nakaiさんの映画レビュー・感想・評価

nakai

nakai

何かいい物語があって、それを語る相手がいる。それだけで人生は捨てたもんじゃない。

ボーン・アルティメイタム(2007年製作の映画)

4.0

シリーズで最もアクション激しかった気がする、まさにグラセフ
最後の音楽も懐かしかった

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

3.7

授乳、喫煙、お喋り、でかい笑い声などなど昔の映画館はこんな感じだったのか〜
アルフレードの言葉の意味はあんまり分からなかったけどノスタルジックな雰囲気が良かった

メメント(2000年製作の映画)

3.8

解説読んで理解できた(納得はしてないけど)
時系列が逆で発想が斬新、もう一回観ないとなぁ

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.0

これが実話とは、、、

男女差別や性差別が顕著に描かれていた
日本の戦時中の映像等は何度も目にする機会があったけど外国の戦時中のものは新鮮だった

青い春(2001年製作の映画)

4.2

エモすぎた、高校生の頃に見てれば良かった

本当に題名通りの作品だった

青木が変身した後が、中学生の頃の先輩に似てたけどよく見ると大地にも似てた

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

まず演技が上手すぎ、特に子役の子は外国版芦田愛菜って感じ、まぁ芦田愛菜の方が年下なんだけど

直接裁判の判決を流すのではなく、前日の会話やサッカーの試合でチーム関係なく走り回るシーンが描かれていたのは
>>続きを読む

美女と野獣(2014年製作の映画)

3.2

美女が美女でボインじゃなかったら最後までは観れなかったな

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.8

ぶっ通しで観ればよかった

アレックスの離婚スピードが早すぎて結婚の設定はいらんかったな〜

センター・オブ・ジ・アース(2008年製作の映画)

3.6

いや〜テーマが良いだけにとても勿体ない作品

2008ならもっと良いCG使えただろ!とか鳥に案内させたりいきなり恐竜出てくるのはなぁ

磁場石やトロッコの部分は3Dで観たかった、あとディズニーに行きた
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.8

主人公以外の人生も描かれていて良かった

グラッチェ!

セブン(1995年製作の映画)

4.1

ラスト衝撃だった

ハラハラして観終わった今も心臓ばくばくする、見入ってしまい、力が自然と入りとても疲れた

マリと子犬の物語(2007年製作の映画)

-

これ観てる時に東日本大震災起きたんだよなぁまじで

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

3.7

主人公の女の子が高1と高3の時の担任の先生そっくり、、、

"他人と違うから良い"人生のパワーワードを貰いました

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

3.7

明日からテストとかやべぇな

人の為に何かをするって大変だ

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.0

ずっと観たかったやつ期待超えてきた

これからは更にイエスを乱発しそう

007/ゴールドフィンガー(1964年製作の映画)

3.4

当時の技術では最新だったんだろう

今見てるすごいことも50年後にはちゃっちいんだろうな

ボーン・スプレマシー(2004年製作の映画)

3.8

逃走中は変装か顔隠せやとか両親殺されたのに娘冷静過ぎやろとかツッコミたくなったけど良かった

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.7

途中からディズニーやUSJでこのアトラクション作れば人気かもとか考えてた、、、

>|