Rさんの映画レビュー・感想・評価

R

R

映画(587)
ドラマ(168)

ガザの美容室(2015年製作の映画)

3.7

女たちが集う美容室の壁一枚向こう側で、男たちが銃撃戦をする。これがパレスチナ自治区ガザの日常なのか、、

常に戦争と隣り合わせで、そこから逃げ出す術はない。その中で生きていくしかない。
女たちが美容室
>>続きを読む

女は女である(1961年製作の映画)

3.5

女は女である、男も男である。

いつの世も女と男は同じようなものね、、

失くした体(2019年製作の映画)

4.0

フランスのアニメーション映画。
主人公と、主人公の「右手」がダブル主演という、とってもユニークな世界観。
人間の世界を小さな右手が冒険することで、描写も迫力があったり、幻想的だったり、斬新で良かった。
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.3

水原希子が意外と演技うまい!
ブリブリなビジュアルも可愛いんだなぁ〜でもやっぱり最後の大人っぽい雰囲気の方が好きだけど。

「嘘なんかついてないよ、みんなの"俺好みの女"をやってあげてただけだよ」
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ジョーカーだから結局アメコミ映画でしょ…と思って観ると、社会的要素が多くて驚く。ちょいグロ。

私は"普通"や"常識"をどうにか取り込んで合わせられた側だから、ジョーカーの感情をうまく汲み取ることがで
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

登場人物のクセ強!!
恋愛こじらせ女の脳内を超ドラマチックにすると、こんな感じなのね。
二が良い人すぎたよ、、

以下、めちゃくちゃ笑ったとこ
・クラブで反復横跳び(の後ろの人)
・死なないで!の片桐
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.3

theダメ男ホイホイなツチダ。
もっと自分を大事にして!!ってめっちゃ思ったけど、ある意味素直なのかしら。

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

4.2

信じさせてくれなかった男と、信じられなかった女。

最高すぎた、、
自分以外の人の気持ちなんて、真実かどうか絶対に分からないものだから難しい。
けどぶつけあって相手の気持ちに触れられたら、それほど幸せ
>>続きを読む

マグノリアの花たち/スティール・マグノリア(1989年製作の映画)

3.7

穏やかな気持ちになれる映画😌
昼下がりにサロンでおしゃべり、歯に衣着せぬ物言い、良い時も悪い時も側にいる。
素敵な友情だ〜!

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.6

完全なる人権侵害笑
ラストで、笑いながら思い出話するテレビ編集長がサイコパスにしか見えなかった、、

もうちょっと本人の心の動きが分かればより良かったなぁ。

最初に出てきたあれも、CMだったのかー!
>>続きを読む

機動警察パトレイバー2 the Movie(1993年製作の映画)

3.9

字幕つけて、しっかり内容理解しながら見たい系の映画。(残念ながら、Huluは字幕未対応)
難しくて、まだ自分の中で考えきれてない。

後藤&南雲コンビの空気感が最高。
決定権のあるお偉いさんや、現場に
>>続きを読む

機動警察パトレイバー THE MOVIE(1989年製作の映画)

3.7

パシフィックリムのようなロボットアクション映画だと思っていたら、全然違う!すみませんでした!!

ロボットの強さと性能を見せつけるようなアクションシーンは無く、隊員たちと事件の捜査を中心に話が進む。
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.2

パーフェクトブルーやパプリカとは色が違って、難しいことは何もない、ただただ温かい家族の愛の話。

血は水よりも濃い、と言うけれど。
何かに強制された訳ではなく心から、「自分を犠牲にしてでも相手を」と思
>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

3.9

現実の自分と、理想の自分、どっちが本物?

理想がプレッシャーに変わり、現実との乖離に主人公が追い詰められていく。
映画が作られた時代より、SNSや写真加工アプリによって、理想がより身近な存在になった
>>続きを読む

老人Z(1991年製作の映画)

4.0

今まさに開発が進んでいる介護ロボットの話。

お風呂から食事、娯楽の相手まで、全部対応してくれるロボットが発明される。
「愛のない介護は、介護じゃない」というセリフのとおり、大切な人をロボットに任せる
>>続きを読む

MEMORIES(1995年製作の映画)

3.5

1 彼女の想いで
現実で辛い思い出を背負って生きるか、夢の中で空想を生きるか、どっちがいい?

2 悪臭兵器
その名のとおり。
嫌いじゃないんだな😂

3 大砲の街
ワンカットのアニメって初めてみる!
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.8

難しすぎる、、ほぼ理解できてないと思う。(そしてまた解説を読むw)

10分の記憶と、逆再生。
短時間しか記憶が持たない主人公の頭の中を、こうやって表現するのか、、クリストファーノーランすご、、

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.6

金田と金田のバイクがかっけぇ、、

もっと早く観てたら、もっと良さを感じられたのかもしれないな?なんて思ってしまいました。

インセプション(2010年製作の映画)

4.8

唖然、、、、、、、
何層にも重ねられた厚みのあるストーリー、どんどん夢の中へ落ちていく斬新な世界観、もう画面に釘付けになった。
あと、どうやって撮影したのか謎だが、重力の向きが変わったり、無重力だった
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

4.5

この難解で近未来的な世界観、本当に好き〜
見終わった後に、解説を検索する手が止まらない。

現実と虚構の境目は曖昧
夢日記は書いちゃいけない、って話を思い出した。

トロールズ みんなのハッピーホリデー!(2017年製作の映画)

3.8

30分のショートムービー!
ジャスティンティンバーレイクの歌が良いんだなぁ〜

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

3.5

ずっと気持ち悪さが残ってる、、

一人の少女をきっかけに、抑圧された生活を変えて「自由」を得たレスター。
その自由から得た幸せは、はたして本物なのか、一瞬で消えてしまうものなんじゃないか、、

トロールズ(2016年製作の映画)

3.8

カイリーのインスタで、トロールズに夢中なストーミが可愛すぎたので、、

子供向けだけど、Earth,Wind&Fire、ジャスティンバーレイクの曲があったり、ラップパートもあったりして良い!
って思っ
>>続きを読む

ファースト・ワイフ・クラブ(1996年製作の映画)

3.8

アメコミ風のオープニングがおしゃれ可愛い❣️
冒頭とか仲良し4人組のキャラが、ちょっとデス妻っぽい!

尽くした正妻に離婚状を突き付け、若い女に走った元夫たちに復讐する3人組の話。
復讐だけで終わらず
>>続きを読む

サムワン・グレート ~輝く人に~(2019年製作の映画)

4.0

良い〜〜〜〜〜
泣いて、笑って、騒いで、支え合ってる彼女たちを見ると、青春って永遠に存在するんじゃないかって思える🤘

親友エリンが過去の辛い恋愛を乗り越えたところが一番好き!

主演のジーナロドリゲ
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.7

中高の音楽の時間で、ムーンリバー歌ったな〜日本語歌詞が字余りだった記憶が。

玉の輿狙いで、お金のことで頭がいっぱいなホリー。
なのになぜかお上品で、嫌な気がしないのは、オードリーのおかげ?
この声と
>>続きを読む

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

3.6

レベル・ウィルソンって、この人にしかない独特の世界観あるよね〜話し方も雰囲気も!
コメディ要素たっぷりで面白かった!

ずっと一人で生きてきたせいで、誰かを信用して、頼ることができないメグ。ちょっと共
>>続きを読む

ザ・ブック・オブ・ヘンリー(2017年製作の映画)

3.8

あらすじを見ずに鑑賞。
パッケージの雰囲気とはうらはらに、中盤はガラッとイメージと違う展開に!
ちょっとドキドキする場面もありつつ、最後写真から先はうるっとした〜

とにかく子役の男の子二人組が可愛す
>>続きを読む

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

3.7

エリーとアスターのメールのやりとりが素敵。

ラストシーン、良かったなぁぁ

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

3.0

冒頭、パンツ取りに行く途中で捕まるやん!って思ったらまじで走り出して笑ったw

「全ての持ち物を預けて、一日一個だけ持ち出せる」ルールのもと撮影されたドキュメンタリー。
モノを減らすのではなく、0から
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.5

ジョニーDが救われた年は、私が生まれた年。
改めて人種差別は昔のことではなく、今もまだ戦い続けなければいけないことだと認識させられる。
と同時に、まだ変われない世界に絶望すら感じる。

あぁ、人種差別
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.5

誰も事実を言わないから、最初の主人公の姿を見損ねたのかと思った(笑)
途中でそういう設定なんだと気付くっていうw

初めは勘違いしてる主人公をちょっと痛々しく思ってしまったけど、最後のスピーチがとって
>>続きを読む

ミス・アメリカーナ(2020年製作の映画)

4.5

10代から快進撃を続けて、数々の賞を総なめにしたテイラー・スウィフト。

世界中から称賛やバッシングを受けても、負けずにより良いものを作り続けてる彼女は、本当に強い人だと思った。
カニエ(トランプの件
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.0

「I've been waiting for you」のすべてが素晴らしすぎて、ラストの親子愛もたまらなく素敵で、これは泣くわ、、

撮影地はギリシャのスコペロス島ってとこらしい。
海綺麗すぎ!いつか
>>続きを読む

キャッツ(1998年製作の映画)

4.3

エレイン・ペイジ(グリザベラ)のメモリーが最強すぎて、、!
歌を聴いて感動するのは久々だった。
映画版ではジェニファー・ハドソンが歌ってるのでそっちも楽しみ〜

ストーリーがよく分からなくて、途中でネ
>>続きを読む

それでも恋するバルセロナ(2008年製作の映画)

3.0

三角どころか四角関係になっちゃった男女。
いろいろと超越してたw

感想としては、自由な恋愛がうんぬんかんぬん〜と言うべきとこなんだろうけど、頭の硬い私はフアンのヤリ○ン話にしか見えなかったよ、、
>>続きを読む

>|