janvierさんの映画レビュー・感想・評価

janvier

janvier

映画(527)
ドラマ(216)

万引き家族(2018年製作の映画)

-

是枝監督の撮る食事の場面は気になる。
今回はお素麺?
樹木希林さんの海辺の台詞は忘れ難い。

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

-

麻雀をやらないから、最後の場面の駆け引き加減の重さがわからず、残念。
主演は石原さとみさんを思い出させた。

アフリカン・ドクター(2016年製作の映画)

-

最初 黒人を見慣れていないとはいえ鉄砲で追い払ってたけど、初めての友人となり生活を助け、医師として認めていた牧場主の温かな優しさをもつのに、地位も学問もいらないだろう。

旅する料理: イタリアから世界へ(2017年製作の映画)

-

sometimes food becomes politics
express not identity but nationality
ナポリの王子
カルボナーラにクリームが入らない
イタリア料理
>>続きを読む

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

-

helter-skelter【副】
大急ぎで、慌ててでたらめに、出任せで

どの場面も一枚の写真になりそうな構図

28DAYS(デイズ)(2000年製作の映画)

-

Sandra Bullock
entering rehabilitation for alcoholism & painkiller
Viggo Mortensen
her sobriety @ ny
>>続きを読む

ミケランジェロ・プロジェクト(2013年製作の映画)

-

The Monuments Men
The Madonna of Bruges is a marble sculpture by Michelangelo of Mary with the Child
>>続きを読む

ブルゴーニュで会いましょう(2015年製作の映画)

-

Netflixの写真が右下の結婚式だけだから、違う映画と思ってしまった。
ブルゴーニュのワイン生産者の四季
重々しいendingの曲と共にcreditに協力されたドメーヌあり
携帯の画面で見てたか
>>続きを読む

ホイットニー:本当の自分でいさせて(2017年製作の映画)

-

bbcの番組かなにかで、映画とは思わなかった。

nipperというslang
A young child, especially male. Used colloquially in southe
>>続きを読む

赤いイスタンブール(2017年製作の映画)

-

Bosphorus海峡に橋がかかっているmodern story in turkey
食卓の風景の描写が他の映画同様 美味しそうで気になった

ブラインド・デート(2014年製作の映画)

-

The Good Wife s5 Willの死で見続けることが苦しくなってラブコメへ
aveuglement  blindness
Serge Lamaの曲
Mendelssohn piano
冷凍食
>>続きを読む

憶えてる?(2018年製作の映画)

-

イタリア映画祭にて監督のq & a
癒されていく物語
知覚した世界
二人の記憶
記憶 違う色 洗濯 混ざりあっていくようなもの
光へのこだわりに対するqに現実が記憶のフィルターを通して変質していく 変
>>続きを読む

ホットロード(2014年製作の映画)

-

前回のtv放映時にちらっと旅先で見て、最初から見たくなり、深夜映画を録画。
旅先の気分からではなく、孤独をしっかり感じた。暴走族って今いるのか、もうわからない世代となり、校内暴力とか騒がれない背景が異
>>続きを読む

チェンジリング(2008年製作の映画)

-

a missing child & murder case in US

based on a true sad story

changeling
A changeling is a creatu
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

-

theater owner koala
a singing competition with a prize of $1,000 but

マイ・ブックショップ(2017年製作の映画)

-

dark seaのように思惑が暗く広がっていた

tea
milkを先に入れてから
アイシングかかったwhole cake
courage
noble gesture

Ray Douglas B
>>続きを読む

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

-

本当に昔見たのかと疑うぐらい忘れている場面多々
大人になったせいか、baronessの切なさと興行師の友人の流し加減に目がいく
NHKの特集でアメリカに渡ったTrapp familyの番組を再度見たく
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

-

本と違って、イタリアやトルコを旅しているような映像にワクワク。だけど、気になるphraseや話しの詳細が心に残っていないのは、なぜかなあ?

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

TV放映の録画視聴
comedyだよ、怖くないよと聞いていたけど、想像する笑いとは違ったかも。

ターミナル(2004年製作の映画)

-

standard passagère procedure
civilian are casual
unacceptable
take my place
history books
medicin
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

-

sully
to spoil something that is pure or someone's perfect reputation
to make something dirty

affec
>>続きを読む

バラバ(1962年製作の映画)

-

生まれる前のColumbia映画 見続ける力あり 遺跡はセットなのか?realなのか?戦い?殺し合いが見世物となる時代感

i know the custum
it was white fire
go
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

-

最初のシリーズのようなワクワク感をもてなかったのは、大人になったせいかなあ?

back off
save your dream
trap inside
built in hope
may the f
>>続きを読む

守護神(2006年製作の映画)

-

kevin costnerの映画で一番心に残ったかも

big one cries
rescue myself
i can fix
rescue swimmer
record day
i have h
>>続きを読む

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札(2013年製作の映画)

-

最初はニコール キッドマンがグレース ケリー?と思ったけど、映画を見た辛口?な友人からよかったと聞いていたので、テレビ放映録画鑑賞。ニコール キッドマンの演技力にニコール キッドマンが演じていることを>>続きを読む

子ぎつねヘレン(2005年製作の映画)

-

たんぽぽ一面の野原で遊べる幸せ
動物は演技しているのか??

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

-

音楽と愛 その力と哀しみ
普通の日常を過ごしていると計り知れない生み出す人の繊細さと孤独

海難1890(2015年製作の映画)

-

湾岸戦争の頃にトルコ航空が在留邦人を助けてくれたと聞き、そこにつながるか話かと思ったら、85年テヘラン邦人救出のことでした。85年の首相は中曽根首相。自国民の救出手段について考えさせられた。

戦争と冒険(1972年製作の映画)

-

300 words critical moment happy home school shop mr. speaker good day encourge rumours diffic>>続きを読む

アゲイン 28年目の甲子園(2014年製作の映画)

-

マスターズ甲子園があるとは知らなかった
かつての球児がまた試合を始めても、腰痛に苦しむなどの描写がなく、体力に感嘆
話の流れが上手く、なぜだかわからないけど静かに涙している場面があった
裕子さんが一瞬
>>続きを読む

花よりもなほ(2006年製作の映画)

-

豪華キャストだけど途中 内容がわからなくなった。
討ち入りについて新たな江戸もの。
父は難しいとあまり楽しめなかったみたい。

>|