白玉つくねさんの映画レビュー・感想・評価

白玉つくね

白玉つくね

クズとブスとゲス(2014年製作の映画)

3.4

女性に声をかけて薬を飲ませ、裸の写真を撮って恐喝する事で生活しているスキンヘッド。
ある日声をかけた女性がヤクザもんの経営する店の女の子だったことから200万円要求され、困ったスキンヘッドは新たに女性
>>続きを読む

発情アニマル/発情アニマル アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ1978(1978年製作の映画)

3.1

まさかの邦題が付けられてますが、アイスピッドオンユアグレイヴのオリジナル版です。オリジナルがあるとは知りませんでした😳

執筆の為に夏の間川沿いの別荘を借りた女性が現地の男達に集団暴行され、リベンジす
>>続きを読む

黒い家(2007年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

貴志祐介原作映画の韓国版リメイクです😊
原作を読んだのも日本版を観たのも遥か昔の事ですが。。
大竹しのぶのサイコパスっぷりがホントに見事だったことは覚えてます。夢に見たくらいですから。笑

あらすじに
>>続きを読む

ザ・ドール(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ジャケ写の人形が本編と違うのはナゼ??最初分かんなかった😅

インドネシア産の人形ホラー。
まず、どういう訳か人形が木のてっぺんに乗ってます。笑
昇進したてで張り切る現場監督補佐は、その木は訳ありだと
>>続きを読む

血のバレンタイン(1981年製作の映画)

3.0

アニメの中の「血のハロウィン🎃」という単語を聞いて、ふと思い出した作品。
なんとなくは知ってたけど改めて見てみました。

サクサクっと見られるスプラッタ系ですね😊これからスプラッタを頑張ろう!と思って
>>続きを読む

ジョシュア 悪を呼ぶ少年(2007年製作の映画)

3.0

てっきり食器が空飛んだり黒い影とだるまさんがころんだする系かと思えば、意外にもサスペンス。笑
妹が生まれた事により崩壊していく家族の話です。
サム・ロックウェルとベラ・ファーミガか夫婦。ショートカット
>>続きを読む

ノロイ(2005年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

これ、何度か見てるけどどうも忘れてしまうんですよね😅
なので自分の記録用にネタバレ含みますのでご注意下さいませ。

フェイクドキュメンタリー構成です。
怪奇実話作家の小林雅文が、映画「ノロイ」の完成後
>>続きを読む

ブライアン・シンガーの トリック・オア・トリート(2008年製作の映画)

3.5

夏も終わるかと思ったらカルディがハロウィン色になってた🎃笑
服もそうだけど先取りが激しい今日この頃、負けずにハロウィン映画を〜😊

ハロウィンの夜、とある町で起きる4つの出来事を上手く絡めた本作。
>>続きを読む

ウィッチサマー(2020年製作の映画)

3.2

夏も終わりそうなので、タイトルにサマーがつくこの映画を鑑賞😊

しばらく大きな展開もないのでまったり見てましたが、後半勢い付いてきます。

たぶんSFやホラーを見てる人なら何度かデジャヴを味わうんじゃ
>>続きを読む

デビル・インサイド(2012年製作の映画)

3.4

悪魔祓い映画ですっ😆✨
(※悪魔好きです)
と言っても首も回らなければ緑のゲロも吐きません。笑

主人公が8歳の時に母親が自宅で3人の人を殺してしまいます。
裁判で精神疾患と判断された母親はその後、ア
>>続きを読む

アイスブレイカー 超巨大氷山崩落(2016年製作の映画)

3.0

1985年3月、ソ連の砕氷船が南極で身動きが取れなくなる話。実話が元だそうです。

氷山の怖さや、南極で何ヶ月も閉じ込められる怖さなんかを鬼気迫る感じで描いているのかと思いきやそうでもなかったです。🤔
>>続きを読む

ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019年製作の映画)

3.0

ドラゴンボールかと思ってしまった。悟空が頭を打たなかったら??と思うとあの壮大なストーリーはないのよね🤔
何の話?笑

いい子だったのに思春期だか反抗期だかを機にめでたく超能力に目覚めて、世界を征服し
>>続きを読む

人間まがい(2013年製作の映画)

3.5

山崎ハコさんが同タイトルの歌を歌ってたような・・
そこから取ったかは分かりませんがやたらとズキューンとくるタイトルです😊

よくある、と言っては何ですが、身体を未知のものに乗っ取られ別人格になってしま
>>続きを読む

殺戮職人芝刈男(2003年製作の映画)

1.5

1時間くらいヤク中とマウント女と変態の日常を垂れ流します。まあまあちゃんと見てたつもりですが、もう本気でつまらない。笑

舞台はカントリークラブです。
ゴルフ場にプールやテニスコートなどを併設。大きそ
>>続きを読む

人喰猪、公民館襲撃す!(2009年製作の映画)

3.1

これまた随分とスケールの小さい・・と思いましたが、ちゃんと村が襲われてました😅

さすが韓国のコメディパニック。
よく滑りよく転び、やたらとポカスカ叩かれます。コントだな。
みんな、知らない人だろうが
>>続きを読む

フューリーズ 復讐の女神(2019年製作の映画)

3.3

友人といる所を拉致られ目が覚めると森の中で主人公のケイラ1人。
友人を探そうと歩き出すと同じような目にあった女性達に出会う。
そこに容赦なく襲いかかる凝ったマスクにズタボロの服を着た男・・達?あれ、マ
>>続きを読む

生霊 IKIRYO(1999年製作の映画)

2.0

アマプラって本当に幅広いなぁと感心してます。久々こういう感じの映画見ました😅
まあ1999年ですからねー。パソコンがでっかいし電話にコードがついてる。そんなんだったっけかー。この辺はテクノロジーの進歩
>>続きを読む

フッテージ~惨劇までの13日間~(2016年製作の映画)

3.2

ファウンドフッテージ系の映画を撮るために集まった6人。
勿論ホラーなんで、撮影現場が本物の呪われた小屋だったので襲われちゃいました系です。

いい大人とは思えないほど撮影がグダグダです。主演兼脚本の男
>>続きを読む

烏 カラス(2007年製作の映画)

2.8

この前外を歩いてたら、カラスがわさーっと飛んできて道端の街灯にとまりました。私がその街灯を通り過ぎるとカラスはまた飛び立ち、私を超えてひとつ先の街灯にとまります。えっ、狙われてる??
これが5回くらい
>>続きを読む

カットスロート・ナイン(1972年製作の映画)

3.4

1972年製作。
残酷描写が多いと噂のマカロニウエスタンを見てみることに。
というかタランティーノのヘイトフル・エイトが168分だったので尻込み。笑
元ネタであるこの映画が大好きらしくて、それならと9
>>続きを読む

群がり(2020年製作の映画)

3.1

最近ではせんべいになったりもしてるので、昆虫を食べる事が普通になってきているのかな?とは思っていましたが昆虫粉は知りませんでした。
小麦粉みたいなもんらしいです。

そんな昆虫粉を製造するためにイナゴ
>>続きを読む

もうひとりいる(2002年製作の映画)

2.9

廃校で素人アイドル3人の写真撮影をしていた所、スタッフ含め計7名が怪異に襲われる話。ザ・低予算ホラー。60分。
以前100円セールにてジャケ借り。

4人の大人役の役者さん達が周りを固めていたので良か
>>続きを読む

The FEAST/ザ・フィースト(2005年製作の映画)

4.0

あーこれ好きだぁ😆✨

テキサスのポツンと一軒家バーで夜な夜な過ごしていた面々。
突然血まみれで飛び込んできた人に「正体不明の怪物が来る!覚悟しろ!」みたいな事を言われ、籠城して戦うというそんなに珍し
>>続きを読む

トレマーズ(1990年製作の映画)

3.5

邦画の「ヒルコ 妖怪ハンター」を観たら何故か思い出したので、めちゃくちゃ久しぶりに鑑賞してみました。
何でだろう、ドタバタバディ以外に共通点無さそうなんですけど😅
Blu-ray出てて、懐かしく観まし
>>続きを読む

ヒルコ 妖怪ハンター(1991年製作の映画)

3.3

沢田研二さん主演のドタバタホラー。なかなか景気良くスパッと切れます。笑
バディには工藤正貴さん。工藤夕貴さんの弟で、僕らの七日間戦争にも出てましたねー。今見ると、嵐の大野さんの若い頃にも似てる様な・・
>>続きを読む

ザ・ボート(2018年製作の映画)

3.0

いつもの通り、小舟に乗って漁に出た男性が一艘の帆船を見つける。
人影も応答もなく不審に思って乗り込むと、いつの間にか繋いでおいたはずの自分のボートがなくなってしまう。

閉じ込められたり船から落とされ
>>続きを読む

13ゴースト(2001年製作の映画)

3.2

ジャケ写のイメージとは少し違ったけど面白かったです😊
ジャケットのインパクトだけで借りると、あらすじ読まないことが多いし勝手に期待値上げちゃうんですよね😅
それで観た後の映画の評価が下がっちゃうのは悪
>>続きを読む

インブレッド(2011年製作の映画)

3.2

想像よりは軽かった様な。
あっ、もちろん悪趣味な鬼畜変態ゴア映画なんですが😅

ヤンチャ4人が社福士2人に引率されて課外活動の様な感じでド田舎にお泊まりに来ます。
何でそこを選んだのか疑問しかない廃墟
>>続きを読む

ゴースト・ストーム/悪霊の巣食う島(2012年製作の映画)

2.8

アマプラの評価はなんと4.5。
逆に怪しい😓
・・とは思いましたが100円セール時に勢いで購入。笑

雷が落ちるところは必ず墓地という島。カップル2組が肝試しがてら雷見物しにきます。
見事雷は落ちて墓
>>続きを読む

恐怖人形(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

いや、もうホント大爆笑でした!
まさかこんな映・・いえ、この様なジャンルの映画でこんなに素直に笑えるとは思いませんでしたねー😆
日本人形とチェーンソーのマリアージュ。ジャケ写のまんまでした。シュール過
>>続きを読む

スキン・コレクター(2017年製作の映画)

2.9

ずっと生皮をペリペリ剥がしているのにも関わらず静かという不思議な映画。

オシャレ感出すのもいいけど、もう少しサスペンスに振るとか楽しませてくれても良かったんじゃないかと思います。
登場人物が少ない上
>>続きを読む

殺人魚獣 ヘビッシュ(2014年製作の映画)

2.7

スカッシュ、
ウメッシュ、
リセッシュ、
ヘビッシュ・・

並べてみるとなんとも爽やかな風さえ感じるこの邦題・・いや、ヘビッシュって何?!バカなの??むしろ好き!!

というわけでおバカ邦題にはかなり
>>続きを読む

ナチス第三の男(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ナチスに実在した「鉄の心臓を持つ男」(原題)、ラインハルト・ハイドリヒ。
史実でもある彼の暗殺計画の話です。
彼がナチス党員になって上り詰めるまでと、暗殺を実行するチェコの軍曹2人。
二部構成のような
>>続きを読む

7500(2013年製作の映画)

2.7

以前TSUTAYAで「アメリカ制作・脚本で清水崇が監督を務める最恐ホラームービー登場!」みたいな煽り文句で興味を惹かれ借りた記憶があります。
夜勤明けにホラー映画を借り漁ってた頃で、物によっては睡眠導
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.7

観たタイミングがイマイチなのか、指導者のフレッチャーが吐きまくる罵詈雑言の内容に一々ピキッと来てたので、えらく疲れました。笑

生徒達は物を投げられ、超至近距離で大声で怒鳴られ蔑まれ、ストーリー上被害
>>続きを読む

メビウス(2013年製作の映画)

3.4

キム・キドク監督の全編セリフなし映画。この監督の作品は何本か観たことはありますが、そろそろ「鬼才」系に行ってみようかと手を出しました😅
がっつり「性欲」に関する映画でした。夜中にこっそり観てて良かった
>>続きを読む

>|