ヨルンさんの映画レビュー・感想・評価

ヨルン

ヨルン

インド在住
現在は主にインド映画がメイン
海外だと延々映画を流してるので昔の映画ばかりこちらでヒットする
インド映画の最新作等あれば記入出来るのに

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.9

セリフで語るよりも一曲の歌で語られ伝えられる

ショーが始まるワクワクドキドキ感が作品全体にある
駆け足感はややするものの、それがテンポよく進んでもいる
個々が立ち上がり、認めて欲しい、人間としての尊
>>続きを読む

Mujhse Dosti Karoge!(原題)(2002年製作の映画)

3.8

とてもときめきトゥナイト

友情の為に自分の心を犠牲にしてしまうプージャ
素朴で優しいプージャを演じるラーニー姉さんがとってもキュート!
突然のウーさんにツッコミが絶えない…

悪い人なんてどこにも出
>>続きを読む

Padmaavat(原題)(2018年製作の映画)

3.7

キャスティング、また俳優の演技力が素晴らしい
1シーン、1カット、画面の端から端までが延々と芸術作品として仕上げられている
ただ、内容を考えると「それで?」となってしまう
ヒンドゥー美学を増長させるの
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.6

溢れる歌!!歌!!歌!!
ここまで歌に溢れてると観るというより聴く

太郎ちゃんのI'm still standingがストレートに胸に響いた
透き通ってて、でも力強く歌い上げてる
なんて素敵なんだ

踊るツインズ(1997年製作の映画)

3.6

ヴァルン・ダワンでヒットした双子ちゃんの元ネタの方
こちらも当時大ヒット
Judwaa2がどれだけこの作品をリスペクトして作られたかが分かるくらい共通点やらネタやらが随所に
アイドル時代のサルマンあん
>>続きを読む

Swades(原題)(2004年製作の映画)

3.6

貧しい村の問題をどう解決するか
一過性のものではダメだ
村の人がみんな物分かりが良いわけではないし、貧しい故に施される事が当たり前、と言い張る人もある
裕福な人から施しを受けて当然、その権利がある、
>>続きを読む

プレミアム・ラッシュ(2012年製作の映画)

3.6

最初はメッセンジャー達のドラマかと思っていた
自転車の疾走感、ヤバい事情を運ぶことになった緊張感
設けられたタイムには差ほど縛られなかった
そう言えば時間制限あったっけ、というくらいに

自転車で走っ
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

幼い頃、ジュマンジをみてかなりハードだった為苦手な部類に入る作品だった
特にあの音が不気味で怖かった
ジュマンジ、こんなにコメディだったのか
ゴリゴリしてるんだけど中身のせいでギャップが楽しい
ドウェ
>>続きを読む

ブルース・オールマイティ(2003年製作の映画)

3.4

ジム・キャリーはいつでも全力だなぁ
そこが彼であるのだけど
ジェニファーさんが可愛い

死霊館 エンフィールド事件(2016年製作の映画)

3.5

ホラーなんだ、と身構えていたが…ホラーはホラーでもシックスセンス的な感じがした

解決してはいない(原因究明という意味で)事件だけに、どうまとめるのか気になって最後まで見てしまった
そうするしかオチが
>>続きを読む

Tiger Zinda Hai(原題)(2017年製作の映画)

5.0

前作を引き継いでいたし、カビール監督のやりたかったことをしっかり描いていたと思う

画面がずっとゴリゴリしており、これはシュワルツェネッガーかはたまたスタローンか、それともブルースなのか?
銃火気に重
>>続きを読む

トロールズ(2016年製作の映画)

2.9

質感が実に興味深い作品
ストーリーよりも画の作りに目がいく
懐かしい、NHK の教育テレビ的な感じ

アロハ(2015年製作の映画)

3.3

胸ほっこり系
ハワイが舞台なのでそこかしこにH50のロケ地が見れて勝手に盛り上がる
大きな目が頑固そうにじっと見上げる姿が何だか可愛かったな

ストレンジ・マジック(原題)(2015年製作の映画)

3.8

想像以上に響いた
ギャップ萌みたいなものだろうか?

Evil Evil と言いながら憎めなさすぎる悪役
このEvil がやたら歌うまくて誰かと思ったらアランさんだったので納得
平和な世界にほんわりし
>>続きを読む

デビルズ・トレイン(2015年製作の映画)

2.5

なかなかにベタではあるが、ヴェアヴォルフではなくデビルとは思わなかった

先の読めるキャラクターの動きにイライラする系でもある
それをお約束と割り切って見るようになるのはだいぶ過ぎてからになるのは、ど
>>続きを読む

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.5

ドレスの美しさにうっとりする
そして魔法使いヘレナさんの個性を生かし、新しい妖精王を作り上げたあの存在感は格別

悪い人のいない、方向性が違うだけで実に愛に溢れた作品だなぁと思った
最後にエラ姫は継母
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.7

ジワジワ残る感じの作品

複雑に絡みがちな所をシンプルにしてあったように思う
トムさんの演技がまた作品に、キャラクターによく生かされていて、映画そのものを良い方向へ引っ張っている

モンスタートラック(2016年製作の映画)

3.0

着眼点が面白くて
タコちゃん可愛い
どんちゃん騒ぎの果てにホロリが待っている

しかしタコちゃん、アレに目覚めてしまっては、また地上に戻って来るんでは

ファンタスティック・フォー(2015年製作の映画)

2.0

余りにも記憶に残らなくて観たことを忘れていた
キャスティングには興味をひかれるんだけども

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.5

神による神話規模のアクションコメディだった………え、ソーってコメディ映画だっけ?
今までの作品がそんなに好きじゃなかったけど、このラグナロクは最高に楽しかった
インド人と一緒に笑って笑ってツッコミいれ
>>続きを読む

Secret Superstar(原題)(2017年製作の映画)

5.0

元々主人公が歌めちゃうまで、その歌声とギターで人々を引きつけているのが大前提ですが、彼女が夢を叶えるには大きな壁が立ちはだかっており、それは彼女だけでなく彼女の母親も同様
優しい母親の深い愛と、彼女の
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.7

こんなに可愛いデニーロさんは初めて観たかも知れない
温かくて、知性に溢れて、キュート
日本で劇場版予告を観て観に行きたかったのに機会が作れなかったのを悔やむ

スパイキッズ2 失われた夢の島(2002年製作の映画)

3.3

発想が愉快!
子供の自由な発想ってこういうのなのかなぁ、そしてそれを大人になった自分は見失ってしまったのかな、と
バンデラス氏とブシェミ氏がキュート

Golmaal Again(原題)(2017年製作の映画)

3.7

実はこのシリーズ、1~3までそんなに好きじゃなかった
ドタバタと騒がしいだけだと思っていたから
それが、Againはストーリーがきちんとある
しかも切ない
よしもと新喜劇にドラマがしっかりついている
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.5

意外と激しくない
知的な所で興味深かった

マントが甲斐甲斐しくて……

これ系はシアターで見ていたら映像酔いして映画どころではなくなるやつだったので、自宅鑑賞でちょうど良い

ハッピーただいま逃走中(2016年製作の映画)

3.5

この作品のお約束感はよしもと新喜劇を見て育った身としては共感出来る
ドタバタコメディではあるものの、ハウスフル等の雑な騒がしさは無く、テンポも良い
彼氏さん、彼女さんの手料理で「こ、この味は…!」てな
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.7

ゾンビ系得意じゃないけど、ドラマ性がかなりあって面白い
訳ありなそれぞれの人物像が解き明かされていく、とかではないけど、まぁ人間なんてそんなもんかというサラリ感がそれを気にさせない
パパさん、大沢たか
>>続きを読む

Judwaa 2(原題)(2017年製作の映画)

4.0

笑った!!
今年観た作品の中で一番笑った
インド人の観客も大爆笑

これでもか!って映画ネタ満載でどれだけ知ってるかを試されてる感じがするのは久々
サルマンさんの作品にかけてあったり、出演者が主にMe
>>続きを読む

DEVILデビル/ラマン・ラーガヴ 2.0 ~神と悪魔~(2016年製作の映画)

3.0

変人の役ならナワさん
というくらい、一筋縄ではない表現力を求められる作品
俳優単体でみると良い
ただ、これは個人的好みによる
実はアヌラーグ・カシャップ監督とは好みが不一致で、今作もそうだった

>|