりたくない…。

かと言って、この元妻も元妻で、
確かに自分勝手すぎる。
「私には奥底を刺激するような衝動がないから、芸術家にはなれ
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.7

怖さ見たさで行ったけど、
泣けるほっこり青春ストーリーだった。

多分スタンドバイミーみたいな感じ。
弱い窓際少年軍団+DVいじめられ美少女と彼らの「恐怖」との戦い。

スティーブン・キングもペニーワ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

5.0

あれから35年後。
エイリアンやパイレーツみたいに定期的に開催される祭り映画ではなく、
前作は35年前に1回だけ上映されたもの。
その頃は鳴かず飛ばずの結果だったけど、
着々とファンを増やし、
この2
>>続きを読む

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

3.7

「先生!」というタイトルはなんで感嘆符がついてるんだろう?とずっと気になってた。
でも、映画を見たら確かに感嘆符が必要だったことに気付く。
主人公・響のその真っ直ぐさが表されてる。

そんな真っ直ぐな
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.5

「ドント・ブリーズ」とは少し違うけど、
似たようなゲーム感覚の映画。
とりあえず、何も知らない状態でそのゲームに参戦してください!
ネタバレなしに語れないので、レビューはコメントにて。

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.7

爆音上映にて。
前見たディレクターズカットとは大きく違いはない。

爆音で見てたら、
ブレードランナーをリドリー・スコットから引き継ぐのはドゥ二・ヴィルヌーブしか考えられないと思いました。
あのシュー
>>続きを読む

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ(2017年製作の映画)

4.0

「アキは、いつ女優さんになるの?」
ハタチで上京し、女優になることを夢見ながら、サーカス団「AURORA」で手品師の助手を10年しているアキ。
死んだ恋人のカイトのことを想って、
日々、妄想は止まらな
>>続きを読む

ひるなかの流星(2016年製作の映画)

3.9

山本舞香が最高の映画です。
性格悪い時も上手いし、仲良くなってからの姉御感がたまらないっす。
「私が怒ってるのはあんたが黙ってたこと。私はあんたが大切なの!」
山本舞香が好きだった白濱亜嵐が好きな永野
>>続きを読む

ピーチガール(2017年製作の映画)

3.5

ナイスキャスティング。
4人がそれぞれの元々持つキャラクターからマッチしている。
4人は芸能界ではまだアイドルな存在。
芸能界で与えられたキャラクターには
ファンが望んでいるものがある。
この映画はそ
>>続きを読む

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

3.9

とりま終始多部未華子にイラつく。
イラつくほど、その優柔不断さに共感する。
飲んだ時は調子乗っちゃうよね。
ワガママだとはわかりつつ怒っちゃうよね。
だって、風が吹いたんだもんね!!!

だから、なん
>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

3.9

「婚約者の友人」
なんと平凡なタイトルなんだろう…
と思ったら、映画を見るとなんと秀逸な邦題なんだと感心する。
この邦題が意味しないところがとてもミステリアス。

原題は「Frantz」。
その婚約者
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.4

なんだろう。
できる女はスマートフォン使う姿でさえカッコいい。
だいたい打つ時は両手を使ってる。全てを操り人形の様にコントロールする様に。
打ってない時はスマートフォンを人に向けて指示をしてる。
スマ
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.7

もう、「イケメン」って感じっす。
シャーリーズ・セロンもイケメンだけど、映画自体がイケメン。

ララランド、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、ベイビー・ドライバーと音楽×〇〇という様なジャンルの映画
>>続きを読む

Another アナザー(2011年製作の映画)

3.5

過去記録。
相変わらず死に方はグロい。
犯人はもう映画見る前から分かるだろ笑

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.9

「壊れるくらい、あなたが好きでした」
この映画のコピーが全てを語る。

映画に出てくる3人の男女は全員最低だ。
好きと気付きながらその泉の気持ちは断り、でもキスをする葉山。
一度振り、葉山を好きでい続
>>続きを読む

>|