なべさんの映画レビュー・感想・評価

なべ

なべ

悪霊退散!

映画(125)
ドラマ(3)

ソムニア 悪夢の少年(2016年製作の映画)

3.0

養母ジェシーの身勝手な虐待ぶりがひどい!と思った前半。
事件から一転、怪現象の真相に迫ろうと過去を究明し始めるが、事実がわかったところで行方不明になった人は戻らないんだよな。罪は重いぞ、ジェシー。すっ
>>続きを読む

人狼(2018年製作の映画)

3.0

押井守をリスペクトし過ぎ。アニメの呪いにとらわれちゃった失敗作。
俳優の演技はいい。撮影もアクションもシーンごとに見るととてもいい。なのに、全体を見ると底が浅いのな。薄っぺらい。
ストイックな雰囲気で
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.8

当時のロック少年少女たちを虜にし、クラスをキッスファンと二分してたクイーン。
ぼくはザ・ゲームからアルバムを買わなくなったオールドファンだ。一番好きなのはクイーンIIのB面と言えばわかってもらえるだろ
>>続きを読む

ニキータ(1990年製作の映画)

4.0

久々に鑑賞。持っていたDVDはチャプターがなく、大層不便だったので売ってしまったが、後にまた買い直したというお気に入り作品。
セリフによる説明を極力避け、贅肉を削ぎ落とした骨太で揺るぎない脚本が憎い。
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生<完全版>(2017年製作の映画)

4.0

凱旋のラストでバラーが雷雲の中に見るビジョン。今までは、ヴィクラマデーバ?アマレンドラ?と今ひとつ釈然としなかったのだが、これの正体が伝説誕生の中にある。
あの瞬間、バラーはシブドゥではなく、もちろん
>>続きを読む

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

5.0

一足先に爆音で観てきた。
すごい!かつてロードショーで観たときよりもずっとすごかった。シーンによってはグレインが強めなところがあるけど、それも味ってもんだ。何より音がよかった。爆音のおかげなのかもしれ
>>続きを読む

サイボーグ009VSデビルマン(2015年製作の映画)

2.7

冒頭のジンメンとのシーンは興奮した。コミックで見慣れた作画・アングルがほぼ再現されていたから。
が、肝心の本編がひどい。てっきり神との共闘物語かと思っていたが、東映まんが祭のようなありがちな企画ありき
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

4.0

ホーンティング・オブ・ヒルハウスがあまりに良かったので、同じ家系のシャイニングをば。
ソフトは何度も買っているが、久しぶりの視聴。高校のときロードショーを友人と観に行って、翌日二人とも寝込んだというい
>>続きを読む

ハプニング(2008年製作の映画)

3.5

シャマランは好きだけど、これはクソミソに貶されていたので今までスルーしていた作品。
開始早々、ヒッチコックの「鳥」だとわかる。鳥が植物に置き換わっただけだ。つまりこれは主題のないサスペンス映画なわけだ
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.7

カッケー!かっこよすぎる。そして強すぎる。てかキザ。デンゼルおじさん、そこはちょっとくさい領域だぜ!
「あの自分に戻らないと誓った」せいで、空虚な人生を穏やかに過ごしてるって、なんだよそのかっこよすぎ
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.6

途中まですごく怖かったのに、最後は全然だった。どの時点でそうなったのかよくわからないのだが、きっと、彼女の過去に何が起こったのかって謎解きに期待してたのだと思う。実際そういう知的でベテランな雰囲気だっ>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

5.0

リマスターされるたびに購入し続けてるマイフェイバリットムービー。家での視聴回数もダントツなのだが、劇場のスクリーンで観るのは久しぶり。文句のつけどころがないので満点にした。
いやあ、やはりよくできてる
>>続きを読む

キャビン(2012年製作の映画)

3.2

やりたかったことはわかる。でも風呂敷を広げ過ぎた感じ。
ぼくはてっきりあの若者たちはプログラムか何かで、ウィルスの抗体とか新薬開発の働きを見るシミュレーションなのかと思って観ていた。抗体A、抗体Bみた
>>続きを読む

ジーパーズ・クリーパーズ(2001年製作の映画)

3.2

てっきり、クリミナルマインドに出てくるようないかれた猟奇殺人犯かと思ってたら、そういう話なのね。前半はおや、これは!と期待値が上がったんだけど、具体的な容姿がわかるとがっかり。怖くもなんともないじゃん>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

5.0

2週間限定公開のIMAX上映に行ってきた。LD、DVD 、Blu-rayとメディアが変わるごとに買い直して、内容もディテールもしゃぶり尽くしているので、今さら新たな発見はないのだが、それでもやはりでか>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.7

ネーミングからしてつまんなさそうと今までスルーしてたが、インフィニティウォーの予習として観た。意外にもおもしろかった。
特に敵のキルモンガーがいい。彼の生い立ち、ワカンダへの憧憬と憎悪、虐げられる黒人
>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

3.3

シリーズ最新作で盛り上がってるので、遅ればせながら1作目を鑑賞。
つかれたー。ヘッドホンでフルボリュームで観たせいか、かなりビビった。といってもそこはやはり今風ホラー。ドッキリ演出とサウンドデザインで
>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.7

映画を観たって気にさせる本気の絵づくり。繊細にしてハードなタッチ。何より冷たい空気感が素晴らしい。リゲティのような薄気味悪い音楽が嫌な気分にさらに拍車をかける。
冒頭、宗教的意見の相違という理由で、清
>>続きを読む

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.8

ひと気のない湖畔にあるおんぼろ小屋を購入した気のいいおっさん二人組が、猟奇殺人犯に間違われてという話。彼らに誘拐(ほんとは救助)された仲間を救出しようと若者たちは小屋に向かうが…。
この手の映画の殺し
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.9

新しい怖さ。ゆっくりとじわる恐怖。なかなか怖さのセンスがいい。設定もよく練られている。デカい音や痛さではないところがシブい。渋すぎる!音楽はチープだけど。
途中でメタファーだと気づいたが、観てる間はジ
>>続きを読む

アウトサイダー(2018年製作の映画)

3.0

奇妙なジャパンじゃなくて、ちゃんと日本だった。1950年代の大坂ではないけど。ちょっとおしゃれな日本。
が、ストーリーがおもしろくない。脚本家の努力が足りない感じ。せっかくのキャストがもったいない。
>>続きを読む

悪魔を見た(2010年製作の映画)

3.6

ああもう、救いがなさ過ぎてゲンナリ。
この手の復讐ものは韓国のお家芸だな。もうヘトヘトだよ。
猟奇殺人鬼オールスターズ対失意のイ・ビョンホン。一流どころ犯罪者を取り揃えました。いずれも殺しても死なない
>>続きを読む

サイコキネシス 念力(2017年製作の映画)

2.5

これは期待ハズレ。
超能力による活躍にカタルシスなし。権力批判も的外れでモヤモヤする。
超能力の抑制が効かなくなって、善悪関係ない破壊行動で地獄絵図的なクライマックスを期待してたのに。
すべてが中途半
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.9

なかなかの胸糞映画。主人公の存在が忌まわしい。
ニュース用の映像を撮るフリーのカメラマンが成り上がる話だが、こいつ、人として大事なものが欠けている。頭はいいし、努力家で勤勉。だが、倫理観や道徳観が欠如
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.0

大抵の邦画と同様、まるでテレビドラマのような絵づくり。
土屋太鳳はがんばっているけど、天才的な演技をしているようには見えない(身のこなしは天才的に見える)。土屋太鳳は好きだけど、がんばっているから応援
>>続きを読む

ヒッチコック/トリュフォー(2015年製作の映画)

3.5

全然期待してなかったけど、とてもおもしろかった。
この映画でいろんな映画監督がクリエイター目線でヒッチコックを褒めそやすのを聞いてると、自分の理解が子供の頃の理解の仕方のまま固まってるのに気づく。大人
>>続きを読む

サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ(2012年製作の映画)

2.5

キアヌがホストのドキュメンタリー。
一応、フィルム派とデジタル派の対立構図にはなっているが、フィルム派もデジタルの価値は認めていて、いずれフィルムはなくなるだろうと、まあそうでしょうね的結論。やってる
>>続きを読む

メカニック(2011年製作の映画)

3.5

オリジナルはチャールズ・ブロンソンの「メカニック」なのだが、これは今見るといろいろ雑だったりする。まあ当時のB級アクション映画はだいたいあんな感じ。
で、ステイサム版。悪くない。寡黙な殺し屋役はステイ
>>続きを読む

記憶の夜(2017年製作の映画)

3.0

導入はとてもよかった。これは妄想と現実が曖昧な自己崩壊ものか、それともサイコ犯罪ものか、もしかしたらホラーなのかもしれない…と、いろんな可能性を予想しながら見てたのだが、話はどんどん陳腐な方向に。やが>>続きを読む

ベター・ウォッチ・アウト: クリスマスの侵略者(2016年製作の映画)

3.0

胸糞系ホームアローン。
意外性を狙ったいい脚本だけど、アイデアが先走りすぎてて、演技と演出が伴ってない感じ。もうちょっとうまいこと見せてくれたらハマれたのに。もったいない。

鋼鉄の雨(2017年製作の映画)

4.5

北朝鮮でクーデターが勃発。北の工作員は混乱に乗じて重傷の将軍様とともに韓国へ。この導入部から2時間半、ノンストップで進む緻密な政治サスペンス(アクション含有)。韓国に宣戦布告する北朝鮮。コントロールで>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.9

勉強はできないけど部活がんばってて性格がいいヤツっているでしょ。そんな愛すべき映画ですw
宇宙から始まったので、おや、もしやかなり脚本に力を入れた本格的SFか⁈と思ったけど、全然そんなことはありません
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.8

出た!概念SF。
タルコフスキーが好きな人ならぜひ見るべきだ。難しい映画が苦手な人は絶対手を出してはいけない。
ひと口で言うと、タルコフスキーのストーカーとソラリスをミックスしたような(でもそれらより
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

2.7

えーーー⁉︎ これおもしろいの?
ぼくにはどこかおもしろいのかよくわからないや。なんかいろんな意味で偏差値低くね? スピンオフとしてならアリだけど、ふざけすぎてない? 最後までみるのがつらかったよ。ま
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

危機に直面する人類、市井の人を助けてこそのヒーローだと思うのだが、このDCワールドはあまりにも普通の人が少ない。恐れる人、逃げ惑う人、叫ぶ人などが出てこないんだよな。エキストラのギャラをケチったのか。>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.9

前作で顔見世興行やったから、今回は各キャラをグッと深めてストーリーもちゃんとやりますよ!的な続編。
前作がパッとしなかっただけに期待してなかったけど、思いのほか熱くて好きな感じに仕上がってた。スタート
>>続きを読む

>|