めろんぱんさんの映画レビュー・感想・評価

めろんぱん

めろんぱん

映画館で見るのが好き。
アクションが好きだけど、ヨーロッパのポップな作品も好き。
前情報無く、直感です。入り込めないと、眠ってしまう…

映画(644)
ドラマ(0)

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.9

噴火の起きた島を抜け出して舞台はおうちの中。
いろいろと言いたいことはありますが、楽しめたので良し。
迫力ありました。
微笑ましい1頭と1人

グッバイ・ゴダール!(2017年製作の映画)

2.9

私には長く感じた。

ゴダールは夫としては全然ダメダメだし、昔のフランスでは有名人はあんな感じなのかな?
自己中でしたね。
それをだらだらと見せられた感じ。

洋服はとても素敵だし、背景も良かったです
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

4.2

テニス界の女性の地位をかけての、手にあせ握る戦い。
それだけではなく、LGBTや仲間同士の妬み、フィリップモリス社の各試合会場でタバコを吸わせるスポンサー契約。
たくさんの内容が含まれていた。

ボビ
>>続きを読む

エヴァ(2018年製作の映画)

4.0

ギャスパーがイケメン故の軽薄さがぴったりで。
不思議なイザベル・ユペール。
娼婦なのに、あっけらカランとベルトランを扱い
彼女が魔性の女なのかすら分からなくなる。
このハッピーエンドでなく、スッキリし
>>続きを読む

天命の城(2017年製作の映画)

3.5

位置関係や人物関係がいまひとつ理解に乏しいが、
よく言えば貧困の民を守るために王様が犠牲になる?
大臣たちのぶつかり合いは今の時代から見ると自分勝手だなあと思えてしまう。
山場はないが、
大臣たちの迫
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.9

少女と母親はその日暮らし。
何て母親だよ!って思うところたくさん。子供たちも、言葉使いといい下品だ。
見守る管理人ボビーの表情が印象的。
こんな生活と裏腹、街はピンクの建物に明るい太陽。隣にはディズニ
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.2

誘拐されて25年ぶりの我が家に両親。
お互いの戸惑いもあろう。
戸惑いや悩みが中心でなく、ジェームスのブリグズビーに対する思いが前向きで重くない。
妹の同級生が良いやつで
お巡りさんも良い人だった。
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

1.6

浅野忠信にあんなことさせて
永瀬さんにあんな格好
染谷さんにあんなダンスさせて

よく分からず、は良いとしても
笑うこともできなかった・・・・

私には合わず。

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.0

この二人、ある意味マゾ?
ファッション界のことよりはサスペンス。
二人の恋愛は歪んでる。

スッキリしないけど、今までに体験したことがない内容で面白かった。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

4Dだと楽しいでしょうね。
ハン・ソロの由来、チューバッカやファルコン号との出会いが、なるほどね!って感じ。
敵の悪の要素や、いい人なのか悪い人なのか。信念が中途半端な感じがして物足りなさも残りますが
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

2.6

6人の家族。
恋愛、不倫、いじめ、貧困、戦争後の異国の地での生活には
たくさんのことが詰まってました。
どの人も叫び怒鳴ってるシーンが耳についた。

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.3

マーシュをリーダーとして森林消防隊は火と戦う。
炎の勢いが迫力ありましたね。
仲間同士の人間ドラマや一丸となった協力体制は素晴らしく。
感動と悲しいお話だった。

ウタモノガタリ CINEMA FIGHTERS project(2018年製作の映画)

1.4

6編、終わる度に歌が流れて。
ショートフィルムも突然水のなかの男女や思い出や幻想、原爆?
申し訳ないがよく理解できなかった。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

見た目じゃないよ。
泣かせるシーンがいっぱいあって、うまくいきすぎてるところもあるけど。
やっぱり感動。

オギーだけでなく、子供たちはいっぱい悩んで大きくなる!

セラヴィ!(2017年製作の映画)

4.0

フランスのあるカップルの結婚式1日。
ウエディングプランナーを中心に、彼の雇ったスタッフ(社員含め)がポンコツ過ぎて笑いと驚きが止まらない。
外国の結婚式の自由さと、ちょっとずつ入ってる人間関係がほの
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

4.2

心底憔悴しきってるSカレルが痛々しい。戦争について、考えさせられますね。
友情って良いなと。電車のなかでの笑い顔。感動でしたね。

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.4

ピアノの音が素敵でしたね。
芸術性が自分に無いのか、森の意味や音の違いはよくわかりませんが、調律師という仕事を改めて知りました。
人間として、挫折しながらも成長していく真面目なお話だった。

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

3.5

ディランオブライエンの作品が続くなか、イチオシかな。
彼女を殺され、CIAにスカウトされるまでの執念。CIAでの戦い方を教わりながら実践へ。この間のアクションが激しい。
結構キツいシーンがあるけど
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.9

スタートから、緊張が走るテンポでドキドキしっぱなし。
こういう結論になるのか!
悔しいし、もっとどうにかならないのかー。
驚きの人!

1話のような、迷路地帯でこれから何が起こるんだ!という新鮮な感じ
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.1

素敵な二人だ。
屈託のない笑いの瑠衣。
彼女の未来のために考える大輔の行動は感動だった。
加えて素晴らしい景色。

重くならず、すごく笑わせてもらいながら見れた。

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.0

広瀬すず、福士蒼汰、豊川悦司の重厚な感じ!
この三人だけでも成り立つんじゃないかな。

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

田舎に住む17才の受験間近の女子高生。
初めて体験することや、母親と素直になれない関係。これは母親が子供に対しても。受験やこれからのことにたいしての自立した考え。
いっぱい詰まってました。
共感すると
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

治と信代の家族(?)どうしようもない夫婦だけど愛情とは違う、日々笑いが溢れてた。
まるで動物の本能のようだ。
はじめから一線を越えていたけど、這い上がろうとはせず今を生きる彼らの生活は、だんだんと取り
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

4.2

山崎さんと樹木希林さんの夫婦はとても自然体で会話するだけでほっとしたり笑わせてくれる。
自然たっぷりの庭は蟻の足音や、風で揺れる葉っぱの音さえ感動してしまった。
ファンタスティックな部分もあり、お互い
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.1

ド派手にやっつけてくれますね。
新しい仲間に一瞬の仲間。
あちこちに出てくる名前や作品。音楽にいろんなキャスト。絶対に一回じゃあ見逃してる。

男と女、モントーク岬で(2017年製作の映画)

3.8

作家が昔の恋人を訪ねて未練たらたらで、小説のような言葉を並べる。
女性はシビアですね。
どちらの女性も。
確かに、幽霊の旅のような感じでした。

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

3.5

前作を見ておくべきだった。
知識のもったいない使い方をする彼らは、痛快だった。
終わりかたも、そこですか!
人がいっぱいいて、誰が誰だか理解に苦しむ。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

2.2

日本をイメージするとこんな世界?
申し訳ないが、内容がよくわからなかった。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.0

キュートだ!
ピーターラビットがイタズラ好きだとは初めて知った。
音楽もナイス。

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

3.6

新高校一年生が出会ったおとなりさんが、恋愛対象に。
ツンデレのような、三角四角だったり。
盛りだくさんですが、キュンとして笑わせてくれる菅田将暉。
面白かったよ。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.0

アキレス腱を切って陸上選手生活を辞めた女子高生が、次に打ち込んだのはおじさん。
大泉洋の戸惑いが、滑稽で笑わせてもらいました。
背中を押すってこういうことかな。

友罪(2017年製作の映画)

3.4

犯罪をおかした人は生きていて良いのか。瑛太の事件を中心に複数の大なり小なりの事件について考えさせられた。
どちらの気持ちもわかって
重い気分で終わる。
瑛太の演技が素晴らしいと思う。

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

4.3

見ごたえありましたね!
リコール隠しに気がついたとき、ディーンフジオカと 高橋一生がどう動くか。
協力して解決するのはよくある話。この人達は出会うわけでもなく、別々に違う行動している。
この進め方が好
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.3

テロ組織の拠点を潰すために戦うのはわかるのですが、将軍の援護やアタ?でしたか。私の頭では政治情勢が理解しきれなくて・・・
戦争という怖さはとても伝わってきました。
テロを潰すために殺人をおかすことも正
>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

4.0

ゾクゾクしましたね。
日本の公道をレースカーが走る。湾岸では鳥肌がたってしまった。
カーマニアからするとどうかはわからないけど、エンジン音もドリフトもかっこよかった。
ホントならスバルで見たかったけど
>>続きを読む

>|