Rieさんの映画レビュー・感想・評価

Rie

Rie

マーベルと、ミュージカルと、じっくり考えてしまうような映画が好きです。
基本洋画。現在は時間の都合上新作を追いかけるばかり、、
2014.6.23〜

アーティスト(2011年製作の映画)

4.3

すごく素敵な映画だった。
サイレント映画なんてつまらなそう、と偏見を持ってた昔の私を殴りたいくらい。

声が無いからこそ、俳優の顔の動き一つ一つから心の動きを察しようと思って、より感情が伝わってきた。
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

3.3

オーシャンズ11的な鮮やかな手法を想像してたけど、作戦はそんなにスムーズではなかった(笑)

次回が気になる終わり方!
あと、ジム役の人ってアンジーのお父さんだったのね。びっくり!

キューティ・バニー(2008年製作の映画)

2.9

頭をスッラカンにして観れる映画!めちゃくちゃ内容が浅い!
キューティーブロンドの下位互換って感じ。話の流れもまじでキューティーブロンド。

始め主人公も周りの人も棒読み感がすごくて、これ見続けられるか
>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

4.6

あーーー面白かった!!
始まったその瞬間から笑いが止まらず。キャラもオチもあほみたいにふざけてて、最高(笑)
とにかく面白くて、意外にちょっと泣けて、かなりほっこりする。

うるうるしてるジョーカー可
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.8

スターウォーズを観る日はいつも寝不足で、コンタクトで目が痛くなるのはなんでだろう・・・
復習する時間がなかったので、前作までの内容がうろ覚えのまま映画館に行ってしまった!

途中までウトウトしてしまっ
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

この映画に出てきたバンドはA-HA以外聴いたことなかったけど(確かラ・ラ・ランドに出てきた笑)、「Up」を聴いた瞬間、あ、この映画好きだ、って思った。主人公の声が良い。
「Drive It Like
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

なんだか雰囲気が変わった!
ちょこっと笑いを混ぜてきたり(あまり笑えない)、エンドロール後の映像とか。
私にはどうしてもマーベルを追いかけてるようにしか思えなくて、こんなんじゃ到底勝てないからオリジナ
>>続きを読む

ロッキー・ホラー・ショー(1975年製作の映画)

3.7

ストーリーは何が何だか全く分からないんだけど(頭の固い私にはとにかく狂って見える)、音楽とダンスが最高!

本作より先にGleeのロッキーホラーショーの回を観てたおかげで、聴いたことのある曲が流れて楽
>>続きを読む

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

3.3

聞き覚えのある曲がたくさん流れてた!
「How Deep Is Your Love」なんてなんで知ってたのか分からないけど、すごく好きだったのは覚えてる!懐かしい!
パッケージのテンションの高さ🕺🌟と
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.6

強すぎて殴っても死なないレプリカントと激しく戦う映画だと思ってたら、見事に裏切られた。
感情が芽生え、他人を愛して、生きたいと願うレプリカントの儚さ。

私はデッカードがレプリカントっていうオチだと
>>続きを読む

マルサの女2(1988年製作の映画)

3.7

え、ここ?!ってタイミングのリズミカルな音楽が良い。
2時間があっという間に感じるこの映画の不思議はなんだろう。

新倉が宗教法人に忍び込んだときのあの揺れと、「マルサ、怖いよ〜」は、くだらなすぎて笑
>>続きを読む

マルサの女(1987年製作の映画)

4.1

恐るべし、マルサの女!
あの時代にあんなハイテクな調査をしてるのだとしたら、今はどんな調査をしてるのだろうか。衛星とか使ってたり(笑)
仕事面白そう。

税金を払わない人間はみんな同じことを言うんだな
>>続きを読む

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

2.7

前作で破壊しまくってたのはこのためか〜。

一つ一つ説明してたらキリがないくらい、納得いかないことばかりで観てるのきつかった。
バットマンのこと嫌いになりそう・・・

スーパーマン リターンズ(2006年製作の映画)

3.0

オープニングのスターウォーズ感がすごい!
SWのにわかファンなので分からないけど、これは大丈夫なのか、と心配になるほど文字も音楽も似ている!

スーパーマン1.2を観たのがずっと前だったので内容があや
>>続きを読む

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.2

え、スーパーマンの人が格好良すぎる。びっくりした。え、何。「目からビーム」してもイケメンだなんてすごすぎる。
あの顔面にあの筋肉、、奇跡でしかない、、(キモイ)

アメコミというとどうしてもマーベルと
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.2

よかった〜!超面白かった。
ロキの親しみやすさが爆発しててもうかっこよくてかわいくてたまらなかった。
冒頭の劇のシーン、まさか!まさか!いやそんな訳は!と思いながら観てて、後々ネットで検索したら見間違
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.2

普段こういう映画は観ないのだけど。
なんとなく観てみたら、悲しいような苦しいような、けど未来は明るいような、なんとも言えない気持ちになった。全部正直できれいだった。

キスシーンがすごい。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.3

友達に言われた通り、本当に4回くらい泣いた。

男性優位・法律で人種差別が認められている社会において、黒人女性が地位を確立していくストーリー。
同じ女性としてとても勇気をもらえる内容だったし、性別に関
>>続きを読む

ミーン・ガールズ(2004年製作の映画)

3.2

女王バチと取り巻きの超分かりやすい設定で、頭をからっぽにして観れる映画!
このくだらなさが面白い。

最後みんなの態度が急転したところが、どうしてそうなったのか説得力がなくてなんだかスッキリしない終わ
>>続きを読む

愛を綴る女(2016年製作の映画)

3.4

劇的な展開もなく静かに淡々と進んでいくような、こういうストーリーはマリオン・コティヤールの良さが滲み出てて良い。

愛と狂気の境目があやふや。
ガブリエルを愛に生きる女と見るか、狂った女と見るか。
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.5

途中眠すぎて寝てしまって、起きたら戦いが始まってた(笑)
なんだかとても大事なところを見逃した気がしてならないので、ネット配信を待ってもう一回観る。


マーベルに見慣れてるせいか、非現実すぎるストー
>>続きを読む

NINE(2009年製作の映画)

2.8

出演者が豪華。
冒頭のゴージャスさでおお〜ってなって、サラギーナの砂を使った演出に迫力があって良かった。曲は良いのに、ストーリーが退屈で退屈で。
グイドは全く好きになれないし。
あまりミュージカルっぽ
>>続きを読む

ケイト・レディが完璧な理由(2011年製作の映画)

3.8

観れば観るほどエミリーが好きになっていく映画!
家族も大好き、仕事も頑張りたい、そんな現代女性の葛藤が描かれてる。結局うまく行き過ぎだし、私も子育ての大変さは知らないけど、きっとこんな感じなのかな?
>>続きを読む

麗しのサブリナ(1954年製作の映画)

3.4

プラスチックすごーーー!!
イナバ物置のCMみたいに秘書がたくさん乗ったところが一番感動した(笑)
調べてみたら、プラスチックの普及と映画の制作年が同じ時期でおお〜ってなった。

私がイギリス英語の発
>>続きを読む

オーシャンズ13(2007年製作の映画)

4.1

どんでん返しのような驚きのストーリーとしては11.12に劣るけど、シリーズのラストっぽい内容だった。

シリーズを通して常に言い合いしてた兄弟、可愛くてすごく好きだな〜。なぜかテキサスの労働者ストにが
>>続きを読む

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

4.2

えーーーー!!っていうオチ。本当にえーー!!だった。解説を読んでようやく理解。今作もスッキリなエンディング。

トゥルアーがセコすぎて途中ムカついたけど、終わってみればなんだか可愛く見えちゃう(笑)
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

3.9

全てが遺伝子で評価される場所が舞台。
主人公頑張ってる!すごい!というより、捜査の手を免れる華麗なトリックを観てた感じ。
主人公がこれだけ努力しました、っていうよりジェロームに成り替わるトリックの方に
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

良い意味でも悪い意味でもアベンジャーズ化してた。
前のシンプルなスパイダーマンが好きだったから、スーツがアイアンマンみたいになっちゃったのは少し寂しい…
ちょいちょいはさむギャグも微妙で残念。キャプテ
>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

3.3

現実にはあり得ない、不思議な話。

「一緒に年を取る父親が必要だ」という言葉が印象的。

風と共に去りぬ(1939年製作の映画)

4.4

原作に思い入れが強いのと、約4時間という長さにビビって観れずにいた映画版。
文庫本5〜6冊を1本の映画に詰め込んだだけあって、まさかの息子ウェイドや娘エラ、タラの復興に貢献したウィル等々が出てこないな
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ルイーザが可愛くて、徐々に笑顔が増えるウィルも微笑ましくて、幸せな気分になった。
まさか最後に尊厳死を選ぶとは思わなかった…

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.4

エル・ファニング目当てで鑑賞。
上手に煙草吸っててなんだか寂しくなった…

息子に歩み寄ろうとしてる感じ、良いお母さんだったな〜話すだけじゃなくて、息子の好きな音楽に合わせてダンスしてみたり。

ジェ
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

太平洋戦争末期(沖縄戦)の話。
とにかくグロテスク。火だるまになる日本兵、上半身だけの死体、手や足が千切れた兵士、飛び散る臓器などおぞましい映像が続く。

銃を手にすることなく、衛生兵として戦争に参加
>>続きを読む

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

3.4

完全にオシャレなポスターに騙された。ホラー系が苦手なので、ちょっとドキドキしながら観てた。

騙されたと言っても悪い意味じゃなくてそれなりに楽しんだけど、終盤から頭の中が「???」でいっぱいに。エレベ
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.3

ハゲのジェームズ・マカヴォイ!プロフェッサー!!ではなく、23の人格を持つ男の話。監督も何も知らずに観たからそんな衝撃はない…

ジェームズ・マカヴォイの演技は、ああ、これが役者さんかと思わされるよう
>>続きを読む

>|