めろんぱんさんの映画レビュー・感想・評価

めろんぱん

めろんぱん

映画館で見るのが好き。
アクションが好きだけど、ヨーロッパのポップな作品も好き。
前情報無く、直感です。入り込めないと、眠ってしまう…

映画(672)
ドラマ(0)

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

仕事に疲れた今、大人が見るべきだと思う。
ドラマがあって良かった。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.1

基本、ジョーズと戦う研究者達。
サメが狙う相手が民間人になったとき話はピークに。
サメが襲うシーンは、なにかが起こりそうな雰囲気がバシバシ感じてヒビリまくり。
巨大なサメに対してのプランが浅はかだった
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

4.6

自閉症の女性が脱皮する。
原稿を届けるために。
見ていて危なっかしいが、そばにいる人も援助する場面があるわけでもなくウエンディが自分で決めてるところが良い。

流れる音楽が好き。
日本にすんでいると分
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.3


この人たち懐かしいなあと思っていると、懐かしい音楽がタイミングよく流れてきて感極まる作風でした。
素敵なパパ達だ。

Oh Lucy!(2016年製作の映画)

4.0

ハグだけでこんなに笑えるとは。
さすが寺島しのぶだ。
独身女性の痛々しく苦しい部分と
笑いとを取り入れた傑作。

ゲーム・ナイト(原題)(2018年製作の映画)

3.3

こういうゲームプランナーは実在するのだろうか。ちょっとやそっとでは驚かなくなった人たちが刺激を求めてできるかもしれない。
どこまでほんとで、どこまでがプランなのか。ラストまで引きずる。
バカっぽいレイ
>>続きを読む

輝ける人生(2017年製作の映画)

4.0

出てくるのは皆さんかなりの年配。
街の老人クラブでしょうか、ダンスでのたわいの無い会話は、皆さん楽しそうです。
笑いながら、今を楽しまないと人生もったいないよ!
って教えてくれる映画でした。

この年
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.2

単純に暴言を謝って欲しい話ではなかった。
カッとなりやすいトニー。
仕事熱心なヤーセル。
ちょっとした口論が、レバノンとパレスチナ難民だったがために。
当人以上に逃走意識の高い弁護人だったり、些細なこ
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

楽しい!
原子レベルのはなしは難しいが、小さくなったり、大きくなったり
こういう使い方があるのかと感嘆する。

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.0

二人とも迫力ありましたよ。ニノの早口には圧巻。

原作を読んでみたくなるような、ドラマですね。誰が正しいのか分からなくなってくる。
テンポも良かったと思います。

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.8

しっかり見てないと疑問だけで終わりそう。
世のパパに見せたい。

シャーリーズ・セロンに釘付けだった。

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.1

懐かしい感覚
こういうのいた!

泣かせる話だが、笑いながら気楽に見れるよね。

追想(2018年製作の映画)

3.8

過去を思い出しながら、
現代を進み
その後。

歯車が狂うとこうなってしまうのか。
何とも言えない残像を残しますね。

オーケストラ・クラス(2017年製作の映画)

3.7

気性の粗い子供たちを音楽を通して成長させる。どことなく、似たような作品もあったような…

子供たちの喧嘩は、生活感が溢れてて
子供のためならと力を貸す親たちは素敵だ。

所々に、良い俳優がいて微笑まし
>>続きを読む

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

3.9

良い試合だ!
二人の詳細は知らなくても、当時、ボルグとマッケンローの名前を知らない人はいなかっただろう。
試合だけでなく、二人の本来の気性は似てたのかな。

二人を知らなくても、この伝説の試合は興奮す
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.8

気楽に見れて、楽しいね。
家族で見るには丁度良い感じ!

銀さんの金欠、バイト生活に笑って
新撰組の内紛は「カッコいいー」
連発でした。

ヒトラーを欺いた黄色い星(2017年製作の映画)

4.0

7000人ものユダヤ人がベルリンに潜伏した。そのうちの4人の話。
実物の体験談を交えながら、当時を再現した話は胸に突き刺さる。
「間違ったことしてないから大丈夫」が通じない世界だ。

ヒトラーのしたこ
>>続きを読む

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

4.0

半分も理解できてない。
途中までは理解してると思ってた!
この方向性は見抜けなかった。

女性が見てもマリーヌはセクシーだった。

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

4.2

最高権力者が亡くなると、こうなるのか。
って権力争いや残された家族、スターリンが行ってきた独裁含め真面目な問題を可笑しく見てしまった。

マレンコフがあんな人だったら、政治も心配だろうな。
ブシェミ、
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

もう誰が見方で、誰が裏切り者か。
途中から怪しくて。
走ってはしって
飛んで
バイクに車、ヘリ。
アクションだけって感じもあるけれど、かっこいいから良し!

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

ゾンビ映画のよくあるやつね!
って思ってたら
雲行きが怪しくなって

あの妙な間、
意味わかった~ーー。
母と子は似るんだよ!

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.2

先住民の扱われ方が含まれていることは後から知った。ひとつの女性の事件として見た。

この事件がどう進むのか。
FBIの管轄になるには・・・
誰が関わっているのか・・・
不吉な音楽が、ハラハラ感を増して
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

4.0

感動して涙するところがいっぱいの
たくさんの内容が含まれていて、あっぷあっぷしそうだ。
けれど、ドラマよりも迫力あるヘリの音。
派手すぎないこの音楽が盛り上げてくれ
満足の作品でした。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.0

豪華ですね~女優がこれだけ集まると!
サンドラ・ブロックも良いですが、ケイト・ブランシェットがかっこいい。
アン・ハサウエイは美しいし。
後半のドレスアップした7人はまた見ものです。
作戦が始まったあ
>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

2.9

原作未読。
死神交えたファンタジーを普通に楽しめた。
きゃらにあまり魅力を感じないのが難点かな。夏休みには丁度良いと思います。
原作好きにはどうかな。

グッバイ・クリストファー・ロビン(2017年製作の映画)

3.8

クリストファー・ロビンとプーさんの絵本ができた背景にこんなことがあったとは。
子供の心にじーんときて、マーゴットの母にイライラして。
風景はとっても素敵で唯一の癒し。

クレアのカメラ(2017年製作の映画)

3.5

たまたまであったクレア。
彼女から会話を切り出し、お茶したり…
この独特のテンポが好み別れそう。
室長×監督×社長の世界にちょっと色付けした黄色のユペール。

なんだろうこの感じ…

子どもが教えてくれたこと(2016年製作の映画)

4.0

5人の重病を患ってる子供たちと家族の日常。
かわいそうにね。って、日本じゃあ特別扱いされそうな子供たちに普段の生活を送らせているスタッフや家族の考え方。
子供たちの自分を知っての考え方。
病気だから不
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.9

噴火の起きた島を抜け出して舞台はおうちの中。
いろいろと言いたいことはありますが、楽しめたので良し。
迫力ありました。
微笑ましい1頭と1人

グッバイ・ゴダール!(2017年製作の映画)

2.9

私には長く感じた。

ゴダールは夫としては全然ダメダメだし、昔のフランスでは有名人はあんな感じなのかな?
自己中でしたね。
それをだらだらと見せられた感じ。

洋服はとても素敵だし、背景も良かったです
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

4.2

テニス界の女性の地位をかけての、手にあせ握る戦い。
それだけではなく、LGBTや仲間同士の妬み、フィリップモリス社の各試合会場でタバコを吸わせるスポンサー契約。
たくさんの内容が含まれていた。

ボビ
>>続きを読む

エヴァ(2018年製作の映画)

4.0

ギャスパーがイケメン故の軽薄さがぴったりで。
不思議なイザベル・ユペール。
娼婦なのに、あっけらカランとベルトランを扱い
彼女が魔性の女なのかすら分からなくなる。
このハッピーエンドでなく、スッキリし
>>続きを読む

天命の城(2017年製作の映画)

3.5

位置関係や人物関係がいまひとつ理解に乏しいが、
よく言えば貧困の民を守るために王様が犠牲になる?
大臣たちのぶつかり合いは今の時代から見ると自分勝手だなあと思えてしまう。
山場はないが、
大臣たちの迫
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.9

少女と母親はその日暮らし。
何て母親だよ!って思うところたくさん。子供たちも、言葉使いといい下品だ。
見守る管理人ボビーの表情が印象的。
こんな生活と裏腹、街はピンクの建物に明るい太陽。隣にはディズニ
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.2

誘拐されて25年ぶりの我が家に両親。
お互いの戸惑いもあろう。
戸惑いや悩みが中心でなく、ジェームスのブリグズビーに対する思いが前向きで重くない。
妹の同級生が良いやつで
お巡りさんも良い人だった。
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

1.6

浅野忠信にあんなことさせて
永瀬さんにあんな格好
染谷さんにあんなダンスさせて

よく分からず、は良いとしても
笑うこともできなかった・・・・

私には合わず。

>|