ナコマークスさんの映画レビュー・感想・評価

ナコマークス

ナコマークス

いい映画に出会いたいと思って登録しました。20歳女性で主にホラーとラブストーリーとAIの話が好きです。

映画(119)
ドラマ(0)

ティファニー ニューヨーク五番街の秘密(2016年製作の映画)

3.5

ティファニーというブランドをここまで深く知ると大衆のブランド、から個人的に好きになブランドになる。ティファニーブルーのこだわりやティファニーが使われた場面を細かく知ることができる。アクセサリーだけじゃ>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

全てを手に入れたと思っている男がコンビニでの黒人との出会いで過去に戻る。内容的にロマンスだと思っていたけどコメディ要素が強い。ジャックをエイリアンだと勘違いする娘のアニーがとても可愛い。最後にあの有名>>続きを読む

セックス・アンド・ザ・シティ2(2010年製作の映画)

5.0

ブランド物がこれでもかと出てくるおしゃれでゴージャスな映画。ドレスに毎回鳥肌が立つ。こういった、女性が自分本位に生きる姿が見えるのは同じ女性としてとてもいい気分になる。見ていて1度も「早く終わって」と>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

2.5

哲学的な映画だった。「理由のない尾行」によってわかったことである、人はただ平凡の中で愛に包まれて生きていることは不可能で、平凡の中に均衡をとるために持っているものが秘密?という解釈をした。その解釈が正>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

5.0

こんなに最高な映画は初めてと言っても過言ではない。スコアは7をつけたいところで物語の構成、ストーリー全て素晴らしい。最後のギフトの意味を知るとタイトルがいかに映画にぴったりかわかる。犬が見つかるシーン>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

現実的な大人に反抗する成長過程の少年2人の夢がある映画だった。30年後に「あの時の夢を諦めたね」って話すのか?っていうくだりよかった。そのくだりのおかげで自作の車を完成させようとしたし、深く考えさせら>>続きを読む

あるふたりの情事、28の部屋(2012年製作の映画)

-

ホテルでの2人しか映らなくてお金かけられなかったのかと思ったけど不倫だからかと納得。ただそれが正直物足りなく感じた。2人ともお顔が美しくなかったのも理由かもしれない。女に子供ができた時お腹大きくならな>>続きを読む

夜明けの街で(2011年製作の映画)

4.0

東野圭吾すごい。映画を見ながらこんなにも頭をフル回転で使ったのは初めてかもしれない。トリックが解かれる感じ気持ちいい。序盤、社内恋愛って好きな人とのやりとりを同じ場にいる他の人にばれないようにこそこそ>>続きを読む

男と女の不都合な真実(2009年製作の映画)

2.5

それまではアドバイスをしてくれる男と友達のような仕事仲間の女だったのにホテルで飲んでダンスをするところから2人の雰囲気が変わって、エレベーターの中でキスしたときは見ているだけなのにドキドキした。映画の>>続きを読む

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

3.0

2組のおじいちゃんおばあちゃんがとっても可愛い。終始楽しいお話。

スパイダーウィックの謎(2008年製作の映画)

4.5

小さい頃に見た、夢が溢れているファンタジーだった。本も全巻読んで映画も何度も見たくらい素敵なお話。

ファウンド(2012年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

親を殺すまでのスティーヴはかっこよかったからその後の気持ち悪さが残念だった。ラストは衝撃。ポスターのスティーヴが持ってる頭がマーティに見えるのはなぜ?その謎まで含めて好きな映画。

寄生獣(2014年製作の映画)

1.5

染谷将太と橋本愛という個性的な2人の組み合わせがよかった気がする。狂気じみた東出昌大がとてもかっこいい。

ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年製作の映画)

2.5

第二次世界大戦がまもなく終わろうとしている場面の映画。戦争の中で忠誠、裏切りといった人間の様々な感情を見た。戦争の結末を知っている身からすると裏切っていく人間たちが正しいと感じてしまいがちだが結末がゆ>>続きを読む

ルームメイト(2013年製作の映画)

3.0

最後に驚きが待っていた。オチがある映画としてよかった。美人2人のキャストが豪華でよかった。

脳内ポイズンベリー(2015年製作の映画)

1.0

女の脳内を会議に見立てるという設定が面白い。それをもっと活かせるような表情豊かな主人公にしてほしかった。

東京大学物語(2006年製作の映画)

-

馬鹿らしい恋愛?映画で賛否両論があると思う。私は否で最後も理解に苦しんでネットで調べたら原作の漫画と違う終わり方になっているらしい?よくわからない映画だった。

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

「ハンニバル」の続きらしいが製作年が後なのはどうして?保安官2人を襲って逃げられたハンニバル・レクターはさすが。助かった保安官の1人がハンニバルだとわかった瞬間はハッとした。やはり最初から最後まで頭の>>続きを読む

あこがれのヒト(2017年製作の映画)

5.0

初めてのデートが終わってバイバイするときに閉めようとしたドアを開けてキスするシーンがとてもとてもよかった。ただ勉強ができるだけの男の子に初めてできた彼女が可愛くてモテると心配になってしまい、独占するた>>続きを読む

きみがくれた物語(2016年製作の映画)

1.5

もしかしてトラヴィスが外に出した椅子が途中から2つになってた?人生は生まれた時から決まってると考えると今の状況を受け入れることができるというギャビーのセリフには同感。モビーとモリーの2匹が仲よさそうに>>続きを読む

私が、生きる肌(2011年製作の映画)

5.0

生命倫理の規定「遺伝子導入」の概念を教えてもらった。こんなにも美しくて悲しい映画は初めて見た。普段は映画の中の誰かに感情移入して主観的に見てしまうわたしが全てのつじつまが合った時には誰にも感情移入でき>>続きを読む

10日間で男を上手にフル方法(2003年製作の映画)

2.0

ケイト・ハドソンが美人だし可愛かった。好きになっちゃったら好きっていう人間味のあるラブコメディだったけど、1番大事な雑誌の記事のシーンが短すぎるし字幕も出ないから途中で映画を止めて読まないといけなかっ>>続きを読む

美しい絵の崩壊(2013年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

まず2人の少年が海に潜って出てきたら大人になっているという時間の経過を表す演出が素晴らしいと思った。そして1組目のカップルがキスをしていて2人が重なったらもう1組のカップルに変わっているという演習も素>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最後に亡くなってしまい悲しかったが綺麗にハッピーエンドらしく終わった。介護から急に恋愛になっていた。

SEXテープ(2014年製作の映画)

3.0

嫌な気持ちに一度もならないラブコメディ。テープを回収できてUSB壊せて安心。

杉原千畝(2015年製作の映画)

2.5

脚色ばかりでドラマチックにしすぎてるような気がしたが、大勢のユダヤ人が朝も夜もビザをもらいに日本領事館に集まっている場面に泣いた。戦争の結果がわかっているわたしが見ると色々と思いが込み上がった。戦争中>>続きを読む

ブルー・ジェイ(2016年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

2人がとっても仲良くて微笑ましかった。ピンクと紫のジェリービーンズのことを覚えていてくれてたのはキュンとした。2人は結局結ばれなかったけど抗うつ剤に抗って涙が出たのはよかった。しかし時間の範囲が狭いし>>続きを読む

クロエ(2009年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

クロエがキャサリンのことを好きになってからの時間が少なすぎて本当に好きだという感じが読み取れなかった。話の構成はとても面白かったけどわざわざクロエが嘘ついたのもキャサリンが最後にクロエからの髪飾りをつ>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

モデルもモデルの仕事もとても綺麗だった。その中で人とは違う自然な美しさのジェシーが嫉妬されて最後には食べられてしまう想像のつかない終わり方だった。

禁じられた二人(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

10代の好きな人しか見えない時期の話。ラウラにもカルロスにも共感できた。スペインだからこその議会場の王の寝室が話に出てきてロマンチックだった。ガスマスクでお互いの息を吸いあったり議会場の前で叫んで緊急>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

第二次世界大戦前のジョージ6世と彼の吃音症を治す言語聴覚士の話。2人の間に友情が芽生えて微笑ましい。最後のロイヤルヴィクトリア勲章のエピソードも最高。王になることを不安に思うジョージ6世を励ますローグ>>続きを読む

ホワイト・ガール(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

悪い彼氏ができて自分と同い年の女の子がこうもボロボロになっていくのは悲しかった。でも悪い遊びが楽しいのも興味があるのもわかるし2人がラブラブしているところはとても可愛かったので見てよかった映画だと言え>>続きを読む

スプリング・ブレイカーズ(2012年製作の映画)

2.5

ヴァネッサハジェンズが可愛い。最後の青春を謳歌している悪い女の子たちの話。

おとなの事情(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。それぞれの夫婦の結末がどうなったか、はわからないままであったが身近に感じられる話であるし結末どうこうよりも携帯電話で人間関係がすぐに壊れるということをはっきりと分からせる映画だった。

>|