kanakoさんの映画レビュー・感想・評価

kanako

kanako

映画館に住みたい。基本的に洋画をたくさん観ます。

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.5

カラフルでポップなのに陰鬱な空気が付きまとう感じがすごくよかった。
どんな曲調の歌を歌っても、海へと引き込むような不穏で澄んだ歌声が最高だった。
アンデルセンの人魚姫に倣いつつ、過剰になりすぎないおど
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

歌って踊るヒュー・ジャックマンが最高じゃないわけがない。音楽も本当によかった。そしてオープニングから心を掴まれた。1人の男の挫折と努力のサクセスストーリーに焦点を置き、超王道に徹していたのがよかった。>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

最初から最後まで嫌悪と吐き気と全身に力が入らない感覚に襲われ続けた。過剰で過激で悪趣味で意味がわからない。映画を観て初めて吐き気を感じた。本当にこんなことあるんだと思った。二度と観るもんかと思いながら>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.3

この切り口のヒーローものは本当に新しくて新鮮で安定のシャマラン節に安心しながら観れたんだけど中二感が濃い。すんごい濃い。

でも『スプリット』続編が楽しみになった。

婚約者の友人(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

オゾン監督の、女性の美しさと複雑さを表現する手腕にはいつも恐れ入る。
フランツの思い出を語る時だけカラーになる映像は温かく、美しかった。最後は違ったけど。
残酷で優しい映画だった。
ただ、終始一貫して
>>続きを読む

クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち(2004年製作の映画)

3.5

第一印象は、『ダヴィンチ・コード』風パンチの弱い『セブン』だったけど、ラストは『インディー・ジョーンズ 魔宮の伝説』だった。
キリスト教を題材にした映画は世界観がすごく好み。暗くて閉鎖的で神を信じきっ
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.6

SHEと記者会見。最後のだけじゃなく、これまでのが全て伏線だったと思うと余計にキュンとする。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.5

約2時間半の中で秒でアガり、秒でサゲられ、またアゲられサゲられ、観ていてテンションの変化がせわしない映画だった…。そしてこのシリーズの長回し風アクションシーンはなんであんなにキマるんだろう。何回でも惚>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.6

イメージカラーからして対照的な双子に見合ったエンドロールがたまらん。

フィフティ・シェイズ・ダーカー(2017年製作の映画)

3.5

プリティウーマン的な憧れも盛り込みつつ刺激的で期待を裏切らないんだけど、総じて金。世の中金。そして2人の恋路を邪魔するやつらがめちゃくちゃ弱い。私的には余計な心配をせず安心して観れてよかった。
それに
>>続きを読む

神様メール(2015年製作の映画)

2.3

まともに観てない。
画面が暗いし、神様クソ野郎すぎるし、フランス映画っぷりが濃すぎる。

日の名残り(1993年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

小説を読み切っていないから間違っているかもしれないけど、小説と映画の違いでお気に入りが一つ。ルイスとダーリントン卿の関係が、映画では正々堂々としていて良かった。小説と異なり、ダーリントン卿亡き後に屋敷>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.6

兎にも角にもスタイリッシュ。
これはスーザンに対するエドワードの復讐劇?だとしたらエドワードはちょっと小心者では?感性が鋭いからこそ人一倍傷つくのかな?一回観ただけではよくわからないところが多すぎた。
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

世界観が文句なしに素敵すぎた。30年代ってなんでこんなにオシャレなんだろう。

ヴォニーとボビー、最初は本当の恋で本当に愛し合っていたはず。でも、それぞれが別の人物と結婚した後に始まる2人の関係は、お
>>続きを読む

イースター・パレード(1948年製作の映画)

3.8

カラフルで楽しい音楽とダンスもあってこれぞ娯楽映画!と見せつけられるけど、どこかクラシカルで上品な世界観があった。オープニングから惹きつけられた。フレッド・アステアのソロのダンスシーンが強く印象に残っ>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.5

ペニー・ワイズもちろん怖いんだけど、なにより子供たちが輝きすぎていて怖さよりも青春への憧れが勝ちました。

リトル・ランボーズ(2007年製作の映画)

3.8

心ってこうやって育っていくものだよねと感じました。

恋は邪魔者(2003年製作の映画)

3.6

立場がころころ反転するのが面白かった。オチに無理矢理な感じはのこるけど観た後ほっこりする。いい意味で安っぽいのと60年代のファッションがとことん可愛い。レニーは何であんなに愛らしいんだろうか。

ハードコア(2015年製作の映画)

3.0

観る前は一人称視点を楽しむ映画だろうから中味は薄くてもいいと思っていたけれど、鑑賞後の感想としてはあまりにも中味なさすぎ。格好悪いタイプの中二。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.6

すごく笑えてアメコミらしくて楽しかった。今までの作品を観てきてる者としては笑わざるを得ない小ネタがたくさんでほんとに面白かった。immigrant songが流れる中のバトルシーンはテンション上がった>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.6

Kが絶望を感じると同時に、今まで希望に突き動かされていたことに気づく瞬間が印象深い。こんな残酷な希望の描き方もあるのかと思った。

ノスタルジア(1983年製作の映画)

3.3

わたしには理解できませんでした。でも、映像美に関しては期待通り。

吸血鬼(1931年製作の映画)

3.5

眠い。曖昧な内容と表現は美しいけど眠い。現代の技術で撮り直してもいい作品になりそうと思えた。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.7

視線と音楽が語る映画。
ゴア描写もなく閑散として、ただ広がる海と空の印象が強いのに、常に重く淀んだ空気感が余韻を残す映画だった。

キャバレー(1972年製作の映画)

3.6

サリーがめちゃくちゃ可愛い。途中からアン・ハサウェイに見えてきたけど。

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.8

シンプルすぎず、過剰になりすぎない演出が良かった。同じようなセリフでも、主人公が戦争の経験を重ねるごとに、その言葉が持つ意味や心情が変わっていくのがとてもよくわかった。特に、妻に対して。

吸血鬼ノスフェラトゥ(1922年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

元祖だから展開はベタで当たり前なんだけどそれでもドキドキしながら観れた。ノスフェラトゥがぼんやり浮かび上がる感じとか襲う瞬間は影で表すところが恐怖を煽ってくる。いろんな映画が真似してるのがよくわかる。

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

3.6

鏡のシーン最高すぎる。
終わり方もすごく良かった。語りすぎないのが一番いい。

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.5

途中だれた。上手だけど完璧ではない日本語が聞き取りにくかった。けど話が二転三転して面白かったし何よりスッキがかわいい。

エゴン・シーレ 死と乙女(2016年製作の映画)

3.6

この手の芸術家を扱った作品が大好きすぎる。
魅力ある人間には必ず誰にも曲げられない信念があると思う。どんなにゲスだろうと芯の通った強さ、またはそこからくる脆さに惹かれてしまう。最後までゲスかったけど。

バッドガイズ!!(2016年製作の映画)

2.8

アレキサンダー・スカルスガルドがだんだんステランお父さんに似てきた。

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.8

長い…と思った約2時間半がすごく短かった。引き込まれ続けた。
見終わったあとかなり複雑な心境になる。うーん。なんかなぁ。映画としてはすごく面白いんだけど…

>|