なべはるさんの映画レビュー・感想・評価

なべはる

なべはる

映画(238)
ドラマ(8)
  • List view
  • Grid view

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

-

ジブリの食事シーンってなんでこんなに惹かれるんだろう

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

-

なんでか今年一番泣けたかもしれない。

オープニングのタイトルバックもよかったし、エンドクレジットも最高だった!
ベースの女の子の険しい顔練習してるのがめっちゃかわいかった。スタイリストの子が衣装渡す
>>続きを読む

ただ君だけ(2011年製作の映画)

-

顔がほんとーーーーーーーうに綺麗

ラストにかけて音楽が盛り上がっていくところでやっぱり泣けちゃう

犬めちゃめちゃかわいい🐕

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

-

なんだかわかんないところで泣けるからジブリはやっぱりすごい

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

-

最後の終わり方、狂気っぷりが微妙だった感じはあるけど、うかれてる妻夫木くんが観られたのはよかった

ズーランダー NO.2(2016年製作の映画)

-

バージョンアップしてて最高だった
エンディングの派手な感じがだいぶ良い

ハンセル推しだけど、ムガトゥもやっぱり好きだわー!!!笑

ペネロペ様の天然記念物が宝だった

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

-

こんなに感情が大きく
おもしろー!!!ってなって、
かなしいー!!!ってなって、
嬉しいーー!!!ってなる映画は、なかなかない

こういう主人公のビジュアル好きだなー

と思ったら、リトルミスサンシャ
>>続きを読む

アオハライド(2014年製作の映画)

-

漫画を読み終えた流れで鑑賞

漫画、映画、わ〜〜〜〜

こういう役の高畑充希ちゃんはとてもいいね

コネチカットにさよならを(2018年製作の映画)

-

こういう系は虚しくなるけど、定期的に観たくなるな

街並みがはちゃめちゃに良い、きれい

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

-

27歳ってこんな感じだったんかもな

人の話を聞かないようで聞いてる主人公が最後はかわいく思えてきた

アダムドライバーのこういう役とてもとても良い

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

-

めちゃめちゃ笑えるのに、めちゃめちゃ重い映画な気がする、褒めてる

とにかく役者陣が最高だし、劇伴も背景も言葉もよかった

ニューヨーク行きたさが、また募った

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

-

また素敵な俳優さんを見つけてしまった


映画館以外で、久しぶりにエンドクレジットしっかり観たな
というかデヴィッドボウイやっぱりすごいな

ズーランダー(2001年製作の映画)

-

はっっっっっっっっっ……
ていう笑いがたくさんだった!

オレンジモカフラペチーノくんたちの噴水に泣かされたのと、デヴィッド・ボウイかっこよすぎだったのと、NG集のミラジョボビッチかわいい

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

-

ケヴィンスペイシーかっこいいわ〜

あの奥さんみたいなタイプは一番観ていてつらくなる…

総じて暗い映画はいい

イングリッド ネットストーカーの女(2017年製作の映画)

-

終わり方やだわ〜〜こわいわ〜〜

ブチギレて相手に言ってはいけないような言葉発する感じとか、荒んでいく見た目とか、めちゃめちゃ嫌な気持ちになった
役者さんすごいな

タイピスト!(2012年製作の映画)

-

最終的にめちゃめちゃかわいいなこの女の子

表情や服装、場面ごとに変わっていく音楽も、とても華やかで観ていてはずんだ。

仕事中の居眠り顔と、ごめんなさいってタイプしてたシーンがかわいすぎ。

おみおくりの作法(2013年製作の映画)

-

終わり方がとてもとてもきれいだった。

ジョン・メイの生活、お部屋、仕事への取り組み方、とっても好きだなって思った。
真似しようと思ってもなかなかできないよね。

ただやっぱり切なすぎる

ブルックリン(2015年製作の映画)

-

シアーシャローナンはやっぱり目が本当に素敵
船の上で出会った女性から寮の人たち、職場の人たちも、ブルックリンで出会った人たちに恵まれててほっとした
どんどん綺麗になっていく姿は本当に魅力的だった

>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

-

最近になってユアンマクレガーの格好良さにだんだん気づきはじめた中でのこれ、
シビれたー

音楽がバチバチによかった

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

-

やばいやつしか出てこなかったな

でもサラーっとまんまとやられてしまった、なんかくやしい、、

タグ(2018年製作の映画)

-

ジェレミーレナーはじめ、おじさまたちが全力で遊んでいる姿は微笑ましすぎる

男と女(2016年製作の映画)

-

こういう映画はすれ違って終わってくれた方が救われる

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

-

個人的にはもっとぶちギレてほしかったけど、とにかくスカヨハがとてもよかった。

地球外生命体とかがいない世界の二人のラブストーリーも見られて、それもとてもよかった。

コンテイジョン(2011年製作の映画)

-

今このタイミングでこの作品を観たことが、良かったのか良くなかったのか…
いつか振り返った時に、2020年の2月のことを思い出すんだとおもう。

ウイルスの広まっていく視点が不穏な音楽と相まってすごく怖
>>続きを読む

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

-

ミステリーかと思って借りたけど全然違った感
最近父と息子の話が異常に泣ける

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

-

こんなお兄ちゃんほしすぎる
タイトル最高かよ〜
とても大好きになった映画

レディ・バード(2017年製作の映画)

-

シアーシャローナンに引き込まれまくった作品だった

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

-

初めて観たインド映画がこれで良かった感!
長かったけどわかりやすくスッキリした〜
インド映画は雨がよく降るのか?

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

-

ハンかっこいいな優しいな〜〜キーラも悲しげで美人だし、ランドとの歴史も最高だったし、なによりチューイ、もうほんとチューイありがとう

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

30代後半ぐらいになったティモシーシャラメを早く見たい

ターザン:REBORN(2016年製作の映画)

-

さらっと観ちゃった
吹き替えだったんだけど、健太〜!!

>|