nlmageさんの映画レビュー・感想・評価

nlmage

nlmage

健忘録。新旧観たい映画がどんどん増えて、ハッピーです。わりと何でも観ますが、洋画寄りかな。ガンガンいいね、フォロー致しますがあしからず。

映画(38)
ドラマ(2)

サヨナライツカ(2009年製作の映画)

2.5

タイや東南アジア特有の、体にまとわりつく気怠い暑さのなか、蜃気楼の如く現れた美女に翻弄される男のお話。

海外での単身赴任…友はない…自宅と会社の往復…嗚呼、なんの温もりもない。
そんな寄る辺のない男
>>続きを読む

アポカリプト(2006年製作の映画)

3.5

プライムにて2度目の視聴。
かなり前に観ていて、内容もまあまあ覚えてはいましたが、改めて観てみると疾走感が凄い。


森から立ち込める青臭さ、
肌の毛穴からほとばしる汗の匂い、
むぁっとした血なまぐさ
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.0

あるゴールデンレトリバーが少年に救われて彼の家に迎えられるところからはじまるお話。

この犬、ベイリーと少年を繋ぐ絆は、時間が経ち姿形を変えても引き継がれるんですね。。

動物を飼ったことのある人は、
>>続きを読む

アリスのままで(2014年製作の映画)

3.8

人生をかけて積み上げてきたものが何もかもなくなる恐ろしさたるや。

こんなことなら癌の方が良かった…

こんなDNAを残してごめんなさい、と子供達に頭を垂れて許しを請う姿

つらくて見ていられませんで
>>続きを読む

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(2014年製作の映画)

1.4

巨人は人間の天敵たる、破壊力あり、大きくてホラーな生き物を見事に表現してくれたと思います。

最初に出てきたシーンでは素直に「でけー!こえー!」と声が漏れました。

しかしながら、肝心の中身は結構カオ
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.3

旅先で偶然出会った男女のたった一夜の会話劇。20そこそこ?の筈なのに、見た目も話す内容も大人っぽい。

そして、なんだか久しぶりにドキドキしちゃいました。
狭いボックスの中、なかなか絡み合わない目線の
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.7

主演ダニエル・カルーヤ。
どこかで観たなーと思ったら、ブラックミラー(ドラマ)に出てましたわ〜と思い出し。未見ですが、ブラックパンサーにも出てたんですね。

リッチな白人彼女を持つ黒人の主人公が、彼女
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

結論、笑って共感して、また笑って泣いて。感情の器が満たされた充実の作品でした!!
松岡茉優ちゃんがお好きな方は必見です。


学生時代からひたむきな愛を捧げてきた"イチ"と何故か自分にゾッコンな"ニ"
>>続きを読む

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

3.8

とある街の精神科医が、不幸だと一様に嘆く患者の話を聞いて、また、なかなか充実しない自分の生活を振り返り、幸せとは何かを探すために世界を旅するお話。

サイモン・ペッグ演ずる精神科医のヘクターですが、出
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

試写会2Dで視聴。

オタクであればあるほど美味しさUP!
スピルバーグのサブカル愛をぎゅっと詰めこんだ大作ですね。

あ〜もっと色々知ってれば回収できたんだろうなぁ…!なんて悔やんじゃうくらいのネタ
>>続きを読む

アンドロメディア(1998年製作の映画)

2.0

昔々にSPEEDのhiroが好きで観た映画。三池監督の作品だと知ってびっくり!

交通事故かなんかで主人公(hiro)が死んでしまうのですが、お父さんの手でPC(またはディスク?)に入ったAIになるん
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.3

友人の絶賛を声を聞いて、鑑賞。

"フリークス"達の見た目の奇抜さに焦点を当て、ショービズの世界を切り開くバーナム氏の物語。

日本でいう見世物小屋、のデラックス版と捉えました。

個人的には、人の容
>>続きを読む

デアデビル(2003年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

幼少期にアクシデントで盲目になってから、視力を失う代わりに聴力、嗅覚などの五感(四感かな?)が研ぎ澄まされたことに気づく。
さらに、音が物体に反射することで位置などを把握するレーダー・センスという特殊
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.4

夜中にキラッキラのそれこそフォトジェニックな揚げものやお肉やら具沢山サンドやら見せられたら、お腹空きますって。

困っちゃうくらい食欲をそそられる映画!!

波乱万丈だけど、自分の腕で道を切り開く主人
>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.4


奴隷は人間ではないから、人権もない。
奴隷は奴隷であり、主人の所有物なのだから、どのような扱いをしても差し障りがない。

品評会さながらに、裸で、まさに家畜同然の商品として陳列し品定めされることで受
>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

Filmarksの試写会に参加させていただき、一足先に鑑賞しました。原作は最近読了しまして、アニメは未見。

始まってすぐ…
エド、アル、トリシャの幸せなシーンとは打って変わって、出だしから曇る私の心
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

言葉では言い表せないほどのいろんな感情が降りかかってきて、滝のような涙に変換されました。

戦争に対する思いや平和への願い、そしてすずさんの暖かなニュアンスも、日本人だからこそ理解できる。

日本に生
>>続きを読む

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)

3.3

ネットにて鑑賞。

主治医制度を導入しているフランスでは、地元住民には街のお医者さんが担当医として従事してくれる。だから、急な疾患等で患者に何かあれば夜間だって診察してくれます。

物静かで真面目な主
>>続きを読む

空中庭園(2005年製作の映画)

3.5

家族にはなんの隠し事もしない。
これを公約に掲げる一家。

初っ端から家族にあるまじき開けっぴろげな会話がされ、若干呆気にとられます。

優等生で頑張り屋の母、
にこやかに笑いながらジョークを放つ父、
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ソーセージさんはじめ、グローサリーストアの食料品たちは自らの神とみなす人間に購入されたらば、天国に行けるものと信じ、楽しみにその日を迎えますが…実際のところ買われた後どうなっちゃうんでしょうね!!とい>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

ネットにて鑑賞。

ジャケットにどでかくあるように、センターは安定の藤原竜也です。
デスノートのキラかと思いました。こういう腹に一物抱えている役が合いますね。

気になったのは作中に出てくる犯罪者にキ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.5

ブレードランナーは、前日に復習し、爆音にて鑑賞。

そのせいか、劇中の街並みやファッション、電子機器等、上手に前作のものが踏襲され溶け込んでいることに気付きました。

ただ、前の暗くてゴミゴミ&ギッラ
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.5

お母ちゃんの宮沢りえを巡る数々のエピソードが散りばめられてて、そのたびに、出会いや絆を深める様子が見て取れます。
それらのエピソードには、御涙頂戴モノの感動シーンを主張するような演出はありません。ごく
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.3

新宿のTOHOシネマにて鑑賞。
せっかくだからIMAXで。

のっけから始まる銃声、仲間の死からの逃亡劇。戦場に丸裸のまま放り出されたようです。涙目でした。いや、すでに怖くて泣いてたかも。

こうして
>>続きを読む

マウス・ハント(1997年製作の映画)

3.3

CSにて鑑賞。

ネズミ版ホーム・アローン!

父親の遺したおうちが、相当な値打ちものと知った兄弟。こりゃあいい!と、売り払おうとしたものの、先客が1人(1匹)。ここで、人間VSネズミの生存をかけたバ
>>続きを読む

ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン(2016年製作の映画)

4.6

とにかく、最高と言わせてください。

6月に立川の爆音上映にて鑑賞。
前知識は一切なく、日本版は本田美奈子がやってたよなーってだけ。ただ、上演したミュージカルを良質な映画館で観るとどんな感じなの?と、
>>続きを読む

蜜のあわれ(2016年製作の映画)

-

二階堂ふみちゃんの、可愛らしさとエロスの溢れる作品。コロコロと面白おかしく変わる表情や、美しい肢体に目を奪われます。
ふみちゃんファンは絶対見逃せないですね!

おじさまと擬人化金魚ちゃんとの蠱惑的な
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

スパイダーマン大大大好き!!!
個人的に、トビー・マグワイアのスパイダーマンがナンバーワンなのは譲れませんが、これもこれでフレッシュで若さ溢れる、いわゆるイマドキのスパイダーマンで良かったです!

>>続きを読む

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

1.8

CSにて鑑賞。
最初から閉鎖的な5人家族(父、母、兄、姉、妹)の輪や世界観が理解不能で、入り込むことができませんでした。

感想にも多くある通り、胸糞悪い感じがしますね。この受け入れ難さは仕方ないのだ
>>続きを読む

無伴奏(2016年製作の映画)

3.0

途中まではどんな話になるのか分からなかったけれど、後半は大体想像通りかなと。
60年代のレトロな雰囲気が楽しめます。

ハスキーボイスで、表情少なく冷静沈着な成海璃子ちゃんの演技。

反して、遠藤新菜
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.0

やっと観れました〜〜♪
ディズニーの中でも大好きな作品の一つに入る、美女と野獣!

各キャスト、馴染みのある曲から新曲まで
バッチリ歌い上げてくださいました。
音楽、映像ともに抜群で、大満足!

もう
>>続きを読む

軽蔑(2011年製作の映画)

2.3

カズちゃん(高良慎吾)とマチちゃん(鈴木杏)の逃避行の行方。

今まで散々甘やかされてきた坊やの、親に見放されたと知るや繰り出す速攻の土下座&気に食わないことがあると、誰彼構わず取っ組み始める単細胞ぶ
>>続きを読む

髪結いの亭主(1990年製作の映画)

3.1

熟年(笑)のエロスがチラ見えする、哀しくも美しい愛の物語ですかね。

顔良し、スタイル良しの奥様が、艶かしいこと。別に誰に媚び売ってるわけじゃないんですけど、静かに溢れる色香…憧れますね。

一方、静
>>続きを読む

ハードコア(2015年製作の映画)

3.3

これ4Dで見たらどうなっちゃうんだろう。

一人称視点の映像化は、ディズニーのスターツアーズR15版的なアミューズメント性を想起させる斬新さ。

2Dでさえ思わずニヤニヤしちゃうくらい迫力満点です。細
>>続きを読む

ハンコック(2008年製作の映画)

2.3

評点通り、個人的にはまあまあという感じです。
なんというか、しょっぱなの飛んじゃうシーンが不自然かつ時代を感じてしまい、わくわく感が出ず。

王道のヒロイックなキャラクターが好きなので、ハンコックは正
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

タイトルのララランドは、本編の内容をまさに言い得て妙だと思った。

ミアとセブの出会いと、それぞれが抱く夢の行方とその後。
よくありがちなストーリーかもしれないけど、演出がそれを飽きさせない。

恋に
>>続きを読む

>|