なべさんの映画レビュー・感想・評価

なべ

なべ

映画(274)
ドラマ(10)

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

2.5

ザ・世界仰天ニュースのほうがおもしろいとはどういうわけだ?
おまえ赤点な。放課後職員室まで来るように。思わずそう言いたくなるホラー。
この素材を使ってこのつくりはないでしょ。設定もストーリーも怨霊の
>>続きを読む

叫びとささやき(1972年製作の映画)

3.0

ミッドサマーを撮る前にアリ・アスターがスタッフに観せたと聞いて、数十年ぶりに観た。

学生時代は「え、ベルイマン観てないの? 早く観なきゃ。映画好きを自称するならね」と通ぶったものだが、実のところベル
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー ダイナミック完全版(2018年製作の映画)

5.0

ダイナミック完全版が上映されてると知り、チネチッタのLIVE ZOUNDで観てきた。 内容はIMAX完全版と同じだが、ボイスオーバー仕様が解消されてる。ちょっとしたストレスだった同時通訳がなくなったの>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.0

観たいと思ってたのに気がついたら終わっていて、今回やっと新文芸坐で観ることができた。
ムンバイの同時多発テロは数年前の出来事のように思ってたけど、もう10年以上経つのか。
てっきりテロリストに占拠され
>>続きを読む

母なる証明(2009年製作の映画)

3.9

どよーーーん。

ゴースト・ストーリーズがつまらなくて、ポン・ジュノ作品で味変しようとしたけど間違えた。味が強すぎる!てかこの映画嫌いだったの忘れてたよー。

他のポンジュノ印のような胸糞じゃなくて、
>>続きを読む

ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談(2017年製作の映画)

2.3

え、なにこれ? 劣化フラットライナーズ?

怖いのが観たくて、でも夜中にめっちゃ怖かったら嫌だなと思って昼間に観たのに、1ミリも怖くない。
てか、これテレビ映画? 映画的広がりがちっともないんですけど
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

4.8

なんという緻密な脚本。なんという映画的な編集。あまりに素晴らしくて上映終了後しばらく呆然としてしまった。

ナイブズ・アウトでミステリーのおもしろさを褒めたが、そんなものじゃない。作風が違うから比較し
>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.3

ガンバレルのアイキャッチがエンディングからオープニングへ。旧来の007シリーズと同じになった。
旧シリーズの007はロシアより愛を込めてとゴールドフィンガーしか持ってないが、ダニエル・クレイグの007
>>続きを読む

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

4.6

変な映画。

以下、軽くネタバレ。
カジノロワイヤル、慰めの報酬と、散々敵の正体を探ってきたのに、まったく関係のない悪が現れる唐突な路線変更。しかも過去2作では、00ナンバーとしてはかけだしのボンドが
>>続きを読む

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)

3.9

初見時におもしろくないと断じて、Blu-rayも買うには買ったがそのままで見返すこともなかったダニエル・クレイグボンド第二弾。新作のためのおさらいとして初ローディング。
あれ、こんな映画だっけ? どの
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.9

すっかり忘れてた、こういうジャンルの映画のこと。近頃はシャーロック・ホームズさえアクション重視だったから。これは、オリエント急行殺人事件とかナイル殺人事件とか、いわゆるアガサ・クリスティな本格劇場型推>>続きを読む

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)

3.9

老三部作・若三作のBlu-rayがAmazonで800円台だったのでまとめ買い。
まずはシリーズ中一番変な話のフューチャー&パストから。

あれれ、こんなにおもしろかったっけ?
ああ、そうか、初見時は
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.8

フィルマでの評価があまりにも高く、マジかよ!って驚きつつも、ここではララランドやカメ止めも評価が高いから、話半分で観に行ってきた。4DX Screenっていう、側面にも映像を映し出す体感プレゼンテーシ>>続きを読む

ウォッチメン アルティメット・カット版(2009年製作の映画)

4.0

正義とは何か。

陰謀や戦争にも加担する粗暴なヒーロー・コメディアン(政府認可)の殺害事件が発端。これを捜査するロールシャッハ(非合法ヒーロー)はヒーロー狩りではないかと仮説をたて、かつての相方ナイト
>>続きを読む

夕陽のギャングたち(1971年製作の映画)

4.1

ガキの頃からテレビの洋画劇場で散々観倒した映画だけど、レオーネ作品の中ではライブラリに加えるほどではないとずっと思っていた「夕陽のギャングたち」。ロッド・スタイガーの役が、これ絶対イーライ・ウォラック>>続きを読む

ミスター・ノーボディ(1974年製作の映画)

3.3

観るたびに印象が変わる映画がある。年齢やその時の体調、あるいは時代のムード、そういう要素に左右される作品。ミスター・ノーボディもそう。熱狂的に好きな時もあるのに、あれ、こんなにつまらなかったかなと思っ>>続きを読む

黒薔薇昇天(1975年製作の映画)

2.8

1968年、ウルトラセブンの後を受けて始まった怪奇大作戦。変身ヒーローも怪獣も出てこない怪奇犯罪ミステリーにぼくは夢中になった。SRIの牧史郎という科学者に魅せられたからだ。悪に同化してしまいそうな際>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

4.2

お正月韓国映画三連荘のラスト。
ポスタービジュアルがダサくて、予告編も響かず、全くノーマークだった作品。
予告編占いの得意な友人が絶対におもしろいというから一緒に観に行った。

わはははははは!最高じ
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

ポン・ジュノの新作とあらば観に行かぬわけにはいかない。そう思っていたらなんと先行ロードショーがあるではないか! 割引の効かない一律1,900円もポン・ジュノなら惜しくはない。そんなわけで新年早々胸糞な>>続きを読む

国家が破産する日(2018年製作の映画)

3.8

お正月は韓国映画三連チャン。たまたまなのだが、3本ともおもしろくて、今年も韓国映画は期待できそう。

1997年に韓国が陥ったデフォルトの恐怖を、韓銀通貨対策チーム長、金融コンサルタント、町工場の経営
>>続きを読む

荒野の七人(1960年製作の映画)

3.8

メキシコの田舎の風景を背景に、エルマー・バーンスタインの勇壮なテーマが鳴り響く。それも1曲まるまる。
スター・ウォーズと同じく、オープニングでこの曲がかかるだけで(内容の良し悪しに関わらず)、ああ、荒
>>続きを読む

プレデター(1987年製作の映画)

4.5

何度めだプレデターw

シュワルツェネガー作品では一番好きかも。コマンドーからのプレデターの流れが好きだ。コマンドーのメイトリックスとダッチのキャラが被っているので、同一人物だと思って観るのがぼくの流
>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

2.8

何度観ても、娘が攫われること以外すっかり忘れてしまう映画。おかげでいつも新しい気持ちで鑑賞できる。つまらないのに地上波でやってるとつい最後まで観てしまう。そういう不思議な魔力はあるんだよな。最近日本語>>続きを読む

ウエストワールド(1973年製作の映画)

4.0

フォロワーさんに勧めたものの本当におもしろいのか、思い出補正が働いてるだけじゃなのか不安になってきたから、確認するつもりで観てみた。

おもしろい!

そりゃ今どきの金のかかったSFに比べたら美術もセ
>>続きを読む

007/ロシアより愛をこめて(1963年製作の映画)

3.6

タイムラインの中に007の過去作がちらほらしてて、つられての鑑賞。
ダニエル・クレイグのボンドを観るまでは、ボンドといえばショーン・コネリーで、そのショーン・コネリーの出演作の中でもロシアより愛をこめ
>>続きを読む

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

ルーカスの考えてたエピソードVII〜IXは、ミディクローリアンの話になるはずだったという。
しかしディズニーによる新三部作は、特に描きたいテーマやストーリーがあるわけではなく、イベントビジネスとして、
>>続きを読む

戦争より愛のカンケイ(2010年製作の映画)

3.9

中年鳥類学者と自由で奔放な娘バイアの恋愛もの。ジャンルとしては恋愛コメディになるんだろうけど、そんな単純なものではなく、思想、人種、差別、迫害、環境など、フランスの政治史のエッセンスが巧みに織り込まれ>>続きを読む

続・夕陽のガンマン/地獄の決斗(1966年製作の映画)

4.0

他に欲しいソフトがいっぱいあるのでずーっと後回しにしてた西部劇だが、先日レオーネの「ウエスタン」を観たことで西部劇熱が再燃。折しもAmazonで6枚3,000円キャンペーンをやっていたので、夕陽のガン>>続きを読む

ベルリンファイル(2013年製作の映画)

3.7

ハ・ジョンウ 窮地に踊れ、標的の男 オールナイト3本目。
オールナイト3本目ともなると、目は冴えてるんだけど、結構ヘトヘト。でもその分、映画のエッセンスというか核がよく見えるという不思議。

まずアク
>>続きを読む

テロ、ライブ(2013年製作の映画)

3.7

ハ・ジョンウ 窮地に踊れ、標的の男 オールナイト2本目。
移動の激しかったチェイサーとは打って変わって、ほとんど動きのないワンシチュエーション作品。カメラはラジオ局のスタジオから外に出ることはない。
>>続きを読む

チェイサー(2008年製作の映画)

4.6

ハ・ジョンウ 窮地に踊れ、標的の男 オールナイトの1本目。ずっと劇場で観たいと思ってた一本。
韓国映画のなかには、観てる内に映画を観てるような気がしなくて、奇妙なリアリティにずっぽりハマってしまう怖い
>>続きを読む

ゾンビ-日本初公開復元版-(1979年製作の映画)

2.4

懐かしい…そしてつまらないw
ロメロのゾンビは、スプラッターなんて言葉がまだなかった黎明期のゾンビ映画。自主制作っぽい作風が妙にリアルで、今や伝説のマスターピースだ。
本来、ロメロのオリジナルは陰鬱な
>>続きを読む

ギャラクシー・クエスト(1999年製作の映画)

4.2

20周年記念のスチールブックBlu-rayが米国で発売されたので購入(米盤は日本語字幕なし、伊盤には日本語字幕はあるが特典映像なし)。Blu-rayきれい!

ご存知、ギャラクシー・クエスト。全編スタ
>>続きを読む

オズの魔法使(1939年製作の映画)

4.0

80周年記念でUHD化されたので改めて購入。著作権の切れた作品を高画質で観る贅沢。これまで何度観たことか。おもしろくて、楽しくて、かわいくて、ケレン味たっぷり。ジュディ・ガーランドがキラキラ輝いてるM>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.6

原作からしてシャイニングの続編ではなく、地続きの別作品って言われてたの知ってたから、ドクタースリープは続編だと思わずに臨んだ。

前作シャイニングでは、ダニーの能力ってあっても意味なくね?って扱いだっ
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.3

2で完結したターミネーターが続けられるとしたら、設定だけを生かした駄作だろうと思ってた。だからこそ、キャメロンは手を出さなかったんだろうし、実際その後につくられたシリーズは出涸らしだった。
でも、個人
>>続きを読む

>|