えりさんの映画レビュー・感想・評価

えり

えり

aoyamagakuin univ.

映画(761)
ドラマ(0)

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

3.8

各々の方向性の違いもあってアベンジャーズ内での衝突がある~的な作品。
アントマンやらスパイダーマンやら出てくるので、新アベンジャーズ作戦の序章だ!って感じで、そういう意味ではワクワクする。
アベンジャ
>>続きを読む

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

3.5

ゴシックホラーとのことでしたが、ホラーというより悲しい恋物語みたいな気がします。
でもグロいシーンや幽霊は出てくるのでホラーに分類されているのでしょうか。
始終不気味な雰囲気は漂っていますが、なぜか惹
>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

4.2

任務中のアベンジャーズだけじゃなくて、人間らしさのあるアベンジャーズというか、プライベート感が感じられる場面があってよかった。
ホークアイのお父さん感と、ブラックウィドウとハルクの恋模様…みんな、アベ
>>続きを読む

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(2014年製作の映画)

3.8

予想外にもドキュメンタリー方式(笑)
オカルト好きで吸血鬼や狼人間について詳しければより楽しめる作品だと思います。
映画を見る!!というより、テレビつけたらちょっとおもしろそうなドキュメンタリーやって
>>続きを読む

モール★コップ(2009年製作の映画)

3.5

あんまり期待せずに見たけどそこそこおもしろかった。
少しかっこよく見える。

ミルクは白く、血は赤く(2013年製作の映画)

3.7

初めてのイタリア映画。
子どもっぽくて未熟なレオと、成熟したベアトリーチェ。
展開は見え見えだけど結構好きかも。
わたしもレオみたいに自分の好きな色で部屋を染め上げたい。

まほうのほうき(2012年製作の映画)

3.5

なんだかかわいかった。
ほっこりする。
でもあの箒の細さじゃまた折れちゃうのでは…と思った😂

少女が大人に変わる夏(2013年製作の映画)

3.5

子どもから大人に変わっていく時って色々変化があって、それについていけなくてつらい時もあるよね、、、

バッド・ティーチャー(2011年製作の映画)

3.2

あんまり評価が高くなかったから期待せずに見ましたが、悪くはなかった。
ジャスティン・ティンバーレイクのクセが強い(笑)

パラノーマン ブライス・ホローの謎(2012年製作の映画)

2.8

ストップモーションが好きで鑑賞。
ストーリーはいまいちピンときませんでした…なんか物足りない…

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

IMAX 3D 字幕版にて鑑賞
3Dってどうしても苦手。歳なのか焦点が合いにくい(笑)
字幕を見ると後ろに焦点が合わなくなるから映像が見えないし、後ろを見ると字幕が読めなくなるので、わたしは文字を読み
>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・ダーカー(2017年製作の映画)

3.1

fifty shades of greyと比べて内容が少し薄くなったような気もする…
このシリーズは本当に本で読むかドラマで観たい。
二人の関係がどうなっていくの!?!?っていうのが楽しい映画なので、
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

3.5

ヒロインがそんなに可愛くない😅
ハーバードのロースクールもあんなにレベルが低いわけないよなぁ、と思いながら鑑賞。
現実味はほぼないストーリーですが、見くびられ続けていた女の子が奮闘する姿を応援したくは
>>続きを読む

ドリスの恋愛妄想適齢期(2015年製作の映画)

4.2

妄想している時のドリスが本当に面白い。にやけちゃうから電車の中で見るのは厳禁。
妄想と現実の使い分けも上手い映画だと思います。
あんなに年の離れた人を好きになったことはないし、ドリスが経験したことのほ
>>続きを読む

時間回廊の殺人(2016年製作の映画)

3.8

ミステリースリラーといったジャンルでしょうか。
ホラーが苦手な人には少々きついかもしれません。
でもホラーではなくスリラーです。
映画を最後まで観たらその理由がわかると思います。
あまり詳しく書くとネ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.8

とっっってもよかった。
設定はぶっ飛んでるけど、それでもあの世界にぐいぐい引き込まれていく。
ジョークも散りばめられているし、言葉の使い回しにもセンスがある。
英語が分かるのであれば字幕版で観るのがお
>>続きを読む

カニバル(2013年製作の映画)

4.2

殺人鬼系かと思ったらもっと心理的な描写ばかりの映画だった。
カニバリズムにエロとかグロとかそういう類のものを求める人にはきついかもしれない。
こちらから汲み取ろうとアプローチしないと楽しめない映画かも
>>続きを読む

>|