Kikiさんの映画レビュー・感想・評価

Kiki

Kiki

映画(818)
ドラマ(0)

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

-

ニコライ少尉とイェーガー大佐のまさに“宿敵“の頭脳戦!

リビングのTVでも心臓バクバクしました
スクリーンでの鑑賞ならもっともっと緊迫感が楽しめたでしょう(当たり前だけど)

カメラを止めるな!リモート大作戦!(2020年製作の映画)

-

今やれる事!
今伝えたい大切なメッセージ!

カメ止めキャスト陣再び
上田監督のアイデア💡チャレンジ💡あっぱれです!
真魚さんの部屋がいい 
台詞がとても良いです( ̄ーÅ)ホロリ


  SAVE O
>>続きを読む

ママをやめてもいいですか!?(2020年製作の映画)

4.0

【ママをやめてもいいですか】
「やめることは出来ないけど、、、」

自分と親の関係性が子育てに影響するのか?
「○○は連鎖する」って…
する?克服できる?したいんでしょ!
それぞれの答え、それぞれの歩
>>続きを読む

娘は戦場で生まれた(2019年製作の映画)

-

無傷では帰れない覚悟をして鑑賞

娘のために回し続けたカメラが映し出すのは、腐敗と不正に理不尽な殺伐と生まれ育った街が破壊され色が無くなる様。
「嘆く暇はない、政権はどこに…」

多数の市民が、息を引
>>続きを読む

世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ(2018年製作の映画)

3.0

自ら「年老いた戦士」と胸を張る
南米ウルグアイ 第40代大統領ホセ・ムヒカ
お人柄が"顔"に出てます!

「人は善きことより、苦痛や逆境から多くを学ぶ」
巨匠クストリッツァが「世界でただ1人腐敗してい
>>続きを読む

山中静夫氏の尊厳死(2019年製作の映画)

3.8

「尊厳死」とは…

「楽に死にたいんです」
「やっておきたい事があるんです」

お涙頂戴映画ではなく、納得する死に方(生き方)の向き合い方を描くいい映画でした。
長野県佐久市の爽やかな風景、隣のお婆さ
>>続きを読む

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

4.0

討論の熱情に圧倒されました!

意味不明な観念語に頭はフリーズしつつも、溢れ出る覚悟と挑戦状に受けて立つ三島さんの一言一句に集中した。
半世紀前…右も左も、水と油であろうと純粋に思想を語る男の生き様が
>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

3.7

「オーマイガー!オーマイガー!オーマイガー!」

繊細で丁寧なグザヴィエ・ドラン映画
舞台はNYとロンドン
トップスターの栄光の裏で抱える孤独

愛しているのに拗れる母と息子

少年との秘密の"文通"
>>続きを読む

サマーフィーリング(2016年製作の映画)

3.7

喪失と再生の物語
ベルリン、パリ、ニューヨークと場所を変え3年の夏を隔てて揺れる心情が大切に描かれている。
乗り越えるというより深い部分で想い続けることに覚悟するよね。。

公園や街を散歩するだけのシ
>>続きを読む

プリズン・サークル(2019年製作の映画)

4.3

更生とは何か?

「昔むかしあるところに、嘘しかつかない少年がいました・・・」

舞台は島根あさひ社会復帰促進センター
「TC(therapeutic community)回復共同体」という教育プログ
>>続きを読む

彼らは生きていた/ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド(2018年製作の映画)

4.0

生々しい

帝国戦争博物館に保存されている膨大な記録映像を再構築したドキュメンタリー映画
モノクロ映像がカラーになる映像マジック!
カラーになった途端"彼らは生きていた"遠い昔の知らない戦地が、目の前
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.8

権力とメディアの"たった今"

ジャーナリズムが機能していない国
官僚の忖度を見過ごし続けていいのか…
切り捨てられる“命“
不都合なものには蓋をする"たった今"も尚

「ごめん」の顔(*꒪⌓꒪)・・
>>続きを読む

最高に素晴らしいこと(2020年製作の映画)

3.7

「Your tern」
原作はベストセラー小説

分かり合える友が寄り添い救い出してくれる
その友達も深い傷と闇を抱えていた
見た目に反して過食症を隠している友もいる
見終わってからもフィンチの家族が
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

-

『プロフェッショナル50』

あの日あの時 原発事故の現場にいた勇姿達

ノンフィクション原作「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」

とてつもなく力強く尽力を尽くした最前線の方々を追い詰める災害
>>続きを読む

嵐電(2019年製作の映画)

3.0

「民話」っぽい映画

京福電鉄の嵐山線で起こる不思議なすれ違い
何故ならソコは"行違い駅"だから

狐と狸には気をつけろ!

生活に根付いた電車…画面には線路沿いの日常と絡み会う3組の恋愛模様…京都の
>>続きを読む

あなたの名前を呼べたなら(2018年製作の映画)

3.7

『SIR』

心が空を駆けてゆく
糸の切れた凧のよう
翼みたいに両腕広げ
生きてみろと言う

失うものは何もないから
踏み出そう 生きてみよう

私は心と手をつなぎ
昼間でも星をつかもう
不安な時は心
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.5

『Just Mercy』

原作「黒い司法 黒人死刑大国アメリカの冤罪と闘う」

「平等な正義イニシアチブ」
アラバマ州モンゴメリーに拠点を置く「E.J.I」司法の公正構想(イコール.ジャスティス.イ
>>続きを読む

架空OL日記(2020年製作の映画)

3.5

「真実じゃなくて矛先!」

原作×脚本×主人公OL=バカリズム

普段どおりの日常が面白い クスクスw
なかなかエッジの効いた同僚たちと交わす会話劇

坂井真紀ちゃん貫禄ついてた!

シム ウンギョン
>>続きを読む

街の灯(1931年製作の映画)

5.0

「明日がくれば、鳥も歌います」

素敵な恋心

光と影と音楽🎶

チャーリー・チャップリンの生涯を描いた伝記映画 「チャーリー」と併せて見直してみた。
あらためて気づきが沢山ありました。ストーリーの奥
>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

3.9

「I want Just Dance♪」

1951年朝鮮戦争 巨済捕虜収容所
国籍、言葉、イデオロギー、タップダンスの実力が様々な5人のダンスチームのほとばしる汗と情熱に、クライマックスはこちらも胸
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.1

「ただのブリキ🏅?勇者のメダル🏅?」

1917年 4月6日
伝令の任務を遂行する2人の若き兵士
オープニングとラストの穏やかな演出がにくい!

後ずさりしながら走ったり、跳んだり、急流にのみ込まれそ
>>続きを読む

37セカンズ(2019年製作の映画)

4.5

「ひとりじゃない」

世の中捨てたもんじゃない!

23歳のユマちゃん、誕生の時37秒の無呼吸で脳性麻痺となった車椅子生活の女の子…
シングルマザーに行き過ぎなほど大切に見守られながら生きてきた彼女が
>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

4.0

「友達ってのは自分で選べる家族さ!」

優しくて詩的な会話にあったまる〜

プロレスラーを夢見て施設を脱走したダウン症のザックとしっかり者の兄を亡くし孤独に身を置く漁師タイラーの"冒険"の旅
シァイア
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.9

『ネタバレ厳禁!』

「毒を食らわば皿までも」

王道風味の面白さ予測不可能でした!
大富豪作家が85歳の誕生日パーティーの翌朝
遺体で発見された…。匿名で依頼を受けて現れた名探偵ブラン(ジャジャジャ
>>続きを読む

ロマンスドール(2019年製作の映画)

3.7

「永遠って言葉は.......」

女性監督と言われるより「タナダユキ作品」と称えられる手腕

焦点を当てたのは、あるひと組の夫婦だけど…
どこかしらの場面(´・д・`)ワカルワァ(゚ー゚)ウンウン
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.2

"事実"と"真実"

いつも…結末を噛みしめるようなエンドロールの独特な空気感がたまんない!今作も明かりがつくまで心地よい時間だった。

アトランタオリンピックの裏側で起こった爆弾事件
勧善懲悪がいな
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.2

「もうナチスじゃいられない」

冒頭の当時の映像に度肝を抜かれた…。
ビートルズがタラップに現れたのかと見間違うほど興奮する民衆の向く先は・・・

音楽のシャレオツ感や風刺ブラックコメディ盛モリ
第二
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.1

「プライドを懸けた戦い」

モータースポーツの魅力✨
取り憑かれた男の友情
今作は限界へ挑んだ"人間賛歌"
乗車アングルとエンジン音を体感する
劇場で観るべき1本です!

誰と戦っているのか…
上層部
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

「人生はノープラン」

チャンスは“禁断“の味しかしない

自尊心が爆発するエンターテインメント!
社会の上下"階段"を映し出す
半地下家族の窓から見ている景色と超リッチ住宅のリビングから眺める景色の
>>続きを読む

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

3.8

『Look up』

クリスマスソングと言えばワム♪
「ラストクリスマス」歌詞にしみじみしました
全編ワムとジョージ・マイケルの曲が懐かしい~

「人は行動でつくられる」
ケイトの台詞を通して観客にメ
>>続きを読む

THE UPSIDE/最強のふたり(2017年製作の映画)

4.0

原作『最強のふたり』
オリジナルのフランス映画が大好きです!

「可能性に挑戦すること」
「前向きに生きる」とは…

スラム街出身で無職のデルは、ハンディキャップを持つ大富豪フィリップの介護人として働
>>続きを読む

カツベン!(2019年製作の映画)

3.6

「ほな、ごきげんよう」

映画の原点"活動写真"と呼ばれた大正時代
劇場で生で声をつけるのが活動弁士"通称"活弁"

恋と夢と追いかけっこ(青木館vsタチバナ館)
周防組「ニューシネマパラダイス」見事
>>続きを読む

失くした体(2019年製作の映画)

4.0

フランス発 繊細なアニメ作品

原作は「アメリ」の脚本家ギョーム・ローランの小説『Happy Hand』カンヌ国際映画祭の国際批評家週間ネスプレッソ大賞受賞、アヌシー国際アニメーション映画祭の長編映画
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.0

「空間がある」

すぐに二度見!!!

チャーリーとニコール二人の共通点は"負けず嫌い"
冒頭のお互いのいい所を伝える魅せ方がとても良く(つかみはOK)ラストへ繋げるプロットが秀逸だわ

二人の舌戦シ
>>続きを読む

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

-

「寅さんが居てくれたらなぁ…」

こんなにも多幸感を生み出す人間模様は他にはない
ものすごいスピードで発信される令和社会にガッチガチになっている昭和頭が、思いっきり解放されたひと時でした。。

満男と
>>続きを読む

バレーリーのバルフィ(2017年製作の映画)

3.8

インディアンムービーウィーク2019
「バレーリーのバルフィ」

タバコもお酒も嗜み夜遊びするヒロイン
「女であるのは災難よ」なぁんて自由奔放娘
ヒロイン役クリティ・サノンがサバサバ超美人
今まで通り
>>続きを読む

>|