optyzさんの映画レビュー・感想・評価

optyz

optyz

映画(68)
ドラマ(0)

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

3.5

前半と後半で印象がまるで違った。

前半は、正直辛かった。へんなCGとか、長すぎるレディガガの歌に乗せた三人の下手な踊りとか、目が点になって、こりゃ失敗だったかな、、、と。

あと三人の悪ふざけもいた
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

花火を見ている、正確には聞いているシーンが秀逸でした。社会から取り残された狭間の人々だと見せつけられました。だけどその表情はとても豊か。

血で親になれるのか、そうではない愛情の集合体もあるだろう?と
>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

3.5

映画館でてそこに広がる渋谷の街、
同じ世界とは思えないよ。

こちとらの悩みは
明日の仕事が嫌だなぁとかかい。

ラッカは静かに虐殺されている。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

自分だったらどうするか、あの決断をできるほど最愛だったということ、そんな存在がいてうらやましく思う。
重い内容なのだが、後半舞台のギリシャの海が穏やかできれいで少し和んでいた。
最後のカップルの女性の
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

4.0

映画館から出てそこはかとなくソワソワ歩き回って咀嚼した。

足りないもの同士がひかれ求め合う様子を淡々と描いている。恋愛じゃなくても別にいいんだが、美しい恋愛だった。
すれ違う時は、鹿だったらもっとシ
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.0

割と最近の話で、事実に基づくということをしっかり認識したい。

裁判での有利な戦い方を死守しようとしてデボラと衝突する弁護士団が嫌に見える時もあったが、ホロコーストの有無を争う負けられない戦いなんだと
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

4.0

くまだけど、くまだから、
「よそもの」への扱い方を考えさせられる。
パディントンの目が表情豊かで、切ない顔の時は泣きそうになった。

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.5

息苦しい10代。
いくら大人っぽくたって経験していたってやっぱり中身はまだ子どもの過渡期。
ひりひり、ぞくぞく、はらはら。

あまり感情移入しなかったのは歳をとったからかもしれない。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

ファンタジーかと思っていたら、いやそうなんだけど、それを超えて官能的だった。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

怒りは怒りを呼ぶ。
でも慈しみや愛だってみんな持ち合わせてる。

怒りと報復の連鎖を、なんとかそれらが止めてくれないだろうかと思うのだけど、間に合わない、足らない。

でもそれでも可能性があるのは人と
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.0

前半はほぼ音楽なしでドキュメンタリーのような静かなシーン、でも切り取ったらポストカードになる構図の絵が続きます。
後半からは主人公が弾くギター、街中や店で演奏されるバンド、それら民族音楽で彩られます。
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.5

絶望的な状況、くそくらえと自暴自棄になっておかしくない状況に、それぞれの目標や矜持を貫くために、三者三様のやり方で戦う3人の女性。

仕事に対して振り返させられた。あんな風に仕事したい、生きたいなぁと
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

5.0

前半は笑いで震え、
後半は身につまされる痛さで震えた。

松岡茉優、ぴったり役。
渡辺大知、キモさがリアルだった、でも最後頑張ってた。エンディングが黒猫でカッコいい渡辺大知も聞けて良かった。
脇役も非
>>続きを読む

風櫃(フンクイ)の少年(1983年製作の映画)

3.5

これもまたよかった。思春期の男の子たちが大人への狭間で揺れる様子が甘酸っぱかった。

冬冬の夏休み(1984年製作の映画)

3.5

なんてことない普通の田舎を背伸びせず撮っていて心惹かれた。私の田舎も、私の子供時代も、あんな風だったのではと自然に思いを馳せた。

キャロル(2015年製作の映画)

5.0

2018一作目。

ケイトブランシェット演じるキャロルの女性として、妻として、恋人として、母としての多面性に虜になった。知的で上品で強く艶かしい。しかし脆くもあり、守ってあげたくなる、できることならば
>>続きを読む

母なる証明(2009年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃ好きなタイプの映画だった。
始めと最後のお母さんのダンスが悲しかった。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

-

切ない。誰かの代わりだったとは、どこからがコントロールされていた行動だったのか、自由とは、人とは。

ラストエンペラー(1987年製作の映画)

-

壮大。装置が全て豪華。清朝の煌々とした歴史を示している。それを最後にしてしまった溥儀の時代。どう思っただろう、なんとかしようとしたよね、など感じ入られた。中国内の漢民族と満州人との対立もよくわかった。

蛇イチゴ(2003年製作の映画)

3.5

西川美和の原点。うまく行っているように見えるものの皮を一枚ずつピリピリ剥いで行く感じ。

人間に対してサディスティックなところがデビュー作にしてもろに出てました。

誰も知らない(2004年製作の映画)

5.0

誰も知らないというタイトルは、親に捨てられて誰にも助けてもらえないかわいそうな子どもたちととらえていたが、最後には自分たちで生きていく、誰も知らない清く本当の意味で思いやり助け合う生き方を実践していく>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

5.0

三時間もあったけど後半ぐっと加速しておもしろくなっていき、ダレることなく鑑賞できました。黒木華さんが美しく魅力的でした。額に青筋が透けるほど白い肌、黒いロングのウェーブヘアー、自己主張が弱くすぐ窮地に>>続きを読む

>|